Entries

ケリー・サミーの臨死体験 (3)

  ★ この記事は
    ケリー・サミーの臨死体験 (1)
    ケリー・サミーの臨死体験 (2) の続きです。
   そちらを先にお読みください。


Kelly Sammy - NDE of February 9, 2008 (3)
ケリー・サミー 2008年2月9日の臨死体験 (3)
       (2012/03/08 に動画投稿)


   ◇ 下記の英文は、上の動画の音声を文字起こししたもので、
    和訳はかなりの意訳になっています。
    個々の単語の意味を手っ取り早く知りたい場合は こちら をクリックしてください。
    単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


Near Death Experience of Kelly Sammy (3)
ケリー・サミーの臨死体験 (3)
   (和訳: ゆうこ)

0:00 So I'm kind of on a roll today, and usually I space these out,
   今日はどんどん進んでますね。いつもはもっと間を置いてやるんですけど、
   something, some energy is really kicked in, and I'm just going with it.
   今日はやたらにエネルギーが湧いてくるみたいで、のっちゃってます。
   Just going with it and recording like a meniac.
   この調子で、どんどん録音していきますね。
   So I'll just carry forward from my near-death experience, and this will be part 3.
   というわけで、これはわたしの臨死体験、パート3です。

0:22 As I mentioned in part 2, many things happened in the hospital
   パート2でもお話しましたが、肉体に戻って入院していたときに
   after I was back in my physical body.
   いろんなことが起こりました。
   Certainly one of the first things was this awareness that something had changed,
   まっ先に気がついたのは、もちろん、自分が変わってしまったことでした。
   not, you know, remembering... not having this experience of seeing dead people
   死んだ人が見えるし、死んだ人と話もできるし、壁や分子が動いているのも見える。
   and talking to dead people and seeing molecules and walls move.
   そんな経験、初めてでしたからね。

0:49 And now having all of that was certainly a big shift,
   もうほんとうに驚いて、
   questioning my own self, "Have I damaged my brain?", "Am I insane?"
   脳が壊れてしまったんだろうか、精神病になったんだろうか、と思ったり、
   and listening to the guidance around me which is saying, "Tell them you're okay."
   「異常ありませんと先生に言いなさい」という指導霊の忠告に聞き入ったり、
   and then of course the euphoria that I'm alive and that this is all beautiful
   またその一方では、何もかもが美しく、生きてることが嬉しくてたまらなくて、
   and that we should all skip through life joyously.
   「これからはみんなでスキップしながら楽しく暮らしていけばいいんだ!」と思ったり。

1:12 All of this is happening simultaneously.
   そういうことが、いっぺんに起こって
   I was like a nerve ending that was completely exposed
   まるで、神経細胞の先端がむきだしになってるみたいでした。
   and all of the stimulation was happening kind of a ping-pong ball effect
   いろんな刺激が、エネルギーのピンポン現象か何かみたいに
   really of the energy.
   入って来てたんです。

1:29 And as I'm laying in this emergency room,
   そして救急治療室で容態を観察されながら、個室に移されるのを待っていた間、
   waiting to be given my own room and under observation
   わたしが再度の自殺を図るのを防ぐため、
   they kept the curtain open of course, because I was still under suicide watch.
   仕切りのカーテンは開けっ放しになっていました。
   And so I'm taking in all of the stuff that's going on in the emergency room.
   だからわたしは、その部屋で起こっていることが、みんな見えました。
   And I'm sure those of you have had an experience in the emergency room
   救急治療室に入ったことがある方はご存知だと思いますが、
   to know that it's very busy, and there's lots of hustling and bustling going on.
   あそこはものすごくバタバタしてて、あわただしい所なんですね。

1:53 My first 'angelic experience' was in the emergency room.
   最初の「神秘的な出会い」は、その救急治療室で起こりました。
   I'm laying on the stretcher and I'm propped up a little bit with a few pillows
   わたしはストレッチャーに乗せられ、背中に枕をあてて体を少し起こした状態で、
   and I'm just sitting there, again like a nerve ending exposed to all this experience
   そこで起こっているいろんな刺激にさらされていました。本当に、むきだしの神経細胞か、
   like a newborn baby really.
   生まれたての赤ん坊になったみたいでした。

2:14 And this girl is brought in a wheelchair,
   そこへ、一人の若い女の子が車椅子で運ばれてきました。
   and her body is just flopping. She's flopping all over,
   体をくねらせ、両腕をバッタリ、バッタリ動かしています。
   and I can tell that she's intoxicated.
   酔っぱらってるみたいだけど、アルコールではない気がしました。
   But it didn't feel like alcohol. It was abnormal to me.
   ちょっと異様な感じがしたんです。

2:34 And I've never experienced drugs, have never taken a drug
   わたしは、薬物の経験はありません。
   other than the ones I took to kill myself, which were antidepressants,
   あ、もちろん自殺のとき、抗鬱薬と抗不安薬と睡眠薬の過剰摂取はしましたよ。
   anti-anxiety medications and sleeping pills.
   でも、幻覚剤とか、マリファナとか、
   I've never taken a hallucinogenic. I've never taken...
   そういう薬物をやったことはないんです。
   I've never used marijuana. I've never done any of those drugs.

2:53 So I just knew that something was off and it wasn't alcohol.
   でも、その女の子は様子が変だけど、酒の酔いじゃないってことはわかりました。
   But she was definitely having some floppy crazy things going on.
   何か、ぐにゃぐにゃした異様な体験が起こってるみたいでした。

3:06 The man that brought her in was her boyfriend.
   彼女を運んできたのは、ボーイフレンドのようでした。
   And he's speaking to the nurse behind the counter,
   彼は、カウンターの向こうで看護師と話していました。
   and he's angry and he's exclaiming that he had gone to work,
   怒って大声をあげながら、
   and she'd met up with these friends that he didn't approve of
   「自分が仕事に出ていた隙に、彼女は悪い仲間たちと会って
   and taken something, and he suspected that she had taken some form of an acid.
   何かの薬物をとったんだ。たぶんLSDか何かだと思う」と言っていました。

3:27 So I'm listening to this, and I'm watching her and observing all of it,
   わたしはそれを聞きながら、彼女の様子を見ていました。
   and in an instant, well, he's conversing with the nurse and
   ボーイフレンドと看護師は、話に夢中になっていて、
   neither one of them were paying attention to her flopping around in the wheelchair.
   車椅子で変な動きをしている彼女の方には、目をやっていませんでした。

3:42 She gets up and she locks eyes with me, and she goes completely straight,
   すると彼女がいきなり立ち上がり、わたしの目をカッと見据えて、しゃきっと立ちました。
   walks completely straight, no floppiness, no erratic behavior that was going on before,
   それまでのぐにゃらぐにゃらした様子は完全に消えていました。
   intensely looking into my eyes, walk straight to me,
   そして、わたしの目を凝視したまま、まっすぐに歩いてきて、
   looks right into my eyes and says, "I see you."
   わたしの目の奥をのぞきこみ、低い声で言いました。「あなたが見える」

4:08 And then in that instance, she just flopped on top of me and the gurney.
   そして、くたーっとわたしの上に倒れ込みました。
   And at this stage they took notice that she was up
   そのときボーイフレンドと看護師は、
   and wasn't in the chair anymore.
   車椅子に彼女がいなくなっているのに気がついて
   And they come rushing over, and start pulling her away,
   あわててこちらにやって来て、彼女を引っぱり起こしました。
   and she begins to vomit. She's very sick.
   彼女は嘔吐しました。かなり具合が悪そうでした。

4:25 All of this happens over my body.
   そういうことがわたしの体の上で起こりました。
   In an instant she was lucid.
   彼女はあのとき、意識が透明になっていました。
   All of that that I saw in her was gone.
   ぐにゃぐにゃしたものが消えて、深い所でわたしと出会い、
   She connected with me, and she said, "I see you."
   「あなたが見える」 と言ったんです。
   and I knew in that moment it was not her there.
   わたしは直感的に、これは肉体のこの人ではない、とわかりました。

4:52 What has happened to me in this experience is
   この経験をしたときにわたしに起こっていたことは、
   all of my senses were awakened.
   全部の感覚が目覚めていたことです。
   I don't care what you call it.
   それを何と呼ぼうとかまいません。
   I don't care if you refer to me a psychic. I don't really care.
   わたしは霊能者と呼ばれようが、何と呼ばれようが、気にしません。
   I have no attachment to what other people think of me in this experience.
   こんな経験をしたことを、人からどう思われても、全然気になりません。

5:09 The only thing that has kept me from telling my story sooner is that
   臨死体験のことを最近まで人に話さなかったわけは、
   I have a young boy who did not know that his mother killed herself.
   わたしが自殺を図ったことを、幼い息子がまだ知らなかったからです。
   It's taken me four years to really work through that,
   そのことについて、わたしの心の整理がつくまでに、4年かかりました。
   and come to grips with the fact that like everyone else he scripted this.
   そして気がついたのは、息子自身もこのシナリオを書いたんだ、ということでした。
   His soul chose me as his mother just as I chose him as my son.
   わたしも彼を息子に選んだけれど、彼もわたしを母親に選んで生まれてきたんです。

5:32 And any shame in what I chose to do in this story of Kelly is ridiculous.
   魂の計画に従って起こしたできごとに、引け目を感じるなんて馬鹿げてる…
   And by holding shame and not sharing my truth,
   本当のことを言わないでいると、そのうちいつか、息子に
   I am an effect saying that this is a sin, that what I did was wrong.
   「ママがやったことは、悪いこと、罪深いこと」と思わせることになる… と気がついたんです。

5:46 I certainly do not want anyone to go out there and hurt themselves.
   もちろん、わたしは誰にも自殺して欲しくなんかないし、
   I certainly do not wish anyone to commit suicide to try and tap into some psychic ability.
   ましてや、霊能力を目覚めさせるために自殺を図るなんて、とんでもないことだと思います。
   That is no intention of mine by sharing the story.
   そんなことを勧めるために、この話をしてるんじゃありません。
   In fact, quite the opposite.
   全く逆のことです。

6:06 My senses were awakened, and all the sudden all of the senses
   わたしの感覚は目覚めました。
   that I was gifted in this physical body that you are also gifted were awakened:
   生まれつき誰にでもそなわっているいろんな感覚が、いっぺんに目覚めたんです。
   Clairvoyance (clear seeing), clairaudience (clear hearing),
   物の陰や遠隔地にあるものを見たり聞いたりできるようになったし、
   clair sentience (clear knowing or feeling), empathy like nobody's business.
   いろんなことが直感的にわかるし、人の思いや感情を内側から感じられるようにもなりました。

6:27 I've listened to other people speak about this,
   わたしはこういうことについて、
   and I've listened to gurus talk about this.
   いろんな人の体験談や、聖者たちの講話を聴きました。
   And one of the things that seems to be a common theme that I hold to hear
   そして、そういう話を通じて、「これは今、わたしの経験として起こっていることなんだから
   is that if this is a rising in my experience of now, I'm going to love it.
   大切にしなくては」と思うようになりました。

6:47 I could resist this.
   それはもちろん、逆らうこともできるでしょう。
   I could hide this part of myself, try to be something that I'm not,
   自分のそういう感覚を、人に隠して、別の人格のようにふるまうこともできるし、
   try to put a label on it that it doesn't exist.
   「存在しないもの」とラベル付けしておくこともできます。

6:58 The reality in this moment of now, which is our only truth,
   でも、今この一瞬に、ひとつだけ確かなことは、
   is that this is here until it's not.
   「それが今ここにある」という事実です。なくなるまではあるんです。
   Others may not have this experience, and that's okay.
   他の人にはその世界が見えてないかもしれないけど、いいんです。
   It doesn't lessen it for myself.
   それでわたしの世界が減るわけじゃないんですから。

7:21 There is this stigma in life around people
   超能力や霊能力の持ち主は
   who have psychic abilities or powers, I've heard them called.
   よく世間の人から怪しげなイメージで見られます。
   In fact when people come to see me,
   わたしに会いに来る人たちも
   they often have this preconceived conception of what I'm going to look like.
   わたしの外見について、先入観を持っていることがよくあります。
   Am I going to have a magic ball,
   占い用のマジックボールを持ってるんじゃないか…とか、
   and I'm gonna pull up tarot cards,
   タロットカードを引き出すんじゃないか…とか
   and is my house going to look new agey, and...
   家はニューエイジ風なんじゃないか...とか。

7:50 I am a soccer mom. I am a corporate worker. I am a community member.
   わたしは、ごく普通のサッカーママで、会社員で、自治会のメンバーです。
   I am no different than anyone else.
   全然、変人なんかじゃありません。
   I have superior high-integrity about what I do.
   わたしのやることは、まとまりが取れています。
   I hold myself the most accountable for anything that I tell anyone.
   人に話すことには、ちゃんと責任を持つようにしています。

8:14 This is not about trying to be special.
   わたしが今、この動画を作ってるのは、特別視してもらいたいからじゃありません。
   This is not about trying to be something that other people aren't.
   人と違うところを見せびらかそうとしてるんじゃありません。
   This is about sharing my truth in this now moment.
   ただ、この一瞬に感じていることを、分かち合いたいだけなんです。

8:28 I could wake up tomorrow and all this could be gone,
   明日の朝、起きてみたら、霊能力は消えているかもしれません。
   and that too would be perfect.
   それでも全然かまいません。
   There's no past, present or future.
   昨日とか、今日とか、明日なんてものはないんです。
   There's only now.
   ただ「今」があるだけです。
   And in this now moment and I'm talking to you,
   今、わたしはあなたに話しかけている。
   this is my experience.
   それが、今わたしが味わっている「経験」です。

8:43 It's not a curse. It's not a gift.
   それは呪いでもないし、恵みでもない。
   It's just here like anything else.
   ただの「できごと」。何もかも、ただの「できごと」なんです。
   If it arrives I'm going to love it.
   何かが起こると、わたしは喜ぶ。
   Otherwise I'm resisting and that's my own pain.
   喜べなければ抵抗する。するとそれが苦しみになる。

8:59 So that is the story of the first angel on my experience of hospital stay.
   と、まあこれが、入院中に経験した「神秘的な出会い、その1」のお話でした。
   I finally did get a room.
   そのあと、わたしは個室に移されました。
   And I'll share that in other videos.
   そのときのことは、別の動画でお話しします。
   It was the middle of the night, and I was finally moved to a ward,
   それは真夜中で、わたしはどこへ行くのかわからないまま
   not knowing where I was going.
   どこかの病棟に運ばれました。
   I met two other angels on that journey.
   その移動の最中に、また2つの「神秘的な出会い」があったんです。
   Again I'll share those in other videos.
   それを別の動画でお話ししますね。

9:23 But I think what it all boils down to is life is beautiful.
   でも結局、大事なことは、「人生ってすばらしい」ってことだと思います。
   It's a gift. It is to be held with joy. It is to be experienced with joy.
   人生はわたしたちへの贈り物。喜んで受け止めるもの。喜びと共に味わうものです。

9:41 And whatever is arising in this moment,
   そして、今この一瞬にどんなことが起こっていても、
   whether it be a drug-addicted person who's stumbling towards you,
   たとえば薬物中毒の人がふらーっと寄りかかってきたり、
   or a homeless person who's reaching out their hand,
   ホームレスの人が手を差し出したりしてきても、
   when you look in their eyes, you will only ever see you.
   その目の奥をのぞいてみると、その人はあなた自身だということがわかるでしょう。
   Because that's all that's ever been there.
   だって、実在してるのは、永遠にあなただけなんですから。

10:05 I see you. Until next time.
   じゃあね。 またこのつぎまで。


----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  臨死体験の本  】】】】

      ◆ 書名にカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ 書名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。
         (このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください)

 ▼ アニータ・モージャニさんの 本
   ◇ 喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ Dying to Be Me: My Journey from Cancer, to Near Death, to True Healing
   ◇ Deep Meditation for Healing
   ◇ Being Myself
   ◇ A Christian Rebuttal to Anita Moorjani's Dying To Be Me

 ▼ その他の好評書籍
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈上〉」
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈下〉」
   ◇ 立花隆 著 「証言・臨死体験 」

   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験」
   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論」

   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死ぬ瞬間と死後の生」
   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死後の真実」

   ◇ 木内鶴彦 著 「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」
   ◇ 木内鶴彦 著 「生き方は星空が教えてくれる」
   ◇ 木内鶴彦 著 「あの世飛行士 未来への心躍るデスサーフィン」

   ◇ 矢作直樹 著 「人は死なない」-
   ◇ 矢作直樹 著 「いのちが喜ぶ生き方」
   ◇ 矢作直樹 著 「ご縁とお役目」
   ◇ 矢作直樹・村上 和雄「神(サムシング・グレート)と見えない世界」

   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 完結編」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 II」

   ◇ マイクル・セイボム 著 「あの世からの帰還―臨死体験の医学的研究」
   ◇ マイクル・セイボム 著 「続 あの世からの帰還―新たなる真実・47名の臨死体験」

   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界を知ると人生は深く癒される」
   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界が教える<人生はなんのためにあるのか>」

   ◇ 天外伺朗 著 「ここまで来た<あの世>の科学」
   ◇ 鈴木秀子 著 「臨死体験 生命の響き」
   ◇ 中島孝志 著 「あの世がわかればこの世が変わる」
   ◇ シェリー・サザランド 著 「光のなかに再び生まれて」
   ◇ エベン・アレグザンダー 著 「プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界」
   ◇ ハロルド・シャープ 著 「ペットたちは死後も生きている」





6件のコメント

[C120] おはようございます

ゆうこさん、早くにケリーさんの記事をupしていただいて、ありがとうございます。

私の中で死後や亡くなった方に対しての考えが変化してきました。
生き続ける意味は、まだぼんやりしているけれど…きっと全てが必要な出来事なんだろうなぁと感じているところです。
有名な鑑定師に「私の人生の目的は?」と占ってもらっても、それが全てではないんでしょうね、たぶん。
一人ひとり宗教や国が背景にはあるにしても、人としてのまとまりはひとつだった!と今更気づいております。
見えない世界に対して、今まで余計な知識をためてきちゃったかな?
もういらないものを捨てていくときなんですね。
ゆうこさんがHPに集めてくれた記事やリンクはどれも大好きです。
読み返したり、迷ったり♡
これからも応援しています!
  • 2016-10-14
  • こん
  • URL
  • 編集

[C121] こんさん、早々のコメント、ありがとうございます ♪

わたしも臨死体験の動画を訳すことによって
死に対する考えや気持ちが変わってきました。
これからも、印象深い話をどんどん紹介していきたいと思いますので
応援してくださいね。
  • 2016-10-15
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C133] ネットで見つけた宝物サイトです

こちらのサイトは、私にとって宝物です。
昔は臨死体験を、こわくてオカルト的なものと思っていたのですが、海外の様々な方の体験を、ゆうこさんの和訳のおかげで知ることができ、考え方が変わりました。国を隔てた体験者の方のお話に共通点や同じキーワードがあり、人生における深い謎がじんわりととけていくような気がします。毎回、よくぞ、こんな価値あるお話ばかり、集めてくださったものだ、と驚きます。玉石混交のウェブサイトのなかで、こちらのサイトに巡り会えたことに大きく感謝します。これからも、楽しみにしております。
  • 2016-12-04
  • マロクリ
  • URL
  • 編集

[C134] マロクリさん、ようこそ!

実はこういうコメントをずっと待っていました。とても嬉しいです。^^

日本では「死」を扱ったメディア情報というと、悲しいもの、怖いもの、
という先入観や、不気味なもの、おどろおどろしいもの、いかがわしいもの、
という覗き見趣味だけで制作された煽情的なものばかりが目につき、
「死とは何か」とまじめに探究するようなものがほとんど見つかりません。
でも、海外の動画にはそういったものが無数にありますし、
米国だけでも既に百万人を超える臨死体験者が見つかっているそうなので、
そのことをぜひ日本の人たちに知ってもらいたいと思っていたのです。

だからマロクリさんのこのコメントは、「やった! 願いが通じた!」
という感じです。
ありがとうございます。^^ これからもどうぞよろしく。
  • 2016-12-04
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C135] ゆうこさんのアンテナに敬服

休日の今日は、ドリンクを飲みながらずっとこちらのサイトを見て過ごしてます。
ゆうこさんのおかげで知る事のできた、アニータさんや、ジルボルトテイラー博士の本を読んで過ごす日もあります。今日は、 ダニオンブリンクリーさんの本を注文しました。
しかし、海外に、臨死体験をされた方がそんなにいるとは。こちらのサイトにくるまでは、木内鶴彦さんの体験しか存じませんでした。
本当に価値ある、有意義なサイトを作って下さって、感謝してます。
ゆうこさんが選んで下さった体験談は、どれも素晴らしいのですが、数ある動画から、こんなにも私(たち)が欲しかったものばかりをセレクトしてくれるゆうこさんのアンテナに、私は一番感謝してます。
私もたくさん勉強して、アンテナを磨かねばと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
  • 2016-12-04
  • マロクリ
  • URL
  • 編集

[C136] 住所

ご無沙汰いたしております。お元気ですか。興味深い内容が満載ですね。コーヒールンバ懐かしいですね。学ぶところが多いです。
ありがとうございました。
本が出来たのでお送りいたします。送り先教えてください。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター