Entries

ハムレット 全話 ③




▼ 下記の英文と和訳は SOGOさん が作成されたものを使わせていただきました。

Hamlet, Prince of Denmark (Tales from Shakespeare)
デンマークの王子ハムレット (シェイクスピア物語)
    part 3
   by Charles Lamb   チャールズ・ラム作

   SOGO_e-text_library責任編集。Copyright(C)2007 by SOGO_e-text_library

  ◇ 個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
    単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


The unfortunate death of Polonius gave the king a pretense for sending Hamlet out of the kingdom.
ポローニアスが不幸にも死んでしまったことは、現王にハムレットを国外追放とするための口実を与えた。

He would willingly have put him to death, fearing him as dangerous;
王としてはハムレットが生きていることは危険だという懸念から、むしろ殺してしまいたかった。

but he dreaded the people, who loved Hamlet, and the queen, who, with all her faults, doted upon the prince, her son.
だが、ハムレットを愛する国民や、いろいろな欠点を持ちながらも息子ハムレット王子を溺愛する王妃がどう出るかが不安だったのである。

So this subtle king, under pretense of providing for Hamlet's safety, that he might not be called to account for Polonius's death, caused him to be conveyed on board a ship bound for England, under the care of two courtiers,
そこで狡猾な王は、ハムレットがポローニアスの死について責任を問われないようにと、ハムレットの安全を確保するという理由を付けて、ハムレットに廷臣を二人つけて、イングランド行きの船に乗るようにさせた。

by whom he despatched letters to the English court, which in that time was in subjection and paid tribute to Denmark,
そして廷臣には、イングランド宮廷 (当時はデンマークに従属して貢ぎ物を送っていた) にあてた手紙を持たせた。

requiring, for special reasons there pretended, that Hamlet should be put to death as soon as he landed on English ground.
手紙には、現王がでっち上げたある特別な理由から、ハムレットをイングランドに上陸し次第殺して欲しいと書いてあった。

Hamlet, suspecting some treachery, in the nighttime secretly got at the letters, and, skilfully erasing his own name, he in the stead of it put in the names of those two courtiers, who had the charge of him, to be put to death;
ハムレットはうすうすそのたくらみを疑っていたので、ある晩その手紙を手に入れ、彼自身の名前を巧妙に消してしまい、その跡に彼に付き従っていた二人の廷臣の名前を書き加え、彼らを殺してしまうような内容に細工をしておいた。

then sealing up the letters, he put them into their place again.
そして再度手紙の封を閉めて、もとの場所に戻しておいた。

Soon after the ship was attacked by pirates, and a sea-fight commenced,
まもなく、彼らが乗っていた船が海賊に襲われ、戦が始まった。

in the course of which Hamlet, desirous to show his valor, with sword in hand singly boarded the enemy's vessel;
ハムレットは戦のさなか、勇気を示すべく単身剣を携えて海賊の船に乗り移った。

while his own ship, in a cowardly manner, bore away;
一方ハムレットが乗っていた船はというと、卑怯にもその場を離れていってしまった。

and leaving him to his fate, the two courtiers made the best of their way to England,
ハムレットを運命の手にゆだねると、廷臣たちはイングランド目指して一生懸命船を進めた。

charged with those letters the sense of which Hamlet had altered to their own deserved destruction.
だが彼らは、ハムレットの手によって彼らが当然受けるべき身の破滅を自分自身で被るよう書き換えられた手紙を持っていたのである。

The pirates who had the prince in their power showed themselves gentle enemies,
王子を捕らえた海賊たちは、敵ながら紳士的な態度を示した。

and, knowing whom they had got prisoner, in the hope that the prince might do them a good turn at court in recompense for any favor they might show him, they set Hamlet on shore at the nearest port in Denmark.
彼らは捕らえた囚人のことをよく知っていた。王子に親切にしておけば、やがて宮廷に帰ってから自分たちの行動に対する返礼として何かいいことをしてくれるだろうと期待し、ハムレットを一番近いデンマーク領の港まで送っていった。

From that place Hamlet wrote to the king, acquainting him with the strange chance which had brought him back to his own country and saying that on the next day he should present himself before his Majesty.
港に着くとハムレットは王に手紙を書いた。その中で彼は、まことに不思議な運命からまた故国に帰り着くこととなった次第を王に知らせ、また、翌日にみずから陛下の御前に参上いたしますと告げていた。

When he got home a sad spectacle offered itself the first thing to his eyes.
そしてハムレットが宮廷に帰ったとき、彼の目に悲しい光景が真っ先に飛び込んできた。

This was the funeral of the young and beautiful Ophelia, his once dear mistress.
それは、あの若く美しきオフィーリア、かつてハムレットが愛した女性の葬式であった。

The wits of this young lady had begun to turn ever since her poor father's death.
若きオフィーリアは、哀れな父が死んでしまってから、だんだん気が狂っていってしまった。

That he should die a violent death, and by the hands of the prince whom she loved, so affected this tender young maid that in a little time she grew perfectly distracted,
父が非業の死を遂げ、しかも自分が愛した王子の手にかかって死んだという事実は、あの優しい乙女に打撃を与え、しばらくするとすっかり狂気に落ちてしまっていた。

and would go about giving flowers away to the ladies of the court, and saying that they were for her father's burial, singing songs about love and about death, and sometimes such as had no meaning at all, as if she had no memory of what happened to her.
宮廷の女性たちに花を与えながら、この花は父上の葬儀に使うんだと言い、愛の歌や死の歌を歌ったり、ときには誰にもよく分からないことを歌ったり、まるで自分のみに何が起こったのか記憶を失っているみたいな感じであった。

There was a willow which grew slanting over a brook, and reflected its leaves on the stream.
ある小川の上にヤナギが斜めに生え、その葉っぱが水面に映っていた。

To this brook she came one day when she was unwatched, with garlands she had been making, mixed up of daisies and nettles, flowers and weeds together,
誰も見ていないある日のこと、オフィーリアはヒナギクやイラクサなど、花や草を編んで作った花輪を持ってその小川にやってきた。

and clambering up to bang her garland upon the boughs of the willow, a bough broke and precipitated this fair young maid, garland, and all that she had gathered, into the water,
そしてヤナギの枝に花輪をかけようとよじ登っていき、やがて枝が折れ、あの美しい乙女も、花輪も、その他彼女が集めたものもみんな、水の中に落とされてしまった。

where her clothes bore her up for a while, during which she chanted scraps of old tunes, like one insensible to her own distress, or as if she were a creature natural to that element;
しばらくの間は服のおかげで浮いていて、自分が抱える悩みを忘れてしまったのか、あるいはもともとそこにすんでいる生物であったかのように、古い歌の節々を歌っていた。

but long it was not before her garments, heavy with the wet, pulled her in from her melodious singing to a muddy and miserable death.
だがすぐに服が水を含んで重たくなり、彼女を美しい旋律から引き離し、泥だらけの無惨な死に追いやってしまった。

It was the funeral of this fair maid which her brother Laertes was celebrating, the king and queen and whole court being present, when Hamlet arrived.
オフィーリアの葬式は、彼女の兄であるレアティーズが取り仕切っていた。そして、王や王妃、廷臣たちはみな列席していた。まさにそのさなかに、ハムレットは宮廷に到着したのである。

He knew not what all this show imported, but stood on one side, not inclining to interrupt the ceremony.
ハムレットはこの行事が何を意味するものなのか知らなかったので、式の邪魔をしないようにと、片隅に立っていた。

He saw the flowers strewed upon her grave, as the custom was in maiden burials, which the queen herself threw in; and as she threw them she said:
そして、乙女の葬式における習わしとして、墓の上に花が撒かれている様を見ていた。王妃みずから花を投げ入れ、こう言っているのも見ていた。

"Sweets to the sweet! I thought to have decked thy bride bed, sweet maid, not to have strewed thy grave. Thou shouldst have been my Hamlet's wife."
「愛しい人に愛しい花を! おぉ美しき娘よ、私はお前の花嫁のねどこを飾るつもりだったのです。それがまさかお前の墓に撒くことになってしまうとは。汝を私のハムレットの嫁として迎えたかったのに。」

And he heard her brother wish that violets might spring from her grave; and he saw him leap into the grave all frantic with grief, and bid the attendants pile mountains of earth upon him, that he might be buried with her.
そして、彼女の兄がオフィーリアの墓からスミレの花が咲いてくれよと祈るのを聞いていた。兄が深い悲しみのあまり気が狂ったように墓穴に飛び込み、自分の上に土の山を築いてくれ、妹と一緒に埋められたいんだと従者に言っているのを聞いていた。

And Hamlet's love for this fair maid came back to him, and he could not bear that a brother should show so much transport of grief,
ハムレットの心にあの美しい乙女に対する愛情がよみがえり、彼女の兄がそんな激しい悲しみを見せているのが我慢できなくなってきた。

for he thought that he loved Ophelia better than forty thousand brothers.
なぜなら、自分がオフィーリアを愛する気持ちは四万人の兄にも負けないほどだと思ったからだ。

Then discovering himself, he leaped into the grave where Laertes was, all as frantic or more frantic than he,
そこでハムレットは姿を現し、レアティーズが飛び込んだ墓穴に、彼と同じようにかそれ以上の狂い方で飛び込んだ。

and Laertes, knowing him to be Hamlet, who had been the cause of his father's and his sister's death, grappled him by the throat as an enemy, till the attendants parted them;
さて、レアティーズは男がハムレットであることに気づき、彼こそが自分の父と妹を死に追いやった張本人であったから、にっくき敵とのどに掴みかかったので、従者たちは二人を引き分けた。

and Hamlet, after the funeral, excused his hasty act in throwing himself into the grave as if to brave Laertes;
ハムレットは葬式が終わった後で、レアティーズに対し、挑みかからんとばかりに墓穴に飛び込んだ自分の軽率な振る舞いを詫びた。

but he said he could not bear that any one should seem to outgo him in grief for the death of the fair Ophelia.
だが同時に、誰であれオフィーリアの死による悲しみが、自分よりも勝っているように見えたのが許せなかったのですとも言った。

And for the time these two noble youths seemed reconciled.
そしてその場では、この二人の高貴な若者たちは和解したように思われた。

But out of the grief and anger of Laertes for the death of his father and Ophelia the king, Hamlet's wicked uncle, contrived destruction for Hamlet.
しかし、レアティーズが父と妹オフィーリアの死を深く悲しみ、怒っている様を見て、ハムレットの叔父にして邪な心を持つ現王は、ハムレットを破滅させようと企んでいたのである。

He set on Laertes, under cover of peace and reconciliation, to challenge Hamlet to a friendly trial of skill at fencing,
王はレアティーズに、二人の平和と和解を現すと称して、ハムレットとフェンシングの試合をしないかと持ちかけた。

which Hamlet accepting, a day was appointed to try the match.
ハムレットもそれを承諾し、試合の日時も決められた。

At this match all the court was present,
この試合を見ようと廷臣たちはこぞって集まった。

and Laertes, by direction of the king, prepared a poisoned weapon.
レアティーズは王の示唆を受け入れ、毒を仕込んだ武器を用意した。

Upon this match great wagers were laid by the courtiers, as both Hamlet and Laertes were known to excel at this sword play;
ハムレットもレアティーズも、宮廷人たちの間でフェンシングの名手と評判だったから、この試合には廷臣たちが多くの賭をした。

and Hamlet, taking up the foils, chose one, not at all suspecting the treachery of Laertes, or being careful to examine Laertes's weapon,
ハムレットは、レアティーズの悪巧みなど夢にも思わず、レアティーズの武器を改めもしないで、フォイルを取り上げた。
【注】 フォイル・・・先止めのついたフェンシング練習用の剣

who, instead of a foil or blunted sword, which the laws of fencing require, made use of one with a point, and poisoned.
一方レアティーズは、フォイルや、刃をなくした刀――剣術試合ではそういう刀を使うようにと定められている――ではなく、先のとがった、しかも毒を仕込んだ剣を武器としていた。

At first Laertes did but play with Hamlet, and suffered him to gain some advantages,
最初のうち、レアティーズはハムレットを軽くあしらい、わざとハムレットが優勢に見えるようにしていた。

which the dissembling king magnified and extolled beyond measure, drinking to Hamlet's success and wagering rich bets upon the issue.
王はそれを見て、とても大げさに驚き、ハムレットに心にもないお世辞を浴びせ、ハムレットの勝利に乾杯を捧げたり、彼の勝利に大金を賭けたりしていた。

But after a few pauses Laertes, growing warm, made a deadly thrust at Hamlet with his poisoned weapon, and gave him a mortal blow.
だが何合か剣を交わしているうちに、レアティーズはかっとなって毒入りの剣でハムレットを突き、致命傷を与えた。

Hamlet, incensed, but not knowing, the whole of the treachery, in the scuffle exchanged his own innocent weapon for Laertes's deadly one, and with a thrust of Laertes's own sword repaid Laertes home,
ハムレットは激怒し、レアティーズの計略を知らぬまま、試合の中で自分の無害な武器とレアティーズの危険なそれとを取り替え、レアティーズの体を彼自身の剣で突き通した。

who was thus justly caught in his own treachery.
レアティーズはまさしく自分自身の計略に引っかかってしまったのである。

In this instant the queen shrieked out that she was poisoned.
その時突然王妃の悲鳴が響き渡った。王妃は毒物を飲んでいた。

She had inadvertently drunk out of a bowl which the king had prepared for Hamlet, in case that, being warm in fencing, he should call for drink;
王がハムレットのために特別に用意しておいた杯からうっかり毒を飲んでしまったのだ。その杯は、ハムレットがフェンシングに熱中した後に飲み物をほしがったときに彼に与えるつもりだった。

into this the treacherous king had infused a deadly poison, to make sure of Hamlet, if Laertes had failed.
その杯に、王はレアティーズがフェンシング試合でハムレットを殺し損ねたときに備えて致死量の毒を仕込んでいた。

He had forgotten to warn the queen of the bowl, which she drank of, and immediately died, exclaiming with her last breath that she was poisoned.
だが、王妃にそのことを注意しておくのを忘れたため、王妃はその杯から毒を飲み、毒を飲んだ人がよくあげる金切り声をあげてまもなく死んでしまったのである。

Hamlet, suspecting some treachery, ordered the doors to be shut while he sought it out.
ハムレットは、これには何か陰謀が潜んでいると考え、陰謀を暴き出す間ここのドアを閉めろと命令した。

Laertes told him to seek no farther, for he was the traitor;
ここでレアティーズが、もう探す必要はない、自分が首謀者だからとハムレットに言った。

and feeling his life go away with the wound which Hamlet had given him, he made confession of the treachery he had used and how he had fallen a victim to it:
ハムレットの攻撃で受けた傷のせいでもう自分が長くはいきられないことを悟り、みずからの計略をすべてハムレットにうち明け、俺はその犠牲を受けたんだと言った。

and he told Hamlet of the envenomed point, and said that Hamlet had not half an hour to live, for no medicine could cure him;
そしてまた、剣の切っ先に毒を仕込んだことも告白し、もう君は三十分と生きられないだろう、この毒に治療法はないんだからとも語った。

and begging forgiveness of Hamlet, he died, with his last words accusing the king of being the contriver of the mischief.
すべて語った後、レアティーズはハムレットに許しを請い、王こそがこの陰謀を企んだ張本人なのだという言葉を残して死んだ。

When Hamlet saw his end draw near, there being yet some venom left upon the sword, he suddenly turned upon his false uncle and thrust the point of it to his heart,
ここでハムレットは、自分の最後が近づいているのを感じ取り、まだ少し毒が残っていた剣を取るやすばやく邪な叔父の方に向き直り、心臓にその剣を突き刺した。

fulfilling the promise which he had made to his father's spirit, whose injunction was now accomplished and his foul murder revenged upon the murderer.
こうして、ハムレットは父の亡霊との約束を果たし、その命令を完遂し、卑劣な殺人に復讐が行われたのであった。

Then Hamlet, feeling his breath fail and life departing, turned to his dear friend Horatio, who had been spectator of this fatal tragedy;
その後ハムレットは、いよいよ自分が息絶え、命が消えるときが来たと思うと、親友であり、この運命的な悲劇の目撃者であるホレーシオの方を見た。

and with his dying breath requested him that he would live to tell his story to the world (for Horatio had made a motion as if he would slay himself to accompany the prince in death),
そして、虫の息になりながら、この悲劇を全世界に向けて語っておくれとホレーシオに頼んだ(ホレーシオが王子の後を追い、殉死しようというそぶりを見て取ったのだ)。

and Horatio promised that he would make a true report as one that was privy to all the circumstances.
ホレーシオは王子に、すべての事情を知る人として、真実を公にすることを約束した。

And, thus satisfied, the noble heart of Hamlet cracked;
ハムレットは満足し、その気高い心は砕け散った。

and Horatio and the bystanders with many tears commended the spirit of this sweet prince to the guardianship of angels.
ホレーシオ他その場に居合わせた人たちは大粒の涙を流してこの美しき王子の魂を天使のご加護にゆだねた。

For Hamlet was a loving and a gentle prince and greatly beloved for his many noble and princelike qualities;
当然の事ながら、ハムレットは親切心と上品さを兼ね備えた王子であったし、王子にふさわしい気高さや美点を数多く持っていたので、多くの人々に愛されていた。

and if he had lived, would no doubt have proved a most royal and complete king to Denmark.
もし彼が生き続けていたら、間違いなくデンマーク史上にその偉大な名を残し、完璧な王となっていたことであろう。

(完)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日のテーマ、いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  もっと知りたい シェークスピア  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ シェークスピア戯曲の映画DVD
  ◇ ヴェニスの商人 … アル・パチーノ 主演
  ◇ ロミオとジュリエット … オリビア・ハッセー 主演
  ◇ ロミオ&ジュリエット … レオナルド・ディカプリオ 主演
  ◇ じゃじゃ馬ならし … エリザベス・テイラー 主演
  ◇ じゃじゃ馬馴らし … メアリー・ピックフォード 主演
  ◇ Macbeth … ジェレミー・ブレット 主演
  ◇ Othello … ローレンス・オリヴィエ 主演
  ◇ ハムレット/オール・ザ・キングスメン … ローレンス・オリヴィエ 主演
  ◇ ハムレット … ケネス・ブラナー 主演

▼ おすすめ邦訳書
  シェイクスピア戯曲37篇の原文と180種の邦訳を1枚のCDに収録
  ◇ シェイクスピア大全 CD-ROM版 ⇒ こちらで立ち読みできます

  坪内逍遥 訳
  ◇ ザ・シェークスピア 全戯曲 (全原文 + 全訳) 全一冊

  矢川澄子 訳
  ◇ シェイクスピア物語 (岩波少年文庫)

  木下順二 訳
  ◇ マクベス (岩波文庫)

  中野好夫 訳
  ◇ ロミオとジュリエット (新潮文庫)
  ◇ ヴェニスの商人 (岩波文庫)
  ◇ ジュリアス・シーザー (岩波文庫)
  ◇ シェイクスピアの面白さ (新潮選書)

  河合祥一郎 訳
  ◇ ハムレット (大修館シェイクスピア双書)
  ◇ 新訳 ハムレット (角川文庫)
  ◇ 新訳 ロミオとジュリエット (角川文庫)
  ◇ 新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫)
  ◇ 新訳 リチャード三世 (角川文庫)
  ◇ エドワード三世
  ◇ 謎解き 『ハムレット』 ― 名作のあかし
  ◇ 絵で見るシェイクスピアの舞台

  福田恒存 訳
  ◇ じゃじゃ馬ならし・空騒ぎ (新潮文庫)
  ◇ リチャード三世 (新潮文庫)
  ◇ お気に召すまま (新潮文庫)
  ◇ マクベス (新潮文庫)
  ◇ オセロー (新潮文庫)
  ◇ 夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)
  ◇ リア王 (新潮文庫)
  ◇ アントニーとクレオパトラ (新潮文庫)

▼ その他のおすすめ図書
  ◇ シェイクスピア ヴィジュアル事典
  ◇ 映画になったシェイクスピア


0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター