Entries

リッチ・ケリーの臨死体験


Life Is A Stage Play - Near Death Experience - Rich Kelley
「人生は一つの演劇である」 リッチ・ケリーの臨死体験
2014/09/17 に動画を公開


  ◇ 下の英文は上の動画の音声を文字起こししたもので、
   和訳はかなりの意訳になっています。
   個々の単語の意味を手っ取り早く知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


リッチ・ケリーの臨死体験    (和訳: ゆうこ)

0:00 I died when I was 15 years old.
   私は15歳のとき、死んだんだよ。
   I drown out in the ocean.
   海で溺れてね。

0:10 More specifically I was out beyond the waves on a blow-up raft.
   もっと詳しく言うと、ゴムボートで沖の方に出てたんだけどね、
   And it took some energy to get out there.
   そこまで行くには、かなりのエネルギーがいったから、
   So I turned around and I was facing the beach.
   向きを変えて、浜辺の方を見てたんだよ。 

0:21 And since it was my first time in the ocean,
   だけど、海に出たのはそれが初めてだったもので、
   I didn't realize the fact that waves coming in sets.
   波がいくつかのまとまりになって寄せて来ることに気がつかなかった。
   And they break progressively closer to the shore.
   波の砕ける位置は、だんだん岸の方に近づいていって、
   And after seven waves it goes back and breaks further out again.
   それが七回続くと、また沖の方で砕けるようになるんだね。

0:36 So I'm sitting there watching these waves
   私はゴムボートに座ったまま、波の砕ける位置が
   breaking further and further away from me.
   だんだん岸の方に遠のいていくのを眺めてたんだよ。
   And I'm thinking I'm just fine and sit here and bob up and down,
   気持ちいいから、しばらくこうやってぷかぷか浮かびながら
   and watch the world rotate for a while,
   世界がまわるのを眺めていようと思ってね。

0:46 when all of a sudden I've got this wave, wall of water
    そうしたら、いきなりあの大波が― 水の壁が
    coming down over the top of my head and falling in front of me.
    頭の上からおおいかぶさってきて、前方に落ちたんだ。

0:51 And it hadn't broken yet so didn't make any noise.
   それはまだ砕けてない波だったから、寄せて来るとき音がしなかった。
   I had no forewarning that there was going to be any kind of water and froth
   だから私は、そんな波がいきなり頭の上から落ちて来るなんて
    coming down on top of my head.
    想像もしてなかった。
   I didn't have a chance to catch a breath of air, take up, you know,
    だから、息つく暇もなければ、態勢を整える暇もない。
    hold my breath, nothing.
    息を止める暇も、何もなかった。

1:14 Just suddenly found myself underwater, opened my eyes,
   気がついてみると水中にいて、目を開けても、見えるものは
   and saw nothing but sand swirling everywhere.
   あたり一面に渦巻いている砂ばかり。
   Had no sense of up-and-down, couldn't see anything.
   上と下との感覚もわからず、何も見えなかった。

1:19 I wouldn't have known which way was up except for the fact
   どっちの方向が水面かということもわからなかったが、
   that I wound up landing face first in the bottom of the ocean.
   海の底に顔から着地した。
   you know, my face hit the sand on the bottom of the ocean
   つまり、海底の砂に顔がぶつかったんだよ。
   and I knew which way is up, so I turned around,
   それで上がどっちかわかったから、
   pushed off the bottom, bolted for the surface.
   海底を押して向きを変え、必死で水面に浮かび上がった。

1:32 And, mind you, I hadn't had a big breath of air to hold me the...
   だがまあ、何ということか! ろくに息もつげないうちに―
   you know, I broke surface and caught a breath of air,
   そう、水面に浮かび上がって一息吸い込んだと思ったら
   only to see another wall of water coming down on top of me again,
   また水の壁が頭の上に落ちてきて
   get push right straight back down to the bottom again.
   海の底まで押し戻されたんだ。

1:52 It didn't take too many of these trips and I was pretty worn out
   そういうことが何度か繰り返されて、へとへとになり、
   and starting to get extremely panicked,
   ものすごいパニックになってきた。
   which of course depletes your oxygen and you don't have enough of them.
   そうなると当然酸素が消耗する。ろくに息もできてないんだから
   Whole thing kind of spirals.
   悪循環だ。

2:06 I'm not sure how many times I went down
   そうやって何度押し戻されたかはわからないが、
   but I do know that I went down one time finally and said, you know,
   とうとう最後に、心の中でこう言ったのを覚えてる。
   "I don't have the energy that it takes to swim to the surface again.
   「もう、水面に浮かび上がるだけのエネルギーはないよ。
   If I don't get to the surface this time and get air and stay on the surface
   今浮かび上がって空気を吸って、水面にとどまることができなかったら
   I can't do this again. I don't have enough energy left."
   これっきりだ。もうエネルギーが尽き果てた。」

2:29 And I broke surface and got some air,
    それでもなんとか水面に浮かび上がって息を吸ったが、
    and sure enough saw the wall of water
    頭の上からまた水の壁が
    starting to come down over my head once again.
    落ちてくるのが見えた。

2:38 And at that point it was as if things went into slow motion.
    するとこのとき、すべてがスローモーションになったようだった。
    Probably the most accurate way to put it was that my mind raced
    厳密に言えば、意識の働きが高速になったというのかな。
    because it seemed like time slowed down.
    時の流れが遅くなった感じがしたんだ。

2:52 I knew this was the last I was going to see the planet earth
    そして、この世の景色を見るのもこれが最後だと思ったから
    and I took a good long look up and down the beach and enjoyed the view
    浜辺のありさまをじっくり眺めて感慨にひたった。
    because it's the last you'll see of it.
    これが見納めだからな。

3:12 And literally relived my life at that point.
    するとそのとき、人生回顧が起こった。
    Only 15 years of it but relived the whole thing.
    わずか15年とは言え、その全期間のできごとを再体験したんだよ。
    That's how much time slowed down.
    時の流れは、それほど遅くなってたんだな。
   
3:18 I went down for the last time and I knew it was.
    そして海底に沈んでいき、これが最後だな、とわかった。
    I just didn't have the energy.
    体力が尽きてたからな。
    There was no energy left in me to fight it.
    もうそれ以上がんばる力はなかった。

3:38 And at that point this incredible profound sense of peace overcame me.
    すると、信じ難いほど強烈な安らぎの感覚に襲われた。
    Somehow I had this sense that I was going to be okay,
    理由なしに、「すべてはうまくいく。悪いことは一切起こらない」
    no harm was going to come to me.
    と確信したんだ。
    Distinctly a feeling that I was loved,
    それは疑いようもなく 「愛されている」 という感覚だった。
    which begs the question by whom.
    そうすると、「愛されてるって誰に?」ということになるよね。

4:02 And at that point in my life I was a profound agnostic.
    当時の私はかなりの不可知論者でね、
    I just couldn't tell you if there was a god or not.
    神様というものがいるのかどうかは知りようがないと思っていた。
    As far as I was concerned I didn't have enough information.
    そういう判断をするための情報が不足してたからね。
    So it wasn't like I carried with me this belief in God
    だからこのときも、神への信仰心なんか持ってなかったし、
    that God was going to make everything okay.
    「神様がすべてをうまくとりはからってくださる」 なんて思わなかった。

4:30 Which makes it all the more interesting
    そうすると、これはますますおもしろい現象だよね。
    that I had this sense of profound peace,
    だって私は深い深い安心感に包まれ、
    and the feeling of being loved,
    「愛されている」 という感じがしてたんだからね。
    as it begs the question, "By whom?"
    そうすると、「誰に?」 ということになる。

4:42 Well, I knew I was leaving the earth.
    私は、自分がこの世を去ろうとしているのはわかっていた。
    And just as if I were to say to you, "Picture yourself on a lake.”
    もし今、君に 「自分が湖にいることを想像てみて」 と言ったら、
    you would draw mental image in your mind of being on a lake.
    君は湖にいる自分を思い浮かべるだろう。
    You're not physically there, you don't see it.
    だが、君の肉体がそこに行ってるわけじゃないし、それを見てるわけでもない。
    But we tend to operate this way that we use words
    だが人間は、そういう風に言葉を使って
    and then we draw pictures in our minds.
    心の中にイメージを描く。

5:07 If I say the word 'tree' to you,
    もし私が 「木」 と言えば、
    you bring to your mind a picture of a tree.    
    君は心の中に木のイメージを思い浮かべる。
    And that tree is probably one of or a composite of
    それはおそらく、君が過去に見た一本の木か、全部の木の
    every tree you've ever seen.
    記憶が表れたものだろう。

5:17 Well, just like that.
    それと同じように、
    I pictured myself leaving the earth
    私はそのとき、地球から離れて行く自分を思い浮かべ、
    and I pictured myself out in the space looking at the earth,
    宇宙に出て、地球を見ている自分を思い浮かべた。
    from not a considerable distance but, you know,
    それも、あまり遠い所からじゃなくて
    there's the earth right in front of me.
    地球はすぐ目の前に見えていた。

5:44 And what was so strange about looking at the earth like that
    そして不思議だったのは、そうやって地球を眺めながら、
    was that, at that moment, you could have asked me
    それまでの自分の人生について、どんなことでもわかったのは別としても、
    any given moment of my life, because I just relived it,
    (だって、今、人生回顧をしたばかりだったからね)
    but you could have asked me any given moment
    地球上のどんな人の、どの一瞬のことについても、
    in any person's life on that planet and I could have told you.
    知ろうと思えば知ることができたことだな。
    All of that information was right there.
    そこにはすべての情報があったんだよ。

6:10 It was available, not just any person living there now,
    しかも、その時点で生きてる人のことだけじゃなくて、
    any person that has ever lived there, ever would live there.
    過去に生きていた人のことも、未来に生きるはずの人のこともね。
    All that information is all available. It's right there.
    そこにはすべての情報があったんだ。

6:22 And what kept going through my mind at this point was, "Of course!"
    そして、「ああ、そうだった、そうだった」 という思いが繰り返し浮かんでいた。
    I was, if you will, remembering what I had forgotten very intentionally
    つまり、そういうことは何もかも元々知っていたことだったのに、
    in order to be on this planet, which is what we all do.
    地球で人生を送るためにわざと忘れていたんだってことを思い出したんだよ。   

6:42 In point of fact I don't think that this planet exists.
    ちなみに私は、地球を実在のものだとは思っていない。
    It's a figment of our imagination, if you will.
    こういう言い方でよければ、「想像の産物」と言えるかな。
    And we have a very good imagination.
    人間のイメージ能力は、すごいもんだ。
    We're incredibly creative beings.
    我々は、とてつもなく創造的な存在なんだよ。

6:55 But whether or not it's for real doesn't really matter.
    だが、地球が実在するかどうかなんてことは、大した問題じゃない。
    The truth of the matter is that we know things when we're not here
    大切なことは、「我々は、この世にいる間じゅう意図的に忘れていたことを、
    that we choose to forget while we are here.
    この世を離れると思い出す」 ということだ。

7:04 I make the analogy because I think it works so well.
    一つのたとえ話をしてみよう。その方がわかりやすいからな。
    It's like when you're sitting in a chair reading a book.
    君は椅子に腰かけて、本を読んでいるとする。
    It's a really good book you're really involved in.
    それはとてもおもしろい本で、君はその物語に没頭しきっている。
    Somebody could walk in the room and talk to you
    そこへ誰かがやって来て、君に話しかける。
    and you don't know they're there.
    だが、君はそれに気づかない。
    Your focus of attention is not on the book, the story in the book.
    君の意識は、その本の所じゃなく、本の中の物語の方に行っているからだ。

7:24 And you can get so preoccupied with that
    そして、その集中がはなはだしくなると、
    you lose track of everything around you.
    まわりで起こっていることに全く気がつかなくなる。
    You just tune all that out. You focus on one thing.
    すべてを意識から締め出して、物語だけに集中してるんだ。

7:31 Similarly you know everything
    これと同じように、我々は自分の人生がどういうものになるか
    about what your life's gonna be like here from beginning to end.
    初めから終わりまで知っている。
    You knew it before you got here,
    この世に生まれてくる前にもわかっているし、
    and you will know it again when you leave here.
    この世を去るときにも、それがわかる。

7:43 But while you're here, you're focused on it
    だが、この世にいる間は自分の人生に心を奪われて、
    and you're focused on each given moment in it.
    一瞬ごとの出来事にかかりっきりになっている。
    And when you leave here, it all comes rushing back,
    そしてこの世を去るときが来ると、すべてが一斉に思い出されて、
    and you say, "Of course!"
    「ああ、そうだった、そうだった!」 ということになるんだ。
    Yes. That and it's all so simple. It's very simple.
    そう。単純なことなんだよ。ほんとに単純なことなんだ。

8:04 What is your life like when you're not here?
    じゃあ、この世にいないときの君は、どうしてると思う?
    If you try to define it, you run into problems,
    それを言葉で言い表すのは難しい。
    because it is so simple that it's best described in english as this:
    あまりにも単純すぎて、こんな風に言うしかないんだよ。
   "You are." ― Stop.
    「ただ在る。」 ・・・ それだけ。
    The minute you say anything other than that,
    そこに一言でも付け足すと
    you're talking about something earthly.
    それはこの世の話になってしまう。
    We don't have english for other things.
    この世には、それ以上のことを言い表す言葉がないんだよ。

8:35 And probably more important,
    そしておそらく、もっと重要なことは、
    everything there is simpler than what it is here.
    あの世では、すべてがこの世よりすっきりしてるってことだな。
    Not more complicated.
    ちっともややこしくないんだ。

8:41 At that moment. I no longer had any awareness of any of my senses.
    私はあのとき、もはや五感を持ってる感じはしなかった。
    I didn't have a body.
    肉体はないし、
    I didn't see anything.
    見えるものは何もなかった。
    I could picture the earth in my mind, but I didn't see the earth.
    地球をイメージすることはできたが、目でそれを見ていたわけではない。
    I didn't see blackness.
    暗黒が見えていたわけでもない。
    That's seeing something.
    暗黒が見えるということは、視覚が働いているということだ。
    I saw nothing.
    私には全く何も見えていなかった。

9:11 There was no site. There was no touch.
    視覚もないし、触覚もない。
    There was no taste. There was no smell. There was no feel.
    味覚も、嗅覚も、皮膚感覚もなかった。
    Didn't have any of those senses at all.
    そういった知覚の働きは一切なかった。

9:17 And yet my brain was functioning.
    だが、頭脳は働いていた。
    My brain... my mind was functioning.
    頭脳…というか、思考力は働いていた。
    That which occupies my brain was functioning.
    頭脳でやっていたその働きは機能してたんだ。

9:30 And certainly you could still think in English,
    そして英語で考えることもできた。
    although English became quite irrelevant at that point
    もっともその時点では、英語はあまり役に立たなくなっていたけどね。
    because it didn't describe anything of what was going on.
    だって、そこで起こってることを何も言い表せないんだから。

9:43 And of course foremost on your mind
    さてそうなると、いちばん気になるのは
    is that all of your senses have just been cut off.
    すべての感覚がなくなったことだな。

9:47 Well, not quite all of your senses.
    いや、すべてじゃなかった。
    Your sixth sense is still working very well.
    第六感だけは、完璧に働き続けていた。

9:55 I say still working because your sixth sense is working while you're here.
    働き”続けてる”― つまり、この世にいる間も第六感は働いてるんだよ。
    It's one of the things that you choose to ignore to be here.
    だが普通の人は、この世にいる間は、その働きを意識しないようにしている。    
    You choose to, because it makes the experience of being here
    どうしてかと言うと、その方が、この世の人生が   
   have more depth, more intensity, if you will.
    もっと意味深く、やりがいのあるものになるからね。

10:11 It takes on a more realistic look to it.
   このことを理解するには、もう少し現実的に考えてみる必要がある。   
   If your psychic sence is working,
   もし君の超能力がこの世でも働いていて、
   if you are still picking up on what everyone else is thinking
   君自身を含むあらゆる人の考えていることや、
   including yourself, and what goes on outside this planet,
   地球の外で起こっていることがわかってしまうとしたら、
   you are not as focused on the book.
   それは君が、人生そのものに意識を集中していないってことだ。
   
10:25 So people often ask me how do you become psychic,
   私はよく人に 「どうやれば超能力者になれるの?」 と聞かれる。
   and I just have to laugh.
   これには笑うしかないね。
   No no. You don't become psychic.
   違うんだよ。超能力者になるんじゃない。
   You are psychic.
   誰でも元から超能力者なんだよ。
   You forget that you're psychic.
   それを忘れてるだけなんだよ。

10:46 You let go of your senses here,
   君はこの世を去るとき、五感を手放すことになる。
   and your sixth sense is still right there.
   だが、第六感は無くならない。
   And you have got it at all times.
   第六感は、いつも在り通しのものなんだ。

10:51 And it is not something that you do.
   それは、自分が働かせるものじゃない。
   It's that you stop doing this.
   元から備わっている働きを、自分で止めてるだけなんだ。

10:59 So people look to try to figure things out psychically.
   なのに人は、色んなことを超能力で探り出そうとする。
   And they think there's some effort you have to make.
   そして、そこには何らかの努力が必要なのだと考える。

11:03 No. You stop making an effort.
   違うんだよ。努力することをやめないとダメなんだよ。
   It's the exact opposite of what you would expect.
   完全に逆なんだよ。
   You stop thinking about focusing here.
   どうすれば集中できるかと考えるのをやめないとダメなんだよ。
   You stop thinking about your sensory input here.
   五感の刺激に対してあれこれ思うのをやめないとダメなんだよ。
   You stop thinking about a whole frame of reference of being here.
   人生の条件全体について、あれこれ思うのをやめないとダメなんだよ。

11:21 Meditation is wonderful for this.
   それには瞑想がとても役に立つ。   
   It centers you, if you will, in Source. You let go.
   瞑想すると、本源への集中が起こり、自我を手放すことができるからね。     
   Basically people when they tell you to meditate,
   瞑想の指導者は、大体こんな風に言う。   
   they'll say you just sit in one place, close your eyes,
   「適当な所に座って目を閉じ、五感の刺激にとらわれないようにして、
   try and just ignore all sensory input, and say, "I am."
   『我あり』 と唱えなさい」
   Excellent! That is Source very definitely.
   すばらしい! それこそが本源だ。

11:44 And don't be too terribly disappointed
   だが、それで超能力が全開し、たちまち君は世界的な超能力者!
   if you find that you cannot turn on the psychic charms
   ・・・ということが起こらなかったとしても、
   and become the world-renowned psychic overnight,
   気を落とすことなんかないよ。
   because you lose a lot of depth of what's going on here
   君が今取り組んでいる人生の深い経験の中には
   if you choose to do that.
   超能力者には味わえないものがいっぱいあるんだからね。

11:59 For the moment, back to where I was.
   さて、話を元に戻そう。
   I'm out in space and I'm looking at the earth.
   私は宇宙空間に出て地球を眺め、
   And I'm knowing what's going on with everybody's life in it.
   ありとあらゆる人の人生を知ることができた。
   
12:13 And then, because everybody has always told me
   いや、いつもみんなに言われることだし、
   and I'm still somewhat referencing things of course
   今もまた、あちこち話が飛んでしまったんだけど、
   but in earthly terms
   この世的な言い方をすれば、
   I'm looking at it,
   私は地球を眺めながら、
   saying, well I guess it's time for me to move on
   「さあ、もうあちらの世界に行った方がいいかな」
   and go to the other place.
   と思っていた。
   So, in my mind I pictured turning away from the earth
   そして、地球を離れて宇宙空間に出て行く自分を
   and going out into space.
   思い描いた。

12:32 In point of fact I did not go anywhere.
   だが私は、現実的にどこかへ移動したわけではない。
   I was not in the space.
   宇宙空間にいたわけでもない。
   I was not out in the space. I did not head for some planet
   宇宙空間に出て、別の惑星に向かったわけでもない。
   That's the way I pictured it in my mind
   心の中でそういうことを思い描いただけだ。
   because all of a sudden all your senses are cut off
   だって、いきなり五感の働きがなくなって、
   and you feel very disoriented
   自分がどこにいるのやら、わからなくなってしまったんだからね。
   So you try to reference things in a way that you're accustomed to.
   だから、少しでもなじみのあるやり方を試してみたわけだ。
   
12:56 And of course you're wondering where am I going next.
   そうすると君は、「で、どこへ行こうとしたの?」 と思うだろうね。
   I don't have a direction.
   私にもわからなかった。
   I don't know that I'm in the space.
   自分が今、宇宙空間にいるのかどうかもわからなかった。
   I don't know where I would travel to if I was.
   宇宙空間にいるのだとしても、どこへ行けばいいのかわからなかった。
   So where is it I'm going?
   じゃあ、どこへ行ったんだ?

13:10 And at this point the expression 'the white light in the tunnel' plays in.
   ここで 「トンネルの中の白光」 という表現が出てくることになる。

13:15 Now mind you, you don't have any senses,
   しかし、前にも言ったが、私の五感は既になかった。
   you don't see anything, you don't hear anything,
   視覚もなく、聴覚もなく、
   you don't smel anything, you don't have the space and time.
   嗅覚もなく、時間も空間もなく、
   Nothing exists as far as that goes.
   何の対象物も存在しなかった。

13:24 For you to go through a tunnel is patently absurd.
   そんな私が 「トンネルを通り抜けて」 行くなんて、変だよね。
   But how else do you describe what is a psychological tunnel very definitely
   しかし、心理的には全くのトンネルなんだから、他にどう言いようがある?
   because all of your inputs just got cut off...
   だけど、何の感覚入力もないのに…

13:37 Not all of it.
   いや、何もなかったわけじゃない。
   I sensed that I was loved. I sensed that I would be fine.
   「愛されている」という感覚があったし、「すべてはうまくいく」という直感もあった。

13:57 Where is that coming from?
   じゃあそれは、どこから来てるんだろう? 
   And how do I go to that.?
   どうすればそこに行けるんだろう?
   
13:53 And of course when you first start thinking about that, it's an idea.
   そのことに初めて意識が向いたとき、それは一つの「思い」に過ぎなかった。
   It's a feeling in an idea that has no space and time,
   ふと心に浮かんだ「感じ」のようなもので、そこには時間、空間はなく、
   no location,
   場所の観念もなかった。
   but you want to go to it.
   だが、「そこへ行ってみたい」という気が起こった。

14:05 Well initially that's a very small thing, if you will,
   最初それは、小さな点のようなものだった。
   and yet as you try to turn your focus on it,
   だが、ひたすらそれに焦点を当てて
   and I don't mean your visual focus, but you focus, your mind on that
   (と言っても、視覚の焦点じゃなくて、心の焦点だよ)
   and wanting to go there, it becomes bigger.
   そこに行きたいと思っていると、それはだんだん大きくなってきた。

14:21 And so it's as if it is a little ray of light off in the distance
   まるで、真っ暗闇の中で、遠くに見える光のようだった。
   with dark all around it, which could easily be described as a tunnel.
   だから、「トンネル」という表現が出てくるんだね。
   But it is a psychological tunnel.
   それは、心理的なトンネルなんだ。
   And it is a tunnel.
   だが、確かにトンネルだ。
   
14:48 Your input just all got cut off
   このとき、五感の感覚入力はみんな遮断されていたから、
   except one little bit of input.
   心に浮かんでいるのは、この小さな現象だけだった。
   And it's very profound but it's relatively small.
   それは、重大なもののような感じはしたが、ごく小さなものだった。
   It somehow seems distant, although it seems to be getting closer.
   最初、遠くにある感じだったが、だんだん近づいてきた。
   Because with all your other input cut off, you focus on it more.
   ほかの感覚入力が全くないんだから、ますますそれに意識が集中した。
   It's the only thing you have left to focus upon.
   意識を向ける対象は、もうそれしかないんだからね。

15:11 And so you, if you will, move through the tunnel and towards the light.
   というわけで、私はトンネルを通って光に向かったということになる。

15:23 And I won't say that you're greeted there by some people
   だけど、そこに誰かが迎えに来て、「やあ、よく来たね」と手を握った…
   who walk up and how are you doing friend and shake your hand.
   なんてことは起こらなかったよ。
   No, there's nobody there.
   そう。人には出会わなかった。

15:34 There can be.
   出会うこともできたんだ。
   You can picture them that way.
   そういうことを思い描けばね。
   You picture them here.
   この世ではそれをやってるんだから。
   And you can picture them there if you want to.
   あの世でも、やりたければやれるんだよ。

15:38 This gets really confusing
   ちょっとわかりにくいかも知れないな。
   because we are creating our reality here on this planet.
   この世の現実はね、自分が創ってるんだよ。
   Every last bit of it, we're creating it in our mind.
   何もかも、我々の心が生み出したものなんだよ。
   Our images that we create are all our images.
   我々が生み出したイメージは、すべて我々のイメージなんだ。   
   And science is starting to bear this out.
   科学もそれを証明し始めている。

15:54 You've seen the movie What The Bleep.
   君は、『私たちは一体全体何を知っているというの!?』という映画を見たことがあるかな。
   The quantum physicist will tell you,
   「水を見ることによって、その水の分子構造は変化する」
   you look at water and you change its molecular structure.
   と量子物理学者は言ってるよ。
   Without someone looking at it, we don't know what it would be
   誰も見ていないとき、その水がどうなっているかはわからないんだ。
   because how do you do that? Very difficult.
   だって、どうやってわかる? 難しいよね。

16:18 But you're creating your reality here.
   自分の現実世界は自分が創造してるんだ。
   If I was going to try to describe what I believe we are at our source,
   本源と一体化しているときの我々は、
   what we are like, we are extremely creative beings.
   ものすごく創造的な存在なんだと思うね。
   We can sit and do absolutely nothing
   まあ、その気になれば、全く何もしないで
   and be as little as possible if we want to,
   息をひそめていることもできなくはないが、
   but it just doesn't seem to be in our nature.
   それが我々の本性ではないみたいだな。
   We like to create things
   人間は、ものごとを創造していくのが好きなんだよ。

16:52 And if you made the analogy that your life was like a movie
   だから、人生とは自分が制作する映画のようなもので、
   that you made, where you picked all of the characters and the actors
   登場人物の性格も、それを演じる役者も、すべて自分が決め、
   to play in your movie and you wrote the script out, and said,
   脚本も自分が書き、「ここでこういうできごとが起こった方がいいな。
   "This is what I want to have happened and how I want it to be,"
   これはこうなった方がいいな」 と言っているのだ―
   there would be a very good analogy.
   ・・・というのは、とても上手い比喩だと思うね。

17:16 And that's where it gets really interesting,
   そうすると、そこからまた話はおもしろくなる。
   because from this perspective we're very much used to the idea
   だって、我々はものごとを、「これはいい感じ」 「あれは嫌な感じ」
   of looking at things and judging things "I like that," "I don't like that."
   と思ったり言ったりすることに慣れてるからね。
   Well, so we say "this is good," and we say "this is bad,"
   そこから 「これは良い」 「あれは悪い」 ということになっていき、
   and we of course assume that there is a universal good and bad
   世界には普遍的な「善」「悪」というものが存在すると考えるようになる。
   out there.

17:43 I agree there's a universal good and bad out there,
   私も、普遍的な「善」「悪」というものが存在するとは思ってるよ。
   But here's the strange twist to it is that the universal part of it
   ただ、おかしいと思うのは、自分が好ましく思うことは「善」、
   is the fact that good is what you like and bad is what you don't like
   好ましく思えないことは「悪」としてしまっていることだ。
   and it's different for everybody.
   どんなことを好ましく思うかは、人によってみな違うのにね。

18:06 And that's where life gets really strange because people then say,
   こう言うと、さらに変なことが起こり、人はこう訊いてくる。

   "Well, but there's no universal good or evil?"
   「じゃあ、絶対的な善悪ってものはないの?」

   "No, there isn't."
   「ないよ」

   "Well, what about the guy who kills people?"
   「人殺しは悪いことじゃないの?」

   "Well, what would you tell me about the actor in the movie who plays
   「じゃあ君は、殺人鬼を演じる俳優が、
    the serial killer and goes through the movie killing a series of people?
   映画の中で次々に人を殺すことをどう思う?
    Is he a bad person?"
   その俳優は、悪い人間なの?」

   "No. You have judged the character that he plays as a bad person."
   「いや、それは、役柄と役者を混同してるんだ」

   "Did anybody really die?"
   「じゃあ、誰かが実際に死んでるの?」

   "No. you got caught up in the story and decided to believe
   「いや、それは、その物語にのめりこんでるから、
    the killing people was bad to experience the drama of the whole thing."
   "人殺しは悪"という価値観にのっとって、ドラマの興奮を楽しんでるんだ」

   "Well, what about good and bad?"
   「じゃあ、絶対的な善悪ってあるの?」

   "There aren't any."
   「ない」

18:47 That sounds kind of harsh and
   これはちょっと手厳しい考え方で、
   really twisted from what most people think,
   ほとんどの人に賛成してもらえないかもしれないね。
   because we're all pretty much brought up to believe
   たいていの人は、「世の中には、善いことと悪いことがある」と
   that there are good things and bad things in life.
   幼いときから教え込まれてきているからね。

19:03 Well, that's true from any given perspective,
   たしかに善悪は、限られた条件の元では存在する。
   but not universally.
   だがそれは、普遍的なものじゃないんだ。

19:12 If this is all a stage play and none of it's real,
   もし、一切が架空の物語の中のできごとで、
   none of it truly exists except in our minds,
   我々の心の中以外には存在せず、
   and we are all co-authoring each other's plays as well as our own
   我々はお互いに、自分自身と他の人々の物語を書いて
   and getting together and putting this play together,
   みんなで集り、いっしょにその物語を演じているのだとすれば、
   then what happens here is all an experiment in what it's like
   その時々に起こっていることは、すべて
   to focus on a given set of circumstances of our own making.
   それぞれの場面に焦点を当てるとどうなるかという実験に過ぎない。

19:40 And it's okay.
   それでいいんだよ。
   Doesn't make any difference how it turns out.
   結果がどう出ても、それでどうってことはない。
   Doesn't make any difference what you do.
   何をやっても、それでどうってことはない。
   You came here to experience those things.
   そういう実験をするために、この世にやって来たんだから。

19:49 Well, it has the distinct disadvantage that you don't get the blame
   だがそう思うと、大変なこともあるよ。
   everything it's gone wrong in your life on God or the devil
   人生で何かうまくいかないことがあっても
   or whoever it is you want to try to put in that little slot
   それを神様や、悪魔や、誰かのせいにできなくなるからな。
   if in point of fact you're the author of it all
   だって、そういう脚本を書いてるのは自分なんだし、
   and that you agreed to it all along before you came here.
   そういうこと全部を承知の上で、この世に生まれて来たんだから。

20:13 It has the distinct advantage that you can never be a victim
   逆に楽なことは、もう絶対に被害者にならなくなること。
   unless you chose to be one.
   自分でなろうと思わないかぎりはね。
   And even then you aren't truly a victim.
   自分で被害者になることを選んだ場合でも、心は被害者ではない。
   You're experiencing what it feels like to be one, but you aren't.
   単にその経験を味わっているだけだから、苦にはならないんだ。

20:31 This has got a real distinct advantage to it if you think about it,
   よく考えてみれば、このことは大変な強味になる。
   because you have nothing to fear, which is a lot better way
   怖いものがなくなるから、落ち着いた人生が送れるよ。
   to live your life than running around, scared all the time.     
   いつも被害を予想してあたふた、びくびくしてなくてもよくなるんだ。
 
20:49 But there are things out there that you could become a victim,
   しかし、予想もできない災難ってものがあるじゃないか!
   that could happen to you that are beyond your control!
   そういうものの被害者になることは防ぎようがないだろ?

20:54 Well the first place what I experienced tells me
   うーん、私の今までの経験では
   that that's not the case.
   そういうことにはならなかったなあ。
   But just as a practical matter here, we both hope that's not the case
   いや、実際問題として、そういうことにはならないものだと思った方がいいよ。
   because if it is, you could be a victim
   だって、もしそういうことになるんだったら、被害者になるのは君で、
   and in my world I can't be.
   私じゃないんだからね。
   Which world would you rather live in?
   どっちの世界観で生きたいと思う?
   As a practical matter I'd rather live in my world. (laugh)
   私は自分の世界観の方がいいな。(笑)

21:23 Now these things were obvious to me when I was there.
   こういうことは、あちらにいたとき明確にわかった。
   No, I didn't get admitted at the pearly gates.
   だが、真珠の門(キリスト教の天国の入口)から入って行ったわけじゃないよ。
   No, I wasn't in heaven.
   あそこは天国じゃなかった。
   No, I wasn't in hell.
   地獄でもなかった。
   No. I wasn't in purgatory.
   煉獄でもなかった。

21:33 I was in a wonderful place.
   あれは実にすばらしい所だった。
   I felt completely loved, that I was in touch with a vast array
   私は完璧な愛に包まれて、無数の存在たちと融け合っていた。
   of other beings. I was part of it. They were part of me.
   私は彼らの一部であり、彼らは私の一部であり、
   We're one.
   全体で一つだった。

21:52 If I was going to try to address the question of whether or not
   そこで、神様というものはいるのかどうなのか、という質問についてだが、
   there is a god, I would say to you that if there is a god
   いたとしても、その神様は、我々が人生の遊び場で
   first off what you're doing in your play time on this playground
   どんな風に遊んでいるかなんて、いちいち気にしてなんかいないよ。
   he doesn't care about any more than your mom worries
   それは君のおっ母さんが、うちの子は今、遊び場で何をしてるのかしら?
   about what it is you're doing on a playground.
   なんて、いちいち気にしないのと同じだよ。
   If you're simply out there playing a game of ball
   君が機嫌よく広場で野球をしていてくれて、
   and nobody's getting hurt, has no problems,
   けが人もなく、特に問題も起こしていなければ、
   she doesn't care about every little detail,
   おっ母さんは、細かいことなんかどうでもいいんだよ。
   and it doesn't make any difference whether you hit the ball
   君が打ったボールが、センターに行こうと、レフトに行こうと、
   directly into the centerfield or off into the left-field
   おっ母さんにとっては、どうでもいいことなんだよ。
   doesn't matter.
   
22:22 Similarly, if there's a God in the universe,
   似たようなもんだけど、もし神様がいるとしたら、
   I would describe it this way.
   こんな風にも言えるだろう。
   It's like we're all branches and leaves on a tree,
   たとえば我々が木の枝や葉っぱだとすると、
   and God would be the root, and the tree doesn't worry too much
   神様はその根っこだな。根っこは
   about where the leaves are blowing.
   今、どこらへんの葉っぱが風に揺れてるかなんて気にしない。
   It's not his part of the deal.
   神様にとって、そんなことは問題じゃないんだよ。

22:40 And so I'm on the other side and I'm in this sea of beings.
   ま、そういうわけで、私は向こうの世界で、無数の存在たちに囲まれていた。

22:50 And all of a sudden I felt somebody grabbed my arm,
   そうしたら、いきなり誰かに腕をつかまれたような気がした。
   which at this point through me,
   というより、つきぬけたような感じかな。
   because I didn't have an arm anymore
   だって肉体の腕はもうなくなっていて、
   and I just kind of gotten used to the idea that I didn't.
   そのことにすっかり慣れてしまっていたからね。
   And I felt my body get tugged, which I didn't have,
   それから体を引っ張られた感じがした。体なんかないのにね。
   at least I didn't a moment ago
   いや、少なくとも、一瞬前まではなかったんだ。

23:22 And the very first thing that I saw right after I felt that
   そして次の瞬間、気がついたことは、まず浜辺が目に入り、
   was my eyes open looking at the beach and I'm in a wave
   私は波に乗って、その浜辺に向かって
   and being pushed towards the beach,
   押し寄せられているところだった。

23:38 And my arm has been released.
   誰も私の腕をつかんではいなかった。
   I didn't feel my arm being held while I was seeing this side.
   こちらの世界にいたとき、腕をつかまれた気はしていなかった。
   So I felt somebody grabbed my arm while I'm on the other side.
   だから、あちらの世界でつかまれたような気がしていた。
   And the next thing I know, I'm opening my eyes,
   そうしたら次の瞬間、私は目を開けていて、
   and I'm in a wave, and headed for the beach in a wave,
   波がこの体を浜辺に向かって押し寄せているところだった。
   and no one's got hold of me,
   私は誰にも抱きかかえられてはいなかった。

23:56 And I started swimming.
   私は泳ぎだした。
   And when I got to the beach I didn't have the energy.
   浜辺にたどり着いたときには、もうエネルギーは残っていなかった。
   I was just totally spent.
   完全に体力が尽き果てていた。
   I didn't have the energy to get up and walk up onto the beach.
   もう、立ち上がって砂の上まで歩いて行く力もなかった。
   I kept swimming until my hands were hitting sand
   水底の砂に手が当たるまで泳いで
   on the bottom of the ocean, and crawled up onto the beach
   そこから這って乾いた砂の上に上がり、
   and laid there in the heat.
   そのまま炎天下にころがっていた。
   I don't know how long. Probably 15-20 minutes.
   どのくらいかはわからない。15~20分くらいかな。

24:24 And I've had many people ask me, "So, who pulled you out?"
   色んな人に訊かれるんだよ。「救助してくれたのは誰だったの?」
   I don't know.
   さあ、誰だったのかなあ。
   "Was it someone in this world or on the other side?"
   「この世界の人? それともあちら側の人?」
   I don't know.
   さあ、どうなのかなあ。

24:41 More importantly to me,
   私にとって、もっと大事なことは、
   it was my time to go, and then,
   あちらの世界に行こうとしていたのに
   "No, it isn't your time to go. It's your time to go back."
   「いや、まだその時は来ていない。帰りなさい」
   "Ok, fine."
   「はい、わかりました」 と押し戻されていたことだ。

25:01 If there was someone on this side, I cannot help but believe
   だが、もしあれが、この世界の人だったとしたら、
   that they would have followed me to the beach
   浜辺まで私について来て、私が大丈夫なのを見届けるか、
   and made sure I was all right especially, and they would at least
   少なくとも、私が無事に浜辺に泳ぎ着くまでは
   have watched to make sure I got to the beach all right,
   見守っていてくれたんじゃないかと思うし、
   and when I crawled up onto the beach and laid their still
   私が浜辺に這い上がって、砂の上に15分間倒れていたときも、
   for 15 minutes, I think they would have gone to check on me.
   様子を見に来てくれたはずだと思うんだよなあ。
   I mean if I did pull somebody out, I would have.
   もし私が誰かを救助したんだったら、そうするよ。

25:22 No, I don't know. I never checked the headlines the next day.
   いや、どうなのかな。次の日の新聞の見出しはチェックしなかったからな。
   It could be that the guy, you know, somebody grabbed
   もしかしたらその人は、私を海底から引っ張り上げて
   ahold of me and threw me towards the beach and
   浜辺に向かって放り投げ、自分はそのまま
   he proceeded to get caught in the cycle and he went down
   大波に巻き込まれて溺れ死んで、
   and died, he was in the next morning's headlines:
   次の日の朝刊の見出しには、「男性、海で溺死」
   "Man dies drown in the ocean." I don't know.
   と出ていたのかも知れない。どうだったのかなあ。

25:41 But that would be about the only way that I could explain
   しかし、そうとでも思わないと、説明がつかないんだよ。
   that somebody didn't follow me to the beach and say,
   ちゃんと浜辺までついて来て、
   "Are you okay?"
   「大丈夫か?」と声をかけないなんてね。
   because it seemed to me if somebody saved you,
   だって人を救助したのなら、最後まで見届けるはずだろ?
   they would have gone to check, and no one did.
   それなのに、誰もいなかったんだよ。

25:58 I can tell you I've never looked at life the same again
   あれ以来、この世の見方がすっかり変わってしまったな。


       ◇        ◇        ◇


【参考】 ・・・ 霊界通信が語る死後の世界
     ◇ 500に及ぶあの世からの現地報告
     ◇ 新樹の通信
     ◇ ジュリアの音信


----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------


【【【【【 生と死の問題を考えるための参考書 】】】】】

    【1】 このブログで取り上げた人たちの著作
    【2】 臨死体験     【3】 死を迎える     【4】 霊視/交霊
    【5】 前世の記憶    【6】 胎内記憶      【7】 退行催眠
    【8】 ヘミシンク     【9】 仏教       【10】 東洋哲学
    【11】 修行体験     【12】 覚醒者      【13】 薬物と変性意識
    【14】 癌は治る     【15】 自然治癒力    【16】 不食
    【17】 サバイバル    【18】 原始民族の叡智  【19】 古代日本人の死生観(漫画)
    【20】 文系向けの量子論/相対性理論


◎ 書名をクリックすると、その本の読者レビューが読めます。
--------------------------------------------------------------
 【1】 このブログで取り上げた人たちの著作
--------------------------------------------------------------

▼ アニータ・ムアジャーニ
   ◇ 喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ もしここが天国だったら?
▼ ティール・スワン
   ◇ 自分を愛せなくなってしまった人へ ― 自らに光をともす29の方法
▼ エスター・ヒックス
   ◇ 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
   ◇ 実践 引き寄せの法則
   ◇ サラとソロモン
▼ ジル・ボルト テイラー
   ◇ 奇跡の脳 ― 脳科学者の脳が壊れたとき
▼ ダニオン・ブリンクリー
   ◇ 未来からの生還 ― 臨死体験者が見た重大事件
   ◇ 続・未来からの生還 ― あの世へ旅立つ人々への贈り物
   ◇ 「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める
▼ ジャニーン シェパード
   ◇ 奇跡の空

--------------------------
 【2】 臨死体験
--------------------------

▼ 木内鶴彦
   ◇ 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み
   ◇ 生き方は星空が教えてくれる
▼ 飯田史彦
   ◇ ツインソウル ― 死にゆく私が体験した奇跡
   ◇ 生きがいの創造 ― “生まれ変わりの科学”が人生を変える
   ◇ 生きがいの本質 ― 私たちは、なぜ生きているのか
   ◇ 生きがいの創造V スピリチュアルな疑問にどう答えるか?
▼ 鈴木秀子
   ◇ 死にゆく者からの言葉
   ◇ 臨死体験 生命の響き
▼ 矢作直樹
   ◇ 人は死なない ― ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索
   ◇ 「いのち」が喜ぶ生き方
   ◇ 神 (サムシング・グレート) と見えない世界
▼ エベン・アレグザンダー
   ◇ プルーフ・オブ・ヘヴン ― 脳神経外科医が見た死後の世界
   ◇ DVD エベン・アレグザンダーとレイモンド・ムーディの対話
▼ ベティー・イーディー
   ◇ 死んで私が体験したこと ― 主の光に抱かれた至福の四時間
▼ バーバラ・ハリス
   ◇ バーバラ・ハリスの「臨死体験」
▼ レイモンド・ムーディ
   ◇ 永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験
   ◇ 生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論
▼ マイクル・セイボム
   ◇ 「あの世」からの帰還 ― 臨死体験の医学的研究
▼ メルヴィン・モース
   ◇ 臨死体験 光の世界へ
▼ ジェフリー・ロング
   ◇ 臨死体験 9つの証拠
▼ シェリー・サザランド
   ◇ 光のなかに再び生まれて ― 臨死体験から学ぶ人生の意味
▼ エリコ・ロウ
   ◇ 死んだ後には続きがあるのか 臨死体験と意識の科学の最前線
▼ 立花隆
   ◇ 宇宙からの帰還
   ◇ 臨死体験〈上〉
   ◇ 臨死体験〈下〉
   ◇ 証言・臨死体験
▼ 南方熊楠
   ◇  「幽体離脱体験と 臨死の霊魂の話」 現代語訳
▼ 水木 しげる
   ◇ 猫楠 ― 南方熊楠の生涯

-----------------------------
 【3】 死を迎える
-----------------------------

▼ エリザベス・キューブラー・ロス
   ◇ 永遠の別れ ― 悲しみを癒す智恵の書
   ◇ 「死ぬ瞬間」と死後の生
   ◇ 死後の真実
   ◇ 人生は廻る輪のように
   ◇ ライフ・レッスン
▼ 奥野 滋子
   ◇ 「お迎え」されて人は逝く
   ◇ ひとりで死ぬのだって大丈夫
▼ 岸本 英夫
   ◇ 死を見つめる心
▼ 萬田緑平
   ◇ 穏やかな死に医療はいらない
▼ 石飛 幸三
   ◇ 「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか
▼ 中村 仁一
   ◇ 大往生したけりゃ医療とかかわるな

-----------------------------
 【4】 霊視・交霊
-----------------------------

▼ 浅野 和三郎
   ◇ 霊界通信 『小桜姫物語』 ............ 無料で読めます。文章が美しく、内容もユニーク。
   ◇ 幽魂問答 ............ 無料で読めます!
   ◇ 死後の世界 ............ 無料で読めます!
▼ A・W・オースティン
   ◇ シルバーバーチは語る ............ 無料で読めます!
▼ コナン ドイル
   ◇ コナン・ドイルの心霊学
   ◇ コナン・ドイルの心霊学 (ダイジェスト) ............ 無料で読めます! 
▼ ジェームズ・ヴァン・プラグ
   ◇ 人生を、もっと幸せに生きるために ― 死者からのアドバイス
▼ ジナ・サーミナラ
   ◇ 転生の秘密 (エドガー・ケイシー〈秘密〉シリーズ (1))
   ◇ 超能力の秘密 ― エドガー・ケイシー・レポート
▼ 江原 啓之
   ◇ スピリチュアルメッセージII ― 死することの真理
   ◇ 前世 人生を変える
   ◇ 人はなぜ生まれいかに生きるのか
   ◇ ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー
▼ ハロルド・シャープ
   ◇ ペットたちは死後も生きている

-----------------------------
 【5】 前世の記憶
-----------------------------

▼ イアン・スティーヴンソン
   ◇ 前世を記憶する子どもたち
   ◇ 前世を記憶する子どもたち 〈2〉 ヨーロッパの事例から
   ◇ 生まれ変わりの刻印
▼ ジム・B. タッカー
   ◇ 転生した子どもたち ― ヴァージニア大学 40年の「前世」研究
▼ 竹倉史人
   ◇ 輪廻転生 〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語
▼ 森下 典子
   ◇ 前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って
▼ 平田 篤胤
   ◇ 仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)
   ◇ 勝五郎再生記聞 ― 前世の記憶を持つ子どもの話 (現代語超編訳版)

-----------------------------
 【6】 胎内記憶
-----------------------------

▼ 池川 明
   ◇ ママのおなかをえらんできたよ
   ◇ おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
   ◇ 雲の上でママをみていたときのこと
▼ いんやく りお
   ◇ 自分をえらんで生まれてきたよ

-----------------------------
 【7】 退行催眠
-----------------------------

▼ 一宇 ichiu
   ◇ 人生の法則: 3,000人の前世療法から明らかになった真実
▼ 萩原 優
   ◇ 前世療法の奇跡
   ◇ 医師が行う「ガンの催眠療法」 CDブック
▼ ブライアン・L. ワイス
   ◇ 前世療法 ― 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
   ◇ 魂の伴侶 ― ソウルメイト
   ◇ 「前世」からのメッセージ
   ◇ 未来世療法
▼ マイケル・ニュートン
   ◇ 死後の世界を知ると人生は深く癒される
   ◇ 死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」

-----------------------------
 【8】 ヘミシンク
-----------------------------

▼ ロバートA. モンロー
   ◇ 究極の旅 ― 体外離脱者モンロー氏の最後の冒険
▼ ブルース モーエン
   ◇ 「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち
▼ 鈴木 啓介
   ◇  ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」
▼ まるの日 圭
   ◇ 誰でもヘミシンク ― サラリーマン『異次元』を旅する
▼ 星海 ケン
   ◇ 人は死んだらどこに行くのか ―《モーエン流死後探索術》体験記

-------------------------
 【9】 仏教
-------------------------

▼ 笹本 戒浄
   ◇ 真実の自己
▼ オイゲン・ヘリゲル
   ◇ 弓と禅
▼ 鈴木大拙
   ◇ 
   ◇ 無心ということ
   ◇ 日本的霊性
   ◇ 真宗入門
   ◇ 妙好人
   ◇ 禅と念仏の心理学的基礎
   ◇ 神秘主義 ー キリスト教と仏教
   ◇ スエデンボルグ
▼ 柳澤 桂子
   ◇ 生きて死ぬ智慧
▼長澤 靖浩
   ◇ 超簡単訳 歎異抄・般若心経 ― 臨死体験であの世がわかった著者が訳した
▼ 中村 元
   ◇ 龍樹
▼ NHKスペシャル
   ◇ チベット死者の書 ― 仏典に秘められた死と転生
   ◇ チベット死者の書 [DVD]
▼ ダライ・ラマ十四世
   ◇ 仏教入門 ― 心は死を超えて存続する
   ◇ 死の謎を説く
   ◇ 「こころを学ぶ」 仏教者と科学者の対話

-----------------------------
 【10】 東洋哲学
-----------------------------

▼ 桜沢 如一
   ◇ 魔法のメガネ
   ◇ 無双原理・易
▼ 福岡 正信
   ◇ 自然農法 わら一本の革命
▼ 飲茶
   ◇ 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち
▼ 立川 武蔵
   ◇ はじめてのインド哲学

--------------------------
 【11】 修行体験
--------------------------

▼ 石井光
   ◇ 一週間で自己変革、「内観法」の驚異
▼ 野口法蔵
   ◇ チベット仏教の真実 ― 「五体投地」四百万回満行の軌跡
   ◇ 直感力を養う坐禅断食
▼ 成瀬雅春
   ◇ ヒマラヤ聖者が伝授する《最高の死に方&ヨーガ秘法》

--------------------------
 【12】 覚醒者
--------------------------

▼ パラマハンサ・ヨガナンダ
   ◇ あるヨギの自叙伝
   ◇ 人間の永遠の探求 ― パラマハンサ・ヨガナンダ講話集
▼ ベアード T.スポールディング
   ◇ ヒマラヤ聖者の生活探究 第1巻
▼ エックハルト・トール
   ◇ さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
   ◇ 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
▼ ラム・ダス
   ◇ 人生をやり直せるなら わたしはもっと失敗をして もっと馬鹿げたことをしよう
   ◇ 愛という奇蹟 ― ニーム・カロリ・ババ物語
▼ 阿部敏郎 / 雲黒斎
   ◇ 降参のススメ
▼ 阿部 敏郎
   ◇ さとりの授業
▼ アレクサンダー・マルシャーン
   ◇ この宇宙は夢なんだ 解き明かされる生存の秘密
▼ マイケル・A・シンガー
   ◇ サレンダー

---------------------------------------
 【13】 薬物と変性意識
---------------------------------------

▼ 蛭川 立
   ◇ 彼岸の時間 ― “意識”の人類学
▼ 草下 シンヤ
   ◇ 実録ドラッグ・リポート
▼ 久保 象
   ◇ ドラッグの教科書
▼ マリファナ・X編集会
   ◇ マリファナ・X ― 意識を変える草(ハーブ)が世界を変える
▼ アルバート・ホッフマン
   ◇ LSD ― 幻想世界への旅
▼ ラム・ダス
   ◇ ビー・ヒア・ナウ ― 心の扉をひらく本
▼ 麻枝 光一
   ◇ マリファナ青春旅行〈上〉 アジア・中近東編
   ◇ マリファナ青春旅行〈下〉 南北アメリカ編
▼ ジェームズ・アーサー
   ◇ 幻覚性キノコで半霊半物質への扉が開いてしまう
▼ マーティン A.リー
   ◇ アシッド・ドリームズ ― CIA、LSD、ヒッピー革命
▼ 高崎 ケン
   ◇ アムステルダム 裏の歩き方

--------------------------
 【14】 癌は治る
--------------------------

▼ 保坂 隆/今渕 恵子
   ◇ がんでも長生き 心のメソッド
▼ 保坂 隆
   ◇ がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点
▼ ムラキ テルミ
   ◇ 余命3カ月のガンが消えた 1日1食 奇跡のレシピ
▼ 野本 篤志
   ◇ がんが自然に消えていくセルフケア ― 毎日の生活で簡単にできる20の実践法
   ◇ 家族のケアでがんは消える ― 患者を生還に導く48の智恵
   ◇ がんを自分で治したい人のセルフケア実践ノート
▼ ケリー・ターナー
   ◇ 癌が自然に治る生き方 ― 余命宣告から「劇的な寛解」に至った人達が実践した9つの事
▼ 鹿島田 忠史
   ◇ がんを再発させない 5つの習慣
▼ 杉浦 貴之
   ◇ 命はそんなにやわじゃない
▼ 安保 徹
   ◇ 免疫革命
▼ 安保 徹/船瀬 俊介
   ◇ ガンは治る ガンは治せる ― 生命の自然治癒力

-----------------------------
 【15】 自然治癒力
-----------------------------

▼ 野口 晴哉
   ◇ 風邪の効用
▼ ジェス・スターン
   ◇ 内なるドクター ― 自然治癒力を発動させる、奇跡の処方箋
▼ 橋本 敬三
   ◇ からだの設計にミスはない ― 操体の原理
   ◇ 万病を治せる妙療法 ― 温古堂先生
▼ 三浦 寛/今 昭宏
   ◇ 操体法治療室 ― からだの感覚にゆだねる
▼ 本間 真二郎
   ◇ 病気にならない暮らし事典 ― 自然派医師が実践する76の工夫
▼ 甲田 光雄
   ◇ 奇跡が起こる半日断食 ― 高血圧、糖尿病、肝炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている!
   ◇ マンガでわかる「西式甲田療法」 ― 一番わかりやすい実践入門書
▼ 石原 結實
   ◇ 「空腹」療法
   ◇ 空腹力 ― やせる、若返る、健康になる!
▼ 大森 一慧
   ◇ からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
▼ 小峰 一雄
   ◇ 名医は虫歯を削らない ― 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法

--------------------------
 【16】 不食
--------------------------

▼ 秋山 佳胤
   ◇ 不食という生き方
▼ 森 美智代
   ◇ 「食べない」生き方
▼ 稲葉 耶季
   ◇ 食べない、死なない、争わない (伝説の元裁判官の生きる知恵)
▼ 榎木 孝明
   ◇ 30日間、食べることやめてみました (不食30日間 全記録 DVD付き)
▼ 船瀬 俊介
   ◇ 3日食べなきゃ、7割治る
▼ 山田 鷹夫
   ◇ 無人島、不食130日

------------------------------
 【17】 サバイバル
------------------------------

▼ 横井 庄一
   ◇ 明日への道 ― 全報告グアム島孤独の28年
   ◇ 横井庄一のサバイバル極意書 もっと困れ!
▼ 水木 しげる
   ◇ (まんが) 総員玉砕せよ!
   ◇ (まんが) 敗走記
   ◇ 水木しげるのラバウル戦記
▼ 須川 邦彦
   ◇ 無人島に生きる十六人
▼ 吉村 昭
   ◇ 漂流
▼ スティーヴン・キャラハン
   ◇ 大西洋漂流76日間
▼ 佐野 三治
   ◇ たった一人の生還  「たか号」漂流二十七日間の闘い
▼ 加村 一馬
   ◇ 洞窟オジさん

---------------------------------------
 【18】 原始民族の叡智
---------------------------------------

▼ ライアル・ワトソン
   ◇ 未知の贈りもの
▼ カルロス・カスタネダ
   ◇ 無限の本質 ― 呪術師との訣別
▼ マルロ・モーガン
   ◇ ミュータント・メッセージ
▼ エーリッヒ・ショイルマン
   ◇ パパラギ ― はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集
▼ ウラジーミル・メグレ
   ◇ アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ 1)

---------------------------------------------------
 【19】 古代日本人の死生観(漫画)
---------------------------------------------------

▼ 久松 文雄
   ◇ まんがで読む古事記 第1巻
▼ 水木 しげる
   ◇ 今昔物語(上) ― マンガ日本の古典 (8)
   ◇ 今昔物語(下) ― マンガ日本の古典 (9)
   ◇ 水木しげるの古代出雲

-----------------------------------------------------------
 【20】 文系向けの量子論/相対性理論
-----------------------------------------------------------

▼ 佐藤 勝彦
   ◇ 「量子論」を楽しむ本 ― ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる
   ◇ 「相対性理論」を楽しむ本 ― よくわかるアインシュタインの不思議な世界
   ◇ 図解 相対性理論と量子論 ― 物理の2大理論が1冊でわかる本
▼ 村山 斉
   ◇ 宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎
▼ ノ・ジェス
   ◇ 宇宙一美しい奇跡の数式
▼ 大関 真之
   ◇ 先生、それって「量子」の仕業ですか?
▼ レオン・M. レーダーマン
   ◇ 詩人のための量子力学 ― レーダーマンが語る不確定性原理から弦理論まで
▼ フリッチョフ・カプラ
   ◇ タオ自然学 ― 現代物理学の先端から「東洋の世紀」がはじまる
▼ 天外 伺朗
   ◇ ここまで来た「あの世」の科学 ― 魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する
   ◇ 理想的な死に方 ― 「あの世」の科学が死・生・魂の概念を変えた!




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター