Entries

臨死体験で末期癌が消えた! ③

☆ これは、このブログ一番のおすすめ記事です。  ① から順にお読みください。
    臨死体験で末期癌が消えた!① Anita Moorjani アニータ・モージャニ
    臨死体験で末期癌が消えた!② Anita Moorjani アニータ・モージャニ
    臨死体験で末期癌が消えた!④ Anita Moorjani アニータ・モージャニ
    臨死体験で末期癌が消えた!⑤ Anita Moorjani アニータ・モージャニ


  2012年3月のインタビュー    インタビュアー: Renate McNay



  2012年5月のインタビュー    インタビュアー: Bright Garlick


************************************************************************************
▼ 下記の対訳は、2006年に書かれたアニータ・モージャニさんの公式サイトの
   英文記事
を、ゆうこが許可を得て和訳したものです。、
  上の動画のテキストではありませんが、内容は同じなので、参考にしてください。

************************************************************************************

--------------------------------------------------------
Supplementary Comments:
追加質問とアニータの回答
 2006年8月            (和訳: ゆうこ )
--------------------------------------------------------

In view of how remarkable this account is, I e-mailed some additional questions to Anita.
Her response is below the questions.   - Dr. Jeffrey Long, NDERF
この体験談があまりにも驚くべきものだったので、私はアニータさんに追加質問のメールを送りました。
質問の下にあるのが彼女の回答です。 
              ―― 臨死研究協会  ジェフリー・ロング博士 (放射線腫瘍医)


-----------------------------------------
My questions:
ジェフリー・ロング博士の質問

-----------------------------------------

1). You write remarkably well!!!
  素晴らしい文章です!

  Have you lived in any English speaking area of the world for any period of time?
  今までに英語圏で暮らしたことはありますか?

2). You had Hodkin’s Lymphoma. Was this diagnosed by biopsy?
  ホジキンリンパ腫だったとのことですが、それは生検で診断されたのですか? 

  How was the diagnosis made?
  どうやって診断されたのですか?

3). How long after the chemotherapy was started did all the lymph nodes you had
  go completely away?
  すべてのリンパ節腫大が完全に消えたのは、抗癌剤療法を始めてどれくらい後ですか?

4). The fact that the medical tests, already done, would have their outcome changed
  depending on your choice is remarkable.
  すでに行われていた検査の結果があなたの選択次第で変わり得たというのは驚くべきことです。

  If you had chosen not to return to earth, do you have a sense
  when the medical tests would have changed- after your choice in earthly time,
  もしこの世に戻らない選択をしていたとしたら、地球時間で言えば、検査の結果は
  あなたの選択の後に変わっていたのでしょうか?

  or would your choice have affected the tests at the time the blood was drawn
  which, in earthly time, I understand would have been before you made your choice
  to return to earth.
  それとも採血時 (地球時間で言えば、この世に戻る選択をする前だと思いますが) に
  検査結果に影響を与えていたのでしょうか? 

  Any further comments you have on this would be greatly appreciated.  
  これについて、さらなるコメントをいただければ大変ありがたいです。

5). You said “It not only makes me feel that everything (including cancer)is not real
  (a shift in consciousness made it disappear!) but it also makes me feel very powerful,
  and I have a totally different understanding of life now.”  
  「このことから、すべての物事は実在しない ということに気づいた (意識が変わったら癌も消えた!)
  と同時に、自分がすばらしくパワフルに感じられるようになり、
  人生に対して全く異なった理解を持つようになりました」 とのことですが、

  As a doctor who treats cancer, any further insights you have on this would be
  greatly appreciated.
  これについてもう少しお教えいただければ、癌治療に携わっている医師として大変ありがたいです。

6). Would the doctors who treated you be interested in communicating with me?
  あなたの治療に携わった医師たちは、私と接触することに興味を持ってくれるでしょうか? 

  We would all need your prior approval to share information about your medical
  diagnosis and treatment.
  あなたの病気の診断や治療に関する情報の公開には、あなたのご承諾が必要となります。

  If your doctors were interested in writing up your experience to publish it as a
  “case report” in the medical literature, I would be delighted to help in any way
  that I can.
  もしあなたの医師たちが、あなたの体験をまとめ、症例報告として医学文献に発表する
  気があれば、私は喜んでできるかぎりのサポートをいたします。

  This could certainly increase the awareness of NDE in your country.
  それは確実に貴国における臨死体験への理解の増大につながると思います。


----------------------------
Anita’s response:
アニータの回答

----------------------------

Thank you so much for your response, and on your compliments to my English!
ご返事ありがとうございます。 そしてわたしの英語へのお褒めの言葉も! 

I attended a British private school for my entire schooling here in Hong Kong,
as this used to be a British colony up until 1997.
香港は1997年まで英国の植民地でしたので、
わたしは全教育期間を通して、この地の英国系私立学校で学びました。

There were British schools set up specifically for the children of the British officers
香港には英国高官の子弟のために設立された学校がいくつもありましたし、

and most of the large corporations in Hong Kong were also run by British.
大企業のほとんどは英国人が経営していました。

After I finished school, I did some further studies in Manchester, UK,
香港の学校を終えると、わたしは英国マンチェスターでもう少し勉強し、

but returned to Hong Kong after I finished.
卒業後、香港に戻りました。

I married someone here, who shared a very similar background as myself –
そして、よく似た経歴の男性と、この地で結婚しました。

a fellow ethnic Indian born and raised in Hong Kong,
彼はわたしと同じくインド人で、香港で生まれ育ち、

with no real attachment to our parents’ native country.
両親の母国との実際的なつながりはありません。

I have also been working here in Hong Kong.
そしてわたしは香港でずっと働いてきました。

Before I go further, I just want to share with you
ところで先に進む前に、ちょっとお伝えしておきたいことがあります。

that your e-mail gave me goose-bumps.
あなたのメールを見て鳥肌が立ったのです。

When I had my NDE, and I was able to see and perceive certain aspects of my future,
わたしは臨死体験をした時、自分の未来のあれこれを見たり直感したりできました。

I perceived that one of the reasons I had to go back was
それでわかったことは、「生」 に戻らないといけない理由の1つは、

because I was supposed to touch and inspire people’s lives.
わたしが人々の生き方に触れ、気づきをもたらすことになっていることでした。

In that state, I somehow knew that I was meant to inspire thousands,
maybe tens of thousands of people.
何千、何万という人々に気づきをもたらすことになっているということが、あの意識状態で
とにかくわかったのです。

But it was not clear how I was meant to do it –
でも、どうやってそれをやるのかはわからず、

I just knew I was supposed to be doing something to inspire people.
ただ人々に気づきをもたらすような何かをするということだけわかっていました。

I specifically got the feeling that I didn’t need to do anything for this to happen,
そして、それを起こすために自分で何かをする必要はなく、

I just had to be myself and enjoy life.
ただありのまま、人生を楽しんでいればいいのだという感覚がありました。

Then recently, I had been thinking about this,
ところが最近このことを考えていて、

and now that I am well and want to do something productive with my life,
わたしはもう元気になったのだから、何か、ためになる生活をしたいな、

I have been trying to figure out what it is I am supposed to do that inspires others.
人々に気づきをもたらすために何をすることになっているんだろう…と思っていたのです。

And this morning I got your e-mail
そうしたら今朝、あなたからメールが来て、

which said “Over the years, tens of thousands of people will read your experience
「これから何年にもわたって何万という人々があなたの体験記を読み、

and, I am sure, be inspired.”
気づきを得ることは間違いないでしょう」 とありました。

I now understand why I was made to feel I didn’t have to do anything!!
わたしは自分で何もする必要はないんだと感じさせられていたわけが、今こそわかりました!!

I was doing it by having the NDE!!!
臨死体験こそがそれだったんですね!!!

Regarding your questions I am sorry if the answers seem a bit long,
ご質問についてですが、回答がちょっと長すぎるようでしたらごめんなさい。

but I want to make it as clear as possible:
できるかぎり明瞭にしたいのです。

About 3 and a half years ago,
今から約3年半前のこと、

I had a needle biopsy on a swollen lymph gland at the base of my neck
where it meets my shoulder on my left side,
わたしは首の付け根が左肩に接する所のリンパ腺が腫れ、針生検を受けました。

and the results indicated I had Hodgkin’s Lymphoma.
結果は 「ホジキンリンパ腫」 と出ました。

A scan then preliminary staged it at 1A at that time, however more tests still needed to be done.
そして、他にもまだ検査をしなくてはならないけれど、スキャンでは1A期という診断でした。

If I can explain some details, which I did not think was necessary in my earlier account
as it had nothing to do with the NDE itself:
こういうことは臨死体験に直接関係がないから不必要だと思って、先日の体験談では触れなかった
のですが、少し詳しく述べてみます。

My best friend had just died of cancer – she had a sarcoma in her chest area.
その少し前に、わたしは親友を癌で亡くしていました。 彼女は胸部に肉腫がありました。

The sarcoma had been removed surgically, and then she was given chemo.
肉腫は手術で取り除かれ、続いて抗癌剤投与を受けました。

Her physical condition deteriorated very badly after starting the chemo,
抗癌剤療法が始まると、彼女の体調はひどく悪化し、

and continued to deteriorate until she died.
そのままどんどん悪くなって彼女は亡くなりました。

Her family felt very strongly it was the chemo that killed her, not the cancer.
彼女の家族は、「あれは癌で死んだのではない。抗癌剤で殺されたのだ」と憤りを感じていました。

I was with her through her experience,
わたしは彼女が病気の間中ずっと一緒にいて、

and watch her suffer through her chemo experience, which was horrific,
彼女が抗癌剤で苦しむ恐ろしい姿を見つめ、

and then watched her die.
彼女が死んでいく有様を見守りました。

This was my friend whom I had known since grade school,
彼女は小学校時代からの友だちで、

and we had grown up together.
わたしたちは一緒に大きくなったのです。

When I was then subsequently diagnosed the same year she died, I was shocked,
彼女が死んだその年に、わたしは癌と診断されて驚愕しました。

as were a lot of people in our circle of friends.
仲間の多くも、同じようにショックを受けていました。

I was very, very afraid of chemo, so refused treatment,
わたしは抗癌剤療法が怖くてたまらず、処置を拒否して、

and went to see a naturopath who specialized in cancer treatment.
癌治療を専門とする自然療法医に診てもらうことにしました。

At first, the swollen lymph nodes seemed to be shrinking,
最初、リンパ節の腫れは縮んでいるようで、

and we felt the therapy was working,
わたしたちはその療法が効いているのを感じました。

and I was very happy that I would not have to have chemo.
わたしは抗癌剤治療を受けなくていいので、大いに満足でした。

But although they got smaller, they did not disappear completely.
でも、癌は小さくはなりましたが、完全に消えはしませんでした。

I was living in a lot of fear at that time – fear of the cancer, and fear of chemo.
その時わたしは恐怖心だらけで生きていました。癌への恐怖、抗癌剤への恐怖…。

I cleaned up my diet, did colon therapy,
わたしはダイエットを見直し、腸内洗浄をし、

and took all the pills the naturopathic doctor gave me.
自然療法医がくれたすべての薬を飲みました。

But around 2 years ago, the lymph nodes seemed to be growing again,
けれども2年前ぐらいから、リンパ節はまた大きくなりだしたようでした。

and so the doctor changed my therapy, and also sent me to a herbal specialist.
自然療法医は治療法を変え、薬草の専門家にも紹介してくれました。

Again, it seemed to come under control for a little while,
それでしばらくは安定したように見えましたが、

but around 1 year ago, I started to develop fluid in my chest area,
1年前ぐらいから胸に水がたまりだし、

and also my left arm became swollen.
左腕がむくみだしました。

My doctor then performed a pleural effusion, and then the fluid came back
自然療法医は水を抜いてくれましたが、また水がたまり、

and he performed the effusion several more times.
その後数回にわたって除水が行われました。

During this time, my glands were getting more and more swollen,
こうしている間にリンパ組織はますます腫れていき、

until January, 2006, when my health deteriorated dramatically in a span of 2 or 3 weeks.
2006年1月になると、健康状態が2、3週間で劇的に悪化していきました。

My breathing became more and more laboured, I was always out of breath,
呼吸がどんどん困難になり、いつも息を切らしているようになって、

and I needed to carry a portable oxygen machine.
携帯用酸素吸入器を持ち歩かなければならなくなり、

I was losing weight, I could not eat, as I felt full all the time,
体重は減っていき、満腹感がいつもあるため食べられなくなり、

my muscles were deteriorating to the point where I could not walk
筋肉が衰えて歩けなくなったため

and was using a wheelchair,
車椅子を使うようになり、

I had skin lesions which were oozing,
皮膚の腫れ物からは汁がにじみ出ていました。

and by February 2, I could not move.
そして2月2日には、とうとう動けなくなりました。

I could not open my eyes, get out of bed, let alone even walk.
目を開けることができず、歩くことはおろか、ベッドから出ることさえできません。

I just accepted that this was it, I was going to die,
「ああ、ついにその時がやって来た。わたしは死ぬのだ」 と観念し、

and I just completely let go.
完全に自分を手放しました。

I did not feel any pain, or discomfort.
どんな痛みも不快感もなくなりました。

I was not on any medication at that point – just a state of total release.
この時わたしは何の薬物の影響下にもなく、完全な明け渡しの意識状態でした。

My husband rushed me to hospital,
夫は急いでわたしを病院に運びました。

and I was assigned an oncologist who, after examining me,
わたしを診ることになった癌専門医は、診察後、

said “its too late. There is nothing I can do.”
「手遅れです。わたしにできることは何もありません」 と言いました。

My husband pleaded with her, and she then relented to assign someone else,
それでも夫が懇願すると、彼女は渋々ほかの医師をつけてくれました。

as she felt it would be a “waste of her time”,
それはたぶん自分で 「時間の無駄づかい」 をしたくなかったからか、

or perhaps she did not want my death on her record.
または、自分の経歴にわたしの死亡事例を残したくなかったからでしょう。

She was very annoyed with my naturopathic doctor,
彼女はわたしの自然療法医にとても気を悪くしていて、

and felt it was his responsibility to send me to the hospital earlier,
彼はもっと早くわたしを病院にまわすべきだった、

and made it clear that it was “his fault” that I was going to die.
わたしが今死にかけているのは 「彼のせい」 だ、とはっきり言いました。

The scans showed that the lymphoma had spread throughout my body,
スキャンはリンパ腫がわたしの体全体に広がっていることを示し、

and my organs were compromised.
臓器は不全におちいっていました。

My feet and hands now began to swell like balloons, and my face was all swollen.
そして、手足が風船のように膨れだし、顔も膨れ上がってきました。

The oncologist said “her organs have already shut down –
癌専門医は、「臓器がもう働かなくなっています。

she is dying of organ failure”.
患者さんは臓器不全で死にかけています」 と言いました。

Listening to my husband’s pleas, she called another oncologist,
そして彼女は夫の嘆願を聞き入れて別の癌専門医を呼び、

who said to my husband “I can’t promise anything, I’ll see what I can do.
その医師は夫に、「何もお約束はできませんが、できるかぎりのことをやってみます。

However, the next 24 hours are critical. She is too unstable
しかしこれから24時間が山です。 患者さんの状態はあまりにも不安定で、

to even perform a biopsy to determine what drugs to inject.
どんな薬を注射するか決めるための生検をやることさえ難しそうですから。

We will also begin to run the tests right away on her organ functions
臓器の機能のテストも今すぐ始めます。

as all symptoms seem to indicate failure.”
臓器不全のあらゆる徴候が出てますからね」 と言いました。

This was the conversation that took place outside my room, some 40 feet away,
これは、わたしが寝かされている部屋から約12m離れた所で交わされた会話です。

and I heard and saw it,
わたしにはそれが見え、聞こえたたのですから、

so I had obviously left my body at that time.
そのとき体外離脱をしていたことは明らかだと思います。

Anyway, I then became aware of all the needles poking me,
それはともかく、次に気づいたことは、何本もの針が体に刺され、

and some kind of chemo drugs went into me,
何種類かの抗癌剤らしきものが注入されていることでした。

but I don’t know exactly what the mix was.
その混合薬が正確にどういうものだったかはわかりません。

And I was connected to an oxygen machine, a food tube,
そして、酸素を取り込む機械や、食物を取り込むチューブ、

something that monitored my heart, pulse, blood pressure, etc. etc.
心臓や脈や血圧をモニターする機械など、様々なものが取り付けられていました。

The next morning, (after drifting between the two worlds through the night
and after making my decision to come back into life) I started to feel more awake,
その夜、2つの世界をただよい、「生」に戻るという選択をしたわたしは、
翌朝になると、目覚めた感じが増してきて、

and started to feel slightly more grounded in this world than that one,
あちらの世界よりもこちらの世界に根を下ろした感じがやや強くなってきました。

and that was when the doctors came in
そこへ医師たちが入って来て、

and said my organs were showing normal function.
わたしの臓器が正常な機能を示すようになったことを告げました。

I was still a bit fuzzy, and said something like “oh, I thought we knew that already”.
わたしはまだ少し頭がボーッとしていたのですが、「あら、そのことはもうご存知だと思ってました」
というようなことを言いました。

My brother had arrived, having been on a plane overnight,
機内で一夜を過ごした兄が、到着していました。

and by that evening, I was really awake and ready to sit up.
そしてわたしは、その日の夕方までにははっきりと目が覚め、起き上がれるようになっていました。

My whole family started celebrating.
わたしの家族みんなが集まって、お祝いを始めました。

Within 4 days, my progress was remarkable,
それから4日間の回復ぶりは目覚ましく、

and I was transferred from the ICU to a normal private room.
わたしは集中治療室 から普通の個室へ移されました。

There was significant reduction in my lymph nodes within those 4 days.
その4日間に、リンパ節の著しい縮小があったのです。

Because it now looked like I was going to make it,
わたしがすっかり回復しそうになってきたので、

the doctor called for a wound specialist to look at my skin lesions.
癌専門医はわたしの皮膚の腫れ物を診察するために皮膚科の医師を呼びました。

When he first looked at them, he said that surgery would be needed
as the skin had been “eaten away”,
最初その医師は傷を見て、皮膚が 「むしばまれて」 いるから手術が必要だと言いましたが、

but he would wait until I became stronger.
もっとわたしの体力がつくまで待つことにしました。

However, my wounds healed miraculously over the weeks,
けれどもわたしの傷は、1、2週間の内に奇跡的に癒えてしまい、

and never needed surgery (one on the neck and one under the arm).
その手術 (首の所と脇の下) は必要なくなりました。

About a week after coming out of ICU, they performed a bone marrow biopsy,
集中治療室 から出て1週間ぐらい後、骨髄生検を受けましたが、

and could not find anything,
何も見つかりませんでした。

and about 10 days after that, they performed a lymph node biopsy.
そしてそれから10日ぐらい後、リンパ節生検を受けました。

When I was sent for the lymph node biopsy,
わたしがリンパ節生検に送られた時、

the radiologist could not find a lymph node big enough to even suggest cancer,
放射線技師は癌と呼べるほどの大きさのリンパ節を見つけることさえできませんでした。

however the oncologist pushed him to mark a lymph node on my body anyway
それでも癌専門医は、とにかくリンパ節を1つマークするよう放射線技師に命じ、

which they biopsied and found nothing.
それを生検しましたが、何も見つけられませんでした。

Each time, I knew the test results were going to be negative.
その度ごとに、わたしには試験結果が 「異常なし」 と出ることがわかっていました。

The oncologist however,
でも癌専門医は、

wanted to run these tests so that he could determine what chemo drugs to use,
どういう抗癌剤を使うかを決めるために、そういう検査をしたかったようです。

but since he could not find anything,
それでも何も見つけることができなかったものですから、

he said it is because I am responding extremely well to what he is currently using,
「これは、今使っている抗癌剤がとてもよく効いている証拠です。

so he will keep giving me that.
今後もこれを使っていきましょう」 と言いました。

I said that if the cancer seems gone, why do I have to keep having the chemo,
わたしは、「癌が消えたのだったら、どうして抗癌剤療法を受け続けなくてはならないのですか」
と言ったのですが、

but he insisted that, even though my recovery was remarkable,
彼は、「あなたの回復度は驚くべきものですが、

he had to be sure to give me at least the minimum number of cycles, because of the state I was in when I came in.
来院時の状態を思い出せば、少なくとも最小限のサイクル期間だけは投与しておかなければなりません。

He said he originally thought I would need a lot more cycles,
最初はもっと何サイクルもの投与が必要だと思っていましたが、

but was now reducing it drastically to the minimum he ever gives which is six.
今、それを最小限に下げたのです。それが6サイクルです」 と言いました。

I don’t know why, but I did not suffer major side effects from the chemo.
なぜかはわかりませんが、わたしには抗癌剤のひどい副作用はありませんでした。

I was so charged by my NDE, it was as if nothing was going to get me down,
臨死体験ですばらしくエネルギーが高まり、どんなものにも負けない体になっていたようです。

and I now lost my fear of the chemo,
そしてもう抗癌剤に対する恐怖心も消え、

and knew that I was going to be fine – better than fine.
何も心配ない (心配ないどころか完璧) ということがわかっていました。

In answer to question 3, the lymph nodes were visibly reduced
質問3の答ですが、リンパ節は抗癌剤療法開始の4日後頃には目に見えて小さくなり、

by about 80% around 4 days after the chemo.
およそ80%になっていました。

However, the biopsy was done about 2 weeks after that,
でも生検が実施されたのは、それから約2週間後です。

where they could not find a lymph node to even suggest cancer.
その生検では、癌と呼べるほどの大きさのリンパ節を見つけることさえできませんでした。

They were waiting for my body to be stronger before conducting the biopsy,
医師たちは生検の実施を、わたしの体力がつくまで待っていました。

which is why it was not done earlier.
だからそれより早くは実施されなかったのです。

The bone marrow biopsy was done earlier, where they did not find anything.
骨髄生検はもっと早く実施されましたが、その時も、何も見つかりませんでした。

Question 4: This is one of the points that is so hard to express with our limited 3 dimensional language.
質問4: これは、3次元の限られた言葉で説明するのがとても難しい点の1つです。

Time seems to have a completely different meaning on that side.
時間は、あちら側では完全に別な意味を持っているようなのです。

What I felt was that all possibilities exist simultaneously –
わたしが感じたのは、「あらゆる可能性は同時に存在している」ということでした。

it just depends which one you choose.
それは、自分がどの可能性を選ぶかで決まるのです。

Sort of like being in an elevator, where all the floors of a building exist,
言わばエレベーターの中にいるようなもので、建物のすべての階はそこに在るけれど、

but you can choose which floor to get off on.
どの階で降りるかは自分で選べるんです。

So if all the future possibilities exist for me to choose from,
わたしがあらゆる未来の可能性の中から選択できるのであれば、

then I assume all the past scenarios exist too.
当然それぞれの過去のシナリオも、みんな存在するんだと思います。

So depending which future possibility I choose,
だから、わたしがどの未来の可能性を選ぶかによって、

that will also determine which past automatically comes with it
どの過去がそれに伴って来るかということも自動的に決まるんです。

(I chose life, so it affected the past,
(わたしは「生」を選んだので、それは過去に影響を及ぼし、

choosing the appropriate test result for the organ function).
それにふさわしい臓器の機能の検査結果が選ばれたのです。)

I hope I am making sense.
これで伝わっているでしょうか? 

It’s very clear in my thoughts, but it is hard to write.
思いの中でははっきりわかっているのですが、文章にするとなると難しいです。

When I was being presented the choice, I actually saw a vision of my lab report
わたしはあの選択肢を与えられた時、まさに検査報告書の映像が見え、

which said, on the heading: Diagnosis: Organ Failure.
見出しにはこう書いてあったのです。 「診断: 臓器不全」

Then on the body of the report: Death due to organ failure caused by Hodgkin’s lymphoma.
そして本文には、「ホジキンリンパ腫に起因する臓器不全により死亡」

When I actually saw the report after coming back, the sheet of paper looked almost identical,
わたしがこちらの世界に戻ってから実際に見た報告書は、それとそっくりで、

and the heading matched word for word: Diagnosis: Organ Failure,
見出しは一字一句同じでした。 「診断: 臓器不全」

however, the body read: There is no evidence of organ failure.
でも本文には、こう書いてありました。 「臓器不全の所見なし」

I actually got goosebumps looking at that report, knowing what it could have read.
わたしはその報告書を見た時、もう1つの文言の可能性を思い、本当に鳥肌がたちました。

Question 5: I now know that a lot more exists than we are consciously aware of
or capable of understanding.
質問5: わたしは今、わたしたちが普通の意識で気づいている事や理解できる事よりも
ずっと多くの事が存在していることを知っています。

Each day, I am understanding more and more since the NDE.
臨死体験以来、わたしは毎日、ますます色々なことがわかってきています。

I am finding out that there are things I now feel I “know” or “understand”,
which I never did before.
わたしは今、以前のわたしには想像もできなかったような種類の、
「知っている」とか「わかる」と感じられる物事があることを発見しています。

The best example I can think of is:
いちばん良い喩えとして思いつくのはこういうことです。

imagine there is a huge warehouse, which is dark,
巨大な倉庫があって、中は真っ暗だと想像してください。

and you live in this warehouse with one flashlight.
あなたは懐中電灯を1つだけ持って、この倉庫の中で暮らしています。

Everything you know about this warehouse is seen through the light of this one small flashlight.
あなたがこの倉庫について知っているのは、その小さな懐中電灯の光で照らされた物だけです。

Whenever you want to look for something, you may or may not find it,
あなたが何かを探したいと思えば、それは見つかることもあるし、見つからないこともあります。

but it does not mean the thing does not exist.
でも、だからと言って、その物が存在しないということにはなりません。

It is there, but you just haven’t flashed your light on it.
ちゃんとそこにあるのだけれど、あなたがまだ懐中電灯の光をあてていないだけなのです。

You can only see what your light is focused on.
あなたはその光があたっている物しか見えないのですから。

Then one day, someone flicks on a lightswitch,
すると、ある日、誰かがパチッと電気をつけます。

and for the first time, you can see the whole warehouse.
あなたは初めて倉庫全体を見ます。

The vastness of it is almost overwhelming, you can’t see all the way to the end,
その広大さは驚くばかりで、端の方はかすんで見えません。

and you know there is more than what you can see.
それであなたは、そこには見えている物よりずっと多くの物があることに気がつきます。

But you do see how all the products are lined up on all the shelves,
でも、その品々がたくさんの棚にどのように並んでいるかということは見え、

and you notice just how many different things there are in the warehouse
この倉庫には何と様々な物があるかということに気がつきます。

which you never noticed, never even conceived having existed,
以前はそういう物に気づかず、そういう物の存在を想像することさえできなかったのですが、

yet they do, simultaneously with the things you know existed
それは、以前からあなたが存在に気づいていた品々

(those are the things your flashlight had been able to find).
(あなたが懐中電灯の光で見つけていた品々)と同時に存在していたのです。

Then, even when the light switch goes back off,
そして、電気がまた消えてしまった後も、

nothing can take away the understanding and clarity of your experience.
あなたがその経験で得た気づきと洞察力の明晰さが失われることはありません。

Even though you are back to one flashlight, you now know how to look for things.
再び懐中電灯だけの暮らしに戻っても、もうあなたは物の探し方を知っているのです。

You know what is possible, and you even know what to look for.
あなたは、どういうことが可能かを知っているし、何を探すべきかということさえわかっています。

You start viewing things differently,
あなたは今までと違う物の見方をするようになり、

and it is from this new springboard that your experiences start to happen.
この新しいスタート台から様々な経験が起こり始めるのです。

And so I find that in my daily life,
そんなわけで、わたしは日々の生活の中で、

I am referring to different aspects of my experience at different times,
その時々にあの体験から別々のものを引き出しています。

and I am understanding things in a different way,
そして、ものごとを以前と違う風に理解し、

and knowing things I did not know I knew.
自分が知っているのを知らなかった色々な事がわかりだしました。

I saw all people as “energy”,
わたしにはすべての人が「エネルギー」として見えました。

and depending where our energy level was,
各自のエネルギーレベルがどの位置にあるかによって、

that was the world we created for ourselves.
各自が自分自身のために創りあげる世界が決まるのです。

The understanding I gained from this was
この事からわたしが気づいたことは、

that if cancer was not in our “energy”, then it was not in our reality.
もし癌が自分の「エネルギー」の中に無ければ、肉体の中にも無くなるということでした。

If feeling good about ourselves was in our energy,
もし自分のことを好ましく思えるような感覚が自分のエネルギーの中にあれば、

then our reality would be positive.
現実世界もポジティブなものになります。

If cancer was in our energy,
もしエネルギーの中に癌があれば、

then even if we eradicated it with modern medicine, it would soon come back.
いくら医学的療法で肉体の癌を根絶しても、じきに再発することになるでしょう。

But if we cleared it from our energy, the physical body would soon follow.
けれども、もしエネルギーから癌を一掃することができれば、肉体もじきにそのように変わるのです。

None of us are as “real” or physical as we think we are.
わたしたちは皆、普通に考えられているような 「確固としたもの」 ではないし、肉体でもありません。

From what I saw, it looked like we are energy first,
わたしに見えたことから言えば、わたしたちはまずエネルギーであり、

and physical is only a result of expressing our energy.
肉体は、単なるそのエネルギーの表れに過ぎません。

And we can change our physical reality if we change our energy.
だから、自分のエネルギーを変えれば、現実世界を変えることができるのです。

(Some people have mentioned I use the term “Vibration”).
(「エネルギー」 じゃなく 「振動」 という語を使えば? と言ってくれた人もいます。)

For me, personally, I was made to feel
個人的には、わたしはこう感じさせられました。

that in order to keep my energy/vibration level up, I only had to live in the moment,
エネルギーレベル (振動レベル) を高く保つためには、ただ、その瞬間瞬間を生きればいい。

enjoy every moment of life, and use each moment to elevate the next moment
人生のあらゆる瞬間を楽しみ、それぞれの瞬間が次の瞬間を高めるようにする。

(which then elevates my future).
(そうすれば、わたしの未来が高まる。)

It is in that moment of elevating your energy level that you can change your future
自分のエネルギーレベルを高めていくその瞬間こそが、自分の未来を変えることができる時である。

(like my test results).
(わたしの検査結果のように。)

It sounds very simplistic, but it felt very deep when I was experiencing the understanding of it.
単純すぎるように聞こえるかも知れませんが、わたしはこの気づきが起こった時、とても深い感じがしました。

Question 6: As yet, I have not told my doctors of my NDE,
質問6: わたしはまだ医師たちに臨死体験のことを話してないのです。

because they seem a little old fashioned, and I don’t know how they will respond.
わたしの医師たちはやや旧式な感じがするし、どういう反応を示すかわからないので。

However, I am willing to give it a try.
でも、話してみる気はあります。

I am seeing them on Thursday morning for a general check up,
次の木曜日の朝、全般的検査を受けに行くことになっているので、

and I will broach the subject.
その時に話を持ち出してみます。

It had occurred to me earlier to mention it to them, but the time never felt right.
今までにも話してみようかと思ったことはあったのですが、話すにふさわしい時が見つかりませんでした。

They had commented however, all through my stay in hospital, at how remarkable my recovery was.
でも医師たちは、わたしの回復ぶりが目覚しいということは、入院中たびたび言っていました。

I will keep you informed as to how it goes with them,
このことに関する今後の進展については、またお知らせします。

and as long as they agree, I have no problems with you communicating with them.
あなたが彼らと情報交換されることは、彼らの同意さえあれば、わたしは一向にかまいません。

I hope I have been able to answer your questions.
以上でご質問への答えになっているでしょうか? 

I am very excited about being posted on your site,
あなたのサイトに掲載されると思うとわくわくします。

especially at the thought of being on the archives of the exceptional experiences.
ことに、特殊な体験談というアーカイブに入れられると思うとなおさらです。

My brother forwarded me the link to your site about 10 days ago,
あなたのサイトのアドレスは、わたしの兄が10日前に教えてくれました。

as he started to read up on NDEs after my experience,
兄はわたしの体験後、臨死体験というものについて調べ始めたのです。

and I started to fill out the questionnaire immediately.
それでわたしは、すぐにそのサイトのアンケートに記入を始めたというわけです。

      ◇       ◇       ◇

Subsequent to this writing, Dr. Peter Ko, oncologist from the US,
この記事が掲載された後、米国の腫瘍学者ピーター・コー博士は

took an interest in this case, and flew to Hong Kong to meet Anita.
この症例に関心を持ち、アニータに会うため香港へ飛んだ。

He made a copy of all the relevant information in Anita's medical records
そしてアニータの医療記録にあるすべての関連情報のコピーを取り、

and studied them in great detail. His comments to her was "Anyway I look at it, you should be dead!"
克明に調べた後で、彼女にこう言った。「どう見ても、あなたは死んでるはずですよ!」 

After reviewing the records, he submitted his findings to cancer institutes around the globe,
記録を見直した後、博士は世界中の癌研究機関に調査結果を提出した。

all of whom responded they have no record of any such event occurring before.
どの研究機関も、「今までにこんなことが起こったという記録はない」と応えた。

Dr. Ko conducted a public forum with Anita,
コー博士はアニータを招いて公共フォーラムを開催し、

and was also interviewed on the radio about his findings of her case,
また、彼女の症例の研究結果についてのラジオ・インタビューも受けた。

which has been recorded and and can be heard on this site.
それを録音したものは、このサイトでも聴くことができる。



 ⇔ 臨死体験で末期癌が消えた!④ へ続く


【関連記事】
    臨死体験で末期癌が消えた!① Anita Moorjani アニータ・モージャニ
    臨死体験で末期癌が消えた!② Anita Moorjani アニータ・モージャニ
    臨死体験で末期癌が消えた!④ Anita Moorjani アニータ・モージャニ
    臨死体験で末期癌が消えた!⑤ Anita Moorjani アニータ・モージャニ


----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  臨死体験の本  】】】】

      ◆ 書名にカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ 書名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。
         (このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください)

 ▼ アニータ・モージャニさんの 本
   ◇ 喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ Dying to Be Me: My Journey from Cancer, to Near Death, to True Healing
   ◇ Deep Meditation for Healing
   ◇ Being Myself
   ◇ A Christian Rebuttal to Anita Moorjani's Dying To Be Me

 ▼ その他の好評書籍
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈上〉」
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈下〉」
   ◇ 立花隆 著 「証言・臨死体験 」

   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験」
   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論」

   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死ぬ瞬間と死後の生」
   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死後の真実」

   ◇ 木内鶴彦 著 「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」
   ◇ 木内鶴彦 著 「生き方は星空が教えてくれる」
   ◇ 木内鶴彦 著 「あの世飛行士 未来への心躍るデスサーフィン」

   ◇ 矢作直樹 著 「人は死なない」-
   ◇ 矢作直樹 著 「いのちが喜ぶ生き方」
   ◇ 矢作直樹 著 「ご縁とお役目」
   ◇ 矢作直樹・村上 和雄「神(サムシング・グレート)と見えない世界」

   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 完結編」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 II」

   ◇ マイクル・セイボム 著 「あの世からの帰還―臨死体験の医学的研究」
   ◇ マイクル・セイボム 著 「続 あの世からの帰還―新たなる真実・47名の臨死体験」

   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界を知ると人生は深く癒される」
   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界が教える<人生はなんのためにあるのか>」

   ◇ 天外伺朗 著 「ここまで来た<あの世>の科学」
   ◇ 鈴木秀子 著 「臨死体験 生命の響き」
   ◇ 中島孝志 著 「あの世がわかればこの世が変わる」
   ◇ シェリー・サザランド 著 「光のなかに再び生まれて」
   ◇ エベン・アレグザンダー 著 「プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界」
   ◇ ハロルド・シャープ 著 「ペットたちは死後も生きている」









0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター