Entries

ハムレット 全話 ②




▼ 下記の英文と和訳は SOGOさん が作成されたものを使わせていただきました。

Hamlet, Prince of Denmark (Tales from Shakespeare)
デンマークの王子ハムレット (シェイクスピア物語)
    part 2
   by Charles Lamb   チャールズ・ラム作

   SOGO_e-text_library責任編集。Copyright(C)2007 by SOGO_e-text_library

  ◇ 個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
    単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


But Hamlet's malady lay deeper than she supposed, or than could be so cured.
しかしながら、ハムレットの病は王妃が考えているよりも根深いものであったから、そんなことで治るようなものではなかった。

His father's ghost, which he had seen, still haunted his imagination,
ハムレットが目撃した父の亡霊は、その視界の中にいまだ姿を現していた。

and the sacred injunction to revenge his murder gave him no rest till it was accomplished.
そして、殺人犯に対する復讐を絶対にやり遂げるよう常にハムレットに命令し続け、彼に休む間を与えなかった。

Every hour of delay seemed to him a sin and a violation of his father's commands.
復讐が遅れればそれだけ、父の命令に背いているという罪が重くなると、ハムレットは感じていた。

Yet how to compass the death of the king, surrounded as he constantly was with his guards, was no easy matter.
それでも、現王を殺害するという計画は、王のまわりを常に護衛が取り巻いていたから、容易なものではなかった。

Or if it had been, the presence of the queen, Hamlet's mother, who was generally with the king, was a restraint upon his purpose, which he could not break through.
さらに、その計画が容易だったとしても、ハムレットの実の母である王妃がいつも王の傍らにいたから、その存在がハムレットに対する抑止力として働き、実行をためらわせるのであった。

Besides, the very circumstance that the usurper was his mother's husband, filled him with some remorse and still blunted the edge of his purpose.
その上、王位簒奪者が母の夫であるという状況を思うと、ハムレットの良心は幾分うずき、矛先を鈍らせるのだった。

The mere act of putting a fellow-creature to death was in itself odious and terrible to a disposition naturally so gentle as Hamlet's was.
単に人間を一人殺すという行為自体が、ハムレットにとって不愉快で恐ろしいものであった。彼は本来生まれつき優しい気質であったからだ。

His very melancholy, and the dejection of spirits he had so long been ill, produced an irresoluteness and wavering of purpose which kept him from proceeding to extremities.
ハムレットが抱える非常なる憂鬱、そして、とても長いこと気持ちが落ち込んでいるという状態から、すっかり優柔不断になってしまい、最後の手段を使うことを躊躇していた。

Moreover, he could not help having some scruples upon his mind, whether the spirit which he had seen was indeed his father,
それに加えて、ハムレットは心の中でこう思わずにはいられなかった。俺が見たあの幽霊は果たして本当の父であったのだろうか、

or whether it might not be the devil, who he had heard has power to take any form he pleases, and who might have assumed his father's shape only to take advantage of his weakness and his melancholy, to drive him to the doing of so desperate an act as murder.
ひょっとすると悪魔ではないのだろうか、悪魔は何でも相手が望むものに変化《へんげ》すると聞く、そいつが俺の父の姿をまねて、俺の弱さと憂鬱とにつけこんで、殺人というとんでもない行為をさせようとそそのかしているんじゃないだろうか。

And he determined that he would have more certain grounds to go upon than a vision, or apparition, which might be a delusion.
そこでハムレットは、心の迷いとも思われる幻覚や亡霊などより、もっと確実な証拠をつかもうと決心した。

While he was in this irresolute mind there came to the court certain players,
ハムレットがこのように計画の実行をためらっている頃、宮廷にはとある俳優たちがやってきた。

in whom Hamlet formerly used to take delight, and particularly to hear one of them speak a tragical speech, describing the death of old Priam, King of Troy, with the grief of Hecuba his queen.
ハムレットが以前楽しみにしていたものであり、中でもそのうちの一人が語る、トロイの老王プリアムの最後と、その女王であるヘキュバが抱える深い悲しみを謳《うた》った悲劇を聞くのがお気に入りであったのだ。

Hamlet welcomed his old friends, the players,
ハムレットはなじみの俳優たちを歓迎した。

and remembering how that speech had formerly given him pleasure, requested the player to repeat it;
そして、以前自分が気に入った話があったことを思い出し、もう一度やってくれるように俳優に頼んだ。

which he did in so lively a manner, setting forth the cruel murder of the feeble old king, with the destruction of his people and city by fire, and the mad grief of the old queen, running barefoot up and down the palace, with a poor clout upon that head where a crown had been, and with nothing but a blanket upon her loins, snatched up in haste, where she had worn a royal robe;
すると俳優は、とても真に迫った感じに語りだした。年老いて弱った王を残酷に殺したこと、王の人民と都市とを炎で焼き払ったこと、老妃が深い悲しみのあまり気が狂ったこと、宮殿を裸足で右往左往していたこと、かつては王冠をかぶっていた頭にボロ切れ一枚巻いて、王服をまとっていた腰には、大急ぎで巻いた毛布一枚だけだったことなどを語って聞かせた。

that not only it drew tears from all that stood by, who thought they saw the real scene, so lively was it represented, but even the player himself delivered it with a broken voice and real tears.
その語り口が、実際に見てきたかのように真に迫っていたから、居合わせた人がみな涙を流しただけでなく、俳優自身でさえも時折語りを本当の涙で止めてしまうほどであった。

This put Hamlet upon thinking,
ここでハムレットは考えた。

if that player could so work himself up to passion by a mere fictitious speech, to weep for one that he had never seen, for Hecuba, that had been dead so many hundred years, how dull was he,
あの俳優が、自分が語る架空の作り話にあれだけ感動して、前に会ったこともないヘキュバ――なにしろ数百年前の人だ――のために涙を流せるのであれば、俺はなんて鈍い人間だったんだろう、

who having a real motive and cue for passion, a real king and a dear father murdered, was yet so little moved that his revenge all this while had seemed to have slept in dull and muddy forgetfulness!
真の王にして俺の父親を殺されたという情熱を駆り立てるにたるだけの真の動機、真のきっかけを持っていながら、ほとんど心が動くこともなく、復讐心がこれまでずっと、忘却の中でぼんやり眠っていたように思えるんだからな! 

and while he meditated on actors and acting, and the powerful effects which a good play, represented to the life, has upon the spectator, he remembered the instance of some murderer, who, seeing a murder on the stage, was by the mere force of the scene and resemblance of circumstances so affected that on the spot he confessed the crime which he had committed.
そして、俳優や演劇や、真に迫った演技が観客に与える強力な効果について考え続け、やがて、舞台で演じられた殺人劇を見て、舞台という場所が持つ力と、類似の場面が演じられたということに心を動かされて、その場で自分が犯した罪を告白したという殺人者のことを思いだした。

And he determined that these players should play something like the murder of his father before his uncle, and he would watch narrowly what effect it might have upon him,
そしてハムレットは、俳優たちに、叔父の面前で父の殺害に似た場面を演じさせよう、それを見た叔父にどんな効果を及ぼすのか注意深く観察しよう、と決めた。

and from his looks he would be able to gather with more certainty if he were the murderer or not.
そうすれば、叔父の表情から、彼が殺人者であるかどうか、もっと確実に推論できるだろうという思いからだった。

To this effect he ordered a play to be prepared, to the representation of which he invited the king and queen.
このような理由から、ハムレットは俳優たちに芝居の用意をするように命じ、その席に現王と王妃とを招待した。

The story of the play was of a murder done in Vienna upon a duke.
芝居の内容は、ウィーンで とある公爵に対して行われた殺人劇であった。

The duke's name was Gonzago, his wife's Baptista.
公爵の名前はゴンザーゴといい、その妻はバプティスタといった。

The play showed how one Lucianus, a near relation to the duke, poisoned him in his garden for his estate, and how the murderer in a short time after got the love of Gonzago's wife.
ルーシアーナスという公爵の親戚筋のものが、公爵の持ち物であった庭園において公爵を毒殺し、その後短い時間でゴンザーゴ夫人の愛を獲得した、一連の出来事を芝居にしたものであった。

At the representation of this play, the king, who did not know the trap which was laid for him, was present, with his queen and the whole court; Hamlet sitting attentively near him to observe his looks.
この芝居が上演されたとき、王は自分に向けて仕掛けられた罠の存在を知らなかったから、王妃や廷臣たちとともに劇を見るべく席に着いた。ハムレットは王の表情を観察すべく、王のそばに席を占めた。

The play began with a conversation between Gonzago and his wife,
芝居はゴンザーゴとその妻との会話から始まった。

in which the lady made many protestations of love, and of never marrying a second husband if she should outlive Gonzago, wishing she might be accursed if she ever took a second husband, and adding that no woman did so but those wicked women who kill their first husbands.
その会話の中で、夫人は幾度となく愛の誓いを口にし、自分は夫ゴンザーゴよりも長生きすることがあれば、決して他の夫を迎えはしないと語った。もし他の夫を迎えたならば呪われても構わないと言い、最初の夫をみずから殺すような姦婦でもなければ、そのようなことをする女性はいないと続けた。

Hamlet observed the king his uncle change color at this expression, and that it was as bad as wormwood both to him and to the queen.
ハムレットは王である自分の叔父が顔色を変えたのを見て、王と王妃にとって、この会話がニガヨモギのように苦いものであることを見て取った。

But when Lucianus, according to the story, came to poison Gonzago sleeping in the garden, the strong resemblance which it bore to his own wicked act upon the late king, his brother, whom he had poisoned in his garden, so struck upon the conscience of this usurper that he was unable to sit out the rest of the play, but on a sudden calling for lights to his chamber, and affecting or partly feeling a sudden sickness, he abruptly left the theater.
さらに芝居は進み、ルーシアーナスが庭園で眠っているゴンザーゴを毒殺する場面が上演されたとき、その芝居が、自分が兄である前王を庭園で毒殺するという邪悪な行為にとてもよく似ていたために、現王の良心を刺激し、芝居の残りを見続けることができなくなってしまった現王は、自分の部屋に明かりをつけるように命じ、急に気分が悪くなったと言って――幾分は本当のことだったろう――あたふたと劇場から出ていった。

The king being departed, the play was given over.
王が出ていったために、芝居は中止された。

Now Hamlet had seen enough to be satisfied that the words of the ghost were true and no illusion;
これを見たハムレットは、亡霊の言葉は真実であり、幻覚などではなかったことを確信するに至った。

and in a fit of gaiety, like that which comes over a man who suddenly has some great doubt or scruple resolved, he swore to Horatio that he would take the ghost's word for a thousand pounds.
そして、大きな疑問や疑惑が突然解けた人によくやってくるうれしさから、ホレーシオに、あの亡霊の言葉には千ポンドの価値があったと言い放った。

But before he could make up his resolution as to what measures of revenge he should take, now he was certainly informed that his uncle was his father's murderer,
だが、叔父が父を葬り去ったことは確実に分かったものの、どうやってその復讐をやり遂げるか、それにはまだ解決の糸口が見つけられないでいた。

he was sent for by the queen his mother, to a private conference in her closet.
すると突然、ハムレットは王妃である母親から、彼女のクローゼットがある私室にて個人的な話をしたい、と使いがやってきた。

It was by desire of the king that the queen sent for Hamlet, that she might signify to her son how much his late behavior had displeased them both,
王妃がハムレットを呼びだしたのは王の希望によるものであった。ハムレットの最近の言動が王と王妃にとってどれだけつらいものであるのかを息子に認識させようとしたのである。

and the king, wishing to know all that passed at that conference, and thinking that the too partial report of a mother might let slip some part of Hamlet's words, which it might much import the king to know, Polonius, the old counselor of state, was ordered to plant himself behind the hangings in the queen's closet, where he might, unseen, hear all that passed
そして王は、この会談における会話をすべて知りたいと思い、また、母親からの短すぎる報告から、王が知っておくべき趣旨を含むようなハムレットの言葉が抜け落ちることがあるだろうと考えたから、老臣ポローニアスに、王妃のクローゼットにかかっているカーテンの後ろに隠れて、会談で交わされた内容をすべて聞いておくように命じた。

This artifice was particularly adapted to the disposition of Polonius,
この計略は、ポローニアスの性格にもぴったり合ったものだった。

who was a man grown old in crooked maxims and policies of state, and delighted to get at the knowledge of matters in an indirect and cunning way.
ポローニアスは宮廷の中で歪んだ処世術と政治力学の中を生き抜いてきたため、今回の計略のような不正直で狡猾な手段を使って情報を知ることを好んでいたからである。

Hamlet being come to his mother, she began to tax him in the roundest way with his actions and behavior, and she told him that he had given great offense to his father,
ハムレットが母の所にやってきたので、王妃はハムレットの言動をとても激しく咎めだし、おまえは父上を不愉快な気持ちにさせたのですよ、と言った。

meaning the king, his uncle, whom, because he had married her, she called Hamlet's father.
ここで『父上』というのは、今王となっているハムレットの叔父のことであり、叔父が母親と結婚したことから、王妃は現王をハムレットの父親と呼んだのだ。

Hamlet, sorely indignant that she should give so dear and honored a name as father seemed to him to a wretch who was indeed no better than the murderer of his true father,
ハムレットは大きな怒りを覚えた。何しろ、彼にとっては非常に大切で、敬意を持って扱われるべき『父上』という呼称を、本当の父を殺した者に他ならぬ悪漢に与えられたからだ。

with some sharpness replied: "Mother, you have much offended my father."
それで、皮肉を込めて、「母上、あなたは父上を不愉快な気持ちにさせたのですよ。」と言った。

The queen said that was but an idle answer.
王妃は、それは何の意味もない答え方だと言った。

"As good as the question deserved," said Hamlet.
「問いにふさわしい答えです。」とハムレットは返した。

The queen asked him if he had forgotten who it was he was speaking to.
王妃は彼に、おまえは誰にものを言っているのか忘れてしまったのかい、と尋ねた。

"Alas!" replied Hamlet, "I wish I could forget. You are the queen, your husband's brother's wife; and you are my mother. I wish you were not what you are."
ハムレットはこう返した。「あぁ! 忘れることができればどんなにいいことか! あなたは王妃です。そして、あなたの夫の弟の妻です。そして、私の母上です。そうでなければよかったのに。」

"Nay, then," said the queen, "if you show me so little respect, I will set those to you that can speak," and was going to send the king or Polonius to him.
それを聞くと王妃は「そうかい、そんなに私を馬鹿にするのなら、ちゃんとおまえと話せる人をここに呼んでこよう。」と言って、王かポローニアスを呼んでこようとした。

But Hamlet would not let her go, now he had her alone, till he had tried if his words could not bring her to some sense of her wicked life; and, taking her by the wrist, he held her fast, and made her sit down.
だがハムレットは、せっかく母と二人だけで相対しているので、自分の言葉が王妃に過去の不埒な行いを自覚させることができるかどうかを試してみるまでは王妃をどこにも行かせたくなかったから、王妃の手首をつかみ、しっかりと捕まえ、椅子に座らせてしまった。

She, affrighted at his earnest manner, and fearful lest in his lunacy he should do her a mischief, cried out;
王妃はハムレットが本気で気が狂ってしまったとびっくりしてしまい、狂気のあまり自分を傷つけてしまうのではないかと怖くなって、叫び声をあげた。

and a voice was heard from behind the hangings, "Help, help' the queen!"
するとカーテンの後ろから「助けよ、王妃を助けよ!」という声が聞こえてきた。

which Hamlet hearing, and verily thinking that it was the king himself there concealed, he drew his sword and stabbed at the place where the voice came from, as he would have stabbed a rat that ran there,
ハムレットはその声を聞いて、すっかり王自身がそこに隠れているのだと思いこんでしまい、剣を抜き、まるでネズミでも刺すかのような感じで、声のしたあたりを突き刺した。

till, the voice ceasing, he concluded the person to be dead.
やがて声が聞こえなくなり、ハムレットはこいつは間違いなく死んだなと思った。

But when he dragged forth the body it was not the king, but Polonius, the old, officious counselor, that had planted himself as a spy behind the hangings.
しかし、死体を引き出してみると、それは王ではなく、スパイとしてカーテンに隠れていた老臣ポローニアスであった。

"Oh, me!" exclaimed the queen, "what a rash and bloody deed have you done!"
「おぉ!」王妃は叫んだ。「何という早まったむごいことを!」

"A bloody deed, mother," replied Hamlet, "but not so bad as yours, who killed a king, and married his brother."
「確かにむごいことです、母上。」ハムレットは答えた。「しかし、あなたのやったことに比べれば大したことはありませんよ、王を殺して、その弟と結婚したんですからね。」

Hamlet had gone too far to leave off here
ここまで言ってしまったからには、もうやめられなかった。

He was now in the humor to speak plainly to his mother, and he pursued it.
今やハムレットは、母に率直に言ってしまおうという気になっていたから、そうした。

And though the faults of parents are to be tenderly treated by their children, yet in the case of great crimes the son may have leave to speak even to his own mother with some harshness, so as that harshness is meant for her good and to turn her from her wicked ways, and not done for the purpose of upbraiding.
曰く、両親の過去の過ちを子供は普通は優しく許すべきなんでしょう、ですが、それが大きな罪となるならば、子供だって自分の母親に少しはひどいことを言っても許されるはずです、そうすることが母親のためであるし、母を邪悪な道から救うためになされ、単に非難するために言うんじゃないならそれでいいんです。

And now this virtuous prince did in moving terms represent to the queen the heinousness of her offense in being so forgetful of the dead king, his father, as in so short a space of time to marry with his brother and reputed murderer.
そして、この有徳の王子は心を打つ言葉で話し続け、王妃が王子の父である先王を忘れて、短期間のうちに、その弟であり人殺しという噂のある者と結婚してしまった不貞を責めた。

Such an act as, after the vows which she had sworn to her first husband, was enough to make all vows of women suspected and all virtue to be accounted hypocrisy, wedding contracts to be less than gamesters' oaths, and religion to be a mockery and a mere form of words.
最初の夫と誓いを交わしたのにそんなことをするということは、女性が行うあらゆる誓言の真実性を疑わせるものだ、すべての美徳を偽善と思わせ、結婚の契りをばくち打ちのそれにまで陥れ、信仰を単なる贋物やら言葉の形式やらに堕落させるようなものだ、などと王妃に言った。

He said she had done such a deed that the heavens blushed at it, and the earth was sick of her because of it.
そしてまた、あなたのしたことを見て、神々も恥ずかしく思っているし、現世の人々もうんざりするようなことをしてしまったんだ、とも言った。

And he showed her two pictures, the one of the late king, her first husband, and the other of the present king, her second husband, and he bade her mark the difference;
そしてハムレットは、王妃に二つの絵を見せ、一つは王妃の最初の夫である先王の肖像画、もう一つは二番目の夫である現王の肖像画、その違いを見てほしいと言った。

what a grace was on the brow of his father, how like a god he looked! the curls of Apollo, the forehead of Jupiter, the eye of Mars, and a posture like to Mercury newly alighted on some heaven-kissing hill! this man, he said, had been her husband.
我が父上の眉のなんという優美さ、まさしく神話の神のよう! アポロの巻き毛、ジュピターの額、マースの眼差し、そして天にそびえる丘の上に舞い降りたばかりのマーキュリーさながらのその姿態! この人が、母上の夫だったんですよ、とハムレットは言った。

And then be showed her whom she had got in his stead; how like a blight or a mildew he looked, for so he had blasted his wholesome brother.
そして母が代わりに選びとった男の絵を見せながら、こう続けた。まったく葉枯れ病かカビみたいな顔じゃありませんか、なにしろ健やかさそのものの兄君を枯らしてしまったんですからね。

And the queen was sore ashamed that he should so turn her eyes inward upon her soul, which she now saw so black and deformed.
王妃は王子のおかげで自分の心の痛い部分に目を向けさせられ、我が心がすっかり腹黒く醜いものであることに気づかされて、すっかり恥ずかしくなってしまった。

And he asked her how she could continue to live with this man, and be a wife to him, who had murdered her first husband and got the crown by as false means as a thief?
さらにハムレットは言葉を続け、あなたはそれでもなお、あなたの最初の夫を殺して不正な手段で王位をかすめ取ったこの男と共に暮らし、妻として生きていけるのですか、と尋ねた。

and just as he spoke the ghost of his father, such as he was in his lifetime and such as he had lately seen it, entered the room,
そんなことをハムレットが話していたその時、ハムレットの父親の亡霊が、生前と変わらぬ姿、先刻ハムレットが目撃した姿そのままに、王妃の部屋に入ってきた。

and Hamlet, in great terror, asked what it would have;
ハムレットは恐怖に怯えながら、何の用かと亡霊に問いかけた。

and the ghost said that it came to remind him of the revenge he had promised, which Hamlet seemed to have forgot;
すると亡霊は、お前が誓った復讐を思い出させるために来たのだ、忘れてしまっているようだったからな、と答えた。

and the ghost bade him speak to his mother, for the grief and terror she was in would else kill her.
そして亡霊は、さあ、母上に話しかけてあげろ、さもないと母上は嘆きと恐怖のために死んでしまうぞ、と言った。

It then vanished, and was seen by none but Hamlet,
そして亡霊は姿を消した。亡霊の姿はハムレットにしか見えなかった。

neither could he by pointing to where it stood, or by any description, make his mother perceive it,
ハムレットが亡霊の立っていたあたりを示し、いくら言葉を尽くしても、王妃に亡霊の存在を分からせることはできなかった。

who was terribly frightened all this while to hear him conversing, as it seemed to her, with nothing;
王妃はハムレットがずっと空中に向かって――王妃にはそうとしか見えなかった――話をしているのを見て、すっかり怖くなってしまった。

and she imputed it to the disorder of his mind.
王妃はハムレットが錯乱状態に陥ったんだと思った。

But Hamlet begged her not to flatter her wicked soul in such a manner as to think that it was his madness, and not her own offenses, which had brought his father's spirit again on the earth.
だがハムレットは王妃に、父上の魂が再びこの地上に戻ってきたのを、私の狂気のせいにして、あなた自身の罪ではないかのように思いこんで、不道徳な魂をいたずらに慰めようとするのはやめてください、と頼んだ。

And he bade her feel his pulse, how temperately it beat, not like a madman's.
そして王妃に自分の脈を取らせ、自分の脈は穏やかなものであって、狂った人のそれではないんだと語った。

And he begged of her, with tears, to confess herself to Heaven for what was past, and for the future to avoid the company of the king and be no more as a wife to him;
そして涙を流しながら王妃に、これまでのことを悔い改めて天に懺悔してください、それから、もうあんな王の仲間であることをやめて、妻として振る舞うことをおやめ下さい、と乞うた。

and when she should show herself a mother to him, by respecting his father's memory, he would ask a blessing of her as a son.
その後で、これからは我が父上との思い出を敬い、私に我が母としての態度をお示し下さい、そうしていただければ、私も息子として母上に神の祝福を願いましょう、と言った。

And she promising to observe his directions, the conference ended.
王妃が王子の訴えを守りましょうと約束し、この会見は終わった。

And now Hamlet was at leisure to consider who it was that in his unfortunate rashness he had killed;
ここでハムレットはようやく、自分が軽率にも殺してしまったのは誰なんだろうと考える余裕を持った。

and when he came to see that it was Polonius, the father of the Lady Ophelia whom he so dearly loved,
死体に近づいてよく見ると、それはポローニアスであった。ハムレットがこよなく愛したかわいいオフィーリアの父であった。

he drew apart the dead body, and, his spirits being now a little quieter, he wept for what he had done.
ハムレットは死体に近づき、気持ちも少し静まったので、自分がしたことを悔いて泣いた。

(つづく)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日のテーマ、いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  もっと知りたい シェークスピア  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ シェークスピア戯曲の映画DVD
  ◇ ヴェニスの商人 … アル・パチーノ 主演
  ◇ ロミオとジュリエット … オリビア・ハッセー 主演
  ◇ ロミオ&ジュリエット … レオナルド・ディカプリオ 主演
  ◇ じゃじゃ馬ならし … エリザベス・テイラー 主演
  ◇ じゃじゃ馬馴らし … メアリー・ピックフォード 主演
  ◇ Macbeth … ジェレミー・ブレット 主演
  ◇ Othello … ローレンス・オリヴィエ 主演
  ◇ ハムレット/オール・ザ・キングスメン … ローレンス・オリヴィエ 主演
  ◇ ハムレット … ケネス・ブラナー 主演

▼ おすすめ邦訳書
  シェイクスピア戯曲37篇の原文と180種の邦訳を1枚のCDに収録
  ◇ シェイクスピア大全 CD-ROM版 ⇒ こちらで立ち読みできます

  坪内逍遥 訳
  ◇ ザ・シェークスピア 全戯曲 (全原文 + 全訳) 全一冊

  矢川澄子 訳
  ◇ シェイクスピア物語 (岩波少年文庫)

  木下順二 訳
  ◇ マクベス (岩波文庫)

  中野好夫 訳
  ◇ ロミオとジュリエット (新潮文庫)
  ◇ ヴェニスの商人 (岩波文庫)
  ◇ ジュリアス・シーザー (岩波文庫)
  ◇ シェイクスピアの面白さ (新潮選書)

  河合祥一郎 訳
  ◇ ハムレット (大修館シェイクスピア双書)
  ◇ 新訳 ハムレット (角川文庫)
  ◇ 新訳 ロミオとジュリエット (角川文庫)
  ◇ 新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫)
  ◇ 新訳 リチャード三世 (角川文庫)
  ◇ エドワード三世
  ◇ 謎解き 『ハムレット』 ― 名作のあかし
  ◇ 絵で見るシェイクスピアの舞台

  福田恒存 訳
  ◇ じゃじゃ馬ならし・空騒ぎ (新潮文庫)
  ◇ リチャード三世 (新潮文庫)
  ◇ お気に召すまま (新潮文庫)
  ◇ マクベス (新潮文庫)
  ◇ オセロー (新潮文庫)
  ◇ 夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)
  ◇ リア王 (新潮文庫)
  ◇ アントニーとクレオパトラ (新潮文庫)

▼ その他のおすすめ図書
  ◇ シェイクスピア ヴィジュアル事典
  ◇ 映画になったシェイクスピア


0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター