Entries

雪の女王 (2)

The Snow Queen - A Tale in Seven Stories
雪の女王 - 七つのお話でできているおとぎ物語

     By Hans Christian Andersen
     ハンス・クリスティアン・アンデルセン 作 
     楠山 正雄 訳  (青空文庫)

Second Story
第2のお話
About A Little Boy and A Little Girl
男の子と女の子


色2s-

   ◇ 朗読へのリンクは、「第1のお話」のページにあります。

   ◇ 和訳は、センテンスごとの意訳になっています。
   個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
   単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


In a big town crowded with houses and people, where there is no room for gardens, people have to be content with flowers in pots instead.

たくさんの家が建てこんで、おおぜい人が住んでいる大きな町では、誰でも、庭にするだけの空き地を持つわけにはいきませんでした。ですから、たいてい、植木鉢の花を見て満足しなければなりませんでした。

In one of these towns lived two children who managed to have something bigger than a flower pot for a garden. They were not brother and sister, but they were just as fond of each other as if they had been.

そういう町に、二人の貧しい子供が住んでいて、植木鉢よりもいくらか大きな花園を持っていました。その二人の子供は、兄さんでも妹でもありませんでしたが、まるで本当の兄妹のように仲よくしていました。

Their parents lived opposite each other in two attic rooms. The roof of one house just touched the roof of the next one, with only a rain-water gutter between them. They each had a little dormer window, and one only had to step over the gutter to get from one house to the other.

その子供たちの両親は、お向こう同士で、その住んでいる屋根裏部屋は、二軒の家の屋根と屋根とがくっついた所に向かい合っていました。そのしきりの所には、一本の雨どいが通っていて、両方からひとつずつ、小さな窓がのぞいていました。で、といをひとまたぎしさえすれば、こちらの窓から向こうの窓へ行けました。

黒白1s-

Each of the parents had a large window-box, in which they grew pot herbs and a little rose-tree. There was one in each box, and they both grew splendidly.

子供の親たちは、それぞれ木の箱を窓の外に出して、台所で使うお野菜を植えておきました。そのほかに、ちょっとしたバラを一株植えておいたのが、みごとに育って、勢いよくのびていました。

Then it occurred to the parents to put the boxes across the gutter, from house to house, and they looked just like two banks of flowers. The pea vines hung down over the edges of the boxes, and the roses threw out long creepers which twined round the windows. It was almost like a green triumphal arch.

ところで親たちの思いつきで、その箱を、といをまたいで横に並べておいたので、箱は窓と窓とのあいだで、向こうからこちらへと続いて、そっくり生きのいい花の壁を二つ並べたように見えました。えんどう豆のつるは、箱から下の方に垂れ下がり、バラの木は、勢いよく長い枝をのばして、それがまた、両方の窓にからみついて、おたがいにおじぎをしあっていました。まあ、花と青葉でこしらえたアーチのようなものでした。

The boxes were high, and the children knew they must not climb up on to them, but they were often allowed to have their little stools out under the rose-trees, and there they had delightful games.

その箱は、高い所にありましたし、子供たちは、その上に這い上がってはいけないのを知っていました。そこで、窓から屋根へ出て、バラの花の下にある小さな腰かけに腰をかけるお許しをいただいて、そこでおもしろそうに遊びました。

Of course in the winter there was an end to these amusements. The windows were often covered with hoar-frost; then they would warm coppers on the stove and stick them on the frozen panes, where they made lovely peep-holes, as round as possible. Then a bright eye would peep through these holes, one from each window.

冬になると、そういう遊びもだめになりました。窓は、どうかすると、まるっきり凍りついてしまいました。そんなとき、子供たちは、暖炉の上で銅貨をあたためて、凍った窓ガラスにこの銅貨を押しつけました。すると、そこに丸い、まん丸い、きれいな覗き穴ができあがって、この穴の向こうに両方の窓からひとつずつ、それはそれはうれしそうな優しい目がぴかぴか光ります。

The little boy's name was Kay, and the little girl's Gerda. In the summer they could reach each other with one bound, but in the winter they had to go down all the stairs in one house and up all the stairs in the other, and outside there were snowdrifts.

それがあの男の子と女の子でした。男の子はカイ、女の子はゲルダと言いました。夏のあいだは、ただひとまたぎで行ったり来たりしたものが、冬になると、二人の子供は、いくつもいくつも梯子段を降りたり上がったりしなければなりませんでした。外には雪がクルクル舞っていました。

'Look! the white bees are swarming,' said the old grandmother.

「あれはね、白い蜜蜂が集まって、飛んでいるのだよ」 とおばあさんが言いました。

'Have they a queen bee, too?' asked the little boy, for he knew that there was a queen among the real bees.

「あの中にも、女王蜂がいるの?」 と男の子はたずねました。この子は、本当の蜜蜂に、そういうもののいることを知っていたのです。

'Yes, indeed they have,' said the grandmother. 'She flies where the swarm is thickest. She is biggest of them all, and she never remains on the ground. She always flies up again to the sky. Many a winter's night she flies through the streets and peeps in at the windows, and then the ice freezes on the panes into wonderful patterns like flowers.'

「ああ、いるともさ」 とおばあさんは言いました。「その女王蜂は、いつもたくさん仲間の集まっているところに飛んでいるのだよ。仲間の中でもいちばん体が大きくて、決して下にじっとしてはいない。すぐと黒い雲の中へ飛んで入ってしまう。真夜中に、いく晩も、いく晩も、女王は町の通りから通りへ飛びまわって、窓のところを覗くのさ。すると不思議と、そこで凍ってしまって、窓は花を吹きつけたように見えるのだよ」

'Oh yes, we have seen that,' said both children, and then they knew it was true.

「ああ、それ、見たことがありますよ」 と子供たちは口をそろえて叫びました。そして、するとこれは本当の話なのだ、と思いました。

'Can the Snow Queen come in here?' asked the little girl.

「雪の女王さまは、家の中へも入って来られるの?」 と女の子がたずねました。

'Just let her come,' said the boy, 'and I will put her on the stove, where she will melt.'
But the grandmother smoothed his hair and told him more stories.

「来たってかまうもんか。そうしたら、ぼく、それを暖かいストーブの上にのせてやるよ。すると女王はとろけてしまうだろう」 と男の子が言いました。でも、おばあさんは、男の子の髪の毛をなでながら、ほかのお話をしてくれました。

02s-.jpg

In the evening when little Kay was at home and half undressed, he crept up on to the chair by the window, and peeped out of the little hole. A few snow-flakes were falling, and one of these, the biggest, remained on the edge of the window-box.

その夕方、カイは家にいて、着物を半分ぬぎかけながら、ふと思いついて、窓のそばの椅子の上にあがって、例の小さなのぞき穴から外をながめました。表には、ちらちら粉雪が舞っていましたが、その中で大きなかたまりが、ひとひら植木箱の端に落ちました。

It grew bigger and bigger, till it became the figure of a woman, dressed in the finest white gauze, which appeared to be made of millions of starry flakes. She was delicately lovely, but all ice, glittering, dazzling ice. Still she was alive, her eyes shone like two bright stars, but there was no rest or peace in them. She nodded to the window and waved her hand. The little boy was frightened and jumped down off the chair, and then he fancied that a big bird flew past the window.

すると見る見るそれは大きくなって、とうとうそれが、まがいのない、若い一人の女の人になりました。もう何百万という数の、星のように光る粉雪で織った、薄い白い紗の着物を着ていました。やさしい女の姿はしていましたが、氷の体をしていました。ぎらぎら光る氷の体をして、そのくせ生きているのです。その目は、明るい星を二つ並べたようでしたが、落ち着きも、休みもない目でした。女は、カイのいる窓の方に、うなずきながら手まねぎしました。カイはびっくりして椅子から跳びおりてしまいました。すぐそのあとで、大きな鳥が窓の外を飛んだような気配がしました。

The next day was bright and frosty, and then came the thaw?and after that the spring. The sun shone, green buds began to appear, the swallows built their nests, and people began to open their windows. The little children began to play in their garden on the roof again.

そのあくる日は、からりとした霜日和でした。それからは、日に増し、雪解けの陽気になって、とうとう春がやってきました。お日さまは暖かに照り輝いて、緑が萌えだし、ツバメは巣をつくり始めました。あの向かい合わせの屋根裏部屋の窓も、また開け広げられて、カイとゲルダとは、アパートのてっぺんの屋根上の雨どいの小さな花園で、今年も遊びました。

The roses were in splendid bloom that summer; the little girl had learnt a hymn, and there was something in it about roses, and that made her think of her own. She sang it to the little boy, and then he sang it with her?

この夏は、じつにみごとにバラの花が咲きました。女の子のゲルダは、バラのことの歌われている賛美歌を知っていました。そして、バラの花というと、ゲルダはすぐ自分の花園のバラのことを考えました。ゲルダはその賛美歌を、カイに歌って聞かせますと、カイもいっしょに歌いました。

'Where roses deck the flowery vale,
There, Infant Jesus, we thee hail!'

「バラの花 咲きては 散りぬ
 幼な子 エス やがて 仰がん」

The children took each other by the hands, kissed the roses, and rejoiced in God's bright sunshine, and spoke to it as if the Child Jesus were there. What lovely summer days they were, and how delightful it was to sit out under the fresh rose-trees, which seemed never tired of blooming.

二人の子供は手をとりあってバラの花にほおずりして、神さまの み光りの輝く お日さまをながめて、おさなごエスがそこにおいでになるかのように歌いかけました。何という楽しい夏の日だったでしょう。生き生きと、いつまでも咲くことをやめないように見えるバラの花の匂いと葉の緑につつまれたこの屋根の上は、何ていいところでしたろう。

Kay and Gerda were looking at a picture book of birds and animals one day -- it had just struck five by the church clock -- when Kay said, 'Oh, something struck my heart, and I have got something in my eye!' The little girl put her arms round his neck, he blinked his eye; there was nothing to be seen.

カイとゲルダは並んで掛けて、獣や鳥の描いてある絵本を見ていました。ちょうどそのとき――お寺の大きな塔の上で、時計が五つ打ちましたが――カイは、ふと、「あっ、何かチクリと胸にささったよ。それから、目にも何か飛びこんだようだ」 と言いました。ゲルダがあわててカイの首を抱えると、男の子は目をパチパチやりました。でも、目の中には何も見えませんでした。

I believe it is gone,' he said; but it was not gone. It was one of those very grains of glass from the mirror, the magic mirror. You remember that horrid mirror, in which all good and great things reflected in it became small and mean, while the bad things were magnified, and every flaw became very apparent.

「じゃあ、取れてしまったのだろう」 とカイは言いましたが、それは、取れたのではありませんでした。カイの目に入ったのは、例の鏡から飛び散った かけらでした。そら、覚えているでしょう? あの嫌な魔法の鏡のかけらで、その鏡に映すと、大きくて良いものも、小さく嫌なものに見える代わり、いけない悪いものほど、いっそうきわだって悪く見え、何によらず、物事のあらが、すぐ目立って見えるのです。

Poor Kay! a grain of it had gone straight to his heart, and would soon turn it to a lump of ice. He did not feel it any more, but it was still there.

かわいそうに、カイは心臓に、かけらがひとつ入ってしまいましたから、まもなく、それは氷の塊りのようになるでしょう。それなり、もう痛みはしませんけれども、たしかに心臓の中に残りました。

'Why do you cry?' he asked; 'it makes you look ugly; there's nothing the matter with me. How horrid!' he suddenly cried; 'there's a worm in that rose, and that one is quite crooked; after all, they are nasty roses, and so are the boxes they are growing in!' He kicked the box and broke off two of the roses.

「何だってべそをかくんだ」 とカイは言いました。「そんなみっともない顔をして、ぼくはもう、どうもなってやしないんだよ。チェッ、何だい」 こんなふうに、カイはふいに言いだしました。「あのバラは虫が食ってるよ。このバラも、ずいぶん変てこなバラだ。みんな汚らしいバラだな。植わっている箱も箱なら、花も花だ」 こう言って、カイは、足で植木の箱をけとばして、バラの花をひきちぎってしまいました。

'What are you doing, Kay?' cried the little girl. When he saw her alarm, he broke off another rose, and then ran in by his own window, and left dear little Gerda alone.

「カイちゃん、あんた、何をするの!」 とゲルダは叫びました。カイは、ゲルダの驚いた顔を見ると、またほかのバラの花をもぎりだしました。それから自分の家の窓の中にかけ込んで、仲良しのゲルダを置き去りにしました。

When she next got out the picture book he said it was only fit for babies in long clothes. When his grandmother told them stories he always had a but?, and if he could manage it, he liked to get behind her chair, put on her spectacles and imitate her. He did it very well and people laughed at him.

ゲルダがそのあとで、絵本を持って遊びに来たとき、カイは、そんなもの、母さんに抱っこされている赤ん坊の見るものだ、と言いました。また、おばあさまがお話をしても、カイはのべつに「だって、だって」 とばかり言っていました。それどころか、すきを見て、おばあさまの後ろにまわって、眼鏡をかけて、おばあさまの口真似までして見せました。しかも、なかなか上手にやったので、みんなはおかしがって笑いました。

He was soon able to imitate every one in the street; he could make fun of all their peculiarities and failings. 'He will turn out a clever fellow,' said people. But it was all that bit of glass in his heart, that bit of glass in his eye, and it made him tease little Gerda who was so devoted to him. He played quite different games now; he seemed to have grown older.

まもなくカイは、町じゅうの人たちの、身ぶりや口真似もできるようになりました。ひとくせ変わったことや、みっともないことなら、何でも真似することを覚えました。
「あの子はきっと、いい頭なのにちがいない」 とみんな言いましたが、それは、カイの目の中に入った鏡のかけらや、心臓の奥深くささった鏡のかけらのさせることでした。そんなわけで、カイは、真心をささげて自分を慕ってくれるゲルダまでも、いじめだしました。カイの遊びもすっかり変わって、ひどくこましゃくれたものになりました。

One winter's day, when the snow was falling fast, he brought in a big magnifying glass; he held out the tail of his blue coat, and let the snow flakes fall upon it.

ある冬の日、こな雪がさかんに舞い狂っている中で、カイは大きな虫眼鏡を持ち出して来ました。そして青い上着のすそを広げて、その上に降ってくる雪を受けました。

'Now look through the glass, Gerda!' he said; every snowflake was magnified, and looked like a lovely flower, or a sharply pointed star.

「さあ、この眼鏡をのぞいてごらん、ゲルダちゃん」 と、カイは言いました。なるほど、雪のひとひらが、ずっと大きく見えて、みごとに開いた花か、六角の星のようで、それはまったく美しいものでありました。

'Do you see how cleverly they are made?' said Kay. 'Much more interesting than looking at real flowers. And there is not a single flaw in them; they are perfect, if only they would not melt.'

「ほら、ずいぶん巧みにできているだろう? 本当の花なんか見るより、ずっとおもしろいよ。まったく欠点がないんだ。完璧だよ。これが融けなければいいんだけどな」 とカイは言いました。

Shortly after, he appeared in his thick gloves, with his sledge on his back. He shouted right into Gerda's ear, 'I have got leave to drive in the big square where the other boys play!' and away he went.
 
そののち、まもなく、カイは厚い手袋をはめて、ソリをかついでやってきました。そしてゲルダの耳元で、「ぼく、ほかの子供たちの遊んでいる広場の方へ行ってもいいと言われたのだよ」と大声でどなると、そのまま行ってしまいました。
 
In the big square the bolder boys used to tie their little sledges to the farm carts and go a long way in this fashion. They had no end of fun over it. Just in the middle of their games a big sledge came along; it was painted white, and the occupant wore a white fur coat and cap. The sledge drove twice round the square, and Kay quickly tied his sledge on behind.

その大きな広場では、子供たちの中でも厚かましいのが、ソリをお百姓たちの馬車のうしろに結わえつけて、上手に馬車といっしょにすべっていました。これは、なかなかおもしろいことでした。こんなことで、子供たち誰もが夢中になって遊んでいると、そこへ大きなソリが一台、やって来ました。それは真っ白に塗ってあり、白い帽子と白い毛皮にくるまった人が乗っていました。そのソリは二回ばかり、広場をぐるぐる回りました。そこでカイは、さっそく自分の小さなソリをそのソリにしばりつけて、いっしょにすべって行きました。

Then off they went, faster, and faster, into the next street. The driver turned round and nodded to Kay in the most friendly way, just as if they knew each other. Every time Kay wanted to loose his sledge the person nodded again, and Kay stayed where he was, and they drove right out through the town gates.

大ソリはだんだん速くすべって、次の大通りに入って行きました。ソリを走らせていた人は、くるりとふり返って、まるで知り合いのように親しげにカイにうなずきました。そして、カイがソリをほどこうとする度にうなずくので、カイはそのまますべって行き、やがてソリは町の外に出て行きました。

Then the snow began to fall so heavily that the little boy could not see a hand before him as they rushed along. He undid the cords and tried to get away from the big sledge, but it was no use, his little sledge stuck fast, and on they rushed, faster than the wind. He shouted aloud, but nobody heard him, and the sledge tore on through the snow-drifts. Every now and then it gave a bound, as if they were jumping over hedges and ditches. He was very frightened, and he wanted to say his prayers, but he could only remember the multiplication tables.

雪がひどく降ってきて、カイは自分の手の先も見えなくなりました。ソリはびゅんびゅん走り続けています。カイは結び目をほどき、大ソリから離れようとしましたが、小ソリは大ソリにしっかりくっついてしまっていて、どうにもなりません。ただもう大ソリに引っぱられて、風よりも速く飛んで行きました。カイは大声をあげて救いを求めましたが、誰の耳にも聞こえません。雪はぶっつけるように降りしきりました。ソリは、前へ前へと飛んで行きました。時々ソリが飛び上がるのは、生垣やお堀の上を跳び越すのでしょうか? カイはまったく震えあがってしまいました。主のお祈りをしようと思っても、頭に浮かんでくるのは掛け算の九九ばかりでした。

The snow-flakes grew bigger and bigger, till at last they looked like big white chickens. All at once they sprang on one side, the big sledge stopped and the person who drove got up, coat and cap smothered in snow. It was a tall and upright lady all shining white, the Snow Queen herself.

粉雪のかたまりはだんだん大きくなって、しまいには、大きな白いニワトリのようになりました。ふとその雪のニワトリが、両側に飛び立ちました。とたんに大ソリは止まりました。ソリを走らせていた人が立ち上がったのを見ると、毛皮の外套も帽子も、すっかり雪でできていました。それは、すらりと背の高い、目のくらむようにまっ白な女の人でした。それが雪の女王だったのです。

'We have come along at a good pace,' she said; 'but it's cold enough to kill one; creep inside my bearskin coat.' She took him into the sledge by her, wrapped him in her furs, and he felt as if he were sinking into a snowdrift.

「ずいぶんよく走ったわね」と、雪の女王は言いました。「でもこのままだと凍え死んでしまうわ。わたしの熊の毛皮にお入り」 こう言いながら女王は、カイを自分のソリに入れて、かたわらに坐らせ、カイの体にその毛皮をかけてやりました。カイは、まるで雪の吹きだまりの中にうずめられたように感じました。

'Are you still cold?' she asked, and she kissed him on the forehead. Ugh! it was colder than ice, it went to his very heart, which was already more than half ice; he felt as if he were dying, but only for a moment, and then it seemed to have done him good; he no longer felt the cold.

「まだ寒いの?」 と女王はたずねました。そしてカイのひたいにキッスしました。まあ、それは、氷よりももっと冷たい感じでした。そして、もう半分氷の塊になりかけていたカイの心臓に、じいんとしみわたりました。カイはこのまま死んでしまうのではないかと思いました。けれど、それもほんのわずかのあいだで、やがてカイはすっかり気持ちがよくなって、もう身のまわりの寒さなど、いっこう気にならなくなりました。

'My sledge! don't forget my sledge!' He only remembered it now; it was tied to one of the white chickens which flew along behind them. The Snow Queen kissed Kay again, and then he forgot all about little Gerda, Grandmother, and all the others at home.

「ぼくのソリ――ぼくのソリを忘れないで!」 カイがまず思い出したのは、自分のソリのことでありました。そのソリは、二人のうしろを飛んでいた白いニワトリのうちの一羽にしっかりと結びつけられました。雪の女王は、もう一度カイにキッスしました。それでカイは、もう、かわいらしいゲルダのことも、おばあさまのことも、家のことも、何もかも、すっかり忘れてしまいました。

'Now I mustn't kiss you any more,' she said, 'or I should kiss you to death!'

「さあ、もうキッスはやめようね」 と雪の女王は言いました。「これ以上すると、おまえは凍え死んでしまうから」
 
Kay looked at her, she was so pretty; a cleverer, more beautiful face could hardly be imagined. She did not seem to be made of ice now, as she was outside the window when she waved her hand to him. In his eyes she was quite perfect, and he was not a bit afraid of her; he told her that he could do mental arithmetic, as far as fractions, and that he knew the number of square miles and the number of inhabitants of the country.

カイは女王を見上げました。まあその美しいことといったら。カイは、これだけ賢そうな立派な顔がほかにあろうとは、どうしたって思えませんでした。いつか窓のところに来て、手まねきして見せたときと違って、もう、この女王が氷でできているとは思えなくなりました。カイの目には、女王は申しぶんなく完全で、恐ろしいなどとは感じなくなりました。それで、うちとけて、自分は分数までも暗算でできることや、自分の国が幾平方マイルあって、どのくらいの人口があるか知っていることまで話しました。

She always smiled at him, and he then thought that he surely did not know enough, and he looked up into the wide expanse of heaven, into which they rose higher and higher as she flew with him on a dark cloud, while the storm surged around them, the wind ringing in their ears like well-known old songs.

女王は、始終ニコニコしてそれを聞いていました。それがカイには、何だ、知っていることはそれっぱかしか、と言われたように思って、あらためて広い広い大空をあおぎました。すると女王は、カイをつれて高く飛び上がりました。高い黒雲の上までも飛んで行きました。嵐はザアザア、ヒュウヒュウ吹きすさんで、昔の歌でも歌っているようでした。

They flew over woods and lakes, over oceans and islands; the cold wind whistled down below them, the wolves howled, the black crows flew screaming over the sparkling snow.

女王とカイは、森や湖や海や陸の上を飛んで行きました。下の方では冷たい風がゴウゴウうなって、狼の群れが吼えたり、雪がシャッシャッときしったりして、その上を真っ黒なカラスがカアカア鳴いて飛んでいました。

But up above, the moon shone bright and clear -- and Kay looked at it all the long, long winter nights; in the day he slept at the Snow Queen's feet.

けれども、はるか上の方には、お月さまがこうこうと輝いていました。長い長い冬の夜、カイはこのお月さまをながめて明かしました。そして昼になると、女王の足もとで眠りました。

(つづく)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  多読・音読に適した おすすめ洋書  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ 朗読CD付き絵本 (4歳~8歳)
  ◇ Goodnight Moon おやすみなさい おつきさま
  ◇ Corduroy くまのコールテンくん
  ◇ Curious George ひとまね こざる
  ◇ Winnie-The-Pooh クマのプーさん
  ◇ Winnie the Pooh クマのプーさん(完全朗読)
  ◇ Pooh Goes Visiting プー横町にたった家
  ◇ Madeline げんきなマドレーヌ
  ◇ Madeline's Rescue マドレーヌといぬ
  ◇ Madeline in London ロンドンのマドレーヌ
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち  作者の朗読CDと本
  ◇ Little Bear こぐまの くまくん
  ◇ Can't You Sleep, Little Bear? ねむれないの?ちいくまくん
  ◇ The Doorbell Rang おまたせクッキー
  ◇ Three Little Kittens 3びきのこねこ
  ◇ Monkey Puzzle ぼくのママはどこ?
  ◇ Caps for Sale おさると ぼうしうり
  ◇ The Three Little Wolves And The Big Bad Pig 3びきのかわいいオオカミ
  ◇ The Curse of the Black Pearl 呪われた海賊たち
  ◇ Magic Tree House Collection: Books 1-8 マジック・ツリー・ハウス 1~8巻
  ◇ Stellaluna ともだち、なんだもん!―コウモリのステラルーナの話

▼ 朗読CD付き洋書 (9歳~12歳)
  ◇ Three Tales of My Father's Dragon エルマーと りゅう
  ◇ Frog And Toad Are Friends ふたりは ともだち
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Matilda マチルダ
  ◇ Little House on the Prairie 大草原の小さな家
  ◇ Little House in the Big Woods 大きな森の小さな家
  ◇ Little Town On The Prairie 大草原の小さな町
  ◇ On the Banks of Plum Creek プラム・クリークの土手で
  ◇ Charlotte's Web Anniversary シャーロットの おくりもの
  ◇ Tom's Midnight Garden トムは真夜中の庭で
  ◇ The Chronicles of Narnia ナルニア国物語
  ◇ A Long Way From Chicago シカゴより こわい町
  ◇ A Year Down Yonder シカゴより 好きな町
  ◇ A Christmas Carol クリスマス・キャロル
  ◇ Alice's Adventures in Wonderla 不思議の国のアリス
  ◇ The Secret Garden 秘密の花園 
  ◇ Mark Twain: The Prince and the Pauper 王子と乞食
  ◇ A Connecticut Yankee in King Arthur's Court アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー
  ◇ Because Of Winn-dixie きいてほしいの、あたしのこと――ウィン・ディキシーのいた夏
  ◇ The Twits いじわる夫婦が消えちゃった!
  ◇ Molly Moon Stops the World モリー・ムーンが時間を止める
  ◇ The View from Saturday ティーパーティーの謎
  ◇ Nory Ryan's Song ノリー・ライアンの歌
  ◇ Superfudge 赤ちゃん、いりませんか?
  ◇ Ella Enchanted さよなら、「いい子」の魔法
  ◇ Bad Girls
  ◇ What Katy Did at School すてきなケティの寮生活
  ◇ What Katy Did すてきなケティ

  ◇ Harry Potter and the Sorcerer's Stone ハリー・ポッターと賢者の石
  ◇ Harry Potter and the Chamber of Secrets ハリー・ポッターと秘密の部屋
  ◇ Harry Potter and the Prisoner of Azkaban ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  ◇ Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  ◇ Harry Potter and the Order of the Phoenix ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  ◇ Harry Potter and the Half-Blood Prince ハリー・ポッターと謎のプリンス
  ◇ Harry Potter and the Deathly Hallows ハリー・ポッターと死の秘宝

  ◇ The Lord of the Rings & the Hobbit 指輪物語/ホビットの冒険 アメリカ版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 CD Gift Set イギリス版
  ◇ The Lord of the Rings 指輪物語 BBCラジオドラマ版
  ◇ The Lord of the Rings Trilogy (Radio Collection) 指輪物語 イギリス版
  ◇ The Hobbit ホビットの冒険

▼ 朗読CD付き洋書 (ヤングアダルト)
  ◇ Anne Of Green Gables 赤毛のアン
  ◇ Anne of Green Gables 赤毛のアン ラジオドラマ版
  ◇ Anne of Avonlea アンの青春
  ◇ The Clan of the Cave Bear 大地の子エイラ
  ◇ Stargirl スターガール
  ◇ Walk Two Moons めぐりめぐる月
  ◇ The Princess Diaries プリンセス・ダイアリー
  ◇ A Day No Pigs Would Die 豚の死なない日
  ◇ The Sign of the Beaver ビーバーの しるし

▼ 朗読CD付き洋書 (一般)
  ◇ Hamlet: Prince of Denmark ハムレット
  ◇ Pride & Prejudice 高慢と偏見
  ◇ And Then There Were None そして誰も いなくなった
  ◇ Tuesdays With Morrie モリー先生との火曜日
  ◇ 2001 A Space Odyssey 2001年宇宙の旅
  ◇ The Shadow of the Wind 風の影

▼ 英文・和文 交互朗読CD付き絵本  ⇒ 試聴
  ◇ The Three Billy Goats Gruff 三びきの やぎの がらがらどん
  ◇ The story of the three little pigs 3びきのコブタ
  ◇ The Mitten てぶくろ ― ウクライナ民話
  ◇ Sukh's White Horse スーホの白い馬
  ◇ Alice in wonderland ふしぎの国のアリス
  ◇ It’s a funny funny day だるまちゃんと かみなりちゃん
  ◇ Choo Choo いたずら きかんしゃ ちゅうちゅう
  ◇ Spring breezes huff and puff! はるかぜ とぷう
  ◇ The turnip  かぶ
  ◇ The Ocean-going Orchestra うみの がくたい
  ◇ ざしき童子の はなし―「雨ニモマケズ」「永訣の朝」「星めぐりの歌」)
  ◇ 「おはよう」から「おやすみ」まで親子で楽しむマザーグース
  ◇ マザーグースとあそぶ本

▼ 人気の高い 英訳コミックス
  ◇ One Piece 1
  ◇ One Piece.2
  ◇ One Piece 3
  ◇ Hunter X Hunter 1
  ◇ Hunter X Hunter 2
  ◇ Hunter X Hunter 3
  ◇ Hikaru No Go 1 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 2 ヒカルの碁
  ◇ Hikaru No Go 3 ヒカルの碁
  ◇ Fullmetal Alchemist 1 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 2 鋼の錬金術師
  ◇ Fullmetal Alchemist 3 鋼の錬金術師
  ◇ Neon Genesis Evangelion 1 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 2 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Neon Genesis Evangelion 3 新世紀エヴァンゲリオン
  ◇ Nana 1
  ◇ Nana 2
  ◇ Nana 3
  ◇ Paradise Kiss 1
  ◇ Paradise Kiss 2
  ◇ Paradise Kiss 3
  ◇ Naruto 1
  ◇ Naruto 2
  ◇ Naruto 3
  ◇ InuYasha Ani-Manga 1 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 2 犬夜叉
  ◇ InuYasha Ani-Manga 3 犬夜叉
  ◇ D N Angel 1
  ◇ D N Angel 2
  ◇ D N Angel 3
  ◇ Skip Beat! 1 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 2 スキップ・ビート!
  ◇ Skip Beat! 3 スキップ・ビート!

▼ 宮崎駿の 英訳コミックス
  ◇ My Neighbor Totoro 1 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 2 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 3 となりのトトロ
  ◇ My Neighbor Totoro 4 となりのトトロ
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 1 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 2 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 3 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 4 千と千尋の神隠し
  ◇ Miyazaki's Spirited Away 5 千と千尋の神隠し
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 1 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 2 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 3 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 4 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 5 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 6 風の谷のナウシカ
  ◇ Nausicaa of the Valley of the Wind 7 風の谷のナウシカ
  ◇ Castle in the Sky 1 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 2 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 3 天空の城ラピュタ
  ◇ Castle in the Sky 4 天空の城ラピュタ
  ◇ Kiki's Delivery Service 1 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 2 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 3 魔女の宅急便
  ◇ Kiki's Delivery Service 4 魔女の宅急便
  ◇ Princess Mononoke 1 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 2 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 3 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 4 もののけ姫
  ◇ Princess Mononoke 5 もののけ姫

▼ スタジオジブリ の DVD 
   ◇ となりのトトロ
   ◇ 天空の城ラピュタ
   ◇ 耳をすませば
   ◇ 魔女の宅急便
   ◇ 風の谷のナウシカ
   ◇ 紅の豚
   ◇ もののけ姫
   ◇ 「もののけ姫」はこうして生まれた。
   ◇ ハウルの動く城
   ◇ ハウルの動く城 特別収録版
   ◇ 千と千尋の神隠し
   ◇ 未来少年コナン
   ◇ 平成狸合戦ぽんぽこ
   ◇ 海がきこえる
   ◇ ジブリがいっぱいSPECIALショートショート
   ◇ 人間は何を食べてきたか 第1巻
   ◇ 柳川堀割物語
   ◇ 世界・わが心の旅 (2巻セット)
   ◇ 宮崎駿プロデュースの1枚のCDは、こうして生まれた。





0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター