Entries

臨死体験で末期癌が消えた! ①

☆☆☆ これは、このブログ一番のおすすめ記事です! ☆☆☆
   *********************************************************************************
   アニータ・モージャニさんは、2歳の時から香港に住んでいるインド人女性です。

   2006年2月、全身を癌で侵された状態で臨死体験をし、
   古今東西の聖者たちの悟りにも劣らぬ深い気づきを得た結果、
   癌が奇跡的な速度で縮小していき、3週間後にはすっかり消えてしまいました!!!

   このため、世界中の癌研究者や臨死体験研究者から注目を浴びています。

   もしあなたが死への恐怖や癌への恐怖から解放されたいと思っておられるのなら、
   ぜひアニータさんのお話に真剣に耳を傾けてみてください。

   *********************************************************************************


     TEDxBayArea での講演  (日本語字幕付き)
     (2013/11/30 に動画公開)



     フィリピンのテレビ ABS-CBN News のインタビュー
     (2013/01/28 に動画公開)


************************************************************************************
▼ 下記の対訳は、2006年に書かれたアニータ・モージャニさんの公式サイトの
   英文記事
を、ゆうこが許可を得て和訳したものです。、
  上の動画のテキストではありませんが、内容は同じなので、参考にしてください。

************************************************************************************

------------------------------------------------
Anita Moorjani NDE Details
アニータ・モージャニ 臨死体験記
          (和訳: ゆうこ )
------------------------------------------------

This is the original NDE description that Anita Moorjani submitted to The Near Death Research Foundation in August 2006. The owner of the site, Dr. Jeffrey Long, an oncologist, contacted Anita within hours of her submitting it, asking follow up questions, which are below the the experience description.

これは、2006年8月にアニータ・モージャニが臨死研究協会のサイトに投稿した臨死体験記の原稿です。 サイトの所有者ジェフリー・ロング博士(腫瘍学者)は、この体験記を受け取って数時間の内にアニータに連絡し、追跡質問を行いました。 その質問と回答もこの体験記の後にあります。


---------------------------------------
EXPERIENCE DESCRIPTION:
体験の詳細

---------------------------------------

I had end stage cancer (Hodgkin’s Lymphoma), and was being cared for at home.
わたしは末期癌 (ホジキンリンパ腫) で、在宅療養をしていました。

I was connected to an oxygen tank, and had a full time nurse.
酸素タンクにつながれ、フルタイムの看護師につきそわれていたのです。

But on this morning, February 2nd 2006, I did not wake up. I had fallen into a coma.
けれども2006年2月2日のその朝、わたしは目覚めず、昏睡状態におちいりました。

My husband called my doctor who said I needed to be rushed to hospital.
夫はわたしのかかりつけの医師に電話し、医師はすぐにわたしを病院に運ぶようにと指示しました。

The senior oncologist looked at me and told my husband
ベテランの癌専門医はわたしを見て、

that it was now the end, and that my organs were now shutting down.
「これはもうだめです。 臓器が活動を停止しかけています。

I would probably not make it beyond the next 36 hours.
たぶん、もう36時間ももたないでしょう」 と夫に言いました。

However, the oncologist said he would do whatever he could
できるかぎりのことはやってみるけれど、

but prepared my husband that I would most likely not make it, as my organs were no longer functioning.
もう臓器が機能していないから助からないだろう、その覚悟はしておくように、と言ったのです。

They determined this because my body started to swell up, and I had open skin lesions.
これは、わたしの体が膨れ始め、皮膚病変が口を開けていることからくる診断でした。

They started me on a cocktail of medication on a drip,
そして混合薬物の点滴が始まり、

and poked me with tubes and pipes for nourishment, drugs and oxygen.
栄養剤や薬や酸素を取り込むためのチューブやパイプがわたしの体に取り付けられました。

I thought that I was drifting in and out of consciousness during this time,
わたしは、そういうことが起こっている間、意識がなくなったり戻ったりしていたのだと思っていました。

because I was aware of everything that was going on around me.
なぜかと言うと、まわりで起こっていることすべてを知覚していたからです。

But it was confirmed to me later by my family and the doctors
けれども後になって家族や医師たちと話してみると、

that I was in a coma the whole time.
この時わたしはずっと昏睡状態だったことがわかりました。

I saw and heard the conversations between my husband and the doctors taking place
outside my room, about 40 feet away down a hallway.
でもわたしには、夫と医師たちが病室の外の廊下の約12m離れた所で話しているのが見え、
その会話が聞こえたのです。

I was later able to verify this conversation to my shocked husband.
後になって、わたしは夫にこの会話が実際のものだったことを確め、夫は驚愕していました。

Then I actually “crossed over” to another dimension, where I was engulfed in a total feeling of love.
それからわたしは ”境界を越えて” 別の次元に移行し、無限の愛の感覚に包まれました。

I also experienced extreme clarity of why I had the cancer,
そして、 自分がなぜ癌になったのか、

why I had come into this life in the first place,
そもそもこの世に生まれてきたのはなぜなのか、

what role everyone in my family played in my life in the grand scheme of things,
大いなる観点から見れば、わたしの家族の一人一人はわたしの人生でどんな役割を果たしてきたのか、

and generally how life works.
人生というものはどのように機能しているものなのか、
ということが、一分の曇りもなくわかりました。

The clarity and understanding I obtained in this state is almost indescribable.
この意識状態で得た心の明晰さ、洞察力の深さは、とても言葉で表現できません。

Words seem to limit the experience –
言葉は経験を小さく限定してしまいます。

I was at a place where I understood how much more there is than what we are able to conceive in our 3-dimensional world.
わたしは、3次元世界からは想像もできないことがどれだけあるかがわかる場所にいたのです。

I realized what a gift life was,
そして、人生とは何というすばらしい賜物であるかに気づき、

and that I was surrounded by loving spiritual beings,
わたしはいつも慈悲深い霊的存在たちに囲まれていて、

who were always around me even when I did not know it.
その存在たちは、わたしが気づかない時でさえ、すぐそばにいてくれるのだということも知りました。

The amount of love I felt was overwhelming,
わたしが感じた愛の量は圧倒的なものでした。

and from this perspective, I knew how powerful I am,
そしてこの見地から、わたしは自分がどんなにパワフルな存在であるかに気づき、

and saw the amazing possibilities we as humans are capable of achieving during a physical life.
わたしたちが人間としてこの世で達成できることの可能性がどんなに大きなものであるかにも気づきました。

I found out that my purpose now would be to live “heaven on earth” using this new understanding,
そして、今のわたしの目的は、この新たな気づきを用いて 「地上で天国を生きる」 こと、

and also to share this knowledge with other people.
そして、人々にこの知識を伝えることだということがわかりました。

However I had the choice of whether to come back into life, or go towards death.
でもその時わたしは、「生」 に戻るか 「死」 に進むかの選択をしなければなりませんでした。

I was made to understand that it was not my time, but I always had the choice,
そして、今はまだ 「死」 に進む時ではないけれど、いつでもそれを選ぶことができ、

and if I chose death,
もし 「死」 を選んだ場合は、

I would not be experiencing a lot of the gifts that the rest of my life still held in store.
残りの人生のために用意されている様々な賜物を経験できなくなることにも気づかされました。

At first, I did not want to come back,
最初わたしは戻りたくありませんでした。

because my body was very sick,
肉体はひどい病気だし、

and I did not want to come back into this body
as the organs had already stopped functioning and I had all these open skin lesions.
臓器は既に機能を停止し、皮膚も腫れ物だらけ、そんな体の中に戻るのは嫌だったのです。

But it seemed that almost immediately,
ところがそう思った途端、

I became aware that if I chose life, my body would heal very quickly.
もしわたしが 「生」 を選ぶなら、その体は急速に回復していく、という気がしました。

I would see a difference in not months or weeks, but days!
それも何ヶ月か何週間かではなく、ほんの数日で違いがわかるほど急速に!

I then started to understand how illnesses start on an energetic level before they become physical.
そして、病気というものは、肉体に現れる前に、エネルギーのレベルで始まるのだということが
わかってきました。

If I chose to go into life,
わたしが 「生」 を選べば、

the cancer would be gone from my energy, and my physical body would catch up very quickly.
まずわたしのエネルギーから癌が消え、肉体はすぐにその後をたどるのです。

I then understood that when people have medical treatments for illnesses,
そして、普通の医療では、

it rids the illness only from their body but not from their energy so the illness returns.
体の症状だけ取り除いてエネルギーの治療はしないから病気が再発するのだということもわかったし、

I realized if I went back, it would be with a very healthy energy.
もしわたしが 「生」 に戻れば、それは非常に健康的なエネルギーを伴うものになるはずで、

Then the physical body would catch up to the energetic conditions very quickly and permanently.
肉体はそのエネルギーの状態に急速に追いつき、いつまでも健康でいるだろうということもわかりました。

I seemed to become aware that this applies to anything, not only illnesses –
そしてこれは、病気のことだけでなく、

physical conditions, psychological conditions, etc.
物理的状況、心理的状況など、何にでもあてはまることがわかってきました。

I became aware that everything going on in our lives was dependant on this energy around us,
人生で起こるできごとのすべては、この自分のまわりのエネルギーによって起こり、

created by us.
そのエネルギーは自分が生み出したものなのです。

Nothing was real –
実在するものは何もない。

we created our surroundings, our conditions, etc.
自分のまわりの環境も、自分自身の状態も、みんな自分がこしらえたもの。

depending where this “energy” was at.
それは、このエネルギーがどこに働くかで決まるのです。

The clarity I felt around how we get what we do was phenomenal!
わたしたちは自分の行動の元をどこから得ているのか―そのことに対する気づきの明晰さは
驚くべきものでした。

It’s all about where we are energetically.
それは、自分がエネルギー・レベルでどこにいるか、という問題なのです。

I somehow knew that I was going to see “proof” of this first hand if I returned back to my body.
そして、もしわたしが体に戻ればそのことを自分で実証することになるだろう、という確信が
生まれていました。

It felt as though I was drifting in and out between the two worlds,
this physical world and the other side,
わたしはこの世とあの世を出たり入ったりしているような感じがしました。

but every time I drifted into the “other side”, I seemed to go deeper
そして、あちらの世界に行くたびに深く入り込み、

and experienced more “scenes”.
さらに多くの「場面」を体験しました。

There was one where I saw how my life had touched all the people in it –
その内の一つでは、わたしの人生がその中にいる人々とどう接触しているかが見えました。

it was sort of like a tapestry
それはちょうどタペストリーのようなものでした。

and I saw how I affected everyone’s lives around me.
わたしが周りの人々の人生にどんな影響を与えているのかが見えたのです。

There was another scene where I saw my brother on a plane,
もう一つの場面では、兄が飛行機に乗っているのが見えました。

having heard the news I was dying, coming to see me
兄は、わたしが危篤だと聞いて、こちらに向かっていました。

(this was verified to me as when I started to come round,
(そしてわたしが意識を回復してみると、

my brother was there, having just got off a plane).
飛行機から降りたばかりの兄が側にいたことから、これが事実だったことがわかりました。)

I then saw a glimpse of my brother and me
それからもう一つ、兄とわたしの姿がちらりと見え、

and somehow seemed to understand it was a previous life,
それは前世の場面だと気づきました。

where I was much older than him and was like a mother to him.
そこではわたしは彼よりずっと年上で、母親のような立場にあり、

I saw in that life I was very protective towards him.
彼を守ってやらなければという意識が強かったことがわかりました。

I suddenly became aware he was on the plane to come and see me,
すると、途端に、彼がわたしに会うため飛行機に乗ったことに気づき、

and felt “I can’t do this to him – can’t let him come and see me dead”.
「だめだ。 来てみたらわたしが死んでいた、なんていう目に遭わせてはいけない」 と感じました。

Then I also saw how my husband’s purpose was linked to mine,
それからわたしは、夫の人生の目的がわたしの人生の目的とどうつながっているか、

and how we had decided to come and experience this life together.
どうやって二人でこの世に生まれ、一緒に人生を経験しようと決めたのだったかかわかりました。

If I went, he would probably follow soon after.
もしわたしがこの世を去れば、彼もすぐに後を追うだろうということも。

In addition, I seemed to understand that, as tests had been taken for my organ functions
さらにわかったことは、わたしの臓器の機能が検査され、

(and the results were not out yet),
その結果はまだ出ていませんでしたが、

that if I chose life, the results would show that my organs were functioning normally.
もしわたしが 「生」 を選ぶなら、検査結果は 「臓器の機能に異常なし」 と出るだろうし、

If I chose death, the results would show organ failure as the cause of death, due to cancer.
もしわたしが 「死」 を選ぶなら、「死因は癌による臓器不全」 と出るだろう、ということでした。

I was able to change the outcome of the tests by my choice!
わたしは、自分の選択によって検査結果を変えることができたのです!

I made my choice, and as I started to wake up
わたしは選択をしました。そして目覚めてみると、

(in a very confused state, as I could not at that time tell which side of the veil I was on),
(自分がどちらの世界にいるのかわからず、非常に混乱した意識状態でしたが、)

the doctors came rushing into the room with big smiles on their faces saying to my family
大きな笑みを浮かべた医師たちがあわただしく入って来て、わたしの家族にこう言っていました。

“Good news – we got the results and her organs are functioning –
「素晴らしいニュースです! 検査結果が出ました。 臓器はちゃんと機能しています。

we can’t believe it!! Her body really did seem like it had shut down!”
信じられないことです! 確実に機能停止したと思えたのに!」

After that, I began to recover rapidly.
それからは、ぐんぐん回復していきました。

The doctors had been waiting for me to become stable before doing a lymph node biopsy
to track the type of cancer cells,
医師たちは、癌細胞のタイプを追跡するためのリンパ節生検を、わたしの状態が安定するまで待って
いたのですが、

and they could not even find a lymph node big enough to suggest cancer
癌と呼べるほどの大きさのリンパ節を見つけることさえできませんでした。

(upon entering the hospital my body was filled with swollen lymph nodes and tumors
the size of lemons, from the base of my skull all the way to my lower abdomen).
(病院に運ばれた時には、わたしの体は首の付け根から下腹部まで、
レモン大に腫れ上がったリンパ節と腫瘍だらけになっていたのに。)

They did a bone marrow biopsy,
次には骨髄生検もしました。

again to find the cancer activity
癌の活動状態を調べて、

so they could adjust the chemotherapy according to the disease,
それに合わせた抗癌剤治療をするためです。

and there wasn’t any in the bone marrow.
ところが、骨髄にも異常はありませんでした。

The doctors were very confused,
医師たちは非常に困惑しましたが、

but put it down to me suddenly responding to the chemo.
抗癌剤投与を開始しました。 わたしは急にそれに応じるようになっていたのです。

Because they themselves were unable to understand what was going on,
医師たちは、何が起こっているのか理解できないため、

they made me undergo test after test, all of which I passed with flying colors,
検査に次ぐ検査をし、わたしはその全てを楽々とクリヤーしました。

and clearing every test empowered me even more!
そして、あらゆる検査をクリヤーできたことで、わたしはますます力づきました。

I had a full body scan, and because they could not find anything,
そして全身のスキャンをし、何も見つからなかったので、

they made the radiologist repeat it again!!!!
放射線技師は再検査をさせられてしまいました!!!

Because of my experience,
この体験があるので、

I am now sharing with everyone I know that miracles are possible in your life every day.
わたしは今、奇跡というものは誰にでも日常的に起こり得るものだということを
あらゆる知人たちに伝えています。

After what I have seen, I realize that absolutely anything is possible,
あの体験を通して、わたしは、完全にどんなことでも可能だし、

and that we did not come here to suffer.
この世に生まれてきたのは苦しむためではないのだ、ということに気づいたのです。

Life is supposed to be great, and we are very, very loved.
人生はすばらしいものであるはずです。 わたしたちは、とてもとても愛されています。

The way I look at life has changed dramatically,
人生に対するわたしの見方は、劇的に変わりました。

and I am so glad to have been given a second chance to experience “heaven on earth”.
わたしは、「地上で天国を味わう」 2度目のチャンスを与えられたことが、うれしくてたまりません。

 ⇒ 臨死体験で末期癌が消えた!② へ続く


【関連記事】
    臨死体験で末期癌が消えた!②
    臨死体験で末期癌が消えた!③
    臨死体験で末期癌が消えた!④
    臨死体験で末期癌が消えた!⑤
    

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------


【【【【【 生と死の問題を考えるための参考書 】】】】】

    【1】 このブログで取り上げた人たちの著作
    【2】 臨死体験     【3】 死を迎える    【4】 霊視/交霊
    【5】 前世の記憶    【6】 胎内記憶     【7】 退行催眠
    【8】 ヘミシンク     【9】 仏教       【10】 東洋哲学
    【11】 修行体験     【12】 覚醒者     【13】 薬物と変性意識
    【14】 癌は治る     【15】 自然治癒力   【16】 不食
    【17】 サバイバル    【18】 文系向けの量子論/相対性理論


◎ 書名をクリックすると、その本の読者レビューが読めます。
--------------------------------------------------------------
 【1】 このブログで取り上げた人たちの著作
--------------------------------------------------------------

▼ アニータ・ムアジャーニ
   ◇ 喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ もしここが天国だったら?
▼ ティール・スワン
   ◇ 自分を愛せなくなってしまった人へ ― 自らに光をともす29の方法
▼ エスター・ヒックス
   ◇ 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
   ◇ 実践 引き寄せの法則
   ◇ サラとソロモン
▼ ジル・ボルト テイラー
   ◇ 奇跡の脳 ― 脳科学者の脳が壊れたとき
▼ ダニオン・ブリンクリー
   ◇ 未来からの生還 ― 臨死体験者が見た重大事件
   ◇ 続・未来からの生還 ― あの世へ旅立つ人々への贈り物
   ◇ 「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める
▼ ジャニーン シェパード
   ◇ 奇跡の空

--------------------------
 【2】 臨死体験
--------------------------

▼ 木内鶴彦
   ◇ 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み
   ◇ 生き方は星空が教えてくれる
   ◇ あの世飛行士 未来への心躍るデスサーフィン
▼ 飯田史彦
   ◇ ツインソウル ― 死にゆく私が体験した奇跡
   ◇ 生きがいの創造 ― “生まれ変わりの科学”が人生を変える
   ◇ 生きがいの本質 ― 私たちは、なぜ生きているのか
   ◇ 生きがいの創造V スピリチュアルな疑問にどう答えるか?
▼ 鈴木秀子
   ◇ 死にゆく者からの言葉
   ◇ 臨死体験 生命の響き
▼ 高木 善之
   ◇ 転生と地球 ― 価値観の転換へのメッセージ
▼ 矢作直樹
   ◇ 人は死なない ― ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索
   ◇ 「いのち」が喜ぶ生き方
   ◇ 神 (サムシング・グレート) と見えない世界
▼ エベン・アレグザンダー
   ◇ プルーフ・オブ・ヘヴン ― 脳神経外科医が見た死後の世界
   ◇ DVD エベン・アレグザンダーとレイモンド・ムーディの対話
▼ ベティー・イーディー
   ◇ 死んで私が体験したこと ― 主の光に抱かれた至福の四時間
▼ バーバラ・ハリス
   ◇ バーバラ・ハリスの「臨死体験」
▼ レイモンド・ムーディ
   ◇ 永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験
   ◇ 生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論
▼ マイクル・セイボム
   ◇ 「あの世」からの帰還 ― 臨死体験の医学的研究
▼ メルヴィン・モース
   ◇ 臨死体験 光の世界へ
▼ ジェフリー・ロング
   ◇ 臨死体験 9つの証拠
▼ シェリー・サザランド
   ◇ 光のなかに再び生まれて ― 臨死体験から学ぶ人生の意味
▼ エリコ・ロウ
   ◇ 死んだ後には続きがあるのか 臨死体験と意識の科学の最前線
▼ 立花隆
   ◇ 臨死体験〈上〉
   ◇ 臨死体験〈下〉
   ◇ 証言・臨死体験
▼ 南方熊楠
   ◇  「幽体離脱体験と 臨死の霊魂の話」 現代語訳
▼ A. ファーニス
   ◇ 誰も書けなかった死後世界地図
   ◇ 誰も書けなかった死後世界地図 II

-----------------------------
 【3】 死を迎える
-----------------------------

▼ エリザベス・キューブラー・ロス
   ◇ 永遠の別れ ― 悲しみを癒す智恵の書
   ◇ 「死ぬ瞬間」と死後の生
   ◇ 死後の真実
   ◇ 人生は廻る輪のように
   ◇ ライフ・レッスン
▼ 奥野 滋子
   ◇ 「お迎え」されて人は逝く
   ◇ ひとりで死ぬのだって大丈夫
▼ 岸本 英夫
   ◇ 死を見つめる心
▼ 萬田緑平
   ◇ 穏やかな死に医療はいらない
▼ 石飛 幸三
   ◇ 「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか
▼ 中村 仁一
   ◇ 大往生したけりゃ医療とかかわるな
▼ 近藤 誠 / 中村 仁一
   ◇ どうせ死ぬなら「がん」がいい

-----------------------------
 【4】 霊視・交霊
-----------------------------

▼ ジェームズ・ヴァン・プラグ
   ◇ 人生を、もっと幸せに生きるために ― 死者からのアドバイス
▼ ジナ・サーミナラ
   ◇ 転生の秘密 (エドガー・ケイシー〈秘密〉シリーズ (1))
   ◇ 超能力の秘密 ― エドガー・ケイシー・レポート
▼ アニー・ケイガン
   ◇ アフターライフ ― 亡き兄が伝えた死後世界の実在、そこで起こること
▼ 江原 啓之
   ◇ スピリチュアルメッセージII ― 死することの真理
   ◇ 前世 人生を変える
   ◇ 人はなぜ生まれいかに生きるのか
   ◇ ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー
▼ ハロルド・シャープ
   ◇ ペットたちは死後も生きている

-----------------------------
 【5】 前世の記憶
-----------------------------

▼ イアン・スティーヴンソン
   ◇ 前世を記憶する子どもたち
   ◇ 前世を記憶する子どもたち 〈2〉 ヨーロッパの事例から
   ◇ 生まれ変わりの刻印
▼ ジム・B. タッカー
   ◇ 転生した子どもたち ― ヴァージニア大学 40年の「前世」研究
▼ 竹倉史人
   ◇ 輪廻転生 〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語
▼ 森下 典子
   ◇ 前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って
▼ 平田 篤胤
   ◇ 仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)
   ◇ 勝五郎再生記聞 ― 前世の記憶を持つ子どもの話 (現代語超編訳版)

-----------------------------
 【6】 胎内記憶
-----------------------------

▼ 池川 明
   ◇ ママのおなかをえらんできたよ
   ◇ おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
   ◇ 雲の上でママをみていたときのこと
▼ いんやく りお
   ◇ 自分をえらんで生まれてきたよ
▼ 南山 みどり
   ◇ ママが「いいよ」って言ってくれたから、生まれてこれたんだよ

-----------------------------
 【7】 退行催眠
-----------------------------

▼ 一宇 ichiu
   ◇ 人生の法則: 3,000人の前世療法から明らかになった真実
▼ 萩原 優
   ◇ 前世療法の奇跡
   ◇ 医師が行う「ガンの催眠療法」 CDブック
▼ ブライアン・L. ワイス
   ◇ 前世療法 ― 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
   ◇ 魂の伴侶 ― ソウルメイト
   ◇ 「前世」からのメッセージ
   ◇ 未来世療法
▼ マイケル・ニュートン
   ◇ 死後の世界を知ると人生は深く癒される
   ◇ 死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」
▼ J・L・ホイットン
   ◇ 輪廻転生 ― 驚くべき現代の神話

-----------------------------
 【8】 ヘミシンク
-----------------------------

▼ ロバートA. モンロー
   ◇ 究極の旅 ― 体外離脱者モンロー氏の最後の冒険
▼ ブルース モーエン
   ◇ 「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち
▼ 鈴木 啓介
   ◇  ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」
▼ まるの日 圭
   ◇ 誰でもヘミシンク ― サラリーマン『異次元』を旅する
▼ 星海 ケン
   ◇ 人は死んだらどこに行くのか ―《モーエン流死後探索術》体験記

-------------------------
 【9】 仏教
-------------------------

▼ 笹本 戒浄
   ◇ 真実の自己
▼ オイゲン・ヘリゲル
   ◇ 弓と禅
▼ 鈴木大拙
   ◇ 
   ◇ 無心ということ
   ◇ 日本的霊性
   ◇ 般若経の哲学と宗教, 華厳の研究, 金剛経の禅, 楞伽経, 楞伽経研究序論
   ◇ 真宗入門
   ◇ 妙好人
   ◇ 禅と念仏の心理学的基礎
   ◇ 盤珪禅師説法
   ◇ 神秘主義 ー キリスト教と仏教
   ◇ スエデンボルグ
▼ 柳澤 桂子
   ◇ 生きて死ぬ智慧
▼長澤 靖浩
   ◇ 超簡単訳 歎異抄・般若心経 ― 臨死体験であの世がわかった著者が訳した
▼ 藤田 一照/永井 均/山下 良道
   ◇ 〈仏教3.0〉 を哲学する
▼ 苫米地 英人
   ◇ 苫米地英人、宇宙を語る
▼ NHKスペシャル
   ◇ チベット死者の書 ― 仏典に秘められた死と転生
   ◇ チベット死者の書 [DVD]
▼ ダライ・ラマ十四世
   ◇ 仏教入門 ― 心は死を超えて存続する
   ◇ 死の謎を説く
   ◇ 「こころを学ぶ」 仏教者と科学者の対話

-----------------------------
 【10】 東洋哲学
-----------------------------

▼ 桜沢 如一
   ◇ 魔法のメガネ
   ◇ 無双原理・易
▼ 福岡 正信
   ◇ 自然農法 わら一本の革命
▼ 飲茶
   ◇ 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

--------------------------
 【11】 修行体験
--------------------------

▼ 石井光
   ◇ 一週間で自己変革、「内観法」の驚異
▼ 野口法蔵
   ◇ チベット仏教の真実 ― 「五体投地」四百万回満行の軌跡
   ◇ 直感力を養う坐禅断食
▼ 成瀬雅春
   ◇ ヒマラヤ聖者が伝授する《最高の死に方&ヨーガ秘法》

--------------------------
 【12】 覚醒者
--------------------------

▼ パラマハンサ・ヨガナンダ
   ◇ あるヨギの自叙伝
   ◇ 人間の永遠の探求 ― パラマハンサ・ヨガナンダ講話集
▼ エックハルト・トール
   ◇ さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
   ◇ 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
▼ ラム・ダス
   ◇ 人生をやり直せるなら わたしはもっと失敗をして もっと馬鹿げたことをしよう
   ◇ 愛という奇蹟 ― ニーム・カロリ・ババ物語
▼ 阿部敏郎 / 雲黒斎
   ◇ 降参のススメ
▼ 阿部 敏郎
   ◇ さとりの授業
▼ アレクサンダー・マルシャーン
   ◇ この宇宙は夢なんだ 解き明かされる生存の秘密
▼ マイケル・A・シンガー
   ◇ サレンダー

---------------------------------------
 【13】 薬物と変性意識
---------------------------------------

▼ オルダス ハクスリー
   ◇ 知覚の扉
▼ 蛭川 立
   ◇ 彼岸の時間 ― “意識”の人類学
▼ 草下 シンヤ
   ◇ 実録ドラッグ・リポート
▼ 久保 象
   ◇ ドラッグの教科書
▼ マリファナ・X編集会
   ◇ マリファナ・X ― 意識を変える草(ハーブ)が世界を変える
▼ アルバート・ホッフマン
   ◇ LSD ― 幻想世界への旅
▼ ラム・ダス
   ◇ ビー・ヒア・ナウ ― 心の扉をひらく本
▼ ジョン・C・リリー
   ◇ サイエンティスト ― 脳科学者の冒険
▼ 麻枝 光一
   ◇ マリファナ青春旅行〈上〉 アジア・中近東編
   ◇ マリファナ青春旅行〈下〉 南北アメリカ編
▼ ジェームズ・アーサー
   ◇ 幻覚性キノコで半霊半物質への扉が開いてしまう
▼ マーティン A.リー
   ◇ アシッド・ドリームズ ― CIA、LSD、ヒッピー革命
▼ 高崎 ケン
   ◇ アムステルダム 裏の歩き方

--------------------------
 【14】 癌は治る
--------------------------

▼ 今渕 恵子/保坂 隆
   ◇ がんでも長生き 心のメソッド
▼ 野本 篤志
   ◇ がんを自分で治したい人のセルフケア実践ノート
▼ ケリー・ターナー
   ◇ 癌が自然に治る生き方 ― 余命宣告から「劇的な寛解」に至った人達が実践した9つの事
▼ 鹿島田 忠史
   ◇ がんを再発させない 5つの習慣
▼ 杉浦 貴之
   ◇ 命はそんなにやわじゃない
▼ 安保 徹
   ◇ 免疫革命
▼ 安保 徹/船瀬 俊介
   ◇ ガンは治る ガンは治せる ― 生命の自然治癒力
▼ 近藤 誠
   ◇ 医者に殺されない47の心得 ― 医療と薬を遠ざけて元気に長生きする方法

-----------------------------
 【15】 自然治癒力
-----------------------------

▼ 野口 晴哉
   ◇ 風邪の効用
▼ ジェス・スターン
   ◇ 内なるドクター ― 自然治癒力を発動させる、奇跡の処方箋
▼ 橋本 敬三
   ◇ からだの設計にミスはない ― 操体の原理
   ◇ 万病を治せる妙療法 ― 温古堂先生
▼ 三浦 寛/今 昭宏
   ◇ 操体法治療室 ― からだの感覚にゆだねる
▼ 本間 真二郎
   ◇ 病気にならない暮らし事典 ― 自然派医師が実践する76の工夫
▼ 東城 百合子
   ◇ 自然療法が「体」を変える
▼ 大森 一慧
   ◇ からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て
▼ 小峰 一雄
   ◇ 名医は虫歯を削らない ― 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法

--------------------------
 【16】 不食
--------------------------

▼ 秋山 佳胤
   ◇ 不食という生き方
▼ 森 美智代
   ◇ 「食べない」生き方
▼ 稲葉 耶季
   ◇ 食べない、死なない、争わない (伝説の元裁判官の生きる知恵)
▼ 榎木 孝明
   ◇ 30日間、食べることやめてみました (不食30日間 全記録 DVD付き)
▼ 船瀬 俊介
   ◇ 3日食べなきゃ、7割治る
▼ 山田 鷹夫
   ◇ 無人島、不食130日

------------------------------
 【17】 サバイバル
------------------------------

▼ 加村 一馬
   ◇ 洞窟オジさん
▼ 吉田 勝次
   ◇ 洞窟ばか
▼ マーク・ボイル
   ◇ ぼくはお金を使わずに生きることにした
▼ 島田 覚夫
   ◇ 私は魔境に生きた ― 終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年
▼ 横井 庄一
   ◇ 明日への道 ― 全報告グアム島孤独の28年
▼ 小野田 寛郎
   ◇ たった一人の30年戦争
▼ 須川 邦彦
   ◇ 無人島に生きる十六人
▼ 吉村 昭
   ◇ 漂流
▼ スティーヴン・キャラハン
   ◇ 大西洋漂流76日間
▼ 佐野 三治
   ◇ たった一人の生還  「たか号」漂流二十七日間の闘い
▼ ベア・グリルス
   ◇ 究極のサバイバルテクニック

-----------------------------------------------------------
 【18】 文系向けの量子論/相対性理論
-----------------------------------------------------------

▼ 佐藤 勝彦
   ◇ 「量子論」を楽しむ本 ― ミクロの世界から宇宙まで最先端物理学が図解でわかる
   ◇ 「相対性理論」を楽しむ本 ― よくわかるアインシュタインの不思議な世界
   ◇ 図解 相対性理論と量子論 ― 物理の2大理論が1冊でわかる本
▼ 村山 斉
   ◇ 宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎
▼ ノ・ジェス
   ◇ 宇宙一美しい奇跡の数式
▼ 大関 真之
   ◇ 先生、それって「量子」の仕業ですか?
▼ レオン・M. レーダーマン
   ◇ 詩人のための量子力学 ― レーダーマンが語る不確定性原理から弦理論まで




21件のコメント

[C25] Wow!!

これ、すごく興味深い話ですね!この先の続編、わくわくしながら読みます♪ ^^
セヴァンスズキのスピーチで検索してこちらを見つけました。
翻訳、ありがとうございます!
  • 2012-09-14
  • Kayo, :)
  • URL
  • 編集

[C26] Kayo さん、ようこそ ♪

コメントありがとうございます。
わたしにとって、この話は特別に興味深く、このブログ一番のおすすめ記事なのですが、
投稿以来どこからも反応がないので、どうしてかなあ…と思っていたのです。
感動を伝えられたことがわかって、うれしいです。
  • 2012-09-14
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C27] ミラクル

とてもパワフルな証ですね。勇気付けられます。翻訳ありがとうございます。
  • 2012-10-20
  • ももか
  • URL
  • 編集

[C28] ももかさん、ようこそ ♪

関心を持っていただけて嬉しいです。
この次も臨死体験の記事を取り上げようと思っています。
  • 2012-10-21
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C31]

怪しい話は沢山ある中、この話はとても本当な気がして心にしっくりきます。
翻訳で英語の勉強にもなりました。
楽しかったです。ありがとうございました。
  • 2013-03-06
  • レミ
  • URL
  • 編集

[C32] レミさん、ようこそ!!

コメントありがとうございます ♪
わたしもこの話は、テキストを何度も読み、動画をくりかえし見ているのですが、
その度ごとに新しい発見があり、心にしみてきます。
  • 2013-03-07
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C33] 初めまして

私は今、肝硬変です。
C型肝炎なのでそのうち肝臓癌になります。
(担当医から2~3年後に癌へと進行すると宣告されました)
この記事を読んで死は怖くは無いのと
もしかしたら奇跡が起こる可能性が分かりました。
後でじっくりと読み返そうと思います。

[C34] ramuさん、ようこそ。

この記事がお役にたてればうれしいです。

http://sarabatabako.cocolog-nifty.com/sbt/18/index.html
こちら↑の記事も、共通した内容のことを別の角度から解説していますので
参考になるかもしれません。
  • 2013-07-20
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C36] ゆうこサンへ 感謝!

翻訳してblogに掲載してくださって、本当に心から感謝します。ありがとうございました。何度も読み返したい素晴らしい内容です!
  • 2013-11-04
  • ななっぴ
  • URL
  • 編集

[C37] ななっぴさん、ようこそ。

喜んでいただけて、うれしいです。
  • 2013-11-04
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C41] シェアさせていただきます。

今日、私も、臨死体験された方のお話を聞きました。
その方も、学びを得て生還されています。
素晴らしいですね。
シェアさせてくださいね。
リンクも貼らせていただきます。

ありがとうございます^^*

[C66]

昨日、イギリス人のある先生にこの本を奨められました。英語がわからない私は、このブログにたどり着き、いたく感動。明日このブログをシェアさせてください。(リンクも貼ります)。

ただただ感謝です。
  • 2014-06-09
  • さなえ
  • URL
  • 編集

[C69]

はじめまして^^
友人に薦められて、こちらの記事を拝読しました。
素晴らしい内容で感激しました!ありがとうございます^O^

今までいろいろなところで読んだり聞いたりしてきたことが
こちらの記事を読んでつながった感じがして、
とても面白くて爽快感がありました♪
そして、これからも、たびたび読み直していきたいと思います。

こちらの記事を、拙ブログでご紹介させてください(人)

[C70] はなうたさん、ようこそ。

今まで読んだり聞いたりして来られたことが一つにつながって、よかったですね。
YouTubeには、アニータさんのに劣らないほど感銘深い臨死体験の動画がいっぱいあります。
そのほとんどがアメリカ人によるものです。
これから少しずつ和訳付きで紹介していきたいと思っていますので、応援してくださいね。
  • 2014-09-22
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C72] こんばんは

ご無沙汰してました。

教えられたURLをじっくり拝見させて頂きました。
偶然ですが私は福島に住んでます。
おそらく10年後には東電・政府が隠し続けてきたものがポロポロ出てくると思います。
と言うより
隠しきれなくなるでしょう。
でも福島には明るい未来が待ってます。
待ってるはずです。。。

初投稿してから
私はC型肝硬変が少し進行しました。
怖い事など何も無いのですが
出来れば親より一日でもいいから
長生きしたい
それだけが願いです。
お邪魔しましたm(__)m

[C105] はじめまして

はじめまして。
gangaと申します。
FC2ブログ http://gangablog.blog.fc2.com/

Twitter経由でゆうこさんのHPを知り、アニタさんのインタビューの翻訳を読ませていただきました。

あまりの衝撃に、反射的にTwitterとFacebookでてシェアさせていただきました。
事後承諾になってしまい、申し訳ございません。

この、長いインタビューのすべてを翻訳していただき、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございます。

2015年の終わりに、この記事に出会えたことは偶然ではないものを感じています。
2016年をどのような気持ちで迎えたら良いか、光が指し示してくれたような気がしています。

ひとりでも多くの必要とされる方に、この記事が読まれますよう願っています。

なにとぞ、興奮しておりますので、乱文おゆるしください・・・

ゆうこさんの新年が良きものでありますよう。

[C106] gangaさん、コメントありがとうございます!

アニータさんの記事を気に入っていただけたのなら、
たぶんティール・スワンさんの記事にも興味を持っていただけるのではないでしょうか。

特に、「ティール・スワン 現実とは何か?」の最後に、関連記事として紹介した
「君も私もすべてはエネルギーの流れでできている」
という記事は、精神世界の核心的なことを簡潔にまとめた
とても貴重なものだと思います。
でも、そのサイトは明日12月31日で閉鎖されるのだそうです!
ぜひとも今日明日中にお読みになってみることをおすすめします。
http://omegapg.org/2609



  • 2015-12-30
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C107] ありがとうございます

これまた、絶妙なタイミング!!
教えていただき、ありがとうございます。
間に合ってよかった~

きっと、今の自分に必要なことが書かれているはずです。
読んできます!!

[C128] こんにちは。

ゆうこさん、はじめまして。

先日ふとしたきっかけでアニータさんの存在を知り、こちらのブログにたどり着きました(^^)

ちょうどそのタイミングで何年かぶりの彼女の新刊の発売があって、自分でもビックリしています

ぜひ、私の周りの友人にアニータさんの話をシェアしたいのですが

本だけでなくこちらのゆうこさんの翻訳内容も印刷して渡せたらと考えています、とても素晴らしいので。。
許可をもらってからとおもうのですがよろしいでしょうか?
  • 2016-11-20
  • どんぐり
  • URL
  • 編集

[C129] どんぐりさま

お問い合わせありがとうございます。

ご期待を裏切って申し訳ないのですが、このブログの記事はすべて
「クリック一つで自動コピー」という操作は受け付けない設定になっています。
もし「一字一字、手作業でコピーする手間も厭わない」ということでしたら
どうぞご自由になさってください。
そうでない場合は、このブログを訪問してくださる方だけに閲覧していただければ
と思っています。

わたしがこのブログの記事を仕上げるのには、かなりのエネルギーがいります。
それでも続けているのは、「記事が役立った」とか「訳がわかりやすかった」
といった喜びのコメントをいただけるのが嬉しいからです。
また、コメントをいただけなくても、カウンターの数字を見て、
「今これだけの人数の方たちが、わたしのやることを喜んでいてくださる!」と
想像できるのが嬉しいからです。

今のわたしは「自分のやっていることが誰かの役に立っていさえすれば、
そのことがわたしに伝わって来ても来なくてもかまわない」と言えるような
無私無欲な人間ではありません。
このブログはあくまでも、わたしのエゴの満足のためにやっているのだということを
どうぞご理解ください。

  • 2016-11-20
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C130] ありがとうございます

ご回答どうもありがとうございます。
もちろん多大な時間をかけて記載されたものであるという想像はさせていただいたので、こちらにコメントさせていただきました。

本来はURLのシェアで考えたかったのですが
わたしの広めたい相手が高齢の方々で、ネットとは縁遠い生活のため、こういう形で申し出させていただいた次第でした。

著作権の意識についてもっているつもりでしたが、言葉足らずでごめんください。直打ちできるほど手際よくはないので諦めます。

それはそれとして、こちらで記された訳は大変ためになりました。
どうもありがとうございました。
  • 2016-11-20
  • どんぐり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター