Entries

雪の女王 (3)

The Snow Queen - A Tale in Seven Stories
雪の女王 - 七つのお話でできているおとぎ物語

     By Hans Christian Andersen
     ハンス・クリスティアン・アンデルセン 作 
     楠山 正雄 訳  (青空文庫)

Story Three
第3のお話
The Garden of the Woman Learned in Magic
魔法の使える女の花園


色3s-

【 朗読 】 ← ここをクリックして開いたページの三角印をクリックすると、
         「第3~第4のお話」 の朗読が流れます。

   ◇ 和訳は、センテンスごとの意訳になっています。
   個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


But how was little Gerda getting on all this long time since Kay left her?
Where could he be? Nobody knew, nobody could say anything about him. All that the other boys knew was, that they had seen him tie his little sledge to a splendid big one which drove away down the street and out of the town gates.

ところで、カイが、あれなり帰ってこなかったとき、あの女の子のゲルダは、どうしたでしょう? 
カイはまあどうしたのか、誰も知りませんでした。何の手がかりもえられませんでした。子供たちの話でわかったのは、カイがよその大きなソリに、自分のソリをむすびつけて、町を走りまわって、町の門から外へ出て行ったということだけでした。

Nobody knew where he was, and many tears were shed; little Gerda cried long and bitterly. At last, people said he was dead; he must have fallen into the river which ran close by the town. Oh, what long, dark, winter days those were!

それからカイがどんなことになってしまったか、誰も知っているものはありませんでした。いくにんもの人の涙が、この子のためにそそがれました。そしてあのゲルダは、そのうちでも一人、もう長いあいだ、胸のやぶれるほどに泣きました。みんなのうわさでは、カイは町のすぐそばを流れている川に落ちて、おぼれてしまったのだろうということでした。ああ、まったく長い長い陰気な冬でした。

At last the spring came and the sunshine.
'Kay is dead and gone,' said little Gerda.
'I don't believe it,' said the sunshine.
'He is dead and gone,' she said to the swallows.
'We don't believe it,' said the swallows; and at last little Gerda did not believe it either.

いま、春はまた、暖かいお日さまの光とつれだってやってきました。
「カイちゃんは死んでしまったのよ」 とゲルダは言いました。
「わたしはそう思わないね」 とお日さまが言いました。
「カイちゃんは死んでしまったのよ」 とゲルダはツバメに言いました。
「わたしはそう思いません」 とツバメたちは答えました。
そこで、おしまいに、ゲルダは自分でも、カイは死んだのではないと思うようになりました。

'I will put on my new red shoes,' she said one morning; 'those Kay never saw; and then I will go down to the river and ask it about him!'
It was very early in the morning; she kissed the old grandmother, who was still asleep, put on the red shoes, and went quite alone, out by the gate to the river.

「あたし、新しい赤い靴をおろすわ。あれはカイちゃんのまだ見なかった靴よ。あれをはいて川へおりて行って、カイちゃんのことを聞いてみましょう」 とゲルダはある朝言いました。で、朝早かったので、まだ眠っていたおばあさまに接吻して、ゲルダは赤い靴をはき、たった一人ぼっちで町の門を出て川の方へ歩いて行きました。

'Is it true that you have taken my little playfellow? I will give you my red shoes if you will bring him back to me again.'
She thought the little ripples nodded in such a curious way, so she took off her red shoes, her most cherished possessions, and threw them both into the river.

「川さん、あなたが、わたしの大好きなお友だちをとってしまったというのは本当なの? この赤い靴をあげるわ。そのかわり、カイちゃんを返してね」
すると川の水が、よしよしと言うように妙に波だって見えたので、ゲルダは自分の持っているものの中でいちばん好きだった赤い靴をぬいで、二つとも川の中に投げこみました。

They fell close by the shore, and were carried straight back to her by the little wavelets; it seemed as if the river would not accept her offering, as it had not taken little Kay.

ところが靴は岸の近くに落ちたので、小波がすぐゲルダの立っているところへ靴を運んで来てしまいました。まるで川は、ゲルダからいちばん大事なものをもらうことを望んでいないように見えました。なぜなら、川はカイを隠してはいなかったからです。

She only thought she had not thrown them far enough; so she climbed into a boat which lay among the rushes, then she went right out to the further end of it, and threw the shoes into the water again.

けれどゲルダは、靴をもっと遠くの方へ投げないからいけなかったのだと思いました。そこで、葦の茂みに浮かんでいた小舟に乗りました。そして舟のいちばん端へ行って、そこから靴を投げこみました。

But the boat was loose, and her movements started it off, and it floated away from the shore: she felt it moving and tried to get out, but before she reached the other end the boat was more than a yard from the shore, and was floating away quite quickly.

でも、小舟はしっかりと岸にもやってなかったので、靴を投げるために動かしたひょうしに岸からすべり出してしまいました。ゲルダはそれに気がついて、いそいで引っ返そうとしましたが、小舟のこちらの端まで来ないうちに舟は二、三尺も岸から離れて、そのままどんどん速く流れて行きました。

Little Gerda was terribly frightened, and began to cry, but nobody heard her except the sparrows, and they could not carry her ashore, but they flew alongside twittering, as if to cheer her, 'We are here, we are here.'

ゲルダはたいそうびっくりして泣きだしましたが、雀のほかは誰もその声を聞くものはありませんでした。雀にはゲルダを連れ帰る力はありません。でも雀たちは岸にそってとびながら、ゲルダをなぐさめるように、「だいじょうぶ、ぼくたちがいます」と鳴きました。

The boat floated rapidly away with the current; little Gerda sat quite still with only her stockings on; her little red shoes floated behind, but they could not catch up the boat, which drifted away faster and faster.

小舟はずんずん流れに運ばれて行きました。ゲルダは足に靴下をはいただけで、じっと舟の中にすわったままでいました。小さな赤い靴はうしろの方でふわふわういていましたが、小舟に追いつくことはできませんでした。小舟の方が靴よりももっと速く流れて行ったからです。

03s-.jpg

The banks on both sides were very pretty with beautiful flowers, fine old trees, and slopes dotted with sheep and cattle, but not a single person.

岸は、美しい景色でした。きれいな花が咲いていたり、古い木が立っていたり、ところどころ、なだらかな土手には、羊や牝牛が遊んでいました。でも人間の姿は見えませんでした。

'Perhaps the river is taking me to little Kay,' thought Gerda, and that cheered her; she sat up and looked at the beautiful green banks for hours.

「ことによると、この川は、わたしをカイちゃんのところへ連れて行ってくれるのかも知れないわ」 とゲルダは考えました。それでだんだん元気が出てきたので立ちあがって、長いあいだ、両方の青々と美しい岸をながめていました。

Then they came to a big cherry garden; there was a little house in it, with curious blue and red windows, it had a thatched roof, and two wooden soldiers stood outside, who presented arms as she sailed past. Gerda called out to them; she thought they were alive, but of course they did not answer; she was quite close to them, for the current drove the boat close to the bank.

それからゲルダは大きなサクランボ畑のところに来ました。その畑の中には、風変わりな青や赤の窓のついた一軒の小さな家がたっていました。その家はかやぶきで、表には木製の二人の兵隊が、舟で通りすぎる人たちの方に向いて、銃剣を肩に立っていました。ゲルダはそれを本当の兵隊かと思って、声をかけました。しかし、いうまでもなくその兵隊は、何の答えもしませんでした。ゲルダはすぐそのそばまできました。波が小舟を岸の方に運んだからです。

Gerda called out again, louder than before, and then an old, old woman came out of the house; she was leaning upon a big, hooked stick, and she wore a big sun hat, which was covered with beautiful painted flowers.

ゲルダはもっと大きな声で、よびかけてみました。すると、その家の中から、撞木杖(しゅもくづえ)にすがった、たいそう年とったおばあさんが出てきました。おばあさんは、目のさめるようにきれいな花を描いた大きな夏帽子をかぶっていました。

'You poor little child,' said the old woman, 'how ever were you driven out on this big, strong river into the wide, wide world alone?' Then she walked right into the water, and caught hold of the boat with her hooked stick; she drew it ashore, and lifted little Gerda out.

「やれやれ、かわいそうに。どうしておまえさんは、そんなに大きな波の立つ上を、こんな遠いところまで流れて来たのだね?」 とおばあさんは言いました。それからおばあさんはザブリザブリ水の中に入って、撞木杖で小舟をおさえて、それを陸の方へひっぱって来て、ゲルダをだきおろしました。

色3s-

Gerda was delighted to be on dry land again, but she was a little bit frightened of the strange old woman.
'Come, tell me who you are, and how you got here,' said she. Gerda told her all about it. The woman shook her head and said, "Hmm, hmm!"

ゲルダはまた陸にあがることのできたのをうれしいと思いました。でも、この見なれないおばあさんは、少しこわいようでした。
「さあ、おまえさん、名まえを何というのだか、またどうして、ここへやって来たのだか、話してごらん」 とおばあさんは言いました。そこでゲルダは何もかもおばあさんに話しました。おばあさんは、それは大変だったねというように首を横にふりながら、「ふーむ、ふーむ」 と言いました。

When Gerda had told her the whole story and asked her if she had seen Kay, the woman said she had not seen him, but that she expected him. Gerda must not be sad, she was to come and taste her cherries and see her flowers, which were more beautiful than any picture-book; each one had a story to tell.

ゲルダはすっかり話してしまってから、おばあさんがカイをみかけなかったかどうかたずねますと、おばあさんは、カイはまだここを通らないが、いずれそのうちここを通るかも知れない。まあ、そう、くよくよ思わないで、花をながめたり、サクランボを食べたりしておいで。花はどんな絵本のよりも、ずっときれいだし、その花びらの一枚、一枚が、長いお話をしてくれるだろうから、と言いました。

Then she took Gerda by the hand, they went into the little house, and the old woman locked the door. The windows were very high up, and they were red, blue, and yellow; they threw a very curious light into the room. On the table were quantities of the most delicious cherries, of which Gerda had leave to eat as many as ever she liked.

それからおばあさんは、ゲルダの手をとって自分の小さな家へつれて行って、中から戸にかぎをかけました。その家の窓はたいそう高くて、赤いのや青いのや黄いろの窓ガラスだったので、お日さまの光はおもしろい色に変わって、きれいに部屋の中にさしこみました。つくえの上には、とてもおいしいサクランボがおいてありました。そしてゲルダは、いくら食べてもいいというおゆるしが出たものですから、思うぞんぶんそれを食べました。

While she was eating, the old woman combed her hair with a golden comb, so that the hair curled, and shone like gold round the pretty little face, which was as sweet as a rose.
'I have long wanted a little girl like you!' said the old woman. 'You will see how well we shall get on together.'

ゲルダがサクランボを食べているあいだに、おばあさんが金のくしでゲルダの髪の毛をすきました。そこでゲルダの髪の毛は、バラの花のような丸っこくて可愛らしい顔のまわりで、金色にちりちり巻いて光っていました。
「わたしは長いあいだ、おまえのような可愛らしい女の子が欲しいと思っていたのだよ。さあこれから、わたしたちといっしょに仲良く暮らそうね」 とおばあさんは言いました。

While she combed her hair Gerda had forgotten all about Kay, for the old woman was learned in the magic art; but she was not a bad witch, she only cast spells over people for a little amusement, and she wanted to keep Gerda.

そしておばあさんがゲルダの髪の毛にくしをいれてやっているうちに、ゲルダはだんだん仲良しのカイのことなどは忘れてしまいました。というのは、このおばあさんは魔法が使えるからでした。けれどもおばあさんは、悪い魔女ではありませんでした。おばあさんは自分の楽しみにほんの少し魔法を使うだけで、こんどもそれを使ったのは、ゲルダを自分の手元におきたいためでした。

She therefore went into the garden and waved her hooked stick over all the rose-bushes, and however beautifully they were flowering, all sank down into the rich black earth without leaving a trace behind them. The old woman was afraid that if Gerda saw the roses she would be reminded of Kay, and would want to run away.

そこで、おばあさんは庭へ出て、そこのバラの木に向かって片っ端から撞木杖をあてました。すると、いままで美しく咲き誇っていたバラの木も、みんな黒い土の中に沈んでしまったので、もう誰の目にも、どこに今までバラの木があったかわからなくなりました。おばあさんは、ゲルダがバラを見て自分の家のバラのことを考え、カイのことを思い出して、ここから逃げて行ってしまうといけないと思ったのです。

Then she took Gerda into the flower garden. What a delicious scent there was! and every imaginable flower for every season was in that lovely garden; no picture-book could be brighter or more beautiful. Gerda jumped for joy and played till the sun went down behind the tall cherry trees. Then she was put into a lovely bed with rose-coloured silken coverings stuffed with violets; she slept and dreamt as lovely dreams as any queen on her wedding day.

さて、ゲルダは花園に案内されました。そこはまあ何といういい香りがあふれていて、目のさめるようにきれいなところでしたろう。花という花は、こぼれるように咲いていました。そこでは一年中花が咲いていました。どんな絵本の花だって、これより美しく、これよりにぎやかな色に咲いてはいませんでした。ゲルダはおどりあがって喜びました。そして高い桜の木の向こうに夕陽が入ってしまうまで遊びました。それからゲルダは、青いスミレの花がいっぱいつまった赤い絹のクションのあるきれいなベッドの上で、結婚式の日の女王さまのようなすばらしい夢をむすびました。

The next day she played with the flowers in the garden again?and many days passed in the same way. Gerda knew every flower, but however many there were, she always thought there was one missing, but which it was she did not know.

そのあくる日、ゲルダはまた暖かいお日さまの光りをあびて花たちと遊びました。こんな風にして、いく日もいく日もたちました。ゲルダは花園の花を残らず知りました。そのくせ、花園の花は、数こそずいぶんたくさんありましたけれど、ゲルダにとってはどうもまだ何かひといろ足りないように思われました。でもそれが何の花であるかわかりませんでした。

One day she was sitting looking at the old woman's sun hat with its painted flowers, and the very prettiest one of them all was a rose. The old woman had forgotten her hat when she charmed the others away. This is the consequence of being absent-minded.

するうちある日、ゲルダは何気なく坐って花を描いたおばあさんの夏帽子をながめていましたが、その花のうちでいちばん美しいのはバラの花でした。おばあさんは、ほかのバラの花をみんな見えないように隠したくせに、自分の帽子に描いたバラの花を消すことをつい忘れていたのでした。まあ、手ぬかりということは誰にでもあるものです。

'What!' said Gerda, 'are there no roses here?' and she sprang in among the flower-beds and sought, but in vain!

「あら、ここのお庭にはバラがないわ!」 とゲルダは叫びました。それからゲルダは花園をいくどもいくども探しまわりましたけれども、バラの花は一つも見つかりませんでした。

Her hot tears fell on the very places where the roses used to be; when the warm drops moistened the earth the rose-trees shot up again, just as full of bloom as when they sank. Gerda embraced the roses and kissed them, and then she thought of the lovely roses at home, and this brought the thought of little Kay.

そこでゲルダは、花園に坐って泣きました。ところが、涙がちょうどバラが埋められた場所の上に落ちました。暖かい涙がしっとりと土をしめらすと、バラの木は見る見る沈まない前と同じように花をいっぱいつけて、地の上に現われてきました。ゲルダはそれを抱いて接吻しました。そして、自分の家のバラを思い出し、それといっしょにカイのことも思い出しました。

'Oh, how I have been delayed,' said the little girl, 'I ought to have been looking for Kay! Don't you know where he is?' she asked the roses. 'Do you think he is dead and gone?'
'He is not dead,' said the roses. 'For we have been down underground, you know, and all the dead people are there, but Kay is not among them.'

「まあ、あたし、どうして、こんなところに引き止められていたのかしら」 とゲルダは言いました。「あたし、カイちゃんを探さなくてはならなかったのだわ。カイちゃん、どこにいるか、知らなくって? あなたは、カイちゃんが死んだと思って?」 とゲルダはバラに訊きました。
「カイちゃんは死にはしませんよ。わたしどもは、今まで地の中にいました。そこには死んだ人は皆いましたが、でもカイちゃんは見えませんでしたよ」 とバラの花が答えました。

'Oh, thank you!' said little Gerda, and then she went to the other flowers and looked into their cups and said, 'Do you know where Kay is?'
But each flower stood in the sun and dreamt its own dreams. Little Gerda heard many of these, but never anything about Kay.

「ありがとう」 とゲルダは言って、ほかの花のところへ行って、ひとつひとつ、うてなの中をのぞきながらたずねました。
「カイちゃんはどこにいるか知らなくって?」
でもどの花も、日なたぼっこしながら、自分たちのつくったお話や、おとぎ話のことばかり考えていました。ゲルダはいろいろと花に訊いてみましたが、どの花もカイのことについては、いっこうに知りませんでした。

And what said the Tiger lilies?
'Do you hear the drum? rub-a-dub, it has only two notes, rub-a-dub, always the same. The wailing of women and the cry of the preacher. The Hindu woman in her long red garment stands on the pile, while the flames surround her and her dead husband. But the woman is only thinking of the living man in the circle round, whose eyes burn with a fiercer fire than that of the flames which consume the body. Do the flames of the heart die in the fire?'

ところで、オニユリは、何と言ったでしょう。
「あなたには太鼓の音がドンドンというのが聞こえますか? あれには二つの音しかないのです。だからドンドンと、いつでもやっているのです。女たちが歌う弔いの歌をお聞きなさい。また、坊さんのあげる、お祈りをお聞きなさい。インド人のやもめは、火葬の焚き木の積まれた上に、長い赤いマントをまとって立っています。焔がその女と死んだ夫のしかばねのまわりに立ち昇ります。でもインドの女は、ぐるりに集まった人たちの中の、生きている一人の男のことを考えているのです。その男の目は焔よりも熱く燃え、その男の焼くような目つきは、やがて女の体を焼きつくして灰にする焔などよりももっと激しく女の心の中で燃えていたのです。心の焔は、火あぶりの焚き木の中で燃えつきるものでしょうか」

'I understand nothing about that,' said little Gerda.
'That is my story,' said the Tiger lily.

「何のことだか、まるでわからないわ」 とゲルダが答えました。
「わたしの話はそれだけさ」 とオニユリは言いました。

'What does the convolvulus say?'
'An old castle is perched high over a narrow mountain path, it is closely covered with ivy, almost hiding the old red walls, and creeping up leaf upon leaf right round the balcony where stands a beautiful maiden. She bends over the balustrade and looks eagerly up the road. No rose on its stem is fresher than she; no apple blossom wafted by the wind moves more lightly. Her silken robes rustle softly as she bends over and says, 'Will he never come?''

ヒルガオは、どんなお話をしたでしょう。
「せまい山道の向こうに、昔のさむらいのお城がぼんやり見えます。くずれかかった赤い石垣の上には、つたが深く生い茂って、露台の方へ一葉一葉這いあがっています。露台の上には、美しい乙女が欄干に寄りかかって往来を見下ろしています。どんなバラの花でも、その乙女ほど瑞々(みずみず)とは枝に咲き出しません。どんな林檎の花でも、こんなに軽々としたふうに木から風が運んでくることはありません。まあ、乙女の美しい絹の着物のさらさら鳴ること。――あの人はまだ来ないのかしら」

'Is it Kay you mean?' asked Gerda.
'I am only talking about my own story, my dream,' answered the convolvulus.

「あの人というのは、カイちゃんのことなの?」 とゲルダがたずねました。
「わたしはただ、わたしのお話をしただけ。わたしの夢をね」 と ヒルガオは答えました。

What said the little snowdrop?
'Between two trees a rope with a board is hanging; it is a swing. Two pretty little girls in snowy frocks and green ribbons fluttering on their hats are seated on it. Their brother, who is bigger than they are, stands up behind them; he has his arms round the ropes for supports, and holds in one hand a little bowl and in the other a clay pipe. He is blowing soap-bubbles. As the swing moves the bubbles fly upwards in all their changing colours, the last one still hangs from the pipe swayed by the wind, and the swing goes on. A little black dog runs up, he is almost as light as the bubbles, he stands up on his hind legs and wants to be taken into the swing, but it does not stop. The little dog falls with an angry bark; they jeer at it; the bubble bursts. A swinging plank, a fluttering foam picture?that is my story!'

可愛いマツユキソウはどんなお話をしたでしょう。
「木と木のあいだに綱で吊るした長い板が下がっています。ブランコなの。雪のように白い着物を着て、帽子には長い緑色の絹のリボンを巻いた二人の可愛らしい女の子が、それに乗って揺られています。この女の子たちよりも大きい兄弟が、そのブランコに立って乗っています。男の子は、片手に小さなお皿を持ってるし、片手には土製のパイプを握っているので、体をささえるために、綱に腕を巻きつけています。男の子はシャボン玉を吹いているのです。ブランコがゆれて、シャボン玉はいろんな美しい色に変わりながら飛んで行きます。いちばんおしまいのシャボン玉は、風に揺られながら、まだパイプのところについています。ブランコは飛ぶように揺れています。あら、シャボン玉のように身の軽い黒犬が後足で立って、乗せてもらおうとしています。ブランコは揺れる。黒犬はひっくり返って吠えているわ。からかわれて怒っているのね。シャボン玉ははじけます。揺れるブランコ。われて壊れるシャボン玉。これがわたしの歌なんです」

'I daresay what you tell me is very pretty, but you speak so sadly and you never mention little Kay.'

「あなたのお話はとてもおもしろそうね。でも、あなたは悲しそうに話しているのね。それからあなたは、カイちゃんのことは何にも話してくれないのね」

What says the hyacinth?
'They were three beautiful sisters, all most delicate, and quite transparent. One wore a crimson robe, the other a blue, and the third was pure white. These three danced hand-in-hand, by the edge of the lake in the moonlight. They were human beings, not fairies of the wood. The fragrant air attracted them, and they vanished into the wood; here the fragrance was stronger still. Three coffins glide out of the wood towards the lake, and in them lie the maidens. The fire-flies flutter lightly round them with their little flickering torches. Do these dancing maidens sleep, or are they dead? The scent of the flower says that they are corpses. The evening bell tolls their knell.'

ヒヤシンスの花はどんなお話をしたでしょう。
「あるところに三人の、透きとおるように美しい、きれいな姉妹がおりました。中でいちばん上の娘の着物は赤く、二ばん目のは水色で、三ばん目のは真っ白でした。姉妹たちは手をとりあって、冴えた月の光の中で、静かな湖のふちに出て、踊りをおどります。三人とも、妖女ではなくて人間でした。そのあたりには、何となく甘い良い匂いがしていました。娘たちは森の中に消えました。甘い良い匂いがいっそう強くなりました。すると、その三人の美しい娘を入れた三つの棺(ひつぎ)が森のしげみからすうっと現われてきて、湖の向こうへ渡って行きました。ツチボタルがそのぐるりを、空に舞っている小さな灯火(ともしび)のようにピカリピカリしていました。踊り狂っていた三人の娘たちは眠ったのでしょうか。死んだのでしょうか。花の匂いは言いました。あれは亡骸(なきがら)です。夕べの鐘が亡くなった人たちを弔います」

'You make me quite sad,' said little Gerda; 'your perfume is so strong it makes me think of those dead maidens. Oh, is little Kay really dead? The roses have been down underground, and they say no.'
'Ding, dong,' tolled the hyacinth bells; 'we are not tolling for little Kay; we know nothing about him. We sing our song, the only one we know.'

「ずいぶん悲しいお話ね。あなたのその強い匂いをかぐと、あたし、死んだその娘さんたちのことを思い出さずにはいられないわ。ああ、カイちゃんは本当に死んでしまったのかしら。地の中に入っていたバラの花は、カイちゃんは死んではいないと言ってるけれど」
「チリン、カラン」 と ヒヤシンスの鈴が鳴りました。「わたしはカイちゃんのために鳴っているのではありません。カイちゃんなんて人は、わたしたち、少しも知りませんもの。わたしたちはただ、自分の知っているたったひとつの歌を歌っているだけです」

And Gerda went on to the buttercups shining among their dark green leaves.
'You are a bright little sun,' said Gerda. 'Tell me if you know where I shall find my playfellow.'
The buttercup shone brightly and returned Gerda's glance. What song could the buttercup sing? It would not be about Kay.

それからゲルダは、緑の葉のあいだから明るく咲いているタンポポのところへ行きました。
「あなたはまるで、小さな明るいお日さまね。どこにわたしのお友だちがいるか、知っていたら教えてくださいな」 とゲルダは言いました。
そこでタンポポは、よけい明るく光りながらゲルダの方へ向きました。その花は、どんな歌を歌ったでしょう。やっぱりカイのことではありませんでした。

'God's bright sun shone into a little court on the first day of spring. The sunbeams stole down the neighbouring white wall, close to which bloomed the first yellow flower of the season; it shone like burnished gold in the sun. An old woman had brought her arm-chair out into the sun; her granddaughter, a poor and pretty little maid-servant, had come to pay her a short visit, and she kissed her. There was gold, heart's gold, in the kiss. Gold on the lips, gold on the ground, and gold above, in the early morning beams! Now that is my little story,' said the buttercup.

「小さな中庭には、春のいちばん初めの日、うららかなお日さまが暖かに照っていました。お日さまの光はお隣の家の真っ白な壁の上から下へすべり落ちていました。そのそばに、春いちばん初めに咲く黄色い花が、輝く光の中に金のように咲いていました。おばあさんは、椅子を外に出して腰をかけていました。おばあさんの孫の、女中奉公をしている可哀相な美しい女の子が、おばあさんに会うために、わずかなお暇をもらって家へ帰ってきました。女の子はおばあさんに接吻しました。この恵み多い接吻には金(きん)が、心の金(きん)がありました。その口にも金、その踏む土にも金、その朝のひとときにも金がありました。これがわたしのつまらないお話です」 とタンポポが言いました。

'Oh, my poor old grandmother!' sighed Gerda. 'She will be longing to see me, and grieving about me, as she did about Kay. But I shall soon go home again and take Kay with me. It is useless for me to ask the flowers about him. They only know their own stories, and have no information to give me.'

「まあ、わたしのおばあさまはどうしていらっしゃるかしら」 とゲルダはため息をつきました。「そうよ。きっとおばあさまは、わたしに会いたがって、悲しがっていらっしゃるわ。カイちゃんのいなくなったと同じように、心配していらっしゃるわ。けれど、わたし、じきにカイちゃんをつれて家に帰れるでしょう。もう、花たちにいくらたずねてみたってしかたがない。花たち、ただ自分の歌を歌うだけで、何にも答えてくれないのだもの」

Then she tucked up her little dress, so that she might run the faster; but the narcissus blossoms struck her on the legs as she jumped over them, so she stopped and said, 'Perhaps you can tell me something.'
She stooped down close to the flower and listened. What did it say?

そこでゲルダは、速く駆けられるように着物をきりりとたくしあげました。けれど、黄水仙を跳び越えようとしたとき、それに足がひっかかりました。そこでゲルダは立ち止まって、その黄色い背の高い花に向かってたずねました。
「あんた、カイちゃんのこと、何か知っているの?」
そしてゲルダは、かがんで、その花の話すことを聞きました。その花は何と言ったでしょう。

'I can see myself, I can see myself,' said the narcissus. 'Oh, how sweet is my scent. Up there in an attic window stands a little dancing girl half dressed; first she stands on one leg, then on the other, and looks as if she would tread the whole world under her feet. She is only a delusion. She pours some water out of a teapot on to a bit of stuff that she is holding; it is her bodice. "Cleanliness is a good thing," she says. Her white dress hangs on a peg; it has been washed in the teapot, too, and dried on the roof. She puts it on, and wraps a saffron-coloured scarf round her neck, which makes the dress look whiter. See how high she carries her head, and all upon one stem. I see myself, I see myself!'

「わたし、自分が見られるのよ。自分がわかるのよ」 と黄水仙は言いました。「ああ、ああ、何てわたしは良い匂いがするんだろう。屋根裏の小さな部屋に、半裸の小さな踊り子が立っています。踊り子は片足で立ったり、両足で立ったりして、まるで世界中を踏みつけるように見えます。でも、これはほんの目の迷いです。踊り子は、小さな布に、湯沸しから湯をそそぎます。これはコルセットです。そうです。そうです、清潔が何よりです。白い上着も釘に掛けてあります。それもまた湯沸しの湯で洗って屋根で乾かしたものなのです。踊り子はその上着をつけて、サフラン色のハンケチを首に巻きました。ですから上着はよけい白く見えました。ほら、足をあげた。どう? まるで軸の上に立って、うんと踏ん張った姿は。わたし、自分が見えるの。自分がわかるの」

'I don't care a bit about all that,' said Gerda; 'it's no use telling me such stuff.'

「何もそんな話、わたしにしなくてもいいじゃないの。そんなこと、どうだってかまわないわ」 とゲルダは言いました。

And then she ran to the end of the garden. The door was fastened, but she pressed the rusty latch, and it gave way. The door sprang open, and little Gerda ran out with bare feet into the wide world. She looked back three times, but nobody came after her.

それでゲルダは庭の向こうの端までかけて行きました。その戸は閉まっていましたが、ゲルダがその錆びついた取っ手をドンと押したので、はずれて戸はパンと開きました。ゲルダは広い世界に裸足のままで跳び出しました。ゲルダは三度もあとをふり返ってみましたが、誰も追っかけて来るものはありませんでした。

At last she could run no further, and she sat down on a big stone. When she looked round she saw that the summer was over; it was quite late autumn. She would never have known it inside the beautiful garden, where the sun always shone, and the flowers of every season were always in bloom.
'Oh, how I have wasted my time,' said little Gerda. 'It is autumn. I must not rest any longer,' and she got up to go on.

とうとうゲルダは、もうとても走ることができなくなったので、大きな石の上に腰をおろしました。そこらを見まわしますと、夏は過ぎて秋が深くなっていました。お日さまが年中輝いて、四季の花が絶えず咲いていたあの美しい花園では、そんなことはわかりませんでした。
「ああ、どうしましょう。あたし、こんなに遅れてしまって」 とゲルダは言いました。「もうとうに秋になっているのね。さあ、ゆっくりしてはいられないわ」
そしてゲルダは立ちあがって、ずんずん歩きだしました。

Oh, how weary and sore were her little feet, and everything round looked so cold and dreary. The long willow leaves were quite yellow. The damp mist fell off the trees like rain, one leaf dropped after another from the trees, and only the sloe-thorn still bore its fruit; but the sloes were sour and set one's teeth on edge. Oh, how grey and sad it looked, out in the wide world.

まあ、ゲルダのかよわい足はどんなに痛むし、そして疲れていたことでしょう。どこも冬枯れて、わびしい景色でした。長い柳の葉はすっかり黄ばんで、霧が雨しずくのように枝から垂れていました。ただ棘のあるコケモモだけはまだ実をむすんでいましたが、コケモモはすっぱくて、口が曲がるようでした。ああ、この広々した世界は何て灰色で薄暗く見えたことでしょう。

(つづく)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  多読・音読に適した おすすめ洋書  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ 朗読CD付き絵本 (4歳~8歳)
  ◇ Goodnight Moon おやすみなさい おつきさま
  ◇ Corduroy くまのコールテンくん
  ◇ Curious George ひとまね こざる
  ◇ Winnie-The-Pooh クマのプーさん
  ◇ Winnie the Pooh クマのプーさん(完全朗読)
  ◇ Pooh Goes Visiting プー横町にたった家
  ◇ Madeline げんきなマドレーヌ
  ◇ Madeline's Rescue マドレーヌといぬ
  ◇ Madeline in London ロンドンのマドレーヌ
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち  作者の朗読CDと本
  ◇ Little Bear こぐまの くまくん
  ◇ Can't You Sleep, Little Bear? ねむれないの?ちいくまくん
  ◇ The Doorbell Rang おまたせクッキー
  ◇ Three Little Kittens 3びきのこねこ
  ◇ Monkey Puzzle ぼくのママはどこ?
  ◇ Caps for Sale おさると ぼうしうり
  ◇ The Three Little Wolves And The Big Bad Pig 3びきのかわいいオオカミ
  ◇ The Curse of the Black Pearl 呪われた海賊たち
  ◇ Magic Tree House Collection: Books 1-8 マジック・ツリー・ハウス 1~8巻
  ◇ Stellaluna ともだち、なんだもん!―コウモリのステラルーナの話

▼ 朗読CD付き洋書 (9歳~12歳)
  ◇ Three Tales of My Father's Dragon エルマーと りゅう
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Little House on the Prairie 大草原の小さな家
  ◇ Little House in the Big Woods 大きな森の小さな家
  ◇ Little Town On The Prairie 大草原の小さな町
  ◇ On the Banks of Plum Creek プラム・クリークの土手で
  ◇ Charlotte's Web Anniversary シャーロットの おくりもの
  ◇ Tom's Midnight Garden トムは真夜中の庭で
  ◇ The Chronicles of Narnia ナルニア国物語
  ◇ A Long Way From Chicago シカゴより こわい町
  ◇ A Year Down Yonder シカゴより 好きな町
  ◇ A Christmas Carol クリスマス・キャロル
  ◇ Alice's Adventures in Wonderla 不思議の国のアリス
  ◇ The Secret Garden 秘密の花園 
  ◇ Mark Twain: The Prince and the Pauper 王子と乞食
  ◇ A Connecticut Yankee in King Arthur's Court アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー
  ◇ Because Of Winn-dixie きいてほしいの、あたしのこと――ウィン・ディキシーのいた夏
  ◇ The Twits いじわる夫婦が消えちゃった!
  ◇ Molly Moon Stops the World モリー・ムーンが時間を止める
  ◇ The View from Saturday ティーパーティーの謎
  ◇ Nory Ryan's Song ノリー・ライアンの歌
  ◇ Superfudge 赤ちゃん、いりませんか?
  ◇ Ella Enchanted さよなら、「いい子」の魔法
  ◇ Bad Girls
  ◇ What Katy Did at School すてきなケティの寮生活
  ◇ What Katy Did すてきなケティ

  ◇ Harry Potter and the Sorcerer's Stone ハリー・ポッターと賢者の石
  ◇ Harry Potter and the Chamber of Secrets ハリー・ポッターと秘密の部屋
  ◇ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  ◇ Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  ◇ Harry Potter and the Order of the Phoenix ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  ◇ Harry Potter and the Half-Blood Prince ハリー・ポッターと謎のプリンス
  ◇ Harry Potter and the Deathly Hallows ハリー・ポッターと死の秘宝

  ◇ The Lord of the Rings & the Hobbit 指輪物語/ホビットの冒険 アメリカ版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 CD Gift Set イギリス版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 BBCラジオドラマ版
  ◇ The Lord of the Rings Trilogy (Radio Collection) 指輪物語 イギリス版
  ◇ The Hobbit ホビットの冒険

▼ 朗読CD付き洋書 (ヤングアダルト)
  ◇ Anne Of Green Gables 赤毛のアン
  ◇ Anne of Green Gables 赤毛のアン ラジオドラマ版
  ◇ Anne of Avonlea アンの青春
  ◇ The Clan of the Cave Bear 大地の子エイラ
  ◇ Stargirl スターガール
  ◇ Walk Two Moons めぐりめぐる月
  ◇ The Princess Diaries プリンセス・ダイアリー
  ◇ A Day No Pigs Would Die 豚の死なない日
  ◇ The Sign of the Beaver ビーバーの しるし

▼ 朗読CD付き洋書 (一般)
  ◇ Hamlet: Prince of Denmark ハムレット
  ◇ Pride & Prejudice 高慢と偏見
  ◇ And Then There Were None そして誰も いなくなった
  ◇ Tuesdays With Morrie モリー先生との火曜日
  ◇ 2001 A Space Odyssey 2001年宇宙の旅
  ◇ The Shadow of the Wind 風の影

▼ 英文・和文 交互朗読CD付き絵本  ⇒ 試聴
  ◇ The Three Billy Goats Gruff 三びきの やぎの がらがらどん
  ◇ The story of the three little pigs 3びきのコブタ
  ◇ The Mitten てぶくろ ― ウクライナ民話
  ◇ Sukh's White Horse スーホの白い馬
  ◇ Alice in wonderland ふしぎの国のアリス
  ◇ It’s a funny funny day だるまちゃんと かみなりちゃん
  ◇ Choo Choo いたずら きかんしゃ ちゅうちゅう
  ◇ Spring breezes huff and puff! はるかぜ とぷう
  ◇ The turnip  かぶ
  ◇ The Ocean-going Orchestra うみの がくたい
  ◇ ざしき童子の はなし―「雨ニモマケズ」「永訣の朝」「星めぐりの歌」)
  ◇ 「おはよう」から「おやすみ」まで親子で楽しむマザーグース
  ◇ マザーグースとあそぶ本

▼ 人気の高い 英訳コミックス
  ◇ One Piece 1
  ◇ One Piece.2
  ◇ One Piece 3
  ◇ Hunter X Hunter 1
  ◇ Hunter X Hunter 2
  ◇ Hunter X Hunter 3
  ◇ Hikaru No Go 1 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 2 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 3 ヒカルの碁
  ◇ Fullmetal Alchemist 1 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 2 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 3 鋼の錬金術師
  ◇ Neon Genesis Evangelion 1 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 2 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 3 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Nana 1
  ◇ Nana 2
  ◇ Nana 3
  ◇ Paradise Kiss 1
  ◇ Paradise Kiss 2
  ◇ Paradise Kiss 3
  ◇ Naruto 1
  ◇ Naruto 2
  ◇ Naruto 3
  ◇ InuYasha Ani-Manga 1 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 2 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 3 犬夜叉
  ◇ D N Angel 1
  ◇ D N Angel 2
  ◇ D N Angel 3
  ◇ Skip Beat! 1 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 2 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 3 スキップ・ビート!

▼ 宮崎駿の 英訳コミックス
  ◇ My Neighbor Totoro 1 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 2 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 3 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 4 となりのトトロ
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 1 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 2 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 3 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 4 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 5 千と千尋の神隠し
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 1 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 2 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 3 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 4 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 5 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 6 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 7 風の谷のナウシカ
  ◇ Castle in the Sky 1 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 2 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 3 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 4 天空の城ラピュタ
  ◇ Kiki's Delivery Service 1 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 2 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 3 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 4 魔女の宅急便
  ◇ Princess Mononoke 1 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 2 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 3 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 4 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 5 もののけ姫

▼ スタジオジブリ の DVD 
   ◇ となりのトトロ
   ◇ 天空の城ラピュタ
   ◇ 耳をすませば
   ◇ 魔女の宅急便
   ◇ 風の谷のナウシカ
   ◇ 紅の豚
   ◇ もののけ姫
   ◇ 「もののけ姫」はこうして生まれた。
   ◇ ハウルの動く城
   ◇ ハウルの動く城 特別収録版
   ◇ 千と千尋の神隠し
   ◇ 未来少年コナン
   ◇ 平成狸合戦ぽんぽこ
   ◇ 海がきこえる
   ◇ ジブリがいっぱいSPECIALショートショート
   ◇ 人間は何を食べてきたか 第1巻
   ◇ 柳川堀割物語
   ◇ 世界・わが心の旅 (2巻セット)
   ◇ 宮崎駿プロデュースの1枚のCDは、こうして生まれた。





0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター