Entries

ダイアン・シャーマンの臨死体験


ダイアン・シャーマン Dianne Sherman インタビュー(1)
聞き手: メル・ヴァン・ドゥーセン Mel Van Dusen 
2011/11/18 に公開



ダイアン・シャーマン Dianne Sherman インタビュー(2)
聞き手: メル・ヴァン・ドゥーセン Mel Van Dusen 
2014/08/26 に公開



   ◇ 下の英文は上の動画 (2) の音声を耳コピーしたもので、
    和訳はセンテンスごとの意訳になっています。
    個々の単語の意味をすばやく知りたい場合は こちら をクリックしてください。
    単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


ダイアン・シャーマンの臨死体験       (和訳: ゆうこ)

(0:21) Dianne, we did an interview about three years ago
ダイアンさん、私たちは3年前のインタビューで
in which we talked about the near death experience you had in 1981.
あなたの1981年の臨死体験について話し、
And for those people who haven't seen the interview which is now on You Tube,
その模様はYouTubeでも見ることができるんですが、それを見ていない人もいると思うので、
could you briefly refresh us so that we can now have an idea what you experienced?
まずあなたの臨死体験のことを簡単に話してみていただけますか?


(0:39) Certainly.
ええ、いいですよ。
In 1981 I went into the hospital to have arthroscopic surgery
1981年、私は病院で関節鏡視下手術を受けることになりました。
to repair some damage I've done to my knee in an accident.
事故で膝を痛めたので、その治療のためでした。

And when I was there in the hospital, I was waiting to go into the surgery room and I was very cold
手術室に入る前、待っていたら、すごく寒気がしてきました。
and one of the nurses was kind enough to put a blanket on me, which made my body relax,
でも看護師さんが毛布をかけてくださったので、体の緊張がほぐれ、
and I went into the surgery and they put me another blanket on
手術室に入ると、またもう一枚毛布をかけてくださって、
and I went out before the anesthesia,
麻酔が効きだす前に私はもう眠っていました。

and the surgery went very well.
手術はとてもスムーズに行きました。

When I wakened there was a great commotion in recovery.
目が覚めてみると、そこは回復室で、みんなが大騒ぎしていました。
And I was curious about what's happening but tried not to pay attention,
何があったのだろう?と思いましたが、気にしないことにしました。
because I was still involved in my own coming into awareness of my body and coming out of the anestheisia.
自分自身の意識を麻酔状態から戻すことだけでも精いっぱいだったからです。

And yet I was curious as to what was happening, so I turned my head to see.
でもやっぱり気になったので、首をまわしてそちらを見てみました。
And there's obviously a person who was in trouble
するとそこには何か問題が起こっているらしい人がいて、
and they were working feverishlyt to help this person,
その人を助けようとみんなが必死になっていました。
the doctors and nurses were working on this person.
何人もの医師や看護師がかかりっきりになっていたのです。

And I hear them saying her name which is,
そしてその人に呼びかけていました。
"Diane, Diane, wake up, Diane!"
「ダイアンさん! ダイアンさん! しっかりして! ダイアンさん!」
and I'm thinking how very odd it's the same name as mine.
あら、私と同じ名前? 変だな... と私は思いました。
And a little while later as I am sort of groggy and coming out of my anestheisia even more
そして麻酔がだんだん覚めてくると、もうろうとした意識の中で、
I hear them caling her by her first name really trying to get her come back
みんながさらに真剣に呼びかけているのが聞こえてきました。
and they're saying, "Diane Sherman, Diane Sherman, wake up!"
「ダイアン・シャーマンさん! ダイアン・シャーマンさん! 目を覚まして!」

and I'm like startled because that's my name
私はびっくりしました。それは私の名前だったからです。
and I'm thinking, oh my God, they've got a wrong patient
「まあ、大変! 患者を間違えてるんだわ。
and it's not her name, it's my name,
ダイアンは、その人じゃなくて、私なのに...」 と思い、
so I'm saying, "I'm here. I'm Diane Sherman and I'm here and I'm fine."
「私はここにいます! ダイアン・シャーマンはここにいます! 私は元気です!」
they are not paying attention to me.
と言ったのですが、だれも見向きもしてくれません。

And I'm thinking, well probably because they're busy,
忙しいからだろうと思いました。
you know, they're very invested in what they're doing,
みんなその患者の命を救うことに
they're trying to save this person's life, this woman's life obviously.
夢中になってるんですからね。

And the next thing I know, I'm at the bottom of the bed and I'm looking at her,
すると突然、私はベッドの足元に立って、その患者を見ていました。
and it is me,
そして、その患者は私だったのです。
and I see them working on her - me,
私は医師たちがその患者(= 私)に関わっている様子を見ていて、
but I have no connection to it whatsoever.
しかもそれが自分とは何の関係もないことのように思えました。

And from there I floated up into the ceiling to the corner of the room
それから私はスーッと浮き上がって部屋の隅の天井のところまで行き、
and I was overlooking what they were doing to her,
医師たちがやっていることをながめていました。
and I didn't feel any discomfort, I didn't feel any loss, any fear watching what was happening.
でもそのことに対して、何の不安も、喪失感も、恐れも感じませんでした。
I felt very comfortable being there, instead of there.
肉体の中でなく、その上方に浮いていることに、何の違和感も持たなかったのです。

And then I was kind of extricated out of the room energetically and went into the tonnnel.
それから私はその回復室を抜け出して、トンネルの中に入っていきました。
and all the darkness and blackness in front of me,
目の前は真っ暗な闇に包まれています。

And I kept looking for a bit of light,
私はどこかに少しでも光が差し込んでいないかと探しました。
and as I'm struggling to find just a glimmer of light,
そして必死に目を凝らしていると
there was a glimmer all the way as far as I can see
はるか彼方に微かな光が見えました。
and I focused on that glimmer of light
私はその微かな光に意識を集中しました。
because I felt safe knowing there is a little light at the end of the tonnel, I guess you would say.
トンネルの向こうに小さな光があることがわかって安心したんですね。

There was a little light, and that light started to grow and grow and grow
するとその小さな光はどんどん大きくなっていき、
and pretty soon it was everywhere.
見る見るうちに、まわり中が光でいっぱいになって
I was encompassed in this gorgeous light.
私はその輝かしい光に包まれていました。

And as I moved through the light, the light parted.
そしてその光の中を進んで行くと、光は両側に分かれました。
It was a cloud-like light, very ethereal and wafting, and I'm floating through it.
それは、霊妙で、ふんわりした、雲のような光で、私はその中を漂っていました。
And there were two rows of monks standing in front of me.
前方には、二列に並んだ修道士たちがいました。
I say monks because they wore brown monk's robes with the hoods up.
それが修道士だと思ったのは、フードのついた茶色の修道衣を着ていたからです。
And as I floated between them I could feel the unconditional love emanating from them.
私はその二列の間を漂って行き、その人たちから無条件の愛が注がれてくるのを感じました。

And as I got to the end, one on the very end on the left stepped forward and he spoke to me.
そして列の端まで行くと、左側の列の端にいた修道士が進み出て、私に告げました。
(I say "he" because he had all that wonderful male energy
(その修道士を男性だと思ったのは、そのエネルギーが父親のように頼もしく、
of fatherlyness, protectiveness, powerful and in charge.)
力強く、指導者的な、すばらしい男性エネルギーだったからです。)
And he said, "You cannot stay. It's not your time. You must go back."
彼は言いました。「ここにはいられないんですよ。まだその時じゃない。あちらに帰らなくては」

And I was begging and pleading at that point to say,
私は必死に頼みました
"I have finally come home. I can't go back. You can't send me back.
「私はやっと帰って来たんです。あちらに戻るなんて嫌です。追い返さないでください。
This is what I wanted my whole life."
私は生まれた時から求めてきたものに、やっと巡り会えたんです」
And he repeated, "You cannot stay. You must go back. You have a child."
でも彼は言いました。「だめです。帰るのです。あなたには子供がいるのだから」

And I did. My daughter was six years old, and I was divorced.
彼の言う通りでした。私には当時6歳の娘がいて、その父親とは離婚していたのです。
And he said, "You must go back. You have a child. You cannot stay."
彼は言いました。「帰るのです。あなたには子供がいる。ここにとどまることはできません」

And I'm thinking to myself, who would take care of my child?
私は、誰が私の子の世話をしてくれるのかを考えました。
And as I'm thinking about who would be the one to take care of my child
そして、私があの子にしてやりたいほどの世話を、一体誰がしてくれるだろう...
the way I wanted her to be cared for, I was back in my body.
と思ったとき、私は自分の体の中に戻っていました。

And I wakened in my hospital room next to another patient.
目を覚ますとそこは病室で、そばにはもう一人の患者がいました。
And I knew I had been changed forevermore.
私は自分がすっかり変わってしまったのがわかりました。

(5:47) Dianne, listeners from different religious traditions often insist
ダイアンさん、視聴者の皆さんには色々な宗教的背景があり、
that image from their own religion appeared in their near death experiences,
「臨死体験には、自分の宗教で説かれているとおりの形象物が現れた」 と言うことが多いようで、
and when that doesn't happen often upset.
そうでないものが現れた場合はひどく動揺するようなんですが、
How do you cut for the image of the monk or image of the monks?
修道士が現れたということについては、どうお考えですか?


(6:04) Well, it would be a reference point for me in my life.
それはたぶん私の人生上の参照点を表すものでしょうね。
Because I went all the Catholic scools,
私は、学校はずっとカトリックだったんですけど、
monks were always to me the gentlest of priests, and that was a comfort zone for me
修道士の人たちって、聖職者の中でもいちばん優しくて、心安らぐ人たちでしたからね。
and I have been to many of the missions and always the monks of the missions
私はいろんな教会にも行ったし、修道士にも接してきました。
and it was just a reference point for me.
だから、修道士は私の参照点だったんじゃないかと思います。

(6:30) But this particular monk at the end on the left had no face.
でも左列の端の修道士は顔がなかった...


(6:33) Right. When I looked, it was just energy.
そうなんです。そこにはただのエネルギーがあるだけでした。
There is no face but there wasn't anything frightening about that.
でも顔はなくても、恐怖感は全く感じませんでした。

(6:38) I wonder if it is possible to have a near death experience without images.
じゃあ、形象物というものの全くない臨死体験というのは可能なんでしょうか?
Why was the image necessary in this experience?
あなたの臨死体験にはどうして形象物が必要だったんでしょうか?


(6:47) I think I needed that kind of energy and imagery to be comfortable in
たぶん、私はああいうエネルギーや形象物があると落ち着けるし、
where I was to feel safe in where I was...
守られてる感じがするし、それに...
I think psycologically you need a touch of something that's familiar
心理学的に見ても、何かちょっとしたなじみ深いものがあると
so that you're not kind of living in mind, you know,
抽象的な世界に落ち込まなくてすむでしょ。
that you're able to absorb and be present with what's going on.
だから、そこで起こっていることをちゃんと受け止めることができるんだと思います。

(7:15) Would you say that these images were projection on your part?
じゃあそういう形象物は、あなたが投影したものなんでしょうか?
How would you account for them?
それについてはどう説明しますか?


(7:19) I have no idea why it occurs the way it does.
あれがああいう風に起こったのはどうしてなのか、私にはわかりません。
It may have been a projection.
投影なのかもしれません。
I think it was just something that would be analogous to my life that I wouldn't understand.
たぶん、自分にはわからない自分の人生に似たようなものだったんじゃないかと思います。

(7:36) You said that everything you wanted was there in experience?
あなたは、求めていたもの全てをそこで経験したと言われましたね。


(7:39) Everything I had ever, ever wanted in life,
そうです。生まれてこの方ずっと求めていたものを、全て味わいました。
that sence of belonging, that sence of unconditional love, that sence of connection,
帰属感も、無条件の愛も、一体感も。
these feelings of unconditional love that was blissful and joyful and ...
その無条件の愛の感覚は、もう本当にすばらしくて...

You know, we're all looking for love,
私たちってみんな愛を求めてますよね。
and we have this idea that it's gonna be everything.
そして愛はすべてだと思ってる。
I had been married and I loved my husband,
私にも、結婚の経験や夫を愛した経験があります。
but this transcended that so completely.
でも、あの愛とは比べ物にならないんです。
We just don't even have words to talk about the kind of bliss that you feel.
この世には、あの愛の至福感を言い表す言葉さえ存在しないんです。

(8:14) Here you related this experience:
その経験について、あなたはこうおっしゃいましたね。
One, it sounds profound; and two, it souns simple,
それは、深い意味を持っている感じもするし、単純明快な感じもする。
something that happened in a very short period of time
それは、ごく短い時間に起こった出来事だけれども
yet to have changed your life completely,
自分の人生を完全に変えてしまった。
and so much of what you have experienced in life and learned since then
そして、それ以後の人生で経験したり学んだりしたことの、かなりの部分が
have been result of these few moments.
その数分間に起こったことの結果である、と。


(8:38) Exactly.
そのとおりです。

(8:40) When I hear other people talk about their near-death experiences, it's the same.
他の臨死体験者の方々も、同じことを言っています。
It's a moment of bliss and yet compressed in this moment,
それは至福の時であり、しかもその瞬間の中に凝縮していた。
almost like a big bang that reverberate throughout their lives.
まるで、一生を通じて影響し続けるビッグバンのようなものだ、と。


(8:52) I think it's similar in a way.
ある意味では似ていると思います。

(8:55) So how the experience changed you?
では、その経験であなたはどう変わりましたか?


(8:57) Well at the time that I had the surgery I was sort of ■■■ to my life.
そうですね、あの手術を受けた時、私は人生に対して■■■でした。
I was divorced, I was in my early thirties,
その少し前に離婚し、すでに30歳も過ぎて、
the work I had been doing for 17 years was no longer available
17年前からやっていたモデルの仕事はもう得られなくなっていました。
because I'd worked as a model and I was now too old,
もう年を取り過ぎていたんです。
and I needed to find a new path
そのため、新しい道を見つける必要があったのですが、
and I think the hardest part for me is that I was not feeling settled within myself.
いちばん大変だったのは、自分の中に落ち着きを感じられないことでした。
I was feeling like a failure because I have been through divorce,
離婚した自分を落伍者だと感じていたからです。
being raised Catholic it was important to me to have stayed in this marriage,
カトリックとして育った私にとって、一つの結婚を貫き通すことは大事なことだったのに
but this was untenable for me,.
それができなかったんですからね。
So just everything I knew had changed here.
それで、自分の知っていた世界がすっかり変わってしまいました。
My parents were gone.
両親ももう亡くなっていたし、
I just didn't have any grounding in that moment of time.
あの時点で拠り所になるようなものが何一つなかったのです。
And I didn't have hope for the future.
それに、将来の希望もありませんでした。
And I was worried and concerned and frustrated and angry,
私は不安におびえ、悩み、苛立ち、腹を立て、
and I was a kind of victim of all and ...
自分をあらゆることの被害者だと思っていたんですけど...

Since the experience, you know,
それが、あの臨死体験で
I was allowed to have a great understanding of how it all works
一切の物事の仕組みについて、しっかりわからせてもらいました。
that I'm not a victim,
私は被害者じゃないんだということも、
that life is happening through me, not to me,
人生の出来事は、私にふりかかってきてるんじゃなくて、私を通して起こってるんだということも、
that my perceptions are indeed creating my reality
私の思いが私の現実世界を作り出しているんだということも、
and I have a choice every moment,
一瞬ごとに生き方を選べるのだということも。
do I wanna be happy.
つまり、楽しい生き方を選ぶのかどうなのか、ということですね。

(10:16) Who brought you these realizations?
そういう気づきをもたらしてくれたのは、誰ですか?


(10:18) Having that sence of unconditional love,
無条件の愛というあの感覚の経験、
having the knowing of this, that we're not judged on any level,
どんなレベルのことも、裁きなんか受けていなかったんだ、というあの気づき
we are loved beyond the...
私たちに注がれている、とてつもない愛の大きさは...
you can't even quantify how much we are loved.
それはあまりにも大きくて、測ることさえできないんです。

And if that's our true reality,
そして、もしそれが私たちの本当の姿であり、
if that's what we have to look forward to,
私たちを待ち受けているのはそういうものであり、
if that's we are coming from
私たちが生まれてきたのはそういう所からだったのだとすれば、
why wouldn't I find that within myself here,
この地上の現実の中にそれを見い出せないはずがない。
and that was what I set out to do
じゃあ、それをやってみよう、
was to understand how I could create
どうすればああいう至福の状態をこの地上の暮らしの中に
that kind of heavenly experience here in human form.
もたらして行けるかを探ってみよう、と思ったんです。

I realized it was possible,
そして、それができることがわかりました。
I realized I didn't have to die to have that.
死ななくても体験できるんです。

(11:02) Now from this experience you noticed some abilities
この体験をしてから、一連の特殊な能力があることに気づくようになったそうですね、
like clair audience, clair sentience, and kinesthetic abilities.
超常的聴覚とか、超常的知覚とか、超常的体感とか。
I'm not sure what those are. What are they?
私はまだよくわかってないんですが、それはどんな能力なんですか?
How did you discover them?
どうやってそういう能力に気づかれたんですか?


(11:18) Well, I realized soon after leaving the hospital
退院してからすぐに気づきました。
that all of sudden I was picking up everybody's information.
急にあらゆる人の情報が入ってくるようになったんです。
I could hear people. I could sense them. I could read them.
人の心の声が聞こえたり、感じられたり、読めたりするようになって、
I knew where their pain was. I knew what their stories were.
この人はどういう辛いことがあるのか、どういう身の上なのかがわかり、
I also was knowing things that I couldn't know about people
知りようがないはずの、その人の未来に起こることさえ
that were coming to them, coming in the future.
わかるようになりました。

The kinestetic part of it is something I had that got just exacerbated in this experience,
超常的体感というのは、臨死体験してからひどくなった不都合な現象で、
and that is the energy and the information it comes to my pores, I mean, I feel everything.
エネルギーや情報が全身の毛穴に来るんですね。体で感じてしまうんです。
I have to be careful when I see movies and TV shows that is nothing violent or what not
だから、映画やテレビでも、暴力的なものやその種のものは一切見ないように気をつけています。
because I feel it, I feel pain, I feel discomfort, I feel it all.
痛みも苦しみも、みんな体で感じてしまうからです。

(12:15) So how do you deal with all this ?
なるほど。で、どうやってそういうことに対処しておられるんですか?
How do you channel it into something that's not overwhelming?
どうやって、そういう能力に翻弄されないよう調整していらっしゃるんですか?


(12:20) It's taking me my lifetime to figure that one out
いい方法がなかなか見つからなくて、今も探しています。
because I'm such a sensitive...
なにしろ感受性が強すぎるので...
I use different techniques putting myself in a bubble of hologram
ホログラムの泡の中に自分を置く、いろんなテクニックを使ってるんですけど、
my newest thing is putting on this space-suit with helmet and setting myself sip-up, you know,
一番最近のは、ヘルメットのついた宇宙服のようなものを着てるつもりになることですね、
knowing that I have force field that nobody can penetrate so, you know, I play with it.
エネルギーの場のようなものに守られていて、外から何も入って来れない、というような。
And there are times when it works and times when it doesn't.
それでうまくいくこともあるし、いかないこともあります。

(12:45) And you use these abilities to help people?
で、そういう能力を使って人々を助けていらっしゃるんですか。


(12:47) I do.
はい。

(12:48) How do you do that?
それはどういう風に?


(12:49) Well, one of the things is that I came back with this ability to see people in their essence,
ひとつには、私は人を、その本質で見ることができるようになったということですね。
I don't see the facade personality, I see who they are at the core.
表面的な性格じゃなくて、その人の心髄が見えるんです。

(12:58) What does that feel like or look like?
それはどんな感じがするものですか? どんな風に見えるんですか?


(13;00) Oh, it's divine, absolutely divine,
神聖な感じ、もう本当に神聖な感じです。
I mean, to be able to see right now you in all of your heart energy,
今もあなたがハートのエネルギーとして見えています。
absolutely your heart energy, your divine connection
もう完全なハートのエネルギー、全宇宙との神聖なつながり、
that's what I see in your face, I see your presiousness.
あなたの顔にもそれが見えます。あなたという存在の尊さが見えます。

And part of my job is to mirror that back to people
わたしのやることの一つは、それを本人たちにフィードバックしてあげて、
so that they can sense as to who they really are,
ご自分の本質に気づかせてあげることです。
not who the ego has told them, not who life has shown them to be,
自分の自我や人生体験が作り上げた 「自己イメージ」 ではなく、
but who they really are at the core.
もっと核心的な、本当の自分というものをね。

(13:32) So you feel people are connected,
で、あなたは人々のつながりということ、つまり
the people you meet in life are connected to the source you came from?
あなたが出会う人々は、宇宙の本源から生まれてきて、その本源とつながっている、
と感じていらっしゃるんですか。


(13:36) Everybody's connected to the source. The world coming from the one.
全ての人は本源とつながっています。世界は本源から生まれてるんです。

(13:40) But yet the people you meet don't know that.
でも、あなたが出会う人々はそれを知らない。


(13:44) Right.
そうなんです。

(13:46) So what does that do to you
では、あなたには人々が本源から生まれて来ていることが見えるのに、
seeing people in their essence from source
人々が自分はどこから生まれてきたか気づかないでいる、
and knowing in your heart that they are not aware where they come from?
ということもわかっていて、どんな感じがしますか?


(13:54) Well, in the beginning of course I wanted everybody to wake up.
最初はもちろん人々に目覚めて欲しいと思いました。
I didn't know what was going on.
どうしてそういうことになっているのか、わからなかったんです。
And then I realized the time that unless somebody asks for help it's none of my business.
でもそのうち、本人から助けを求められない限り、私の出る幕じゃないと思うようになりました。
You know they're exactly where they are supposed to be.
人は皆、いま居るべき所に居るんです。
If they're awake, that's wonderful. If they're not, that's perfect, too.
目覚めが起これば、それはすばらしいことだし、起こらなければ、それも完璧なんです。
Everybody has their process and I don't have a judgement on where they are in their process.
人にはそれぞれの進み方というものがあります。それについて私がどうこう言うことはできないんです。

(14:21) When you were in this other state as near-death experience, it was...you would say another dimention?
あなたが臨死体験をしておられた時、それは...別次元と呼んでいいでしょうか?


(14:28) Absolutely.
その通りです。

(14:29) What does that mean?
それはどういうものなんでしょうか?
I mean, we're used to three dimension that we can see
つまりですね、我々はこの目で見える3次元世界というものに慣れていて、
and because this is what we can see and feel and hear and sense,
見えたり、さわれたり、聞こえたり、感じられたりするのはその世界だけなので、
we think that's all there is.
それ以外の世界などないと思っています。
So, what is it like to slip into another dimension?
別の次元に入り込むというのは、どんな感じがするものなんですか?


(14:44) Divine. Out-of-worldthy. It's almost like a fantasy.
神聖です。この世離れした感じ。幻想的とも言えるでしょう。
You know these are places and experiences that our language just doesn't cover.
あのね、どうしても言葉にできない場所や経験というものがあるんですね。
All I can say is that you feel so at one with everything that is,
私に言えることは、自分は一切のものと一体で、一切のものごとがわかっている、
you feel a sense of knowledge about everything that is.
と感じているということです。
It's like you're connected into the universal wisdom, the universal source of love.
普遍的な知の根源、愛の根源とつながっている、という感じですね。
It's just so satisfying and that's such a bad terminology for it, but it's so...you just...
それはもう本当に充たされた感じ。稚拙な表現ですが、もう本当に...それはそれは...
you're in bliss.
至福ですね。

(15:33) Why can't these dimension be described in words?
そういう次元のことはどうして言葉で言い表せないのでしょう?


(15:38) Because they're divine,
神の世界のことだからです。
and we don't have the sensitivity to speak about divine.
私たちは神の世界のことを話せるような繊細さを持ち合わせていないんです。
It's something... it's like rapture... , it's something that we look towards
それはね...歓喜に満ちた... みんなが待ち焦がれているような世界なんですけど
but it's not something we know how to quantify.
数量化できるような所ではないんです。
You can only be in it, you know.
体験するしかないんですね。

(16:01) And you would love it if people could experience this.
そしてあなたは、みんながこれを体験できればいいのに、と思ってらっしゃるんですね。


(16:04) I would love it if people knew that they were loved unconditionally.
みんなが無条件に愛されていることに気づいてくれればいいな...
I would love it if people knew that there was no judgement no matter who they are.
どんな人であっても、そのことで裁かれることはないんだ、ということに気づいてくれればいいな...
I would love it if people knew that we were all connected
みんながつながっていて、一人一人が見ること行うことは全ての人に影響しているんだ
and that everything we see and do afects everone else.
ということに気づいてくれればいいな... と思っています。

(16:19) So as a healer who's had this remarkable experience,
あなたはこういう特別な体験をして、現在はヒーラーになっていらっしゃるわけですが、
how do you remove blocks and obstacles that prevent people from realizing who they are?
人々が真の自己に気づくことの妨げになっている障害物を、どうやって取り除いていらっしゃるんですか?


(16:30) That's the best part of what I do.
それが私の仕事の一番おもしろい所なんですけどね、
It's allowing people to see the truth of what they are caring inside.
それぞれの人に、自分で気になっていることの本質を見るよう仕向けるんです。
You know we all have a belief system about ourselves in our experiences,
人はみんな、自分自身の信念体系を通していろんな体験をするでしょ。
and part of the work that I do is to change the perceptions
私はその体験の受け止め方を変化させ、
of what they've really experienced, to reframe it
別の枠組みでとらえられるようにして
so that they can experience it only in a different way,
その体験が別様に感じられるようにするんです。
and it takes the sting out of it, it takes the pressure out of it,
そうするとそれはその体験から棘や圧迫感を取り除くことになって
and it allows them to be more open to a fuller experience.
その体験をもっと完全な形で取り込めるようになります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ インタビューはまだまだ続いているのですが、
  翻訳作業が中々はかどらないので
  ひとまずここでアップロードすることにします。
  中途半端ですみません。  <(_ _)>  ゆうこ





----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------


【【【【  生と死の問題を考えるための参考書  】】】】
       ◎ 読者レビューで特に高評価のものだけを厳選しています。
       ◎ 書名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。

--------------------------------------------------------------
 【1】 このブログで取り上げた人たちの著作
--------------------------------------------------------------

▼ アニータ・ムアジャーニ
   ◇ 喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ もしここが天国だったら?
▼ ティール・スワン
   ◇ 自分を愛せなくなってしまった人へ ― 自らに光をともす29の方法
▼ エスター・ヒックス
   ◇ 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
   ◇ 実践 引き寄せの法則
   ◇ サラとソロモン
▼ ジル・ボルト テイラー
   ◇ 奇跡の脳 ― 脳科学者の脳が壊れたとき
▼ ダニオン・ブリンクリー
   ◇ 未来からの生還 ― 臨死体験者が見た重大事件
   ◇ 続・未来からの生還 ― あの世へ旅立つ人々への贈り物
   ◇ 「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める
▼ ジャニーン シェパード
   ◇ 奇跡の空

--------------------------
 【2】 臨死体験
--------------------------

▼ 木内鶴彦
   ◇ 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み
   ◇ 生き方は星空が教えてくれる
   ◇ あの世飛行士 未来への心躍るデスサーフィン
▼ 飯田史彦
   ◇ ツインソウル ― 死にゆく私が体験した奇跡
   ◇ 生きがいの創造 ― “生まれ変わりの科学”が人生を変える
   ◇ 生きがいの本質 ― 私たちは、なぜ生きているのか
   ◇ 生きがいの創造V スピリチュアルな疑問にどう答えるか?
▼ 鈴木秀子
   ◇ 死にゆく者からの言葉
   ◇ 臨死体験 生命の響き
▼ 高木 善之
   ◇ 転生と地球 ― 価値観の転換へのメッセージ
▼ 矢作直樹
   ◇ 人は死なない - ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索
   ◇ 「いのち」が喜ぶ生き方
   ◇ 神 (サムシング・グレート) と見えない世界
▼ エベン・アレグザンダー
   ◇ プルーフ・オブ・ヘヴン ― 脳神経外科医が見た死後の世界
   ◇ DVD エベン・アレグザンダーとレイモンド・ムーディの対話
▼ ベティー・イーディー
   ◇ 死んで私が体験したこと ― 主の光に抱かれた至福の四時間
▼ バーバラ・ハリス
   ◇ バーバラ・ハリスの「臨死体験」
▼ レイモンド・ムーディ
   ◇ 永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験
   ◇ 生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論
▼ マイクル・セイボム
   ◇ 「あの世」からの帰還 ― 臨死体験の医学的研究
▼ メルヴィン・モース
   ◇ 臨死体験 光の世界へ
▼ ジェフリー・ロング
   ◇ 臨死体験 9つの証拠
▼ シェリー・サザランド
   ◇ 光のなかに再び生まれて ― 臨死体験から学ぶ人生の意味
▼ エリコ・ロウ
   ◇ 死んだ後には続きがあるのか 臨死体験と意識の科学の最前線
▼ 立花隆
   ◇ 臨死体験〈上〉
   ◇ 臨死体験〈下〉
   ◇ 証言・臨死体験
▼ 南方熊楠
   ◇  「幽体離脱体験と 臨死の霊魂の話」 現代語訳
▼ A. ファーニス
   ◇ 誰も書けなかった死後世界地図
   ◇ 誰も書けなかった死後世界地図 II

-----------------------------
 【3】 死を迎える
-----------------------------

▼ エリザベス・キューブラー・ロス
   ◇ 永遠の別れ ― 悲しみを癒す智恵の書
   ◇ 「死ぬ瞬間」と死後の生
   ◇ 死後の真実
   ◇ 人生は廻る輪のように
   ◇ ライフ・レッスン
▼ 奥野 滋子
   ◇ 「お迎え」されて人は逝く
   ◇ ひとりで死ぬのだって大丈夫
▼ 岸本 英夫
   ◇ 死を見つめる心
▼ 萬田緑平
   ◇ 穏やかな死に医療はいらない
▼ 石飛 幸三
   ◇ 「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか
▼ 中村 仁一
   ◇ 大往生したけりゃ医療とかかわるな
▼ 近藤 誠 / 中村 仁一
   ◇ どうせ死ぬなら「がん」がいい
▼ 近藤 誠
   ◇ 「医者に殺されない47の心得」 医療と薬を遠ざけて元気に長生きする方法

-----------------------------
 【4】 霊視・交霊
-----------------------------

▼ ジェームズ・ヴァン・プラグ
   ◇ 人生を、もっと幸せに生きるために ― 死者からのアドバイス
▼ ジナ・サーミナラ
   ◇ 転生の秘密 (エドガー・ケイシー〈秘密〉シリーズ (1))
   ◇ 超能力の秘密 ― エドガー・ケイシー・レポート
▼ アニー・ケイガン
   ◇ アフターライフ ― 亡き兄が伝えた死後世界の実在、そこで起こること
▼ 江原 啓之
   ◇ スピリチュアルメッセージII ― 死することの真理
   ◇ 前世 人生を変える
   ◇ 人はなぜ生まれいかに生きるのか
   ◇ ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー
▼ ハロルド・シャープ
   ◇ ペットたちは死後も生きている

-----------------------------
 【5】 前世の記憶
-----------------------------

▼ イアン・スティーヴンソン
   ◇ 前世を記憶する子どもたち
   ◇ 前世を記憶する子どもたち 〈2〉 ヨーロッパの事例から
   ◇ 生まれ変わりの刻印
▼ ジム・B. タッカー
   ◇ 転生した子どもたち ― ヴァージニア大学 40年の「前世」研究
▼ 竹倉史人
   ◇ 輪廻転生 〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語
▼ 森下 典子
   ◇ 前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って
▼ 平田 篤胤
   ◇ 仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)
   ◇ 勝五郎再生記聞 ― 前世の記憶を持つ子どもの話 (現代語超編訳版)

-----------------------------
 【6】 胎内記憶
-----------------------------

▼ 池川 明
   ◇ ママのおなかをえらんできたよ
   ◇ おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
   ◇ 雲の上でママをみていたときのこと
▼ いんやく りお
   ◇ 自分をえらんで生まれてきたよ
▼ 南山 みどり
   ◇ ママが「いいよ」って言ってくれたから、生まれてこれたんだよ

-----------------------------
 【7】 退行催眠
-----------------------------

▼ 中野 日出美
   ◇ 前世療法 137回の前世を持つ少女
▼ 一宇 ichiu
   ◇ 人生の法則: 3,000人の前世療法から明らかになった真実
▼ 萩原 優
   ◇ 前世療法の奇跡
   ◇ 医師が行う「ガンの催眠療法」 CDブック
▼ ブライアン・L. ワイス
   ◇ 前世療法 ― 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
   ◇ 魂の伴侶―ソウルメイト
   ◇ 「前世」からのメッセージ
   ◇ 未来世療法
▼ マイケル・ニュートン
   ◇ 死後の世界を知ると人生は深く癒される
   ◇ 死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」
▼ J・L・ホイットン
   ◇ 輪廻転生―驚くべき現代の神話

-----------------------------
 【8】 ヘミシンク
-----------------------------

▼ ロバートA. モンロー
   ◇ 究極の旅―体外離脱者モンロー氏の最後の冒険
▼ ブルース モーエン
   ◇ 「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち
▼ 鈴木 啓介
   ◇  ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」
▼ まるの日 圭
   ◇ 誰でもヘミシンク ― サラリーマン『異次元』を旅する
▼ 星海 ケン
   ◇ 人は死んだらどこに行くのか―《モーエン流死後探索術》体験記

-----------------------------------
 【9】 異次元領域の探究
-----------------------------------

▼ 笠原 敏雄
   ◇ サイの戦場 ― 超心理学論争全史
   ◇ 隠された心の力 ― 唯物論という幻想
▼ 天外伺朗
   ◇ ここまで来た「あの世」の科学 ― 魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する
▼ 苫米地英人
   ◇ 苫米地英人、宇宙を語る
▼ 大門 正幸
   ◇ なぜ人は生まれ、そして死ぬのか
▼ ジェス・スターン
   ◇ 内なるドクター ― 自然治癒力を発動させる、奇跡の処方箋

--------------------------
 【10】 覚醒者
--------------------------

▼ パラマハンサ・ヨガナンダ
   ◇ あるヨギの自叙伝
   ◇ 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
▼ エックハルト・トール
   ◇ さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
   ◇ 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
▼ ラム ダス
   ◇ 人生をやり直せるならわたしはもっと失敗をしてもっと馬鹿げたことをしよう
   ◇ 死の処方箋―人はなぜ苦しむのか?
▼ 雲 黒斎
   ◇ あの世に聞いた、この世の仕組み
   ◇ もっと あの世に聞いた、この世の仕組み
▼ 阿部敏郎 / 雲黒斎
   ◇ 降参のススメ
▼ 阿部 敏郎
   ◇ さとりの授業
▼ アレクサンダー・マルシャーン
   ◇ この宇宙は夢なんだ 解き明かされる生存の秘密
▼ マイケル・A・シンガー
   ◇ サレンダー

-----------------------------------
 【11】 チベット仏教
-----------------------------------

▼ NHKスペシャル
   ◇ チベット死者の書―仏典に秘められた死と転生
   ◇ チベット死者の書 [DVD]
▼ ダライ・ラマ十四世
   ◇ 仏教入門 ― 心は死を超えて存続する
   ◇ 死の謎を説く
   ◇ 「こころを学ぶ」 仏教者と科学者の対話

---------------------------------------
 【12】 薬物と変性意識
---------------------------------------

▼ オルダス ハクスリー
   ◇ 知覚の扉
▼ 蛭川 立
   ◇ 彼岸の時間―“意識”の人類学
▼ 草下 シンヤ
   ◇ 実録ドラッグ・リポート
▼ 久保 象
   ◇ ドラッグの教科書
▼ マリファナ・X編集会
   ◇ マリファナ・X ― 意識を変える草(ハーブ)が世界を変える
▼ アルバート・ホッフマン
   ◇ LSD ― 幻想世界への旅
▼ ラム・ダス
   ◇ ビー・ヒア・ナウ ― 心の扉をひらく本
▼ ジョン・C・リリー
   ◇ サイエンティスト ― 脳科学者の冒険
▼ 麻枝 光一
   ◇ マリファナ青春旅行〈上〉アジア・中近東編
   ◇ マリファナ青春旅行〈下〉南北アメリカ編
▼ ジェームズ・アーサー
   ◇ 幻覚性キノコで半霊半物質への扉が開いてしまう
▼ マーティン A.リー
   ◇ アシッド・ドリームズ ― CIA、LSD、ヒッピー革命
▼ 高崎 ケン
   ◇ アムステルダム 裏の歩き方





3件のコメント

[C111]

続きを楽しみにしています。
ありがとうございます。
  • 2016-08-16
  • スー
  • URL
  • 編集

[C112] ダイアン・シャーマンさんの臨死体験

ゆうこさま

過日、メランさんの投稿記事に感動してコメントさせていただきました。翻訳はどんなに大変でいらっしゃるでしょう<m(__)m>  

今回のも、又、アニータさんのも、短時間でも臨死体験をされると、ずっと、「真実の愛」でいられるものなのですね。

しかも、どなたも臨死体験をしなくても、同様の感覚になれます、という言葉には、驚きながらも、本当に励まされます。

ゆうこさんのブログに出会って、`死’に対しての
恐怖感覚がかなりかなり減っています。
この恐怖感が地球三次元にいる人間を本筋から外れさせてしまうスゴイまでのマイナスパワーなのですね。

自我、欲望も気づいて、瞑想しても何をしても、まだ
いるなぁ~とげんなりすることしばし!ですが、

真実を知りたいなと思っていたら、ゆうこさんのブログを知りましたので、丁寧に読ませていただいて
います。

どの記事も、美しい日本語になっていると、通訳をしている友人が、素敵な翻訳をされてるわ!と。
ここを、こういう風に訳すのだ~と驚いたと同時に、日本語は、響きがきれいなのだと改めて思ったとのことでした。これには、私も同感なのです。


続きは、とてもとても楽しみにはしていますが、ゆったりとした日々を楽しまれてくださいませ

感謝一杯!!

メイ


  • 2016-09-01
  • メイ未来
  • URL
  • 編集

[C113] メイさん、ようこそ~♪

またもや丁寧であたたかいコメント、ありがとうございます。
どこをどう気に入っていただけたかわかる、こういう具体的なコメントは
今後の記事制作の指針になるので、本当にありがたいです。

YouTubeを見ていると、ぜひとも和訳付きで紹介したい動画が次々に見つかって、
それを片っ端から Inspiration Library に保管しているのですが、
翻訳作業が中々はかどらず、たまる一方です。 (^^;
  • 2016-09-02
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター