Entries

物の物語 (6) 廃棄 


◇ 語り手:  Annie Leonard アニー・レオナード
◇ 日本語字幕制作者:  indiesatellite
◇ 英語字幕つきの動画を見るには こちら で「English」 を選択し、画面上端に
   並んでいるアイコンの左から6番目 「Disposal」 をクリックして下さい。



The Story of Stuff (6) ・・・ Disposal     
      物の物語 (6)
 ・・・ 廃棄
    (和訳: ゆうこ)

 和訳は、1行ごとの意訳になっています。
   個々の英単語の意味を手早く調べたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


So in the end, what happens to all the stuff we buy anyway?
それで、私たちが買った品物は、最終的にどうなるのでしょうか?

At this rate of consumption, it can’t fit into our houses
このペースで買い物をしていくと、当然、家の中には

even though the average house size has doubled
収納しきれなくなります。米国の平均的な家の広さは

in this country since the 1970s. It all goes out in the garbage.
1970年代の倍になってるんですけどね。それで全てはゴミになり、

And that brings us to disposal. This is the part of the materials economy
処分という問題に移ります。これは物質経済の中で

we all know the most because we have to haul the junk out to the curb ourselves.
私たちがいちばんよく知っている部分です。集積所へは自分で出しに行くんですからね。

Each of us in the United States makes 4 1/2 pounds of garbage a day.
米国では、一人平均、一日2Kgのゴミを出しています。

That is twice what we each made thirty years ago.
これは30年前の倍の量です。

All of this garbage either gets dumped in a landfill, which is just a big hole in the ground,
そのゴミは、そのまま埋立地――地面に掘った、ただの大きな穴――に捨てられるか、

or if you‘re really unlucky, first it’s burned in a incinerator and then dumped in a landfill.
または(運が悪ければ)、まず焼却炉で燃やされてから、埋立地に捨てられます。

Either way, both pollute the air, land, water and, don’t forget, change the climate.
どちらにしても、それは大気や土壌や水を汚染し、そのうえ気候まで変えてしまいます。

Incineration is really bad.
ゴミ焼却は、とても有害です。

Remember those toxics back in the production stage?
有毒化学物質のことは、「製造」のところでお話ししましたよね。

Well burning the garbage releases the toxics up into the air.
ゴミを燃やすと、その毒が大気の中に放散するんです。

Even worse, it makes new super toxics. Like dioxin.
もっと困るのは、別の猛毒物質ができることです。例えばダイオキシン。

Dioxin is the most toxic man made substance known to science.
ダイオキシンは、現代科学で最も猛毒とされている合成物質で、

and incinerators are the number one source of dioxin.
その一番の発生源が、焼却炉なんです。

That means that we could stop the number one source of the most toxic man-made substance known
ということは、現代科学で最も猛毒とされている合成物質の一番の発生源をなくすには、

just by stopping burning trash. We could stop it today.
ゴミを燃やすのを止めればいいんです。今日からできることです。

Now some companies don’t want to deal with building landfills and incinerators here,
ゴミの埋立地や焼却炉を自分で建設したくない企業の中には、

so they just export the disposal too. What about recycling? Does recycling help?
廃棄物まで輸出しているものもあります。ではリサイクルはどうでしょう? 役立つでしょうか?

Yes, recycling helps. Recycling reduces the garbage at this end
もちろん役立ちます。リサイクルすれば、ゴミの量が減るし、

and it reduces the pressure to mine and harvest new stuff at this end.
動植物や鉱物を採取する量も減らすことができます。

Yes, Yes, Yes, we should all recycle. But recycling is not enough.
是非みんなでリサイクルすべきです。でもね、リサイクルだけでは足りないんです。

Recycling will never be enough. For a couple of reasons.
リサイクルだけでは解決できないんです。理由は2つあります。

First, the waste coming out of our houses is just the tip of the iceberg.
まず、家庭から出るゴミは、氷山の一角にすぎません。

For every one garbage can of waste you put out on the curb,
あなたがポリバケツ1杯分のゴミを出したとすると

70 garbage cans of waste were made upstream
採取、製造、物流の段階では、その70倍のゴミが

just make the junk in that one garbage can you put out on the curb.
そのポリバケツ1杯分の商品を作るために派生してるんです。

So even if we could recycle 100 percent of the waste coming out of our households,
だから、たとえ私たちが家庭から出すゴミを100% リサイクルできたとしても、

it doesn’t get to the core of the problems. Also much of the garbage can’t be recycled,
根本的な解決にはならないんです。そしてもう1つの問題は、リサイクルできない物が多いことです。

either because it contains too many toxics or it’s designed NOT to be recyclable in the first place
多くの商品は、含まれている毒物の種類が多すぎるか、またはリサイクルできない構造になってるんです。

Like those juice packs with layers of metal and paper and plastic
たとえばジュースのパックは、紙にビニールと金属の膜がくっついてるので、

all smooshed together. You can never separate those for true recycling.
それを分離してリサイクルするのは、とうてい無理なんです。

物の物語 (7) ・・・ 別の道 につづく)

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター