Entries

雪の女王 (4)

The Snow Queen - A Tale in Seven Stories
雪の女王 - 七つのお話でできているおとぎ物語

     By Hans Christian Andersen
     ハンス・クリスティアン・アンデルセン 作 
     楠山 正雄 訳  (青空文庫)

Fourth Story  第4のお話
Prince and Princess  王子と王女


色4s-

   ◇ 朗読へのリンクは、「第3のお話」のページにあります。

   ◇ 和訳は、センテンスごとの意訳になっています。
   個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


Gerda was soon obliged to rest again. A big crow hopped on to the snow, just in front of her. It had been sitting looking at her for a long time and wagging its head. Now it said, 'Caw, caw; good-day, good-day,' as well as it could; it meant to be kind to the little girl, and asked her where she was going, alone in the wide world.

ゲルダはまたも休まなければなりませんでした。ゲルダが休んでいた場所のちょうど向こうの雪の上で、一羽の大きなカラスがピョンピョンやっていました。このカラスは、しばらくじっとしたなりゲルダを見つめて頭を振っていましたが、やがてこう言いました。
「カア、カア、こんちは。こんちは」
カラスはこれより良くは何も言うことができませんでしたが、でもゲルダを懐かしく思っていて、「この広い世界でたった一人ぼっち、どこへ行くのだ」と言ってたずねました。

Gerda understood the word 'alone' and knew how much there was in it, and she told the crow the whole story of her life and adventures, and asked if it had seen Kay.

この 「一人ぼっち」 という言葉をゲルダはよく味わって、しみじみその言葉に深い意味のこもっていることを思いました。ゲルダはそこでカラスに自分の身の上のことをすっかり話して聞かせたうえ、どうかしてカイを見なかったか、たずねました。

The crow nodded its head gravely and said, 'May be I have, may be I have.'

するとカラスはひどくまじめに考えこんで、こう言いました。
「あれかも知れない。あれかも知れない」

'What, do you really think you have?' cried the little girl, nearly smothering him with her kisses.

「え、知ってて?」 とゲルダは大きな声で言って、カラスを乱暴に、それこそ息の止まるほど接吻しました。

'Gently, gently!' said the crow. 'I believe it may have been Kay, but he has forgotten you by this time, I expect, for the Princess.'

「おてやわらかに、おてやわらかに」 とカラスは言いました。「どうも、カイちゃんを知っているような気がします。たぶん、あれがカイちゃんだろうと思いますよ。けれどカイちゃんは王女さまのところにいて、あなたのことなどはきっと忘れていますよ」

'Does he live with a Princess?' asked Gerda.

「カイちゃんは、王女さまのところにいるんですって?」 とゲルダは訊きました。

'Yes, listen,' said the crow; 'but it is so difficult to speak your language. If you understand "crow's language,"1 I can tell you about it much better.'

「そうです。まあ、お聞きなさい」 とカラスは言いました。「どうもわたしにすると、人間の言葉で話すのはたいそうな骨折りです。あなたにカラスの言葉がわかると、ずっとうまく話せるのだがなあ」

'No, I have never learnt it,' said Gerda; 'but grandmother knew it, and used to speak it. If only I had learnt it!'

「まあ、あたし、習ったことがなかったわ」 とゲルダは言いました。「でも、家のおばあさまは、おできになるのよ。あたし、習っておけばよかった」

'It doesn't matter,' said the crow. 'I will tell you as well as I can, although I may do it rather badly.'

「かまいませんよ」 とカラスは言いました。「まあ、できるだけしてみますから。うまくいけばいいが」

Then he told her what he had heard.

それからカラスは、知っていることを話しました。

'In this kingdom where we are now,' said he, 'there lives a Princess who is very clever. She has read all the newspapers in the world, and forgotten them again, so clever is she. One day she was sitting on her throne, which is not such an amusing thing to do either, they say; and she began humming a tune, which happened to be "Why should I not be married, oh why?"

「わたしたちが今いる国には、たいそう賢い王女さまがおいでなるのです。何しろ世界中の新聞を残らず読んで、残らずまた忘れてしまいます。まあそんなわけで、たいそう利口なかたなのです。さて、このあいだ、王女さまは玉座におすわりになりました。玉座というものは世間で言うほど楽しいものではありません。そこで王女さまは、口ずさみに歌を歌いだしました。その歌は、『なぜにわたしは婿とらぬ』 といった歌でした。

"Why not indeed?" said she. And she made up her mind to marry, if she could find a husband who had an answer ready when a question was put to him. She called all the court ladies together, and when they heard what she wanted they were delighted.
'"I like that now," they said. "I was thinking the same thing myself the other day."

そこで、『なるほど、それももっともだわ』 というわけで、王女さまは結婚しようと思いたちました。でも夫にするなら、ものを尋ねてもすぐと答えるようなのがほしいと思いました。だって、ただそこにつっ立って、様子ぶっているだけでは、じきに退屈してしまいますからね。そこで、王女さまは、女官たち残らずお召しになって、このもくろみをお話しになりました。女官たちはたいそうおもしろく思いまして、『それは良い思いつきでございます。わたくしどもも、つい先ごろ、それと同じことを考えついた次第です』 などと申しました」

色4s-

'Every word I say is true,' said the crow, 'for I have a tame sweetheart who goes about the palace whenever she likes. She told me the whole story.'
Of course his sweetheart was a crow, for 'birds of a feather flock together,' and one crow always chooses another.

「わたしの言っていることは、ごく本当のことなのですよ」 とカラスは言って、「わたしには優しいいいなずけがあって、その王女さまのお城に自由に飛んでいける。それがわたしにすっかり話してくれたのです」 と言い添えました。言うまでもなく、そのいいなずけというのはカラスでした。というのは、似たもの同士で、カラスはやはりカラス仲間で集まりますから。

The newspapers all came out immediately with borders of hearts and the Princess's initials. They gave notice that any young man who was handsome enough might go up to the Palace to speak to the Princess. The one who spoke as if he were quite at home, and spoke well, would be chosen by the Princess as her husband. Yes, yes, you may believe me, it's as true as I sit here,' said the crow.

「ハートと王女さまの頭文字でふちどった新聞がさっそく発行されました。それには、『様子の立派な若い男は誰でもお城に来て王女さまと話すことができる。そして、お城へ来ても自分の家にいるように気やすく上手に話した人を王女は夫として選ぶであろう』ということが書いてありました。そうです。そうです。あなたはわたしをだいじょうぶ信じてください。この話は、わたしがここにこうして坐っているのと同様、本当の話なのですから」 とカラスは言いました。

'The people came crowding in; there was such running, and crushing, but no one was fortunate enough to be chosen, either on the first day, or on the second. They could all of them talk well enough in the street, but when they entered the castle gates, and saw the guard in silver uniforms, and when they went up the stairs through rows of lackeys in gold embroidered liveries, their courage forsook them. When they reached the brilliantly lighted reception-rooms, and stood in front of the throne where the Princess was seated, they could think of nothing to say, they only echoed her last words, and of course that was not what she wanted.

「若い男の人たちは群れをつくってやってきました。そして、町はたいそう混雑して、たくさんの人があっちへ行ったりこっちへ来たり、忙しそうにかけずりまわっていました。でも、初めの日も次の日も、一人だってうまくやったものはありません。みんなは、お城の外でこそ、よくしゃべりましたが、一度お城の門を入って銀ずくめの兵隊を見たり、階段をのぼって、金ぴかの制服をつけたお役人に出会って、明るい大広間に入ると、途端にぽうっとなってしまいました。そして、いよいよ王女さまのおいでになる玉座の前に出たときには、誰も王女さまに言われた言葉のしりをオウム返しにくり返すほかありませんでした。王女さまとすれば、何も自分の言った言葉をもう一度言ってもらってもしかたがないでしょう。

'It was just as if they had all taken some kind of sleeping-powder, which made them lethargic; they did not recover themselves until they got out into the street again, and then they had plenty to say. There was quite a long line of them, reaching from the town gates up to the Palace.
'I went to see them myself,' said the crow.

ところが、誰も御殿の中に入ると、嗅ぎタバコでも嗅がされたようにふらふらで、往来へ出て来てやっと我に帰って口がきけるようになる。何しろ、町の門からお城の門まで、若い人たちが列をつくって並んでいました。わたしはそれを自分で見てきましたよ」 とカラスが念を押して言いました。

'They were hungry and thirsty, but they got nothing at the Palace, not even as much as a glass of tepid water. Some of the wise ones had taken sandwiches with them, but they did not share them with their neighbours; they thought if the others went in to the Princess looking hungry, that there would be more chance for themselves.'

「みんなは自分の番がなかなかまわって来ないので、おなかがすいたり、のどがかわいたりしましたが、御殿の中では、生ぬるい水一杯くれませんでした。中で気のきいた先生たちが、バタパンご持参でやって来ていましたが、それをそばの人にわけようとはしませんでした。この連中の気では――こいつら、たんとひもじそうな顔をしているがいい。おかげで王女さまもご採用になるまいから――というのでしょう」

'But Kay, little Kay!' asked Gerda; 'when did he come? was he amongst the crowd?'

「でも、カイちゃんはどうしたのです? いつ、カイちゃんはやって来たのです?」 とゲルダはたずねました。「カイちゃんはその人たちの仲間にいたのですか?」

'Give me time, give me time! we are just coming to him. It was on the third day that a little personage came marching cheerfully along, without either carriage or horse. His eyes sparkled like yours, and he had beautiful long hair, but his clothes were very shabby.'

「まあまあ、お待ちなさい。これからそろそろカイちゃんのことになるのです。ところでその三日目に、馬にも馬車にも乗らない小さな男の子が、楽しそうにお城の方へ歩いて行きました。その人の目はあなたの目のように輝いて、立派な長い髪の毛を持っていましたが、着物はぼろぼろに切れていました」

'Oh, that was Kay!' said Gerda gleefully; 'then I have found him!' and she clapped her hands.

「それがカイちゃんなのね! ああ、それではとうとうあたし、カイちゃんを見つけたわ!」 とゲルダはうれしそうに叫んで手をたたきました。

'He had a little knapsack on his back!' said the crow.

「その子は背中に小さな背嚢をしょっていました」 とカラスが言いました。

'No, it must have been his sledge; he had it with him when he went away!' said Gerda.

「いいえ、それはきっとソリよ」 とゲルダは言いました。「カイちゃんは、ソリといっしょに見えなくなってしまったのですもの」

'It may be so,' said the crow; 'I did not look very particularly; but I know from my sweetheart, that when he entered the Palace gates, and saw the life-guards in their silver uniforms, and the lackeys on the stairs in their gold-laced liveries, he was not the least bit abashed. He just nodded to them and said, "It must be very tiresome to stand upon the stairs. I am going inside!" The rooms were blazing with lights. Privy councillors and excellencies without number were walking about barefoot carrying golden vessels; it was enough to make you solemn! His boots creaked fearfully too, but he wasn't a bit upset.'

「なるほど、そうかも知れません」 とカラスは言いました。「何しろ、ちょっと見ただけですから。しかしそれは、みんなわたしの優しいいいなずけから聞いたのです。それからその子はお城の門を入って、銀の軍服の兵隊を見ながら段を昇って、金ぴかの制服のお役人の前に出ましたが、少しもまごつきませんでした。それどころか平気で会釈して、『階段の上に立っているのは、さぞ退屈でしょうね。ではごめんこうむって、わたしは広間に入らせてもらいましょう』 と言いました。広間には灯りがいっぱいついて、枢密顧問官や身分の高い人たちが裸足で金の器を運んで歩いていました。そんな中で、誰だって、いやでも厳かな気持ちになるでしょう。ところへ、その子の長靴は、やけにやかましくギュウギュウ鳴るのですが、いっこうに平気でした」

'Oh, I am sure that was Kay!' said Gerda; 'I know he had a pair of new boots, I heard them creaking in grandmother's room.'

「きっとカイちゃんよ!」 とゲルダが叫びました。「だって、新しい長靴をはいていましたもの。わたし、その靴がギュウギュウいうのをおばあさまの部屋で聞いたわ」

'Yes, indeed they did creak!' said the crow. 'But nothing daunted, he went straight up to the Princess, who was sitting on a pearl as big as a spinning-wheel. Poor, simple boy! all the court ladies and their attendants; the courtiers, and their gentlemen, each attended by a page, were standing round. The nearer the door they stood, so much the greater was their haughtiness; till the footman's boy, who always wore slippers and stood in the doorway, was almost too proud even to be looked at.'

「そう、本当にギュウギュウって鳴りましたよ」とカラスはまた話し始めました。「さて、その子はつかつかと、糸車ほどの大きな真珠に腰をかけている王女さまの御前に進みました。王女さまのぐるりをとりまいて、女官たちがおつきを、そのおつきがまたおつきを従え、侍従が家来の、またその家来を従え、それがまためいめい小姓をひきつれて立っていました。しかも、扉の近くに立っているものほどいばっているように見えました。始終上靴で歩きまわっていた家来の家来の小姓なんか、とても仰向いて顔が見られないくらいでした。とにかく、戸口のところでいばりかえっている風は、ちょっと見ものでした」

'It must be awful!' said little Gerda, 'and yet Kay has won the Princess!'

「まあ、ずいぶん怖いこと。それでもカイちゃんは王女さまと結婚したのですか?」 とゲルダは言いました。

'If I had not been a crow, I should have taken her myself, notwithstanding that I am engaged. They say he spoke as well as I could have done myself, when I speak crow-language; at least so my sweetheart says. He was a picture of good looks and gallantry, and then, he had not come with any idea of wooing the Princess, but simply to hear her wisdom. He admired her just as much as she admired him!'

「もしわたしがカラスでなかったなら、今のいいなずけを捨てても王女さまと結婚したかも知れません。人のうわさによりますと、その人は、わたしがカラスの言葉を話すときと同様、上手に話したということでした。わたしはそのことを、わたしのいいなずけから聞いたのです。どうしてなかなか様子の良い元気な子でした。それも王女さまと結婚するために来たのではなくて、ただ王女さまがどのくらい賢いか知ろうと思ってやって来たのですが、それで王女さまが好きになり、王女さまもまたその子が好きになったというわけです」

'Indeed it was Kay then,' said Gerda; 'he was so clever he could do mental arithmetic up to fractions. Oh, won't you take me to the Palace?'

「そう、いよいよその人、カイちゃんにちがいないわ。カイちゃんは、そりゃ利口で、分数まで暗算でやれますもの。ああ、わたしをそのお城へつれて行ってくださらないこと?」 とゲルダは言いました。

'It's easy enough to talk,' said the crow; 'but how are we to manage it? I will talk to my tame sweetheart about it; she will have some advice to give us I daresay, but I am bound to tell you that a little girl like you will never be admitted!'

「さあ、口でいうのはたやすいが、どうしたらそれができるか、むずかしいですよ」 とカラスは言いました。「ところでまあ、それをどうするか、まあ、わたしのいいなずけに相談してみましょう。きっと、良い知恵を貸してくれるかも知れません。何しろ、あなたのような小さな娘さんがお城の中に入ることは、許されていないのですからね」

'Oh, indeed I shall,' said Gerda; 'when Kay hears that I am here, he will come out at once to fetch me.'

「いいえ、そのお許しならもらえてよ」 とゲルダが答えました。「カイちゃんは、わたしが来たと聞けば、すぐに出て来て、わたしを入れてくれるでしょう」

'Wait here for me by the stile,' said the crow, then he wagged his head and flew off.

「向こうの垣根のところで待っていらっしゃい」 とカラスは言って、頭をふりふり飛んで行ってしまいました。

The evening had darkened in before he came back. 'Caw, caw,' he said, 'she sends you greeting. And here is a little roll for you; she got it out of the kitchen where there is bread enough, and I daresay you are hungry! It is not possible for you to get into the Palace; you have bare feet; the guards in silver and the lackeys in gold would never allow you to pass. But don't cry, we shall get you in somehow; my sweetheart knows a little back staircase which leads up to the bedroom, and she knows where the key is kept.'

そのカラスが帰って来たときには、晩もだいぶ暗くなっていました。
「すてき、すてき」 とカラスは言いました。「いいなずけが、あなたによろしくとのことでしたよ。さあ、ここに、少しばかりパンを持って来てあげました。さぞ、おなかがすいたでしょう。いいなずけが、台所から持って来たのです。そこにはまだたくさんあるのです。どうも、お城へ入ることはできそうもありませんよ。なぜと言って、あなたは靴をはいていませんから、銀の軍服の兵隊や、金ぴかの制服のお役人たちが許してくれないでしょうからね、だが、それで泣いてはいけない。きっと連れて行ける工夫はしますよ。わたしのいいなずけは、王女さまの寝間に通じている細い裏梯子を知っていますし、その鍵の在る所も知っているのですからね」

Then they went into the garden, into the great avenue where the leaves were dropping, softly one by one; and when the Palace lights went out, one after the other, the crow led little Gerda to the back door, which was ajar.

そこでカラスとゲルダとはお庭をぬけて、木の葉があとからあとからと散ってくる並木道を通りました。そして、お城の灯りが順々に消えてしまったとき、カラスは少し開いている裏の戸口へゲルダを連れて行きました。

Oh, how Gerda's heart beat with fear and longing! It was just as if she was about to do something wrong, and yet she only wanted to know if this really was little Kay. Oh, it must be him, she thought, picturing to herself his clever eyes and his long hair.

まあ、ゲルダの胸は、怖かったり嬉しかったりで何てドキドキしたことでしょう。まるでゲルダは何か悪いことでもしているような気がしました。けれどゲルダはその人がカイちゃんであるかどうかを知りたい一心なのです。そうです。それはきっと、カイちゃんに違いありません。ゲルダはしみじみとカイちゃんの利口そうな目つきや長い髪の毛を思い出していました。

She could see his very smile when they used to sit under the rose-trees at home. She thought he would be very glad to see her, and to hear what a long way she had come to find him, and to hear how sad they had all been at home when he did not come back. Oh, it was joy mingled with fear.

そして、二人が家にいて、バラの花のあいだにすわって遊んだとき、カイちゃんが笑ったとおりの笑顔が目に浮かびました。そこでカイちゃんに会って、長い長い道中をして自分を探しにやって来たことを聞き、あれなり帰らないので、どんなにみんなが悲しんでいるか知ったなら、こうして来てくれたことをどんなに喜ぶでしょう。まあそう思うと、うれしいし心配でした。

They had now reached the stairs, where a little lamp was burning on a shelf. There stood the tame sweetheart, twisting and turning her head to look at Gerda, who made a curtsy, as grandmother had taught her.

さて、カラスとゲルダとは階段の上にのぼりました。小さなランプが棚の上についていました。そして床板の真ん中のところには、飼いならされた雌のカラスが、じっとゲルダを見て立っていました。ゲルダはおばあさまから教わったように、ていねいにおじぎしました。

'My betrothed has spoken so charmingly to me about you, my little miss!' she said; 'your life, "Vita," as it is called, is most touching! If you will take the lamp, I will go on in front. We shall take the straight road here, and we shall meet no one.'

「かわいいお嬢さん。わたしのいいなずけは、あなたのことをたいそう誉めておりました」 とその優しいカラスが言いました。「あなたのそのご経歴とやら申しますのは、ずいぶんお気の毒なのですね。さあランプをお持ちください。ご案内しますわ。このところを真っ直ぐに参りましょう。もう誰にも会いませんから」

黒白2s-

'It seems to me that some one is coming behind us,' said Gerda, as she fancied something rushed past her, throwing a shadow on the walls; horses with flowing manes and slender legs; huntsmen, ladies and gentlemen on horseback.

「誰かわたしたちのあとからついて来るような気がすることね」 と何かがそばを急に通ったときにゲルダは言いました。それは、たてがみを振り乱してほっそりとした足を持っている馬だの、それから狩人だの、馬に乗った立派な男の人や女の人だのの、それがみんな壁に映った影のように見えました。

'Oh, those are only the dreams!' said the crow; 'they come to take the thoughts of the noble ladies and gentlemen out hunting. That's a good thing, for you will be able to see them all the better in bed. But don't forget, when you are taken into favour, to show a grateful spirit.'
'Now, there's no need to talk about that,' said the crow from the woods.

「あれはほんの夢なのですわ」とカラスが言いました。「夢たちは、それぞれのご主人たちの心を猟に誘い出そうとしてくるのです。都合の良いことに、あなたは寝床の中であの人たちのお休みのところがよく見られます。そこでどうか、あなたが立派な身分におなりになった後も、世話になったお礼はお忘れなくね」
「それは言うまでもないことだろうよ」 と森のカラスが言いました。

They came now into the first apartment; it was hung with rose-coloured satin embroidered with flowers. Here again the dreams overtook them, but they flitted by so quickly that Gerda could not distinguish them. The apartments became one more beautiful than the other; they were enough to bewilder anybody. They now reached the bedroom.

さて、カラスとゲルダとは一番初めの広間に入って行きました。そこの壁には花で飾ったバラ色の繻子(しゅす)が上から下まで張りつめられていました。そして、ここにも猟に誘うさっきの夢はもう飛んで来ていましたが、あまり速く動きすぎて、ゲルダは偉い殿さまや貴婦人方を今度は見ることができませんでした。広間から広間へ行くほど見事にできていました。ただもうあまりの美しさにまごつくばかりでしたが、そのうちとうとう寝間まで入って行きました。

The ceiling was like a great palm with crystal leaves, and in the middle of the room two beds, each like a lily hung from a golden stem. One was white, and in it lay the Princess; the other was red, and there lay he whom Gerda had come to seek―little Kay! She bent aside one of the crimson leaves, and she saw a little brown neck. It was Kay.

そこの天井は、高価なガラスの葉を広げた大きな棕櫚(しゅろ)の木の形になっていました。そして部屋のまん中には二つのベッドが、木の軸にあたる金の太い柱に吊り下がっていて、二つとも百合の花のように見えました。そのベッドは一つは白くて、それには王女が眠っていました。もう一つのは赤くて、そこに眠っている人こそ、ゲルダの探すカイちゃんでなくてはならないのです。ゲルダは赤い花びらをひとひら、そっとどけると、そこに日焼けした首筋が見えました。ああ、それはカイちゃんでした。

She called his name aloud, and held the lamp close to him. Again the dreams rushed through the room on horseback -- he awoke, turned his head -- and it was not little Kay.

ゲルダはカイちゃんの名を声高く呼びました。ランプをカイちゃんの方へさしだしました。夢がまた馬に乗って、騒がしくその部屋の中へ入って来ました。その人は目をさまして顔をこちらに向けました。ところがそれは、カイちゃんではなかったのです。

It was only the Prince's neck which was like his; but he was young and handsome. The Princess peeped out of her lily-white bed, and asked what was the matter. Then little Gerda cried and told them all her story, and what the crows had done to help her.

今は王子となったその人は、ただ首筋のところがカイちゃんに似ていただけでした。でもその王子は若くて美しい顔をしていました。王女は白い百合の花とも見えるベッドから、目をぱちくりやって見あげながら、誰がそこに来たのかとおたずねになりました。そこでゲルダは泣いて、今までのことやカラスがいろいろにつくしてくれたことなどを残らず王子に話しました。

'You poor little thing!' said the Prince and Princess. And they praised the crows, and said that they were not at all angry with them, but they must not do it again. Then they gave them a reward.

「それはまあかわいそうに」 と王子と王女とが言いました。そしてカラスをおほめになり、自分たちはけっしてカラスがしたことを怒りはしないが二度とこんなことをしてくれるな、とおっしゃいました。それでもカラスたちはご褒美をいただくことになりました。

'Would you like your liberty?' said the Princess, 'or would you prefer permanent posts about the court as court crows, with perquisites from the kitchen?'

「おまえたちは好き勝手に外を飛びまわっている方がいいかい?」 と王女はたずねました。「それとも宮中お抱えのカラスとして、台所のお余りは何でも食べることができるし、そういう風にしていつまでも御殿にいたいと思うかい?」

Both crows curtsied and begged for the permanent posts, for they thought of their old age, and said 'it was so good to have something for the old man,' as they called it.

そこで二羽のカラスはおじぎをして、自分たちが年をとってからのことを考えるとやはり御殿に置いていただきたい、と願いました。そして、「誰しも言っていますように、先へ行って困らないようにしたいものでございます」 と言いました。

The Prince got up and allowed Gerda to sleep in his bed, and he could not have done more. She folded her little hands, and thought 'how good the people and the animals are'; then she shut her eyes and fell fast asleep. All the dreams came flying back again; this time they looked like angels, and they were dragging a little sledge with Kay sitting on it, and he nodded. But it was only a dream; so it all vanished when she woke.

王子はそのときベッドから出て、ゲルダをそれに寝かせ、自分はそれなり寝ようとはしませんでした。ゲルダは小さな手を組んで、「まあ、何という良い人や良いカラスたちだろう」 と思いました。それから目をつぶってすやすや眠りました。するとまた夢がやって来て、こんどは天使のような人たちが一台のソリを引いて来ました。その上にはカイちゃんが手まねきしていました。けれどもそれはただの夢だったので、目をさますとさっそく消えてしまいました。

Next day she was dressed in silk and velvet from head to foot; they asked her to stay at the Palace and have a good time, but she only begged them to give her a little carriage and horse, and a little pair of boots, so that she might drive out into the wide world to look for Kay.

あくる日になると、ゲルダは頭から足の先まで絹やビロードの着物で包まれました。そして、このままお城にとどまっていて楽しく暮らすようにとすすめられました。でもゲルダはただ、小さな馬車と、それを引く馬と、小さな一足の長靴がいただきとうございますと言いました。それでもう一度、広い世界へカイちゃんを探しに出て行きたいのです。

04s-.jpg

They gave her a pair of boots and a muff. She was beautifully dressed, and when she was ready to start, there before the door stood a new chariot of pure gold. The Prince's and Princess's coat of arms were emblazoned on it, and shone like a star. Coachman, footman, and outrider, for there was even an outrider, all wore golden crowns. The Prince and Princess themselves helped her into the carriage and wished her joy.

さて、ゲルダは長靴ばかりでなくマフまでもらって、さっぱりと旅のしたくができました。いよいよ出かけようというときに、玄関には純金の新しい馬車が一台とまりました。王子と王女の紋章が星のように光って付いていました。御者や別当やお先払いが――そうです、お先払いまでが――金の冠をかぶって並んでいました。王子と王女はご自分でゲルダをたすけて馬車に乗らせ、無事に行って来るようにおっしゃいました。

The wood crow, who was now married, accompanied her for the first three miles; he sat beside Gerda, for he could not ride with his back to the horses. The other crow stood at the door and flapped her wings; she did not go with them, for she suffered from headache since she had become a kitchen pensioner?the consequence of eating too much. The chariot was stored with sugar biscuits, and there were fruit and ginger nuts under the seat.

もう今は結婚をすませた森のカラスも、三マイル先まで見送りについて来ました。このカラスは後ろ向きに乗っていられないというので、ゲルダのそばに坐っていました。めすの方のカラスは、羽根をバタバタやりながら、門のところにとまっていました。送っていかないわけは、あれからずっと御殿づとめで、たくさんに食べ物をいただくせいか、ひどく頭痛がしていたからです。
その馬車の内側は砂糖ビスケットでできていて、腰をかけるところは果物やクルミの入った生姜パンでできていました。

'Good-bye, good-bye,' cried the Prince and Princess; little Gerda wept, and the crow wept too. At the end of the first few miles the crow said good-bye, and this was the hardest parting of all. It flew up into a tree and flapped its big black wings as long as it could see the chariot, which shone like the brightest sunshine.

「さよなら、さよなら」 と王子と王女が叫びました。するとゲルダは泣きだしました。カラスもまた泣きました。さて馬車が三マイル先のところまで来たとき、こんどはカラスがさよならを言いました。この上ない悲しい別れでした。カラスはそこの木の上に飛びあがって、馬車がいよいよ見えなくなるまで、黒いつばさをバタバタやっていました。馬車はお日さまのように輝きながら、どこまでも走りつづけました。

(つづく)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  多読・音読に適した おすすめ洋書  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ 朗読CD付き絵本 (4歳~8歳)
  ◇ Goodnight Moon おやすみなさい おつきさま
  ◇ Corduroy くまのコールテンくん
  ◇ Curious George ひとまね こざる
  ◇ Winnie-The-Pooh クマのプーさん
  ◇ Winnie the Pooh クマのプーさん(完全朗読)
  ◇ Pooh Goes Visiting プー横町にたった家
  ◇ Madeline げんきなマドレーヌ
  ◇ Madeline's Rescue マドレーヌといぬ
  ◇ Madeline in London ロンドンのマドレーヌ
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち  作者の朗読CDと本
  ◇ Little Bear こぐまの くまくん
  ◇ Can't You Sleep, Little Bear? ねむれないの?ちいくまくん
  ◇ The Doorbell Rang おまたせクッキー
  ◇ Three Little Kittens 3びきのこねこ
  ◇ Monkey Puzzle ぼくのママはどこ?
  ◇ Caps for Sale おさると ぼうしうり
  ◇ The Three Little Wolves And The Big Bad Pig 3びきのかわいいオオカミ
  ◇ The Curse of the Black Pearl 呪われた海賊たち
  ◇ Magic Tree House Collection: Books 1-8 マジック・ツリー・ハウス 1~8巻
  ◇ Stellaluna ともだち、なんだもん!―コウモリのステラルーナの話

▼ 朗読CD付き洋書 (9歳~12歳)
  ◇ Three Tales of My Father's Dragon エルマーと りゅう
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Little House on the Prairie 大草原の小さな家
  ◇ Little House in the Big Woods 大きな森の小さな家
  ◇ Little Town On The Prairie 大草原の小さな町
  ◇ On the Banks of Plum Creek プラム・クリークの土手で
  ◇ Charlotte's Web Anniversary シャーロットの おくりもの
  ◇ Tom's Midnight Garden トムは真夜中の庭で
  ◇ The Chronicles of Narnia ナルニア国物語
  ◇ A Long Way From Chicago シカゴより こわい町
  ◇ A Year Down Yonder シカゴより 好きな町
  ◇ A Christmas Carol クリスマス・キャロル
  ◇ Alice's Adventures in Wonderla 不思議の国のアリス
  ◇ The Secret Garden 秘密の花園 
  ◇ Mark Twain: The Prince and the Pauper 王子と乞食
  ◇ A Connecticut Yankee in King Arthur's Court アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー
  ◇ Because Of Winn-dixie きいてほしいの、あたしのこと――ウィン・ディキシーのいた夏
  ◇ The Twits いじわる夫婦が消えちゃった!
  ◇ Molly Moon Stops the World モリー・ムーンが時間を止める
  ◇ The View from Saturday ティーパーティーの謎
  ◇ Nory Ryan's Song ノリー・ライアンの歌
  ◇ Superfudge 赤ちゃん、いりませんか?
  ◇ Ella Enchanted さよなら、「いい子」の魔法
  ◇ Bad Girls
  ◇ What Katy Did at School すてきなケティの寮生活
  ◇ What Katy Did すてきなケティ

  ◇ Harry Potter and the Sorcerer's Stone ハリー・ポッターと賢者の石
  ◇ Harry Potter and the Chamber of Secrets ハリー・ポッターと秘密の部屋
  ◇ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  ◇ Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  ◇ Harry Potter and the Order of the Phoenix ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  ◇ Harry Potter and the Half-Blood Prince ハリー・ポッターと謎のプリンス
  ◇ Harry Potter and the Deathly Hallows ハリー・ポッターと死の秘宝

  ◇ The Lord of the Rings & the Hobbit 指輪物語/ホビットの冒険 アメリカ版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 CD Gift Set イギリス版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 BBCラジオドラマ版
  ◇ The Lord of the Rings Trilogy (Radio Collection) 指輪物語 イギリス版
  ◇ The Hobbit ホビットの冒険

▼ 朗読CD付き洋書 (ヤングアダルト)
  ◇ Anne Of Green Gables 赤毛のアン
  ◇ Anne of Green Gables 赤毛のアン ラジオドラマ版
  ◇ Anne of Avonlea アンの青春
  ◇ The Clan of the Cave Bear 大地の子エイラ
  ◇ Stargirl スターガール
  ◇ Walk Two Moons めぐりめぐる月
  ◇ The Princess Diaries プリンセス・ダイアリー
  ◇ A Day No Pigs Would Die 豚の死なない日
  ◇ The Sign of the Beaver ビーバーの しるし

▼ 朗読CD付き洋書 (一般)
  ◇ Hamlet: Prince of Denmark ハムレット
  ◇ Pride & Prejudice 高慢と偏見
  ◇ And Then There Were None そして誰も いなくなった
  ◇ Tuesdays With Morrie モリー先生との火曜日
  ◇ 2001 A Space Odyssey 2001年宇宙の旅
  ◇ The Shadow of the Wind 風の影

▼ 英文・和文 交互朗読CD付き絵本  ⇒ 試聴
  ◇ The Three Billy Goats Gruff 三びきの やぎの がらがらどん
  ◇ The story of the three little pigs 3びきのコブタ
  ◇ The Mitten てぶくろ ― ウクライナ民話
  ◇ Sukh's White Horse スーホの白い馬
  ◇ Alice in wonderland ふしぎの国のアリス
  ◇ It’s a funny funny day だるまちゃんと かみなりちゃん
  ◇ Choo Choo いたずら きかんしゃ ちゅうちゅう
  ◇ Spring breezes huff and puff! はるかぜ とぷう
  ◇ The turnip  かぶ
  ◇ The Ocean-going Orchestra うみの がくたい
  ◇ ざしき童子の はなし―「雨ニモマケズ」「永訣の朝」「星めぐりの歌」)
  ◇ 「おはよう」から「おやすみ」まで親子で楽しむマザーグース
  ◇ マザーグースとあそぶ本

▼ 人気の高い 英訳コミックス
  ◇ One Piece 1
  ◇ One Piece.2
  ◇ One Piece 3
  ◇ Hunter X Hunter 1
  ◇ Hunter X Hunter 2
  ◇ Hunter X Hunter 3
  ◇ Hikaru No Go 1 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 2 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 3 ヒカルの碁
  ◇ Fullmetal Alchemist 1 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 2 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 3 鋼の錬金術師
  ◇ Neon Genesis Evangelion 1 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 2 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 3 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Nana 1
  ◇ Nana 2
  ◇ Nana 3
  ◇ Paradise Kiss 1
  ◇ Paradise Kiss 2
  ◇ Paradise Kiss 3
  ◇ Naruto 1
  ◇ Naruto 2
  ◇ Naruto 3
  ◇ InuYasha Ani-Manga 1 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 2 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 3 犬夜叉
  ◇ D N Angel 1
  ◇ D N Angel 2
  ◇ D N Angel 3
  ◇ Skip Beat! 1 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 2 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 3 スキップ・ビート!

▼ 宮崎駿の 英訳コミックス
  ◇ My Neighbor Totoro 1 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 2 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 3 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 4 となりのトトロ
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 1 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 2 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 3 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 4 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 5 千と千尋の神隠し
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 1 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 2 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 3 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 4 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 5 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 6 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 7 風の谷のナウシカ
  ◇ Castle in the Sky 1 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 2 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 3 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 4 天空の城ラピュタ
  ◇ Kiki's Delivery Service 1 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 2 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 3 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 4 魔女の宅急便
  ◇ Princess Mononoke 1 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 2 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 3 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 4 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 5 もののけ姫

▼ スタジオジブリ の DVD 
   ◇ となりのトトロ
   ◇ 天空の城ラピュタ
   ◇ 耳をすませば
   ◇ 魔女の宅急便
   ◇ 風の谷のナウシカ
   ◇ 紅の豚
   ◇ もののけ姫
   ◇ 「もののけ姫」はこうして生まれた。
   ◇ ハウルの動く城
   ◇ ハウルの動く城 特別収録版
   ◇ 千と千尋の神隠し
   ◇ 未来少年コナン
   ◇ 平成狸合戦ぽんぽこ
   ◇ 海がきこえる
   ◇ ジブリがいっぱいSPECIALショートショート
   ◇ 人間は何を食べてきたか 第1巻
   ◇ 柳川堀割物語
   ◇ 世界・わが心の旅 (2巻セット)
   ◇ 宮崎駿プロデュースの1枚のCDは、こうして生まれた。





0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター