Entries

ハムレット 全話 ①




▼ 下記の英文と和訳は SOGOさん が作成されたものを使わせていただきました。

Hamlet, Prince of Denmark (Tales from Shakespeare)
デンマークの王子ハムレット (シェイクスピア物語)

   by Charles Lamb   チャールズ・ラム作

   SOGO_e-text_library責任編集。Copyright(C)2007 by SOGO_e-text_library

  ◇ 個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
    単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


Gertrude, Queen of Denmark, becoming a widow by the sudden death of King Hamlet, in less than two months after his death married his brother Claudius,
デンマークの王妃ガートルードは、ハムレット王が突然亡くなったため未亡人となったのであるが、王の死後二ヶ月も経たぬうちに、亡き王の弟であるクローディアスと結婚した。
   【注】 この物語の主人公は、王子ハムレット。ハムレット王は、その父親。同名なので紛らわしい。

which was noted by all people at the time for a strange act of indiscretion, or unfeelingness, or worse;
このことは、無分別とか不人情とか、あるいはもっとたちの悪い行為として世間の注目を集めた。

for this Claudius did no way resemble her late husband in the qualities of his person or his mind, but was as contemptible in outward appearance as he was base and unworthy in disposition;
というのは、このクローディアス王、先の王とは外見も中身も全然似たところがなく、顔立ちも下品なら、気質も卑しくて下劣であったのである。

and suspicions did not fail to arise in the minds of some that he had privately made away with his brother, the late king, with the view of marrying his widow and ascending the throne of Denmark, to the exclusion of young Hamlet, the son of the buried king and lawful successor to the throne.
人々の頭には当然起こるべき疑いが浮かんでいた。それは、クローディアスが先王を密かに殺したのではないか、そして未亡人と結婚し、それによって先王の子で正当な王位継承者でもある若きハムレット王子を差し置いてデンマークの王位に就くべく事を起こしたのではないだろうか、というものであった。

But upon no one did this unadvised action of the queen make such impression as upon this young prince,
ところで、王妃のこの思慮のない行為は、この若い王子に、他のもの以上にひどい衝撃を与えていた。

who loved and venerated the memory of his dead father almost to idolatry, and, being of a nice sense of honor and a most exquisite practiser of propriety himself, did sorely take to heart this unworthy conduct of his mother Gertrude;
何しろ彼は亡き父のことを崇拝といってもいいくらい深く愛し尊敬していたし、名誉を大変重んじるたちであるとともに、みずから礼節を大変やかましく守る人であったから、母ガートルードがやったあきれかえる行為にひどく心を痛めた。

in so much that, between grief for his father's death and shame for his mother's marriage, this young prince was overclouded with a deep melancholy, and lost all his mirth and all his good looks; all his customary pleasure in books forsook him, his princely exercises and sports, proper to his youth, were no longer acceptable;
そのような心持ちの中、父の死を悲しんだり母の結婚を恥ずかしく思ったりしているうちに、この若い王子は深い憂鬱の中に落ち込んでしまい、快活さや美しさといった美点をすっかりなくしてしまい、読書を楽しむという習慣もうっちゃってしまったし、彼のような若者によく似合った、王子らしい運動や競技も進んでやらなくなってしまった。

he grew weary of the world, which seemed to him an unweeded garden, where all the wholesome flowers were choked up and nothing but weeds could thrive.
王子にとって世界はただもううんざりするだけのものとなり果ててしまった。彼にとって世の中は、除草していない庭、新鮮な花がすべて枯れ果てて、ただ雑草ばかりが生い茂る庭園としか思えなくなっていた。

Not that the prospect of exclusion from the throne, his lawful inheritance, weighed so much upon his spirits, though that to a young and high-minded prince was a bitter wound and a sore indignity;
本来自分が受け継ぐべき王位から自分が排除されそうだという見込みだけでも、たしかに王子の心を大きく痛めつけるものであり、若く気高い心にとって激しい苦痛とひどい侮辱ではあったが、

but what so galled him and took away all his cheerful spirits was that his mother had shown herself so forgetful to his father's memory,
何にもまして彼を苦しめ、快活さを失わせたのは、母親がすっかり父親の思い出を忘れてしまったかのような振る舞いをハムレットに見せることであった。

and such a father! who had been to her so loving and so gentle a husband! and then she always appeared as loving and obedient a wife to him, and would hang upon him as if her affection grew to him.
あぁ父君! 母の第一の恋人にして心優しき夫だったあの父君! 母だって父を愛し、いつも貞淑な妻として振る舞っていたし、夫への愛がますます深くなっていくかのごとく夫を頼っていたはずなのだ。

And now within two months, or, as it seemed to young Hamlet, less than two months, she had married again, married his uncle, her dear husband's brother,
それが今やわずか二ヶ月――ハムレットの心の中ではもっと短い間でしかなかった――母は再婚した、あの愛していた夫の弟と結婚したのだ。

in itself a highly improper and unlawful marriage, from the nearness of relationship,
あれはきわめて過激かつ不法なものだ、何しろ血縁関係が近すぎる。

but made much more so by the indecent haste with which it was concluded and the unkingly character of the man whom she had chosen to be the partner of her throne and bed.
おまけに事の運び方があまりに見苦しかったし、母上が王位と閨房の相手として選んだあの男、国王としては全くふさわしくない性質を持っているぞ。

This it was which more than the loss of ten kingdoms dashed the spirits and brought a cloud over the mind of this honorable young prince.
まさにこれこそ、十の王国を失う以上に、かの高潔な若き王子の意気を挫き、心を曇らせるもととなったのである。

In vain was all that his mother Gertrude or the king could do to contrive to divert him; he still appeared in court in a suit of deep black, as mourning for the king his father's death,
王子の母ガートルードや現王はハムレットの心を晴らそうと様々試みたが、すべて徒労に終わった。王子は宮廷内では真っ黒な衣服で通していた。実の父たる先王の喪に服していたのだ。

which mode of dress he had never laid aside, not even in compliment to his mother upon the day she was married,
王子は決して喪服を脱ごうとはしなかった。母の結婚式当日、母に対して祝賀を述べるときにも彼は喪服を着ていた。

nor could he be brought to join in any of the festivities or rejoicings of that (as appeared to him) disgraceful day.
もちろん、その彼にとっては恥ずべき日たる日に執り行われた祭典やら祝賀の輪には加わる気にもなれなかった。

What mostly troubled him was an uncertainty about the manner of his father's death.
ハムレットの心を最も悩ましたのは、父の死に方がはっきりしないことであった。

It was given out by Claudius that a serpent had stung him; but young Hamlet had shrewd suspicions that Claudius himself was the serpent;
クローディアスは、蛇が先王を咬んだのだ、とその死を説明していたが、ハムレットは明敏なたちであったから、クローディアス自身がその蛇だったんじゃないかと疑いの目を向けていた。

in plain English, that he had murdered him for his crown, and that the serpent who stung his father did now sit on the throne.
分かりやすく言うとこうなる。クローディアスが王座目当てで先王を殺したんじゃないのか。ハムレットの父を咬んだ蛇が今は王座についているのではないか。

How far he was right in this conjecture and what he ought to think of his mother, how far she was privy to this murder and whether by her consent or knowledge, or without, it came to pass, were the doubts which continually harassed and distracted him.
ハムレットのこの推測がどれくらい真実を突いているのか、母についてはどう考えるべきか、いったい母は先王殺しにどの程度関わっているのか、同意していたのか、知ってはいたのか、それとも全く関わりはなかったのか、そういった思考の堂々巡りがハムレットを悩まし、迷わせていた。

A rumor had reached the ear of young Hamlet that an apparition, exactly resembling the dead king his father, had been seen by the soldiers upon watch, on the platform before the palace at midnight, for two or three nights successively.
このとき、ハムレットの耳にある噂が届いた。彼の父である先王そっくりの亡霊を、不寝番の兵士たちが見かけたというのだ。真夜中になると宮殿前の高台に現れる、それも二晩とか三晩続けて出てきたというのだ。

The figure came constantly clad in the same suit of armor, from head to foot, which the dead king was known to have worn.
その姿はいつも同じで、頭のてっぺんからつま先まで、亡き王が生前着ていたことで有名な甲冑で固めているという話だった。

And they who saw it (Hamlet's bosom friend Horatio was one) agreed in their testimony as to the time and manner of its appearance
それを見た人 (ハムレットの腹心の友であるホレーシオもその一人であった) が話す、亡霊が現れる時刻やその振る舞いはみな一致していた。

that it came just as the clock struck twelve; t
それによると、亡霊は時計が十二時を告げるまさにその時に姿を現すのだった。

hat it looked pale, with a face more of sorrow than of anger;
顔色は青白く、怒りというよりはむしろ悲しみを浮かべていた。

that its beard was grisly, and the color a sable silvered, as they had seen it in his lifetime;
あごひげは半ば銀が混じった黒色で、まさに生前の姿そのままといえた。

that it made no answer when they spoke to it;
その姿を見たものが話しかけたが、亡霊は何も言わなかった。

yet once they thought it lifted up its head and addressed itself to motion, as if it were about to speak; but in that moment the morning cock crew and it shrank in haste away, and vanished out of their sight.
いや、一度だけ顔を上げ、何か言いたげに唇を動かしたようにも思えたのだが、ちょうどその時一番鶏が時を告げた、そしたら急に姿をくらまし、消え去ってしまった、というのであった。

The young prince, strangely amazed at their relation, which was too consistent and agreeing with itself to disbelieve, concluded that it was his father's ghost which they had seen, and determined to take his watch with the soldiers that night, that he might have a chance of seeing it;
王子はその話を聞いて大変驚いたが、何人かが話す内容が奇妙な一致を見せ、かつ、筋も通っているので、信じないわけにはいかなくなった。彼らが見たのは父の亡霊であろうと思い、今夜は兵士たちとともに寝ずの番をしようと決意した。そうすれば、彼自身の目でそのものを見られるだろうとの思いからだった。

for he reasoned with himself that such an appearance did not come for nothing, but that the ghost had something to impart, and though it had been silent hitherto, yet it would speak to him.
ハムレットが考えたところによれば、このような亡霊が何の理由もなく現れるはずはない、きっと何か伝えたいことがあるのだろう、今までは黙っていただろうが、自分にならば何か話してくれるに違いないのだった。

And he waited with impatience for the coming of night.
そうして、夜が来るのを今か今かと待ちあぐんだ。

When night came he took his stand with Horatio, and Marcellus, one of the guard, upon the platform, where this apparition was accustomed to walk;
夜になると、ハムレットはホレーシオと、番兵マーセラスとともに、高台に陣取った。この場所でいつも亡霊が歩いていたのだ。

and it being a cold night, and the air unusually raw and nipping, Hamlet and Horatio and their companion fell into some talk about the coldness of the night,
この夜は寒く、いつもより空気が冷え冷えとして肌を刺すようだったので、ハムレットたちは夜の寒さについて話し始めた。

which was suddenly broken off by Horatio announcing that the ghost was coming.
だがその話は、亡霊が来たというホレーシオの知らせによって突然打ち切られたのである。

At the sight of his father's spirit Hamlet was struck with a sudden surprise and fear.'
父の亡霊の姿に、ハムレットは驚きと恐れとを覚えた。

He at first called upon the angels and heavenly ministers to defend them, for he knew not whether it were a good spirit or bad, whether it came for good or evil;
最初のうちは天使や守護神の降臨を願った。亡霊が善きものなのか悪しきものなのか、善悪いずれの目的で来たものなのかが分からなかったからだ。

but he gradually assumed more courage; and his father (as it seemed to him) looked upon him so piteously, and as it were desiring to have conversation with him, and did in all respects appear so like himself as he was when he lived, that Hamlet could not help addressing him.
しかし次第に、勇気を奮い起こし、我が父 (と彼は思った) のひどく哀れな有様、特にハムレットと話をしたいような感じを見て取り、かつ、あらゆる点で亡霊が生前の父そっくりだったから、ハムレットは亡霊に話しかけずにいられなかった。

He called him by his name, "Hamlet, King, Father!"
彼は父の名を呼んだ。「ハムレット! 国王! 父上!」 

and conjured him that he would tell the reason why he had left his grave, where they had seen him quietly bestowed, to come again and visit the earth and the moonlight; and besought him that he would let them know if there was anything which they could do to give peace to his spirit.
そして、こう話しかけた。父上はなにゆえに墓から出てこられたのか、我々には安らかに眠っておられるように見えました、再び姿を現し、この地上と月光とを訪ねられたのはいかなる理由があるのでしょうか、是非教えていただきたい、父上の魂を安らかにするために、なにか我々にできることがあるのでしたら、何なりとおっしゃってください。

And the ghost beckoned to Hamlet, that he should go with him to some more removed place where they might be alone;
すると亡霊はハムレットを手招きした。明らかに、どこか別の場所へ移動して、二人きりになろうというのだった。

and Horatio and Marcellus would have dissuaded the young prince from following it,
ホレーシオとマーセラスは、王子が亡霊についていくことを思いとどまって欲しかった。

for they feared lest it should be some evil spirit who would tempt him to the neighboring sea or to the top of some dreadful cliff, and there put on some horrible shape which might deprive the prince of his reason.
二人は亡霊が、悪魔のたぐいなのではないか、どこか近くの海だとか恐ろしい絶壁に王子を誘いだして、そこでなにか恐ろしいものに変身し、王子の理性を失わせるようなことがありはしないかと恐れていたのだ。

But their counsels and entreaties could not alter Hamlet's determination,
だが、二人がいかになだめすかしたり頼み込んだりしたところで、ハムレットの決心は揺らがなかった。

who cared too little about life to fear the losing of it; and as to his soul, he said, what could the spirit do to that, being a thing immortal as itself?
命などほとんど念頭に置いていなかったから、みずからの死など何とも思っていなかったし、「自分の魂は亡霊などにどうにかできるものか、亡霊と同じく不朽なのだろう?」と言うのだった。

And he felt as hardy as a lion, and, bursting from them, who did all they could to hold him, he followed whithersoever the spirit led him.
そして王子は獅子のごとく大胆となり、なんとしてでも王子を引き留めようとする二人を振りきって、亡霊の導くままに後をついていった。

And when they were alone together, the spirit broke silence
やがて二人きりになると、亡霊は沈黙を破った。

and told him that he was the ghost of Hamlet, his father, who had been cruelly murdered,
「自分はハムレット王だ。むごたらしく惨殺されたおまえの父親なのだ。」

and he told the manner of it; that it was done by his own brother Claudius, Hamlet's uncle, as Hamlet had already but too much suspected, for the hope of succeeding to his bed and crown.
そして殺害の様子を語りはじめた。それによると、殺害は亡霊自身の弟にして王子には叔父に当たるクローディアスによって為されたのだった。それはハムレットの方ですでに十二分に疑っていたとおり、閨房と王冠を狙って実行されたのだった。

That as he was sleeping in his garden, his custom always in the afternoon, his treasonous brother stole upon him in his sleep and poured the juice of poisonous henbane into his ears,
父王がいつもの習慣に従って昼過ぎに庭園で寝ていたところ、あの悪い弟が、眠っている王の傍らに忍び寄り、有毒なヒヨスの汁を王の耳の中に注ぎ込んだ。

which has such an antipathy to the life of man that, swift as quicksilver, it courses through all the veins of the body, baking up the blood and spreading a crust-like leprosy all over the skin.
この汁はまさしく致命的な猛毒であり、たちまち水銀みたいに体中の血管を駆けめぐり、血液を凝固させ、全身の皮膚にらい病で見られるようなかさぶたをつくる作用を持っている。

Thus sleeping, by a brother's hand he was cut off at once from his crown, his queen, and his life.
こうして、眠っている間に、弟の手によって王冠も女王も、命までも絶ちきられてしまったのだった。

And he adjured Hamlet, if he did ever his dear father love, that he would revenge his foul murder.
ここで亡霊はハムレットにこう命じた。もしもおまえが父を愛しているのなら、このような非道な殺人に復讐してくれ。

And the ghost lamented to his son that his mother should so fall off from virtue as to prove false to the wedded love of her first husband and to marry his murderer;
さらに息子の前で、その母親が貞操を踏み外したことを嘆いた。つまり、最初の夫と契った愛に背き、夫の殺害者と結婚してしまったことを悲しんでいたのだ。

but he cautioned Hamlet, howsoever he proceeded in his revenge against his wicked uncle, by no means to act any violence against the person of his mother, but to leave her to Heaven, and to the stings and thorns of conscience.
だが亡霊はハムレットにこうも言った。あの悪逆たる叔父にはどう復讐してもいいが、母親には決して手荒なことはせず、神の手にゆだね、良心の呵責に任せるように。

And Hamlet promised to observe the ghost's direction in all things, and the ghost vanished.
そして、ハムレットがすべて言葉通りにすると約束すると、亡霊は消え去った。

And when Hamlet was left alone he took up a solemn resolution that all he had in his memory, all that he had ever learned by books or observation, should be instantly forgotten by him, and nothing live in his brain but the memory of what the ghost had told him and enjoined him to do.
さて、ハムレットは一人だけになると、厳かな決意を固めていった。今自分の頭の中にあるもの、今までに書物や観察で得たものを今すぐ忘れよう、そして、亡霊が自分に告げ、そして命じたことだけを頭に留めておこう。

And Hamlet related the particulars of the conversation which had passed to none but his dear friend Horatio; and he enjoined both to him and Marcellus the strictest secrecy as to what they had seen that night.
そしてハムレットは、亡霊と交わした話の詳細を親友ホレーシオだけにうち明け、そしてホレーシオとマーセラスとに、今夜自分たちが見たことは一切他言無用だと命じた。

The terror which the sight of the ghost had left upon the senses of Hamlet,
亡霊を見たことにハムレットは恐怖し、精神錯乱に陥った。

he being weak and dispirited before, almost unhinged his mind and drove him beside his reason.
もともと病弱なたちで元気がなかったのだが、これにより精神の平衡を失い、今にも理性が吹き飛ぼうとしていた。

And he, fearing that it would continue to have this effect, which might subject him to observation and set his uncle upon his guard, if he suspected that he was meditating anything against him, or that Hamlet really knew more of his father's death than he professed, took up a strange resolution,
そして、こんな状態がずっと続くようなら、自分の振る舞いに人々の耳目が集まり、叔父も警戒するようになるだろう、自分が叔父に対してなにかたくらんでいるとか、実は父親の死について叔父が発表した以上のことを自分が知っているなどと感づかれたらまずいな、と心配し、とても妙な決心をした。

from that time to counterfeit as if he were really and truly mad;
本当に発狂してしまったと見せかけようと考えたのである。

thinking that he would be less an object of suspicion when his uncle should believe him incapable of any serious project, and that his real perturbation of mind would be best covered and pass concealed under a disguise of pretended lunacy.
ハムレットの考えによれば、自分が重大な計画など立てられないようだと叔父に信じさせることができれば、疑惑の目が自分に向くことはほとんどなくなるだろうし、今自分が抱える心の乱れも、凶器を装うことで都合よく覆い隠せると思ったのだ。

From this time Hamlet affected a certain wildness and strangeness in his apparel, his speech, and behavior, and did so excellently counterfeit the madman that the king and queen were both deceived,
このときから、ハムレットは服装・話しぶり・振る舞いなどを荒々しく、かつ奇妙なものとするように心がけ、本当の狂人と見まごうほどに演じていったので、王も王妃もハムレットは狂ってしまったと信じ込んでしまった。

and not thinking his grief for his father's death a sufficient cause to produce such a distemper, for they knew not of the appearance of the ghost,
だが二人とも、こんな行動を起こすに至った原因が王子の父親の死にたいする悲しみから来ているとは考えなかった(二人とも前王の亡霊が出たことを知らなかったのだ)。

they concluded that his malady was love and they thought they had found out the object
二人は王子が恋をしているのだと断定し、それが原因でこんな風になってしまったと思ったのである。

Before Hamlet fell into the melancholy way which has been related he had dearly loved a fair maid called Ophelia, the daughter of Polonius, the king's chief counselor in affairs of state.
ところでハムレットは、すでに述べたような憂鬱な状態に陥る前に、オフィーリアという美しい乙女を深く愛していた。オフィーリアは、国王の主席顧問として国政を預かるポローニアスの娘であった。

He had sent her letters and rings, and made many tenders of his affection to her, and importuned her with love in honorable fashion;
ハムレットはオフィーリアにたびたび手紙や指輪を贈り、かつ愛の告白も重ねて行い、まじめに愛を訴えてきた。

and she had given belief to his vows and importunities.
オフィーリアの方でもハムレットの誓いや願いを信頼するようになっていた。

But the melancholy which he fell into latterly had made him neglect her,
だが、最近陥った憂鬱な感情のために、ハムレットはオフィーリアを無視するようになってしまった。

and from the time he conceived the project of counterfeiting madness he affected to treat her with unkindness and a sort of rudeness;
しかも、発狂したと見せかけようと考えてからは、わざと彼女に冷たく、むごいと言っていいほどの振る舞いを見せるようになった。

but she, good lady, rather than reproach him with being false to her,
しかしオフィーリアは、善良な乙女であったから、ハムレットが冷たくなったのを責めたりはしなかった。

persuaded herself that it was nothing but the disease in his mind, and no settled unkindness, which had made him less observant of her than formerly;
自分につらく当たるようになったのは、すべて心の病からであって本心からのことではないと信じていた。

and she compared the faculties of his once noble mind and excellent understanding, impaired as they were with the deep melancholy that oppressed him, to sweet bells which in themselves are capable of most exquisite music, but when jangled out of tune, or rudely handled, produce only a harsh and unpleasing sound.
そして彼女は、今まで見てきたハムレットの気高い心や優れた理解力を、たしかに彼自身が深い憂鬱に落ち込んでいるために損なわれてはいるが、とても素晴らしい音を奏でる鐘そのものだ、ただ、調子外れに振ったり、手荒く扱ったりすれば、耳障りで不愉快な音しか出せない、そういう鐘に喩えていた。

Though the rough business which Hamlet had in hand, the revenging of his father's death upon his murderer, did not suit with the playful state of courtship, or admit of the society of so idle a passion as love now seemed to him, yet it could not hinder but that soft thoughts of his Ophelia would come between,
ハムレットが企てている手荒な仕事 (父の殺害者に復讐すること) には、求婚のような戯れ事はそぐわないものであるし、恋愛などという (ハムレットにとっては) 無駄な感情を抱く仲間には全く入る気はなかったものの、それでもなお、彼のオフィーリアに対して、甘く優しい感情がわき起こるのを禁じ得なかった。

and in one of these moments, when he thought that his treatment of this gentle lady had been unreasonably harsh, he wrote her a letter full of wild starts of passion, and in extravagant terms,
そして、時々は自分の振る舞いはあの優しい女性に対してあまりにもむごいものであったなどと思い返し、狂おしいまでに情熱的な言葉をこれでもかとたっぷり使った手紙をオフィーリアに出すこともあった。

such as agreed with his supposed madness, but mixed with some gentle touches of affection,
このような行為は、ハムレットが演じているような狂気にふさわしいものではあったが、やはりある程度は愛情に根ざしたものでもあった。

which could not but show to this honored lady that a deep love for her yet lay at the bottom of his heart.
そう、心の奥に今もあの気高き乙女に対し深い愛情を抱いていることを、彼女に見せない訳にはいかなかったのだ。

He bade her to doubt the stars were fire, and to doubt that the sun did move, to doubt truth to be a liar, but never to doubt that he loved; with more of such extravagant phrases.
彼はオフィーリアにこんなことを言った。星が火であること、太陽が動くこと、真実が嘘つきであること、たとえこれらを疑ったとしても、自分が愛していることを疑ってはいけない。そのほかにも、このような大げさな言葉をふんだんに手紙に使っていた。

This letter Ophelia dutifully showed to her father,
ハムレットが出した手紙をオフィーリアは忠実にも父に見せた。

and the old man thought himself bound to communicate it to the king and queen,
そして、老臣は現王夫妻にそのことを伝える義務があると考えたから、そのようにした。

who from that time supposed that the true cause of Hamlet's madness was love.
それを聞いた二人は、ハムレットがあのように狂ってしまったのは恋の病からだと考えた。

And the queen wished that the good beauties of Ophelia might be the happy cause of his wildness,
そして王妃は、オフィーリアの美貌こそがハムレットを狂わせてしまったのが不幸中の幸いであって欲しいと願っていた。

for so she hoped that her virtues might happily restore him to his accustomed way again, to both their honors.
というのも、もしそういうことであれば、やがてその美徳によって、ハムレットが狂気から回復し、前のような息子に戻り、祝福されるカップルになるに違いないと思ったからである。

(つづく)

----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日のテーマ、いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  もっと知りたい シェークスピア  】】】】

      ◆ タイトルにカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ タイトルをクリックすると、詳しい情報のページが開きます。

▼ シェークスピア戯曲の映画DVD
  ◇ ヴェニスの商人 … アル・パチーノ 主演
  ◇ ロミオとジュリエット … オリビア・ハッセー 主演
  ◇ ロミオ&ジュリエット … レオナルド・ディカプリオ 主演
  ◇ じゃじゃ馬ならし … エリザベス・テイラー 主演
  ◇ じゃじゃ馬馴らし … メアリー・ピックフォード 主演
  ◇ Macbeth … ジェレミー・ブレット 主演
  ◇ Othello … ローレンス・オリヴィエ 主演
  ◇ ハムレット/オール・ザ・キングスメン … ローレンス・オリヴィエ 主演
  ◇ ハムレット … ケネス・ブラナー 主演

▼ おすすめ邦訳書
  シェイクスピア戯曲37篇の原文と180種の邦訳を1枚のCDに収録
  ◇ シェイクスピア大全 CD-ROM版 ⇒ こちらで立ち読みできます

  坪内逍遥 訳
  ◇ ザ・シェークスピア 全戯曲 (全原文 + 全訳) 全一冊

  矢川澄子 訳
  ◇ シェイクスピア物語 (岩波少年文庫)

  木下順二 訳
  ◇ マクベス (岩波文庫)

  中野好夫 訳
  ◇ ロミオとジュリエット (新潮文庫)
  ◇ ヴェニスの商人 (岩波文庫)
  ◇ ジュリアス・シーザー (岩波文庫)
  ◇ シェイクスピアの面白さ (新潮選書)

  河合祥一郎 訳
  ◇ ハムレット (大修館シェイクスピア双書)
  ◇ 新訳 ハムレット (角川文庫)
  ◇ 新訳 ロミオとジュリエット (角川文庫)
  ◇ 新訳 ヴェニスの商人 (角川文庫)
  ◇ 新訳 リチャード三世 (角川文庫)
  ◇ エドワード三世
  ◇ 謎解き 『ハムレット』 ― 名作のあかし
  ◇ 絵で見るシェイクスピアの舞台

  福田恒存 訳
  ◇ じゃじゃ馬ならし・空騒ぎ (新潮文庫)
  ◇ リチャード三世 (新潮文庫)
  ◇ お気に召すまま (新潮文庫)
  ◇ マクベス (新潮文庫)
  ◇ オセロー (新潮文庫)
  ◇ 夏の夜の夢・あらし (新潮文庫)
  ◇ リア王 (新潮文庫)
  ◇ アントニーとクレオパトラ (新潮文庫)

▼ その他のおすすめ図書
  ◇ シェイクスピア ヴィジュアル事典
  ◇ 映画になったシェイクスピア


0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター