Entries

雪の女王 (6)

The Snow Queen - A Tale in Seven Stories
雪の女王 - 七つのお話でできているおとぎ物語

     By Hans Christian Andersen
     ハンス・クリスティアン・アンデルセン 作 
     楠山 正雄 訳  (青空文庫)

Sixth Story 
第六のお話
The Lapp Woman And The Finn Woman
ラップランドの女とフィンランドの女

色6s-

   ◇ 朗読へのリンクは、「第五のお話」のページにあります。

   ◇ 和訳は、センテンスごとの意訳になっています。
   個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


They stopped by a little hut, a very poverty-stricken one; the roof sloped right down to the ground, and the door was so low that the people had to creep on hands and knees when they wanted to go in or out.

小さな粗末な小屋の前で、トナカイは止まりました。その小屋はたいそうみすぼらしくて、屋根は地面とすれすれのところまでも、おおいかぶさっていました。そして戸口がたいそう低く付いているものですから、家の人が出たり入ったりするときには、腹這いになってそこをくぐらなければなりませんでした。

There was nobody at home here but an old Lapp woman, who was frying fish over a train-oil lamp. The reindeer told her all Gerda's story, but it told its own first; for it thought it was much the most important. Gerda was so overcome by the cold that she could not speak at all.

その家には、年とったラップランドの女がたった一人いて、鯨油ランプのそばで魚を焼いていました。トナカイはそのお婆さんにゲルダのことをすっかり話して聞かせました。でもその前に、自分のことをまず話しました。トナカイは自分の話の方がゲルダの話より大切だと思ったからでした。ゲルダは寒さにひどくやられていて、口をきくことができませんでした。

'Oh, you poor creatures!' said the Lapp woman; 'you've got a long way to go yet; you will have to go hundreds of miles into Finmark, for the Snow Queen is paying a country visit there, and she burns blue lights every night. I will write a few words on a dried stock-fish, for I have no paper. I will give it to you to take to the Finn woman up there. She will be better able to direct you than I can.'

「やれやれ、それはかわいそうに」 とラップランドの女は言いました。「おまえたちはまだまだずいぶん遠く走って行かなければならないよ。百マイル以上も北のフィンマルケンの奥深く入らなければならないのだよ。雪の女王はそこにいて、毎晩、青い光を出す花火を燃やしているのさ。わたしは紙を持っていないから、干鱈の上に手紙を書いてあげよう。これをフィンランドの女のところへ持っておいで。その女の方が、わたしよりもくわしく、何でも教えてくれるだろうからね」

So when Gerda was warmed, and had eaten and drunk something, the Lapp woman wrote a few words on a dried stock-fish and gave it to her, bidding her take good care of it.

ゲルダの体もあたたまり、食べ物や飲み物のおかげで元気もついたとき、ラップランドの女は干鱈に二言三言文句を書きつけ、それを大切に持っていくようにと言って差し出しました。

Then she tied her on to the reindeer again, and off they flew. Flicker, flicker, went the beautiful blue northern lights up in the sky all night long.

ゲルダはまたトナカイの背にゆわえつけられて出発しました。ヒュッヒュッ、空の上でまた音がしました。この上もなく美しい青色をした極光(オーロラ)が、一晩じゅう燃えていました。

At last they came to Finmark, and knocked on the Finn woman's chimney, for she had no door at all.

さて、こうしてトナカイとゲルダとはフィンマルケンに着きました。そしてフィンランドの女の家の煙突をコツコツ叩きました。だってその家には、戸口も付いていなかったからです。

There was such a heat inside that the Finn woman went about almost naked; she was little and very grubby. She at once loosened Gerda's things, and took off the mittens and the boots, or she would have been too hot. Then she put a piece of ice on the reindeer's head.

家の中はたいへん暑く、その女の人はまるで裸同様でした。背の低い、むさくるしい様子の女でした。女はすぐにゲルダの着物や手袋や長靴をぬがせました。そうしなければ、とても暑くてそこにはいられなかったからです。それからトナカイの頭の上に氷の塊りを一かけ、のせてやりました。

And after that she read what was written on the stock-fish. She read it three times, and then she knew it by heart, and put the fish into the pot for dinner; there was no reason why it should not be eaten, and she never wasted anything.

そして、干鱈に書きつけてある文句を三べんもくり返して読みました。そしてすっかり覚えこんでしまうと、スープをこしらえる大鍋の中へ、その鱈を投げこみました。その鱈は食べることができたからで、この女の人はどんなものでも決して無駄にしない人だったのです。

Again the reindeer told his own story first, and then little Gerda's. The Finn woman blinked with her wise eyes, but she said nothing.

さてトナカイは、まず自分のことを話して、それからゲルダのことを話しました。するとフィンランドの女は、その利口そうな目をしばたたいただけで、何も言いませんでした。

'You are so clever,' said the reindeer, 'I know you can bind all the winds of the world with a bit of sewing cotton. When a skipper unties one knot he gets a good wind, when he unties two it blows hard, and if he undoes the third and the fourth he brings a storm about his head wild enough to blow down the forest trees. Won't you give the little girl a drink, so that she may have the strength of twelve men to overcome the Snow Queen?'

「あなたはたいそう賢くていらっしゃいますね」 とトナカイは言いました。「わたしはあなたが一本のより糸で世界中の風をつなぐことがおできになると聞いております。もしも舟乗りが、その一番初めの結び目をほどくなら、都合の良い追風が吹きます。二番目の結び目だったら強い風が吹きます。三番目と四番目をほどくなら、森ごと吹き倒すほどの嵐が吹きすさみます。どうかこの娘さんに十二人力がついて、首尾よく雪の女王に勝てますよう、飲み物を一つ作ってやっていただけませんか?」

'The strength of twelve men,' said the Finn woman. 'Yes, that will be about enough.'

「十二人力かい。さぞ役にたつだろうよ」 とフィンランドの女はくり返して言いました。

She went along to a shelf and took down a big folded skin, which she unrolled. There were curious characters written on it, and the Finn woman read till the perspiration poured down her forehead.

それから女の人は棚のところへ行って、大きな毛皮の巻いたものを持って来て広げました。それには不思議な文字が書いてありましたが、フィンランドの女は額から汗がたれるまでそれを読み返しました。

But the reindeer again implored her to give Gerda something, and Gerda looked at her with such beseeching eyes, full of tears, that the Finn woman began blinking again, and drew the reindeer along into a corner, where she whispered to it, at the same time putting fresh ice on its head.

でもトナカイはかわいいゲルダのために、また一生懸命その女の人にたのみました。ゲルダも目に涙をいっぱいためて、拝むようにフィンランドの女を見あげました。女はまた目をしばたたき始めました。そしてトナカイを隅の方へ連れて行ってその頭に新しい氷をのせてやりながら、こうつぶやきました。

'Little Kay is certainly with the Snow Queen, and he is delighted with everything there. He thinks it is the best place in the world, but that is because he has got a splinter of glass in his heart and a grain of glass in his eye. They will have to come out first, or he will never be human again, and the Snow Queen will keep him in her power!'

「カイって子は、本当に雪の女王のお城にいるのだよ。そして、そこにあるものは何でも気に入ってしまって、世界にこんな良い所はないと思っているんだよ。けれどそれというのも、あれの目の中には鏡のかけらが入っているし、心臓の中にだって小さなかけらが入っているからなのだよ。だからそんなものをカイから取り出してしまわないうちは、あれは決して真人間になることはできないし、いつまでも雪の女王の言うなりになっていることだろうよ」

表紙s-

'But can't you give little Gerda something to take which will give her power to conquer it all?'

「では、どんなものにも打ち克つことのできる力になるようなものを、ゲルダちゃんにくださるわけにはいかないでしょうか?」

'I can't give her greater power than she already has. Don't you see how great it is? Don't you see how both man and beast have to serve her? How she has got on as well as she has on her bare feet?

「あの娘に生まれついて持っている力よりも大きな力を授けることは、わたしにはできないことなのだよ。まあそれはおまえさんにも、あの娘が今持っている力がどんなに大きな力だかわかるだろう。ごらん、人間や動物がどんなにしていろいろとあの娘一人のためにしてやっているか、あの娘が裸足のくせに、どんなにしてこんな遠くまでやってこられたか。

We must not tell her what power she has; it is in her heart, because she is such a sweet innocent child. If she can't reach the Snow Queen herself, then we can't help her.

それだもの、あの娘はわたしたちから力を得ようとしてもだめなのだよ。力はあの娘の心の中にあるのだよ。それが可愛い無邪気な子供だというところにあるのだよ。もしあの娘が自分で雪の女王のところへ出かけて行って、カイからガラスのかけらを取り出すことができないようなら、わたしたちの力には及ばないことさ。

The Snow Queen's gardens begin just two miles from here; you can carry the little girl as far as that. Put her down by the big bush standing there in the snow covered with red berries. Don't stand gossiping, but hurry back to me!'

もうここから二マイルばかりで雪の女王のお庭の入口になるから、おまえはそこまであの娘を運んで行って、雪の中で赤い実をつけて茂っている大きな木藪のところに降ろしてくるがいい。それで、もうよけいな口をきかないでさっさと帰っておいで」

Then the Finn woman lifted Gerda on the reindeer's back, and it rushed off as hard as it could.

こう言って、フィンランドの女はゲルダをトナカイの背中に乗せました。そこでトナカイは全速力で走りだしました。

'Oh, I have not got my boots, and I have not got my mittens!' cried little Gerda. She soon felt the want of them in that cutting wind, but the reindeer did not dare to stop. It ran on till it came to the bush with the red berries. There it put Gerda down, and kissed her on the mouth, while big shining tears trickled down its face.

「ああ、あたしは長靴をおいて来たわ! 手袋もおいて来てしまった!」 とゲルダは叫びました。途端にゲルダは身を切るような寒さを感じました。でもトナカイはけっして止まろうとはしませんでした。それは赤い実のなった木藪のところへ来るまで一散走りに走りつづけました。そしてそこでゲルダを降ろして口のところに接吻しました。大粒の涙がトナカイの頬を流れました。

色6s-

Then it ran back again as fast as ever it could. There stood poor little Gerda, without shoes or gloves, in the middle of freezing icebound Finmark.

それからトナカイはまた一散走りに走って行ってしまいました。かわいそうに、ゲルダは靴もはかず手袋もはめずに、氷に閉じられた寂しいフィンマルケンのまっただ中に一人とり残されて立っていました。
06s-.jpg

She ran forward as quickly as she could. A whole regiment of snow-flakes came towards her; they did not fall from the sky, for it was quite clear, with the northern lights shining brightly. No; these snow-flakes ran along the ground, and the nearer they came the bigger they grew. Gerda remembered well how big and ingenious they looked under the magnifying glass. But the size of these was monstrous. They were alive; they were the Snow Queen's advanced guard, and they took the most curious shapes. Some looked like big, horrid porcupines, some like bundles of knotted snakes with their heads sticking out. Others, again, were like fat little bears with bristling hair, but all were dazzling white and living snow-flakes.

ゲルダは一生懸命かけだしました。すると雪の大軍が向こうから押し寄せてきました。けれど、その雪は、空から降って来るのではありません。空は極光(オーロラ)にてらされて、きらきら輝いていました。雪は地面の上をまっすぐに走って来て、近くに来れば来るほど、形が大きくなりました。ゲルダは、いつか虫めがねでのぞいたとき、雪のひとひらがどんなにか大きく見えたことを、まだおぼえていました。けれども、ここの雪は本当に、ずっと大きく、ずっとおそろしく見えました。この雪は生きていました。それは雪の女王の前哨(ぜんしょう)でした。そして、ずいぶんへんてこな形をしていました。大きくて醜いヤマアラシのようなものもいれば、鎌首をもたげてとぐろを巻いている蛇のようなかっこうのもあり、毛の逆さに生えた、太った小熊に似たものもありました。それはみんなまぶしいようにギラギラ白く光りました。これこそ生きた雪の大軍でした。

第6話s-

Then little Gerda said the Lord's Prayer, and the cold was so great that her breath froze as it came out of her mouth, and she could see it like a cloud of smoke in front of her. It grew thicker and thicker, till it formed itself into bright little angels, who grew bigger and bigger when they touched the ground. They all wore helmets, and carried shields and spears in their hands. More and more of them appeared, and when Gerda had finished her prayer she was surrounded by a whole legion.

そこでゲルダは、いつもの主の祈り 「われらの父」 をとなえました。寒さはとてもひどくて、ゲルダは自分のつく息を見ることができました。それは、口から煙のように立ちのぼりました。その息はだんだん濃くなって、やがて小さい、きゃしゃな天使になりました。それが地びたに着くといっしょに、どんどん大きくなりました。天使たちは皆、頭にはかぶとをいただき、手には楯とやりを持っていました。天使の数はだんだん増えるばかりでした。そして、ゲルダが主の祈りを終わったときには、立派な天使軍の一隊が、ゲルダのぐるりをとりまいていました。

They pierced the snow-flakes with their spears and shivered them into a hundred pieces, and little Gerda walked fearlessly and undauntedly through them. The angels touched her hands and her feet, and then she hardly felt how cold it was, but walked quickly on towards the Palace of the Snow Queen.

天使たちは槍をふるって、おそろしい雪の兵隊をうちたおすと、みんなちりぢりになってしまいました。そこでゲルダは勇気をだして、元気よく進んで行くことができました。天使たちは、ゲルダの手と足とをさすりました。するとゲルダは、前ほど寒さを感じなくなって、雪の女王のお城をめがけて急ぎました。

Now we must see what Kay was about. He was not thinking about Gerda at all, least of all that she was just outside the Palace.

ところで、カイはあの後、どうしていたでしょう。それからまずお話をすすめましょう。カイは、まるでゲルダのことなど思ってはいませんでした。だから、ゲルダが雪の女王の御殿まで来ているなんて、どうして夢にも思わないことでした。

(つづく)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  多読・音読に適した おすすめ洋書  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ 朗読CD付き絵本 (4歳~8歳)
  ◇ Goodnight Moon おやすみなさい おつきさま
  ◇ Corduroy くまのコールテンくん
  ◇ Curious George ひとまね こざる
  ◇ Winnie-The-Pooh クマのプーさん
  ◇ Winnie the Pooh クマのプーさん(完全朗読)
  ◇ Pooh Goes Visiting プー横町にたった家
  ◇ Madeline げんきなマドレーヌ
  ◇ Madeline's Rescue マドレーヌといぬ
  ◇ Madeline in London ロンドンのマドレーヌ
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち  作者の朗読CDと本
  ◇ Little Bear こぐまの くまくん
  ◇ Can't You Sleep, Little Bear? ねむれないの?ちいくまくん
  ◇ The Doorbell Rang おまたせクッキー
  ◇ Three Little Kittens 3びきのこねこ
  ◇ Monkey Puzzle ぼくのママはどこ?
  ◇ Caps for Sale おさると ぼうしうり
  ◇ The Three Little Wolves And The Big Bad Pig 3びきのかわいいオオカミ
  ◇ The Curse of the Black Pearl 呪われた海賊たち
  ◇ Magic Tree House Collection: Books 1-8 マジック・ツリー・ハウス 1~8巻
  ◇ Stellaluna ともだち、なんだもん!―コウモリのステラルーナの話

▼ 朗読CD付き洋書 (9歳~12歳)
  ◇ Three Tales of My Father's Dragon エルマーと りゅう
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Little House on the Prairie 大草原の小さな家
  ◇ Little House in the Big Woods 大きな森の小さな家
  ◇ Little Town On The Prairie 大草原の小さな町
  ◇ On the Banks of Plum Creek プラム・クリークの土手で
  ◇ Charlotte's Web Anniversary シャーロットの おくりもの
  ◇ Tom's Midnight Garden トムは真夜中の庭で
  ◇ The Chronicles of Narnia ナルニア国物語
  ◇ A Long Way From Chicago シカゴより こわい町
  ◇ A Year Down Yonder シカゴより 好きな町
  ◇ A Christmas Carol クリスマス・キャロル
  ◇ Alice's Adventures in Wonderla 不思議の国のアリス
  ◇ The Secret Garden 秘密の花園 
  ◇ Mark Twain: The Prince and the Pauper 王子と乞食
  ◇ A Connecticut Yankee in King Arthur's Court アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー
  ◇ Because Of Winn-dixie きいてほしいの、あたしのこと――ウィン・ディキシーのいた夏
  ◇ The Twits いじわる夫婦が消えちゃった!
  ◇ Molly Moon Stops the World モリー・ムーンが時間を止める
  ◇ The View from Saturday ティーパーティーの謎
  ◇ Nory Ryan's Song ノリー・ライアンの歌
  ◇ Superfudge 赤ちゃん、いりませんか?
  ◇ Ella Enchanted さよなら、「いい子」の魔法
  ◇ Bad Girls
  ◇ What Katy Did at School すてきなケティの寮生活
  ◇ What Katy Did すてきなケティ

  ◇ Harry Potter and the Sorcerer's Stone ハリー・ポッターと賢者の石
  ◇ Harry Potter and the Chamber of Secrets ハリー・ポッターと秘密の部屋
  ◇ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  ◇ Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  ◇ Harry Potter and the Order of the Phoenix ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  ◇ Harry Potter and the Half-Blood Prince ハリー・ポッターと謎のプリンス
  ◇ Harry Potter and the Deathly Hallows ハリー・ポッターと死の秘宝

  ◇ The Lord of the Rings & the Hobbit 指輪物語/ホビットの冒険 アメリカ版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 CD Gift Set イギリス版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 BBCラジオドラマ版
  ◇ The Lord of the Rings Trilogy (Radio Collection) 指輪物語 イギリス版
  ◇ The Hobbit ホビットの冒険

▼ 朗読CD付き洋書 (ヤングアダルト)
  ◇ Anne Of Green Gables 赤毛のアン
  ◇ Anne of Green Gables 赤毛のアン ラジオドラマ版
  ◇ Anne of Avonlea アンの青春
  ◇ The Clan of the Cave Bear 大地の子エイラ
  ◇ Stargirl スターガール
  ◇ Walk Two Moons めぐりめぐる月
  ◇ The Princess Diaries プリンセス・ダイアリー
  ◇ A Day No Pigs Would Die 豚の死なない日
  ◇ The Sign of the Beaver ビーバーの しるし

▼ 朗読CD付き洋書 (一般)
  ◇ Hamlet: Prince of Denmark ハムレット
  ◇ Pride & Prejudice 高慢と偏見
  ◇ And Then There Were None そして誰も いなくなった
  ◇ Tuesdays With Morrie モリー先生との火曜日
  ◇ 2001 A Space Odyssey 2001年宇宙の旅
  ◇ The Shadow of the Wind 風の影

▼ 英文・和文 交互朗読CD付き絵本  ⇒ 試聴
  ◇ The Three Billy Goats Gruff 三びきの やぎの がらがらどん
  ◇ The story of the three little pigs 3びきのコブタ
  ◇ The Mitten てぶくろ ― ウクライナ民話
  ◇ Sukh's White Horse スーホの白い馬
  ◇ Alice in wonderland ふしぎの国のアリス
  ◇ It’s a funny funny day だるまちゃんと かみなりちゃん
  ◇ Choo Choo いたずら きかんしゃ ちゅうちゅう
  ◇ Spring breezes huff and puff! はるかぜ とぷう
  ◇ The turnip  かぶ
  ◇ The Ocean-going Orchestra うみの がくたい
  ◇ ざしき童子の はなし―「雨ニモマケズ」「永訣の朝」「星めぐりの歌」)
  ◇ 「おはよう」から「おやすみ」まで親子で楽しむマザーグース
  ◇ マザーグースとあそぶ本

▼ 人気の高い 英訳コミックス
  ◇ One Piece 1
  ◇ One Piece.2
  ◇ One Piece 3
  ◇ Hunter X Hunter 1
  ◇ Hunter X Hunter 2
  ◇ Hunter X Hunter 3
  ◇ Hikaru No Go 1 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 2 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 3 ヒカルの碁
  ◇ Fullmetal Alchemist 1 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 2 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 3 鋼の錬金術師
  ◇ Neon Genesis Evangelion 1 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 2 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 3 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Nana 1
  ◇ Nana 2
  ◇ Nana 3
  ◇ Paradise Kiss 1
  ◇ Paradise Kiss 2
  ◇ Paradise Kiss 3
  ◇ Naruto 1
  ◇ Naruto 2
  ◇ Naruto 3
  ◇ InuYasha Ani-Manga 1 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 2 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 3 犬夜叉
  ◇ D N Angel 1
  ◇ D N Angel 2
  ◇ D N Angel 3
  ◇ Skip Beat! 1 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 2 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 3 スキップ・ビート!

▼ 宮崎駿の 英訳コミックス
  ◇ My Neighbor Totoro 1 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 2 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 3 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 4 となりのトトロ
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 1 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 2 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 3 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 4 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 5 千と千尋の神隠し
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 1 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 2 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 3 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 4 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 5 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 6 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 7 風の谷のナウシカ
  ◇ Castle in the Sky 1 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 2 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 3 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 4 天空の城ラピュタ
  ◇ Kiki's Delivery Service 1 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 2 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 3 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 4 魔女の宅急便
  ◇ Princess Mononoke 1 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 2 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 3 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 4 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 5 もののけ姫

▼ スタジオジブリ の DVD 
   ◇ となりのトトロ
   ◇ 天空の城ラピュタ
   ◇ 耳をすませば
   ◇ 魔女の宅急便
   ◇ 風の谷のナウシカ
   ◇ 紅の豚
   ◇ もののけ姫
   ◇ 「もののけ姫」はこうして生まれた。
   ◇ ハウルの動く城
   ◇ ハウルの動く城 特別収録版
   ◇ 千と千尋の神隠し
   ◇ 未来少年コナン
   ◇ 平成狸合戦ぽんぽこ
   ◇ 海がきこえる
   ◇ ジブリがいっぱいSPECIALショートショート
   ◇ 人間は何を食べてきたか 第1巻
   ◇ 柳川堀割物語
   ◇ 世界・わが心の旅 (2巻セット)
   ◇ 宮崎駿プロデュースの1枚のCDは、こうして生まれた。





0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター