Entries

雪の女王 (5)

The Snow Queen - A Tale in Seven Stories
雪の女王 - 七つのお話でできているおとぎ物語

     By Hans Christian Andersen
     ハンス・クリスティアン・アンデルセン 作 
     楠山 正雄 訳  (青空文庫)

Fifth Story 
第5のお話
The Little Robber Girl. 
追いはぎの小娘


色5s-


【 朗読 】 ← ここをクリックして開いたページの三角印をクリックすると、
         「第5~第7のお話」 の朗読が流れます。

   ◇ 和訳は、センテンスごとの意訳になっています。
   個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


They drove on through a dark wood, where the chariot lighted up the way and blinded the robbers by its glare; it was more than they could bear.

それからゲルダの仲間は暗い森の中を通って行きました。ところが馬車の光は松明(たいまつ)のようにチラチラしていました。それが追いはぎどもの目にとまって我慢がならなくさせました。

'It is gold, it is gold!' they cried, and darting forward, seized the horses, and killed the postilions, the coachman, and footman. They then dragged little Gerda out of the carriage.

「やあ、金(きん)だぞ、金だぞ」 と追いはぎたちは叫んで一度に飛び出して来ました。馬を押さえて、御者、別当から、お先払いまで殺して、ゲルダを馬車から引きずり降ろしました。

'She is fat, and she is pretty; she has been fattened on nuts!' said the old robber woman, who had a long beard, and eyebrows that hung down over her eyes. 'She is as good as a fat lamb, and how nice she will taste!' She drew out her sharp knife as she said this; it glittered horribly.

「こりゃあ、たいそう太って可愛らしい娘だわい。きっと年中クルミの実ばかり食べていたのだろう」 と追いはぎ婆が言いました。女のくせに、長い、こわい髭を生やして、眉毛が目の上まで垂れ下がった婆さんでした。「何しろ、そっくり脂ののった子羊というところだが、さあ食ったらどんな味がするかな」
 そう言ってばあさんは、ぴかぴかするナイフを持ち出しました。切れそうに光って、気味の悪いといったらありません。

'Oh!' screamed the old woman at the same moment, for her little daughter had come up behind her, and she was biting her ear. She hung on her back, as wild and as savage a little animal as you could wish to find. 'You bad, wicked child!' said her mother, but she was prevented from killing Gerda on this occasion.

「あっ」 その途端、婆さんは声をあげました。背中にぶらさがっていた小娘が、なにしろ乱暴なだだっ子で、おもしろがって、いきなり母親の耳を噛んだのです。
「このアマぁ、なにょをする!」 と母親は叫びました。おかげでゲルダを殺す鼻先を折られました。

'She shall play with me,' said the little robber girl; 'she shall give me her muff, and her pretty dress, and she shall sleep in my bed.' Then she bit her mother again and made her dance. All the robbers laughed and said, 'Look at her dancing with her cub!'

「あの子はあたいと一緒に遊ぶのだよ」 と追いはぎの小娘は言いました。「あの子はマフやきれいな着物をあたいにくれて、晩には一緒に寝るのだよ」
 こう言ってその女の子は、もう一度母親の耳をしたたかに噛みました。それで婆さんは跳び上がってぐるぐるまわりしました。追いはぎどもはみんな笑って、「見ろ、ばばあがガキといっしょに踊っているからよ」 と言いました。

'I want to get into the carriage,' said the little robber girl, and she always had her own way because she was so spoilt and stubborn. She and Gerda got into the carriage, and then they drove over stubble and stones further and further into the wood.

「馬車の中へ入ってみようや」 と追いはぎの小娘は言いました。この娘は腕白に育って、おまけに強情っぱりでしたから、何でもしたいと思うことをしなければ気がすみませんでした。それで、ゲルダと二人馬車に乗り込んで、切り株や石の出ている上を通って林の奥へ深く入って行きました。

The little robber girl was as big as Gerda, but much stronger; she had broader shoulders, and darker skin, her eyes were quite black, with almost a melancholy expression.

追いはぎの小娘はちょうどゲルダぐらいの大きさでしたが、ずっときつそうで、肩つきががっしりしていました。どす黒い肌をして、その目は真っ黒で、なんだか悲しそうに見えました。

She put her arm round Gerda's waist and said, 'They shan't kill you as long as I don't get angry with you; you must surely be a Princess!'

女の子はゲルダの腰のまわりに手をかけて、「あたい、おまえと喧嘩しないうちは、あんな奴らにおまえを殺させやしないよ。おまえはどこかの王女じゃないの?」 と言いました。

'No,' said little Gerda, and then she told her all her adventures, and how fond she was of Kay.

「いいえ、わたしは王女ではありません」 とゲルダは答えて、今までにあったできごとや、自分がどんなに大好きなカイちゃんのことを思っているかということなぞを話しました。

The robber girl looked earnestly at her, gave a little nod, and said, 'They shan't kill you even if I am angry with you. I will do it myself.'

追いはぎの娘はしげしげとゲルダを見て、軽くうなずきながら、「あたいは、おまえと喧嘩したって、あの奴らにおまえを殺させやしないよ。そんなくらいなら、あたい、自分でおまえを殺してしまうから」 と言いました。

Then she dried Gerda's eyes, and stuck her own hands into the pretty muff, which was so soft and warm.

それから娘はゲルダの目をふいてやり、両手を美しいマフにつけてみましたが、それは大変ふっくりして柔らかでした。

At last the chariot stopped: they were in the courtyard of a robber's castle, the walls of which were cracked from top to bottom. Ravens and crows flew in and out of every hole, and big bulldogs, which each looked ready to devour somebody, jumped about as high as they could, but they did not bark, for it was not allowed.

さあ、馬車はとまりました。そこは追いはぎのこもるお城の広庭でした。その山塞(さんさい)は、上から下までひびだらけでした。そのずれた割れ目から、大ガラス小ガラスが飛びまわっていました。大きなブルドッグが、相手かまわず人間でも食ってしまいそうな様子で高く跳びあがりました。でも、けっして吠えませんでした。吠えることはとめられてあったからです。

A big fire was burning in the middle of the stone floor of the smoky old hall. The smoke all went up to the ceiling, where it had to find a way out for itself. Soup was boiling in a big caldron over the fire, and hares and rabbits were roasting on the spits.

大きな煤けた広間には煙がもうもうしていて、焚き火が赤々と石だたみの床上で燃えていました。煙は天井の下に立ち迷って、どこからともなく出て行きました。大きなお鍋にはスープが煮え立って、大うさぎ小うさぎが、焙り串に刺して焼かれていました。

'You shall sleep with me and all my little pets tonight,' said the robber girl.

「おまえは今夜は、あたいや、あたいの小さな動物といっしょに寝るんだよ」 と追いはぎの小娘が言いました。

When they had something to eat and drink they went along to one corner which was spread with straw and rugs. There were nearly a hundred pigeons roosting overhead on the rafters and beams. They seemed to be asleep, but they fluttered about a little when the children came in.

二人は食べ物と飲み物をもらうと、わらや敷物がしいてある部屋の隅の方へ行きました。その上には百羽よりももっとたくさんの鳩が、眠ったように木摺りや止まり木にとまっていましたが、二人の女の子が来たときには、ちょっとこちらを向きました。

'They are all mine,' said the little robber girl, seizing one of the nearest. She held it by the legs and shook it till it flapped its wings. 'Kiss it,' she cried, dashing it at Gerda's face.

「この鳩みんなあたいのものなのよ」 と追いはぎの小娘は言って、手近にいた一羽を手早くつかまえて足をゆすぶったので、鳩は羽根をバタバタやりました。「接吻しておやりよ」 と言って、追いはぎの小娘はそれをゲルダの顔に投げつけました。

'Those are the wood pigeons,' she added, pointing to some laths fixed across a big hole high up on the walls; 'they are a regular rabble; they would fly away directly if they were not locked in.

「あすこに止まっているのが森の暴れ者さ」 とその娘は、壁にあけた穴に打ち込まれた止まり木を指差しながら、また話しつづけました。「あれは二羽とも、森の暴れ者さ。しっかり閉じ込めておかないと、すぐ逃げて行ってしまうの。

黒白3s-

And here is my old sweetheart Be,' dragging forward a reindeer by the horn; it was tied up, and it had a bright copper ring round its neck. 'We have to keep him close too, or he would run off. Every single night I tickle his neck with my bright knife, he is so frightened of it.'

ここにいるのが、昔からの友達の ベエよ」 こう言って女の子は、ぴかぴか磨いた銅の首輪をはめたままつながれている一匹のトナカイを、角を持って引き出しました。「これも、しっかりつないでおかないと逃げて行ってしまうの。だからあたいはね、毎晩よく切れるナイフで首のところをくすぐってやるんだよ。すると、こいつはびっくりするったらありゃしない」

The little girl produced a long knife out of a hole in the wall and drew it across the reindeer's neck. The poor animal laughed and kicked, and the robber girl laughed and pulled Gerda down into the bed with her.

そう言いながら、女の子は壁の割れ目のところから長いナイフを取り出して、それをトナカイの首にあてて、そろそろなでました。かわいそうに、その獣は足をどんどんやって苦しがりました。娘はおもしろそうに笑って、それなりゲルダを寝床につれて行きました。

'Do you have that knife by you while you are asleep?' asked Gerda, looking rather frightened.

「あなたは寝ているあいだ、ナイフを離さないの?」 とゲルダは気味悪そうにそれを見ました。

'I always sleep with a knife,' said the little robber girl. 'You never know what will happen. But now tell me again what you told me before about little Kay, and why you went out into the world.'

「あたい、しょっちゅうナイフを持っているよ」 と追いはぎの小娘は答えました。「何が始まるかわからないからね。それよか、もう一度カイちゃんって子の話をしてくれない? それから、どうしてこの広い世界にあてもなく出て来たのか、そのわけを話してくれないか?」

So Gerda told her all about it again, and the wood pigeons cooed up in their cage above them; the other pigeons were asleep. The little robber girl put her arm round Gerda's neck and went to sleep with the knife in her other hand, and she was soon snoring.

そこでゲルダは初めからそれをくり返しました。森の鳩が、頭の上の籠の中で、クウクウ言っていました。ほかの鳩は眠っていました。追いはぎの小娘は、片手をゲルダの首にかけて、片手にはナイフを持ったまま、大いびきをかいて寝てしまいました。

But Gerda would not close her eyes; she did not know whether she was to live or to die. The robbers sat round the fire, eating and drinking, and the old woman was turning somersaults. This sight terrified the poor little girl.

けれどもゲルダは目をつぶることもできませんでした。ゲルダは、いったい自分は生かしておかれるのか殺されるのか、まるでわかりませんでした。追いはぎたちは、焚き火のぐるりをかこんで、お酒をのんだり歌を歌ったりしていました。その中で、婆さんがとんぼを切りました(宙返りをした)。小さな女の子にとっては、そのありさまを見るだけで怖いことでした。

Then the wood pigeons said, 'Coo, coo, we have seen little Kay; his sledge was drawn by a white chicken, and he was sitting in the Snow Queen's sledge; it was floating low down over the trees, while we were in our nests. She blew upon us young ones, and they all died except we two; coo, coo.'

そのとき森の鳩がこう言いました。
「クウ、クウ、わたしたち、カイちゃんを見ましたよ。一羽の白いメンドリが、カイちゃんのソリを運んでいました。カイちゃんは雪の女王のソリにのって、わたしたちが巣に寝ていると、森のすぐ上を通って行ったのですよ。雪の女王は、わたしたち子鳩に冷たい息を吹きかけて殺してしまいました。助かったのはわたしたち二羽だけ、クウ、クウ」

'What are you saying up there?' asked Gerda. 'Where was the Snow Queen going? Do you know anything about it?'

「まあ、何をそこで言ってるの?」 と、ゲルダがつい大きな声を出しました。「その雪の女王さまはどこへ行ったのでしょうね。その先のこと、何か知っていて? 教えてよ」

'She was most likely going to Lapland, because there is always snow and ice there! Ask the reindeer who is tied up there.'

「たぶんラップランドの方へ行ったのでしょうよ。そこには年中、氷や雪がありますからね。まあ、つながれているトナカイに訊いてごらんなさい」

'There is ice and snow, and it's a splendid place,' said the reindeer. 'You can run and jump about where you like on those big glittering plains. The Snow Queen has her summer tent there, but her permanent castle is up at the North Pole, on the island which is called Spitzbergen!'

すると、トナカイがひきとって、
「そこには年中、氷や雪があって、それはすばらしい見事なものですよ」 と言いました。「そこでは、きらきら光る大きな谷間を自由に走りまわることができますし、雪の女王はそこに夏のテントを持っています。でも女王の立派な本城は、もっと北極の方のスピッツベルゲンという島の上にあるのです」

'Oh Kay, little Kay!' sighed Gerda.
'Lie still, or I shall stick the knife into you!' said the robber girl.

「ああ、カイちゃんは…大好きなカイちゃんは…」 とゲルダはため息をつきました。
「静かにしなよ。しないとナイフを体に突き刺すよ」 と追いはぎの小娘が言いました。

In the morning Gerda told her all that the wood pigeons had said, and the little robber girl looked quite solemn, but she nodded her head and said, 'No matter, no matter! Do you know where Lapland is?' she asked the reindeer.

朝になって、ゲルダは森の鳩が話したことをすっかり追いはぎの小娘に話しました。すると娘はたいそうまじめになってうなずきながら、「まあいいや。どっちにしても同じことだ」 と言いました。そしてトナカイに、「おまえ、ラップランドって、どこにあるのか知ってるのかい?」 とたずねました。

'Who should know better than I,' said the animal, its eyes dancing. 'I was born and brought up there, and I used to leap about on the snowfields.'

「わたしほどそれをよく知っている者がございましょうか」 と目を輝かしながらトナカイが答えました。「わたしはそこで生まれて育ったのです。わたしはそこで雪の野原を走りまわっていました」

'Listen,' said the robber girl. 'You see that all our men folks are away, but mother is still here, and she will stay; but later on in the morning she will take a drink out of the big bottle there, and after that she will have a nap?then I will do something for you.'

追いはぎの小娘はゲルダに、「ごらん。みんな出かけて行ってしまうだろ。おっ母さんだけが家にいる。おっ母さんは、ずっと家に残ってるんだよ。でもお昼近くなると、大きな瓶からお酒を飲んで少しのあいだ昼寝するから、そのときおまえにいいことをしてあげようよ」 と言いました。

Then she jumped out of bed, ran along to her mother and pulled her beard, and said, 'Good morning, my own dear nanny-goat!' And her mother filliped her nose till it was red and blue; but it was all affection.

それから女の子はパンと寝床から跳ね起きて、おっ母さんの首のまわりにかじりついて、おっ母さんのひげを引っぱりながらこう言いました。「可愛い雌山羊さん、おはよう」
するとおっ母さんは、女の子の鼻が赤くなったり紫色になったりするまで指ではじきました。でもこれは、可愛くてたまらない心からすることでした。

As soon as her mother had had her draught from the bottle and had dropped asleep, the little robber girl went along to the reindeer, and said, 'I should have the greatest pleasure in the world in keeping you here, to tickle you with my knife, because you are such fun then; however, it does not matter. I will untie your halter and help you outside so that you may run away to Lapland, but you must put your best foot foremost, and take this little girl for me to the Snow Queen's palace, where her playfellow is. I have no doubt you heard what she was telling me, for she spoke loud enough, and you are generally eavesdropping!'

おっ母さんが瓶のお酒を飲んで寝てしまったとき、追いはぎの小娘はトナカイのところへ行って、こう言いました。
「わたしはもっと何べんも何べんもナイフでおまえをくすぐってやりたいのだよ。だって、ずいぶんおかしいんだもの。でも、もういいさ。あたい、おまえがラップランドへ行けるように、綱をほどいて逃がしてやろう。けれどおまえはせっせと走って、この子をこの子の友だちのいる雪の女王の御殿へ連れて行かなければいけないよ。おまえ、この子があたいに話していたこと聞いていたろう。とても大きな声で話したし、おまえも耳をすまして聞いていたのだから」

The reindeer jumped into the air for joy. The robber girl lifted little Gerda up, and had the forethought to tie her on, nay, even to give her a little cushion to sit upon.

トナカイは喜んで高く跳ねあがりました。その背中に追いはぎの小娘はゲルダをのせてやりました。そして用心深くゲルダをしっかりゆわえつけて、その上、鞍の代わりに小さな布団まで敷いてやりました。

05s-.jpg

'Here, after all, I will give you your fur boots back, for it will be very cold, but I will keep your muff, it is too pretty to part with. Still you shan't be cold. Here are my mother's big mittens for you, they will reach up to your elbows; here, stick your hands in! Now your hands look just like my nasty mother's!'

「まあ、どうでもいいや」 と小娘は言いました。「そら、おまえの毛皮の長靴だよ。だんだん寒くなるからね。マフはきれいだからもらっておくよ。けれどおまえに寒い思いはさせないさ。ほら、おっ母さんの大きな丸手袋がある。おまえなら、ひじのところまでちょうどとどくだろう。まあこれをはめると、おまえの手がまるであたいのいやなおっ母さんの手のようだよ」 と娘は言いました。

Gerda shed tears of joy.
'I don't like you to whimper!' said the little robber girl. 'You ought to be looking delighted; and here are two loaves and a ham for you, so that you shan't starve.'

ゲルダはもううれしくて涙がこぼれました。
「泣くなんて、いやなことだね」 と追いはぎの小娘は言いました。「ほんとは嬉しいはずじゃないの。さあ、ここに二つ、パンの塊りとハムがある。これだけあればひもじい思いはしないだろう」

These things were tied on to the back of the reindeer; the little robber girl opened the door, called in all the big dogs, and then she cut the halter with her knife, and said to the reindeer, 'Now run, but take care of my little girl!'

これらの品々は、トナカイの背中のうしろにゆわえつけられました。追いはぎの娘は戸を開けて、大きな犬をだまして中に入れておいて、それからよく切れるナイフで綱を切ると、トナカイに向かって言いました。「さあ行きな。そのかわり、その子によく気をつけてやってよ」

Gerda stretched out her hands in the big mittens to the robber girl and said good-bye; and then the reindeer darted off over briars and bushes, through the big wood, over swamps and plains, as fast as it could go.

ゲルダは大きな丸手袋をはめた両手を追いはぎの小娘の方にさしのばして、「さようなら」 と言いました。途端にトナカイはかけだしました。木の根、岩角を跳び越え、大きな森をつきぬけて、沼地や草原もかまわず一生懸命まっしぐらに走って行きました。

The wolves howled and the ravens screamed, while the red lights quivered up in the sky.
'There are my old northern lights,' said the reindeer; 'see how they flash!' and on it rushed faster than ever, day and night.

狼が吠え、ワタリガラスが声をたてました。ヒュッ、ヒュッ、空で何か音がしました。それはまるで花火があがったように。
「あれがわたしの懐かしい北極光(オーロラ)です」 とトナカイが言いました。「ごらんなさい。何てよく輝いているでしょう」
それからトナカイは、昼も夜も、前よりももっと速く走って行きました。

The loaves were eaten, and the ham too, and then they were in Lapland.

パンの塊りもなくなりました。ハムも食べつくしました。トナカイとゲルダはラップランドに着きました。

(つづく)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  多読・音読に適した おすすめ洋書  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ 朗読CD付き絵本 (4歳~8歳)
  ◇ Goodnight Moon おやすみなさい おつきさま
  ◇ Corduroy くまのコールテンくん
  ◇ Curious George ひとまね こざる
  ◇ Winnie-The-Pooh クマのプーさん
  ◇ Winnie the Pooh クマのプーさん(完全朗読)
  ◇ Pooh Goes Visiting プー横町にたった家
  ◇ Madeline げんきなマドレーヌ
  ◇ Madeline's Rescue マドレーヌといぬ
  ◇ Madeline in London ロンドンのマドレーヌ
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち  作者の朗読CDと本
  ◇ Little Bear こぐまの くまくん
  ◇ Can't You Sleep, Little Bear? ねむれないの?ちいくまくん
  ◇ The Doorbell Rang おまたせクッキー
  ◇ Three Little Kittens 3びきのこねこ
  ◇ Monkey Puzzle ぼくのママはどこ?
  ◇ Caps for Sale おさると ぼうしうり
  ◇ The Three Little Wolves And The Big Bad Pig 3びきのかわいいオオカミ
  ◇ The Curse of the Black Pearl 呪われた海賊たち
  ◇ Magic Tree House Collection: Books 1-8 マジック・ツリー・ハウス 1~8巻
  ◇ Stellaluna ともだち、なんだもん!―コウモリのステラルーナの話

▼ 朗読CD付き洋書 (9歳~12歳)
  ◇ Three Tales of My Father's Dragon エルマーと りゅう
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Little House on the Prairie 大草原の小さな家
  ◇ Little House in the Big Woods 大きな森の小さな家
  ◇ Little Town On The Prairie 大草原の小さな町
  ◇ On the Banks of Plum Creek プラム・クリークの土手で
  ◇ Charlotte's Web Anniversary シャーロットの おくりもの
  ◇ Tom's Midnight Garden トムは真夜中の庭で
  ◇ The Chronicles of Narnia ナルニア国物語
  ◇ A Long Way From Chicago シカゴより こわい町
  ◇ A Year Down Yonder シカゴより 好きな町
  ◇ A Christmas Carol クリスマス・キャロル
  ◇ Alice's Adventures in Wonderla 不思議の国のアリス
  ◇ The Secret Garden 秘密の花園 
  ◇ Mark Twain: The Prince and the Pauper 王子と乞食
  ◇ A Connecticut Yankee in King Arthur's Court アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー
  ◇ Because Of Winn-dixie きいてほしいの、あたしのこと――ウィン・ディキシーのいた夏
  ◇ The Twits いじわる夫婦が消えちゃった!
  ◇ Molly Moon Stops the World モリー・ムーンが時間を止める
  ◇ The View from Saturday ティーパーティーの謎
  ◇ Nory Ryan's Song ノリー・ライアンの歌
  ◇ Superfudge 赤ちゃん、いりませんか?
  ◇ Ella Enchanted さよなら、「いい子」の魔法
  ◇ Bad Girls
  ◇ What Katy Did at School すてきなケティの寮生活
  ◇ What Katy Did すてきなケティ

  ◇ Harry Potter and the Sorcerer's Stone ハリー・ポッターと賢者の石
  ◇ Harry Potter and the Chamber of Secrets ハリー・ポッターと秘密の部屋
  ◇ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  ◇ Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  ◇ Harry Potter and the Order of the Phoenix ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  ◇ Harry Potter and the Half-Blood Prince ハリー・ポッターと謎のプリンス
  ◇ Harry Potter and the Deathly Hallows ハリー・ポッターと死の秘宝

  ◇ The Lord of the Rings & the Hobbit 指輪物語/ホビットの冒険 アメリカ版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 CD Gift Set イギリス版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 BBCラジオドラマ版
  ◇ The Lord of the Rings Trilogy (Radio Collection) 指輪物語 イギリス版
  ◇ The Hobbit ホビットの冒険

▼ 朗読CD付き洋書 (ヤングアダルト)
  ◇ Anne Of Green Gables 赤毛のアン
  ◇ Anne of Green Gables 赤毛のアン ラジオドラマ版
  ◇ Anne of Avonlea アンの青春
  ◇ The Clan of the Cave Bear 大地の子エイラ
  ◇ Stargirl スターガール
  ◇ Walk Two Moons めぐりめぐる月
  ◇ The Princess Diaries プリンセス・ダイアリー
  ◇ A Day No Pigs Would Die 豚の死なない日
  ◇ The Sign of the Beaver ビーバーの しるし

▼ 朗読CD付き洋書 (一般)
  ◇ Hamlet: Prince of Denmark ハムレット
  ◇ Pride & Prejudice 高慢と偏見
  ◇ And Then There Were None そして誰も いなくなった
  ◇ Tuesdays With Morrie モリー先生との火曜日
  ◇ 2001 A Space Odyssey 2001年宇宙の旅
  ◇ The Shadow of the Wind 風の影

▼ 英文・和文 交互朗読CD付き絵本  ⇒ 試聴
  ◇ The Three Billy Goats Gruff 三びきの やぎの がらがらどん
  ◇ The story of the three little pigs 3びきのコブタ
  ◇ The Mitten てぶくろ ― ウクライナ民話
  ◇ Sukh's White Horse スーホの白い馬
  ◇ Alice in wonderland ふしぎの国のアリス
  ◇ It’s a funny funny day だるまちゃんと かみなりちゃん
  ◇ Choo Choo いたずら きかんしゃ ちゅうちゅう
  ◇ Spring breezes huff and puff! はるかぜ とぷう
  ◇ The turnip  かぶ
  ◇ The Ocean-going Orchestra うみの がくたい
  ◇ ざしき童子の はなし―「雨ニモマケズ」「永訣の朝」「星めぐりの歌」)
  ◇ 「おはよう」から「おやすみ」まで親子で楽しむマザーグース
  ◇ マザーグースとあそぶ本

▼ 人気の高い 英訳コミックス
  ◇ One Piece 1
  ◇ One Piece.2
  ◇ One Piece 3
  ◇ Hunter X Hunter 1
  ◇ Hunter X Hunter 2
  ◇ Hunter X Hunter 3
  ◇ Hikaru No Go 1 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 2 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 3 ヒカルの碁
  ◇ Fullmetal Alchemist 1 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 2 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 3 鋼の錬金術師
  ◇ Neon Genesis Evangelion 1 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 2 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 3 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Nana 1
  ◇ Nana 2
  ◇ Nana 3
  ◇ Paradise Kiss 1
  ◇ Paradise Kiss 2
  ◇ Paradise Kiss 3
  ◇ Naruto 1
  ◇ Naruto 2
  ◇ Naruto 3
  ◇ InuYasha Ani-Manga 1 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 2 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 3 犬夜叉
  ◇ D N Angel 1
  ◇ D N Angel 2
  ◇ D N Angel 3
  ◇ Skip Beat! 1 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 2 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 3 スキップ・ビート!

▼ 宮崎駿の 英訳コミックス
  ◇ My Neighbor Totoro 1 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 2 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 3 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 4 となりのトトロ
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 1 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 2 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 3 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 4 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 5 千と千尋の神隠し
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 1 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 2 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 3 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 4 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 5 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 6 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 7 風の谷のナウシカ
  ◇ Castle in the Sky 1 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 2 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 3 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 4 天空の城ラピュタ
  ◇ Kiki's Delivery Service 1 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 2 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 3 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 4 魔女の宅急便
  ◇ Princess Mononoke 1 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 2 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 3 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 4 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 5 もののけ姫

▼ スタジオジブリ の DVD 
   ◇ となりのトトロ
   ◇ 天空の城ラピュタ
   ◇ 耳をすませば
   ◇ 魔女の宅急便
   ◇ 風の谷のナウシカ
   ◇ 紅の豚
   ◇ もののけ姫
   ◇ 「もののけ姫」はこうして生まれた。
   ◇ ハウルの動く城
   ◇ ハウルの動く城 特別収録版
   ◇ 千と千尋の神隠し
   ◇ 未来少年コナン
   ◇ 平成狸合戦ぽんぽこ
   ◇ 海がきこえる
   ◇ ジブリがいっぱいSPECIALショートショート
   ◇ 人間は何を食べてきたか 第1巻
   ◇ 柳川堀割物語
   ◇ 世界・わが心の旅 (2巻セット)
   ◇ 宮崎駿プロデュースの1枚のCDは、こうして生まれた。





0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター