Entries

ティール・スワン  インタビュー(3) 


アストラル・ソサエティーのインタビュー (2)
2011/02/04 公開 (ティール・スワン 26歳)
         0:07 問① 戦争とは?
         0:58 問② 我々が現実世界を創っている?
         2:23 問③ 気分とは?


   ◇ 下の英文は、上の動画の字幕を写したもので、音声にきっちり対応しています。
   ◇ 和訳は、センテンスごとの意訳になっています。
     個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
     単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


アストラル・ソサエティーのインタビュー (2)    (和訳: ゆうこ)

(0:07) Q: What is your opinion about war?
【問1】: 戦争についてどう思いますか?


A: That's always a question I enjoy.
【答】: その質問、好きなんですよ。
From the standpoint of somebody who sees the world as I do,
世界がわたしのような見え方をする者にとっては、
I don't believe that there is separation between one thing and the next thing.
「物と物とが分かれている」 というような考え方は信じられないんです。
So, if you're gonnna go kill another person, you are killing yourself.
だから、人を殺すのは、自分自身を殺すことです。
There is no other way to put that.
そうとしか言いようがないです。

So, while I understand that war is creating this incredible contrast and comparison
だからね、一方で戦争は、極端な逆療法として、人々の平和への願いをかきたて
for people to give birth to this creation of peace that they would like in the world,
それをもたらす働きがある、ということは知っていますが、
I think there are better ways to go about it.
もっといい方法はいくらでもあると思います。

And it is incredibly destructive not only to the people who are suffering from the war,
それに戦争は、それに巻き込まれた人たちだけじゃなく、
but to the people who are creating it.
それを仕掛けた人々に対しても極度に破壊的に作用します。
Everybody loses in this scenario.
そのシナリオでは、全員が敗北するんです。

(0:58) Q: We understand that you teach that we create our own realities,
【問2】: 「我々の現実世界を創っているのは我々自身だ」 と教えていらっしゃるようですが、
but... how do we create our own reality?
我々はどうやって現実世界を創ってるんですか?


A: All right.
【答】: はい、説明します。

So, from a three-dimentional standpoint,
3次元の観点から見ると
which is this reality that we live in, in our physical bodies,
わたしたちはこの世界で肉体を持って暮らしているので
we have this sort of perception that reality exsists outside of our physical bodies,
「世界は自分の肉体の外側にある」 と感じられ、
that we are players,
「わたしたちは出演者であって
sort of pieces of this bigger game where we're either being played
誰かに遊ばれている大きなゲームの駒のようなもの」 だとか
or playng in a field which exists without our attention to it.
「世界はわたしたちが意識するかどうかに関係なく実在している」 と思い込んでいます。

When a person has a thought, that thought now thinks.
わたしたちが何かの 「思い」 を抱くと、今度はその 「思い」 自体が思考を始めます。
This is a very difficult concept to understand for most people,
これは、ほとんどの人にとって理解しがたい概念なんですが、
but thoughts are thinking,
いろんな 「思い」 が思考をしてるんです。

The physical bodies that we see are condensed thoughts.
わたしたちが見ている肉体は、いろんな 「思い」 が凝縮してできたものです。
They are essentially thoughts that have been thought long enough
「思い」 が長期にわたって思いを重ねた結果
that they become static in nature, that means
固体の性質を持つようになり、
that they behave like particles instead of a wave form.
波動じゃなく粒子のような振る舞いをするようになったんです。

Q: So, thoughts are things?
【問】: じゃあ、「思い」 は物質なんですか?


A: Yes! Thoughts are things.
【答】: そうです! 物質なんです。
So, when you are thinking something, you are creating what is to come in your life.
だから、何かを思うということは、それを創造して自分の人生に出現させることになるんです。
So, that is how you create your own reality.
わたしたちはそうやって、自分の現実世界を創り上げています。

So, if a person was to think about the way they wanted their life to be,
だから、もし自分の人生はどんな風であって欲しいか考えるのなら
and then think thoughts that were in line with that,
それにふさわしい思いを持つようにしたらいいんです。

then they would know it was in line with that,
その思いが自分の望む方向に沿っているかどうかは
because they would feel good thinking those thoughts.
その思いにひたると気分が良くなるかどうかでわかります。
Then, eventually, they would see the tangible manifestation of those thoughts
気分が良くなる思いを持ち続けていると、そのうちその思いが具体的な形となって
in their physical life.
現実世界に現れてきます。

(2:23) Q: Many people think emotions are just the byproduct
【問3】 :「気持ちや気分などというものは、単なる外部状況の副産物だ」
of external circumstance. Do you agree?
と思っている人が多いようですが、どう思いますか? 
Also... is happiness important?
「幸せな気分」というのは重要なものでしょうか?


A: To someone who has come in full knowledge
【答】: 生まれる前と死後についての知識を完全に持ったまま
of what happens before and after life,
この世に生まれて来た者から言わせてもらえば、
your emotions are much more complicated than this, yet much more simple.
気持ちや気分というものは、もっとずっと意味深く、もっとずっと直接的なものです。
Your emotions are like a compass. So, in your life, they are pointing you basically.
「気分」は羅針盤のようなもので、人生の向かう方向を示してくれるんです。

They are telling you at all moments of the day, whether you are walking down
「気分」は一日中、一瞬ごとに
the path of alignment with what it is that you desire and what you want
あなたが行きたい方向に向かっているのかどうかを
or whether you are out of alignment with it.
教えてくれています。
And so, if you are practicing thoughts
だから、もしあなたが何かの思いにふけっていて、
that are causing this sort of energic discord, if you will,
その思いがエネルギー的に
with the things that you want and the things...
あなたの欲求や願望に合ってないとき・・・

You may not even know you want them.
あなたは、その欲求や願望には気づいていないかも知れません。
A lot of people aren't really quite sure what they want.
多くの人は、自分が何を望んでいるのか、よくわかっていないのですから。
But Source has a better idea of what we want than we do.
でも 「本源」 は、あなたの望みを、あなたよりもよくわかっています。

So, when you are experiencing a situation,
でね、あなたが何かの状況に陥っていると、
say that you have some sort of illness in your family,
・・・たとえば家族が何かの病気だったりすると
without you even consciously realizing it, you have given birth
あなたは、自分では気づかなくても
to an idea of what you would like that situation to look like:
その状況についての願望を抱いてしまっています。
the state of health.
「健康」 という願望ですね。

But if you are continuing...
で、もしそのまま・・・
so, in that moment, when you have hatched this idea,
あのね、そういう願望を抱いたら
this idea starts to become a tangible reality.
その思いはすぐに現実化に向かうんですね。
So, it's starting to vibrate.
そういう振動が始まるんです。
If it vibrates long enough, it will become in the physical dimention.
そしてその振動が高まりきると、それが現実のできごととなって現れます。

But people tend to then, even though they have done this,
でも、そういうときに、人がやりがちなことは
(they've experienced the situation which has made them hatch this idea)
(その状況があるからこそ、そういう願望が生まれているのですが)
instead of focusing on this idea, what they all would do
その願望には注意を払わないで、
is that they'll focus still on whatever situation they are looking at in the physical.
現実に見えている状況の方にばかり意識を向け続けてしまうんですね。
It's a very easy thing for people to do.
それは本当にみんながよくやることです。

But, if you do that, you are practicing the old vibration.
でもそうすると、古くからある振動を持ち続けることになり、
But, because you have this new thought,
また一方では、願望から生まれた新しい思いの振動も始まっていますから、
the old thought and the new thought that you have within you
新しい思いと古い思いの振動が、あなたの中で
are creating this energetic discord,
エネルギーの不調和状態を引き起こし、
which is felt in us as negative emotion.
それが「気分の悪さ」となって感じられることになります。

So, if you are trying to create your own reality,
だからね、もし本来の自分に合った人生を創造したいんだったら、
(and the purpose of creating your own reality
(なにしろ、「本来の自分に合う人生の創造」 ということは
is, essentially, the evolution of this universe)
そのまま 「宇宙の進化」 という大目的につながってるんですからね)
if you are going to be focusing upon this new improved thought,
そちらの新しい思いの方に注意を向け換えればいいんです。

you are going to feel better, that would feel like joy,
そうすれば気分がよくなって、喜びが感じられるようになり、
and it would feel like happiness to you.
幸せな気分になってきます。
So, that means that you are creating, literally, physically creating
そして、それはそのまま、あなたが自分の人生に望むものを現実化させている
the tangible reality of this thing that you want in your life.
しるしになるんです。

And that's why happiness is important,
だから、「幸せな気分」 というのはとても大事なものです。
because it tells you at all moments of the day
あなたの意識の向け方が、あなたの本来の目的に合っているかどうかを
whether you are focused appropriately or inappropriately for you.
一瞬ごとに教えてくれてるんですからね。


----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  関連書籍  】】】】

      ◆ 書名にカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ 書名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。
         (このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください)

 ▼ ティールさんの 本
   ◇ The Sculptor in the Sky

 ▼ アニータ・モージャニさんの 本
   ◇ 喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ Dying to Be Me: My Journey from Cancer, to Near Death, to True Healing
   ◇ Deep Meditation for Healing
   ◇ Being Myself
   ◇ A Christian Rebuttal to Anita Moorjani's Dying To Be Me

 ▼ その他の好評書籍
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈上〉」
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈下〉」
   ◇ 立花隆 著 「証言・臨死体験 」

   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験」
   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論」

   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死ぬ瞬間と死後の生」
   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死後の真実」

   ◇ 木内鶴彦 著 「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」
   ◇ 木内鶴彦 著 「生き方は星空が教えてくれる」
   ◇ 木内鶴彦 著 「あの世飛行士 未来への心躍るデスサーフィン」

   ◇ 矢作直樹 著 「人は死なない」-
   ◇ 矢作直樹 著 「いのちが喜ぶ生き方」
   ◇ 矢作直樹 著 「ご縁とお役目」
   ◇ 矢作直樹・村上 和雄「神(サムシング・グレート)と見えない世界」

   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 完結編」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 II」

   ◇ マイクル・セイボム 著 「あの世からの帰還―臨死体験の医学的研究」
   ◇ マイクル・セイボム 著 「続 あの世からの帰還―新たなる真実・47名の臨死体験」

   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界を知ると人生は深く癒される」
   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界が教える<人生はなんのためにあるのか>」

   ◇ 天外伺朗 著 「ここまで来た<あの世>の科学」
   ◇ 鈴木秀子 著 「臨死体験 生命の響き」
   ◇ 中島孝志 著 「あの世がわかればこの世が変わる」
   ◇ シェリー・サザランド 著 「光のなかに再び生まれて」
   ◇ エベン・アレグザンダー 著 「プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界」
   ◇ ハロルド・シャープ 著 「ペットたちは死後も生きている」







1件のコメント

[C80]

すばらしい内容ですね。勇気付けられます。翻訳ありがとうございます。
  • 2014-12-13
  • はる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター