Entries

雪の女王 (7)

The Snow Queen - A Tale in Seven Stories
雪の女王 - 七つのお話でできているおとぎ物語

     By Hans Christian Andersen
     ハンス・クリスティアン・アンデルセン 作 
     楠山 正雄 訳  (青空文庫)

Seventh Story 
第七のお話
What Happened in the Snow Queen's Palace and Afterwards
雪の女王のお城でのできごとと その後のお話

色7s-

   ◇ 朗読へのリンクは、「第五のお話」のページにあります。

   ◇ 和訳は、センテンスごとの意訳になっています。
   個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


The Palace walls were made of drifted snow, and the windows and doors of the biting winds. There were over a hundred rooms in it, shaped just as the snow had drifted.

雪の女王のお城は、激しく吹きたまる雪がそのまま壁になり、窓や戸口は、身を切るような風でできていました。そこには、百以上の広間が順に並んでいました。それはみんな雪の吹きたまったものでした。

The biggest one stretched for many miles. They were all lighted by the strongest northern lights. All the rooms were immensely big and empty, and glittering in their iciness.

いちばん大きな広間は何マイルにもわたっていました。強い極光(オーロラ)がこの広間をも照らしていて、それはただもう馬鹿大きく、がらんとしていて、いかにも氷のように冷たくギラギラして見えました。

There was never any gaiety in them; not even so much as a ball for the little bears, when the storms might have turned up as the orchestra, and the polar bears might have walked about on their hind legs and shown off their grand manners. There was never even a little game-playing party, for such games as 'touch last' or 'the biter bit―no, not even a little gossip over the coffee cups for the white fox misses.

楽しみというものの、まるでないところでした。嵐が音楽を奏でて、北極グマがあと足で立ちあがって気どって踊るダンスの会も見られません。若い白狐の貴婦人のあいだに、ささやかなお茶の会が開かれることもありません。

Immense, vast, and cold were the Snow Queen's halls. The northern lights came and went with such regularity that you could count the seconds between their coming and going.

雪の女王の広間は、ただもうがらんとしてだだっ広く、そして寒いばかりでした。極光の燃えるのは、まことに規則正しいので、いつが一番高いか、いつが一番低いか、はっきり見ることができました。

In the midst of these never-ending snow-halls was a frozen lake. It was broken up on the surface into a thousand bits, but each piece was so exactly like the others that the whole formed a perfect work of art. The Snow Queen sat in the very middle of it when she sat at home. She then said that she was sitting on 'The Mirror of Reason,' and that it was the best and only one in the world.

この果てしなく大きながらんとした雪の広間の真ん中に、何千万という数のかけらに割れて凍った湖がありました。割れたかけらは一つ一つ同じ形をして、これが集まって立派な美術品になっていました。雪の女王は、お城にいるとき、この湖の真ん中に坐っていました。そして、自分は理性の鏡の中にすわっているのだ、この鏡ほどのものは世界中さがしてもない、と言っていました。

色7s-

Little Kay was blue with cold, nay, almost black; but he did not know it, for the Snow Queen had kissed away the icy shiverings, and his heart was little better than a lump of ice.

カイはここにいて、寒さのため真っ青に、というよりは、薄黒くなっていました。それでいて、カイは寒さを感じませんでした。雪の女王が接吻して、カイの体から寒さを吸い取ってしまっていたからです。そして、カイの心臓は氷のようになっていました。

He went about dragging some sharp, flat pieces of ice, which he placed in all sorts of patterns, trying to make something out of them; just as when we at home have little tablets of wood, with which we make patterns, and call them a 'Chinese puzzle.'

カイは、平らな幾枚かの薄い氷の板をあっちこっちから運んで来て、それを色々に組み合わせて何か作ろうとしていました。まるでわたしたちが、難しい漢字を組み合わせるようでした。

Kay's patterns were most ingenious, because they were the 'Ice Puzzles of Reason.' In his eyes they were first-rate and of the greatest importance: this was because of the grain of glass still in his eye.

カイも、この上なく手のこんだ、みごとな形をつくりあげました。それは氷の知恵遊びでした。カイの目には、これらの物の形はこの上なく立派な、この世の中で一ばん大切なもののように見えました。それはカイの目にささった鏡のかけらのせいでした。

He made many patterns forming words, but he never could find out the right way to place them for one particular word, a word he was most anxious to make. It was 'Eternity.'

カイは、形で一つの言葉を描き表わそうと思って、残らずの氷の板を並べてみましたが、自分が表したいと思う言葉、すなわち、「永遠」という言葉を、どうしても作り出すことができずにいました。

The Snow Queen had said to him that if he could find out this word he should be his own master, and she would give him the whole world and a new pair of skates. But he could not discover it.

女王は言っていました。「もしその形をつくることがわかれば、おまえは体も自由になるよ。そうしたら、わたしはおまえに世界全体と、新しいソリ靴を一足あげよう」。けれども、カイにはそれができませんでした。

'Now I am going to fly away to the warm countries,' said the Snow Queen. 'I want to go and peep into the black caldrons!' She meant the volcanoes Etna and Vesuvius by this. 'I must whiten them a little; it does them good, and the lemons and the grapes too!' And away she flew.

「これからわたしは、暖かい国をざっとひとまわりしてこよう」と、雪の女王は言いました。「ついでに、そこの黒なべをのぞいてくる」。黒なべというのは、エトナとか、ヴェスヴィオとか、いろんな名の、火を吐く山のことでした。「わたしは少しばかり、それを白くしてやろう。ぶどうやレモンをおいしくするために良いそうだから」。こう言って、雪の女王は、飛んで行ってしまいました。

Kay sat quite alone in all those many miles of empty ice halls. He looked at his bits of ice, and thought and thought, till something gave way within him. He sat so stiff and immovable that one might have thought he was frozen to death.

そしてカイは、たった一人ぼっちで、何マイルという広さのある氷の大広間の中で、氷の板を見つめてじっと考えこんでいました。もうこちこちになって、おなかの中の氷がミシリミシリいうかと思うほどじっと動かずにいました。それを見たら誰も、カイは凍りついたなり死んでしまったのだと思ったかも知れません。

Then it was that little Gerda walked into the Palace, through the great gates in a biting wind. She said her evening prayer, and the wind dropped as if lulled to sleep, and she walked on into the big empty hall.

ちょうどそのとき、ゲルダは大きな門を通ってその大広間に入ってきました。そこには身を切るような風が吹きすさんでいましたが、ゲルダが夕べのお祈りをあげると、眠ったように静かになってしまいました。

She saw Kay, and knew him at once; she flung her arms round his neck, held him fast, and cried, 'Kay, little Kay, have I found you at last!' But he sat still, rigid and cold.

そしてゲルダは、寒いがらんとした広間をいくつもいくつもぬけて、とうとう、カイを見つけました。ゲルダはカイを覚えていました。で、いきなりカイの首すじに跳びついて、しっかり抱きしめながら、「カイ、大好きなカイ! ああ、あたし、とうとう見つけたわ!」 と叫びました。けれどもカイは、身ゆるぎもしずにじっとしゃちほこばったなり、冷たくなっていました。

Then little Gerda shed hot tears; they fell upon his breast and penetrated to his heart. Here they thawed the lump of ice, and melted the little bit of the mirror which was in it.

ゲルダは熱い涙を流して泣きました。それはカイの胸の上に落ちて、心臓の中にまでしみこんで行きました。そこにたまった氷を融かして、心臓の中の鏡のかけらをなくなしてしまいました。

He looked at her, and she sang:
    'Where roses deck the flowery vale,
    There, Infant Jesus, we thee hail!'

カイはゲルダに目をやりました。ゲルダは歌いました。
    「バラの花 咲きては 散りぬ
     幼な子 エス やがて 仰がん」

Then Kay burst into tears; he cried so much that the grain of glass was washed out of his eye. He knew her, and shouted with joy, 'Gerda, dear little Gerda! where have you been for such a long time? And where have I been?' He looked round and said, 'How cold it is here; how empty and vast!'

カイはわっと泣きだしました。あまりひどく泣いたものですから、ガラスのとげが目からぽろりと抜けて出てしまいました。途端にカイはゲルダがわかりました。そして大喜びで声をあげました。「ああ、ゲルダちゃん! 大好きなゲルダちゃん! 今までどこへ行ってたの? そしてまた、ぼくはどこにいたんだろう?」 こう言ってカイはそこらを見まわしました。「ここはずいぶん寒いんだなあ。何て大きくて、がらんとしているんだろうなあ」

第7話s-

He kept tight hold of Gerda, who laughed and cried for joy. Their happiness was so heavenly that even the bits of ice danced for joy around them. And when they settled down, there they lay, just in the very position the Snow Queen had told Kay he must find out, if he was to become his own master and have the whole world and a new pair of skates.

こう言って、カイはゲルダに、ひしと取り付きました。ゲルダは大喜びで、泣いたり笑ったりしました。それがあまり楽しそうなので、氷の板きれまでが、はしゃいで踊りだしました。そして踊りつかれて倒れてしまいました。その倒れた形がひとりでに言葉をつづっていました。それは、「もしその言葉がつづれたら、カイは自由になれるし、新しいソリ靴と世界全体をやろう」 と雪の女王が言った、その言葉でした。

Gerda kissed his cheeks and they grew rosy, she kissed his eyes and they shone like hers, she kissed his hands and his feet, and he became well and strong.

ゲルダはカイの頬に接吻しました。するとのの頬に見る見る赤みが差してきました。それからカイの目にも接吻しました。すると、それはゲルダの目のように輝きだしました。カイの手だの足だのにも接吻しました。これで、カイはしっかりして元気になりました。

The Snow Queen might come home whenever she liked, his order of release was written there in shining letters of ice.

もうこうなれば、雪の女王が帰って来てもかまいません。だって、女王が、それができれば放してやると言った言葉が、ぴかぴか光る氷の文字で、はっきりとそこに書かれていたからです。

They took hold of each other's hands and wandered out of the big Palace. They talked about grandmother, and about the roses upon the roof. Wherever they went the winds lay still and the sun broke through the clouds.

そこで二人は手をとりあって、その大きなお城から外へ出ました。そして、家のおばあさんの話だの、屋根の上のバラのことなどを語りあいました。二人が行く先々には風も吹かず、お日さまの光が輝きだしました。

When they reached the bush with the red berries they found the reindeer waiting for them, and he had brought another young reindeer with him, whose udders were full. The children drank her warm milk and kissed her on the mouth.

そして、赤い実のなった、あの木藪のあるところに来たとき、そこにはもうトナカイがいて、二人を待っていました。そのトナカイは、もう一匹の若い雌のトナカイをつれていました。そして、この雌のトナカイは二人の子供たちに、ふくれた乳ぶさから温かいお乳を出して飲ませてくれて、口の上に接吻してくれました。

Then they carried Kay and Gerda, first to the Finn woman, in whose heated hut they warmed themselves and received directions about the homeward journey.

それから二匹のトナカイは、カイとゲルダを乗せて、まずフィンランドの女のところへ行きました。そこで二人は、あの暑い部屋でじゅうぶん体を暖めて、家へ帰る道を教えてもらいました。

Then they went on to the Lapp woman; she had made new clothes for them and prepared her sledge.

それから今度はラップランドの女のところへ行きました。その女は、二人に新しい着物を作ってくれたり、ソリをそろえてくれたりしました。

Both the reindeer ran by their side, to the boundaries of the country; here the first green buds appeared, and they said 'Good-bye' to the reindeer and the Lapp woman.

トナカイと、もう一匹のトナカイとは、それなり二人のソリについて走って、国境まで送って来てくれました。そこでは、初めて草の緑が萌え出していました。ここでカイとゲルダとは、二匹のトナカイとラップランドの女に別れました。「さようなら」 とみんなは言いました。

They heard the first little birds twittering and saw the buds in the forest.

そして、初めて小鳥がさえずりだしました。森には緑の草の芽がいっぱいに吹いていました。

Out of it came riding a young girl on a beautiful horse, which Gerda knew, for it had drawn the golden chariot. She had a scarlet cap on her head and pistols in her belt; it was the little robber girl, who was tired of being at home. She was riding northwards to see how she liked it before she tried some other part of the world.

その森の中から、美しい馬に乗った若い娘が、赤いぴかぴかする帽子をかぶり、鞍にピストルを二丁差して、こちらにやってきました。ゲルダはその馬を知っていました。それは、ゲルダの金の馬車を引っぱった馬であったからです。そしてこの娘は、例の追いはぎの小娘でした。この小娘は、もう家にいるのがいやになって、北の国の方へ行ってみたいと思っていました。そしてもし北の国が気に入らなかったら、どこかほかの国へ行ってみたいと思っていました。

She knew them again, and Gerda recognised her with delight.

小娘はすぐにゲルダに気がつきました。ゲルダもまた小娘を見つけました。そして、もういちど会えたことを心から喜びました。

'You are a nice fellow to go tramping off!' she said to little Kay. 'I should like to know if you deserve to have somebody running to the end of the world for your sake!'

「おまえさん、ぶらつきやの方では、たいした親分さんだよ」 とその娘はカイに言いました。「一体おまえさんのために、世界の果てまでも捜しに行ってやるだけの値打ちがあったのかしら」

But Gerda patted her cheek, and asked about the Prince and Princess.

けれどもゲルダは、その娘の頬を軽くさすりながら、あの後、王子と王女とはどうなったかと訊きました。

'They are travelling in foreign countries,' said the robber girl.

「あの人たちは外国へ行ってしまったのさ」 と追いはぎの小娘が答えました。

'But the crow?' asked Gerda.

「それで、カラスはどうして?」 とゲルダはたずねました。

'Oh, the crow is dead!' she answered. 'The tame sweetheart is a widow, and goes about with a bit of black wool tied round her leg. She pities herself bitterly, but it's all nonsense! But tell me how you got on yourself, and where you found him.'

「ああ、雄カラスは死んでしまったよ」 と小娘が言いました。「それでさ、雌ガラスもやもめになって、黒い毛糸の喪章を足につけてね、泣いてばかりいるっていうけれど、噂だけだろう。さあ、今度は、あれからどんな旅をしたか、どうしてカイちゃんをつかまえたか、話しておくれ」

Gerda and Kay both told her all about it.

そこで、カイとゲルダとは替わり合って、残らずの話をしました。

'Snip, snap, snurre, it's all right at last then!' she said, and she took hold of their hands and promised that if she ever passed through their town she would pay them a visit. Then she rode off into the wide world.

「そこでよろしく、ちんがらもんがらか。でもまあ、うまく行ってよかったわ」 と小娘は言いました。そして二人の手を取って、もし二人の住んでいる町を通ることがあったらきっと訪ねよう、と約束しました。それから小娘は、馬をとばして広い世界へ出て行きました。

But Kay and Gerda walked on, hand in hand, and wherever they went they found the most delightful spring and blooming flowers. Soon they recognised the big town where they lived, with its tall towers, in which the bells still rang their merry peals.

でもカイとゲルダとは、手をとりあって歩いて行きました。行くほどに、そこらが春めいてきて、花が咲いて青葉が茂りました。お寺の鐘が聞こえて、おなじみの高い塔と大きな町が見えてきました。それこそは、二人が住んでいた町でした。

They went straight on to grandmother's door, up the stairs and into her room. Everything was just as they had left it, and the old clock ticked in the corner, and the hands pointed to the time. As they went through the door into the room they perceived that they were grown up.

そこで二人は、おばあさまの家の戸口へ行って、階段を上がって部屋へ入りました。そこでは何もかも、せんと変わっていませんでした。柱時計がカッチンカッチン言って、針が回っていました。けれどその戸口を入るとき、自分たちがいつのまにか、もう大人になっていることに気がつきました。

The roses clustered round the open window, and there stood their two little chairs. Kay and Gerda sat down upon them, still holding each other by the hand. All the cold empty grandeur of the Snow Queen's palace had passed from their memory like a bad dream.

表の屋根の樋の上ではバラの花が咲いて、開いた窓から家の中をのぞきこんでいました。そしてそこには子供の椅子が置いてありました。カイとゲルダとは、めいめいの椅子に腰をかけて手を握り合いました。二人はもうただぼんやりと、あの雪の女王のお城の、寒い、がらんとした荘厳な景色を、重苦しい夢のように思っていました。

Grandmother sat in God's warm sunshine reading from her Bible. 'Without ye become as little children ye cannot enter into the Kingdom of Heaven.'

おばあさまは、神さまの麗らかな陽の光を浴びながら、「汝ら、もし幼子のごとくならずば、天国に入ることを得じ」 と、高らかに聖書の一節を読みあげていました。

Kay and Gerda looked into each other's eyes, and then all at once the meaning of the old hymn came to them.
    'Where roses deck the flowery vale,
    There, Infant Jesus, we thee hail!'

カイとゲルダとは、おたがいに目と目を見あわせました。そして、
    「バラの花 咲きては 散りぬ
    幼な子 エス やがて 仰がん」
という讃美歌の意味が、にわかにはっきりとわかってきました。

08s-.jpg

And there they both sat, grown up and yet children, children at heart; and it was summer. Warm, beautiful summer.

こうして二人は、体こそ大きくなってもやはり子供で、心だけは子供のままで、そこに腰をかけていました。ちょうど夏でした。暖かい、みめぐみあふれる夏でした。

(終)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  多読・音読に適した おすすめ洋書  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ 朗読CD付き絵本 (4歳~8歳)
  ◇ Goodnight Moon おやすみなさい おつきさま
  ◇ Corduroy くまのコールテンくん
  ◇ Curious George ひとまね こざる
  ◇ Winnie-The-Pooh クマのプーさん
  ◇ Winnie the Pooh クマのプーさん(完全朗読)
  ◇ Pooh Goes Visiting プー横町にたった家
  ◇ Madeline げんきなマドレーヌ
  ◇ Madeline's Rescue マドレーヌといぬ
  ◇ Madeline in London ロンドンのマドレーヌ
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち  作者の朗読CDと本
  ◇ Little Bear こぐまの くまくん
  ◇ Can't You Sleep, Little Bear? ねむれないの?ちいくまくん
  ◇ The Doorbell Rang おまたせクッキー
  ◇ Three Little Kittens 3びきのこねこ
  ◇ Monkey Puzzle ぼくのママはどこ?
  ◇ Caps for Sale おさると ぼうしうり
  ◇ The Three Little Wolves And The Big Bad Pig 3びきのかわいいオオカミ
  ◇ The Curse of the Black Pearl 呪われた海賊たち
  ◇ Magic Tree House Collection: Books 1-8 マジック・ツリー・ハウス 1~8巻
  ◇ Stellaluna ともだち、なんだもん!―コウモリのステラルーナの話

▼ 朗読CD付き洋書 (9歳~12歳)
  ◇ Three Tales of My Father's Dragon エルマーと りゅう
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Little House on the Prairie 大草原の小さな家
  ◇ Little House in the Big Woods 大きな森の小さな家
  ◇ Little Town On The Prairie 大草原の小さな町
  ◇ On the Banks of Plum Creek プラム・クリークの土手で
  ◇ Charlotte's Web Anniversary シャーロットの おくりもの
  ◇ Tom's Midnight Garden トムは真夜中の庭で
  ◇ The Chronicles of Narnia ナルニア国物語
  ◇ A Long Way From Chicago シカゴより こわい町
  ◇ A Year Down Yonder シカゴより 好きな町
  ◇ A Christmas Carol クリスマス・キャロル
  ◇ Alice's Adventures in Wonderla 不思議の国のアリス
  ◇ The Secret Garden 秘密の花園 
  ◇ Mark Twain: The Prince and the Pauper 王子と乞食
  ◇ A Connecticut Yankee in King Arthur's Court アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー
  ◇ Because Of Winn-dixie きいてほしいの、あたしのこと――ウィン・ディキシーのいた夏
  ◇ The Twits いじわる夫婦が消えちゃった!
  ◇ Molly Moon Stops the World モリー・ムーンが時間を止める
  ◇ The View from Saturday ティーパーティーの謎
  ◇ Nory Ryan's Song ノリー・ライアンの歌
  ◇ Superfudge 赤ちゃん、いりませんか?
  ◇ Ella Enchanted さよなら、「いい子」の魔法
  ◇ Bad Girls
  ◇ What Katy Did at School すてきなケティの寮生活
  ◇ What Katy Did すてきなケティ

  ◇ Harry Potter and the Sorcerer's Stone ハリー・ポッターと賢者の石
  ◇ Harry Potter and the Chamber of Secrets ハリー・ポッターと秘密の部屋
  ◇ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  ◇ Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  ◇ Harry Potter and the Order of the Phoenix ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  ◇ Harry Potter and the Half-Blood Prince ハリー・ポッターと謎のプリンス
  ◇ Harry Potter and the Deathly Hallows ハリー・ポッターと死の秘宝

  ◇ The Lord of the Rings & the Hobbit 指輪物語/ホビットの冒険 アメリカ版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 CD Gift Set イギリス版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 BBCラジオドラマ版
  ◇ The Lord of the Rings Trilogy (Radio Collection) 指輪物語 イギリス版
  ◇ The Hobbit ホビットの冒険

▼ 朗読CD付き洋書 (ヤングアダルト)
  ◇ Anne Of Green Gables 赤毛のアン
  ◇ Anne of Green Gables 赤毛のアン ラジオドラマ版
  ◇ Anne of Avonlea アンの青春
  ◇ The Clan of the Cave Bear 大地の子エイラ
  ◇ Stargirl スターガール
  ◇ Walk Two Moons めぐりめぐる月
  ◇ The Princess Diaries プリンセス・ダイアリー
  ◇ A Day No Pigs Would Die 豚の死なない日
  ◇ The Sign of the Beaver ビーバーの しるし

▼ 朗読CD付き洋書 (一般)
  ◇ Hamlet: Prince of Denmark ハムレット
  ◇ Pride & Prejudice 高慢と偏見
  ◇ And Then There Were None そして誰も いなくなった
  ◇ Tuesdays With Morrie モリー先生との火曜日
  ◇ 2001 A Space Odyssey 2001年宇宙の旅
  ◇ The Shadow of the Wind 風の影

▼ 英文・和文 交互朗読CD付き絵本  ⇒ 試聴
  ◇ The Three Billy Goats Gruff 三びきの やぎの がらがらどん
  ◇ The story of the three little pigs 3びきのコブタ
  ◇ The Mitten てぶくろ ― ウクライナ民話
  ◇ Sukh's White Horse スーホの白い馬
  ◇ Alice in wonderland ふしぎの国のアリス
  ◇ It’s a funny funny day だるまちゃんと かみなりちゃん
  ◇ Choo Choo いたずら きかんしゃ ちゅうちゅう
  ◇ Spring breezes huff and puff! はるかぜ とぷう
  ◇ The turnip  かぶ
  ◇ The Ocean-going Orchestra うみの がくたい
  ◇ ざしき童子の はなし―「雨ニモマケズ」「永訣の朝」「星めぐりの歌」)
  ◇ 「おはよう」から「おやすみ」まで親子で楽しむマザーグース
  ◇ マザーグースとあそぶ本

▼ 人気の高い 英訳コミックス
  ◇ One Piece 1
  ◇ One Piece.2
  ◇ One Piece 3
  ◇ Hunter X Hunter 1
  ◇ Hunter X Hunter 2
  ◇ Hunter X Hunter 3
  ◇ Hikaru No Go 1 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 2 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 3 ヒカルの碁
  ◇ Fullmetal Alchemist 1 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 2 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 3 鋼の錬金術師
  ◇ Neon Genesis Evangelion 1 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 2 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 3 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Nana 1
  ◇ Nana 2
  ◇ Nana 3
  ◇ Paradise Kiss 1
  ◇ Paradise Kiss 2
  ◇ Paradise Kiss 3
  ◇ Naruto 1
  ◇ Naruto 2
  ◇ Naruto 3
  ◇ InuYasha Ani-Manga 1 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 2 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 3 犬夜叉
  ◇ D N Angel 1
  ◇ D N Angel 2
  ◇ D N Angel 3
  ◇ Skip Beat! 1 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 2 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 3 スキップ・ビート!

▼ 宮崎駿の 英訳コミックス
  ◇ My Neighbor Totoro 1 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 2 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 3 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 4 となりのトトロ
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 1 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 2 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 3 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 4 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 5 千と千尋の神隠し
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 1 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 2 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 3 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 4 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 5 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 6 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 7 風の谷のナウシカ
  ◇ Castle in the Sky 1 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 2 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 3 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 4 天空の城ラピュタ
  ◇ Kiki's Delivery Service 1 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 2 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 3 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 4 魔女の宅急便
  ◇ Princess Mononoke 1 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 2 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 3 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 4 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 5 もののけ姫

▼ スタジオジブリ の DVD 
   ◇ となりのトトロ
   ◇ 天空の城ラピュタ
   ◇ 耳をすませば
   ◇ 魔女の宅急便
   ◇ 風の谷のナウシカ
   ◇ 紅の豚
   ◇ もののけ姫
   ◇ 「もののけ姫」はこうして生まれた。
   ◇ ハウルの動く城
   ◇ ハウルの動く城 特別収録版
   ◇ 千と千尋の神隠し
   ◇ 未来少年コナン
   ◇ 平成狸合戦ぽんぽこ
   ◇ 海がきこえる
   ◇ ジブリがいっぱいSPECIALショートショート
   ◇ 人間は何を食べてきたか 第1巻
   ◇ 柳川堀割物語
   ◇ 世界・わが心の旅 (2巻セット)
   ◇ 宮崎駿プロデュースの1枚のCDは、こうして生まれた。





0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター