Entries

メラン・トーマス・ベネディクトの臨死体験

これは1982年に末期の脳腫瘍で死亡し、1時間半後に生き返った
メラン・トーマス・ベネディクトさんの臨死体験記です。

アニータ・モージャニさんとは、関心の在り方が全く違うので、
臨死体験の内容もかなり違いますが、
これはこれで、また大変興味深いものになっています。
(癌が消えてしまったことだけは共通しています)

どうぞじっくり味わってみてください。



DVD「Awake In the Dream」のボーナス・インタビュー



George Noory のラジオ番組「Coast to Coast AM」のインタビュー



Near-Death Experience of Mellen-Thomas Benedict
メラン・トーマス・ベネディクトの臨死体験
           (和訳: ゆうこ)

1. The Road to Death 死への道

In 1982 I died from terminal cancer.
1982年、私は末期癌で死んだ。

The condition I had was inoperable,
それまでの私の状態は、手術は不可能、
and any kind of chemotherapy they could give me
抗癌剤投与をしたとしても
would just have made me more of a vegetable.
植物人間になるだけと言われ、
I was given six to eight months to live.
余命は6か月~8か月と宣告されていた。

I had been an information freak in the 1970's,
1970年代、私は情報マニアで、
and I had become increasingly despondent
核危機や環境破壊など様々な問題について、
over the nuclear crisis, the ecology crisis, and so forth.
絶望感をつのらせていた。

So, since I did not have a spiritual basis,
そして、精神世界の知識などは持ち合わせていなかったので、
I began to believe that nature had made a mistake,
これは造化の過ちによるもので、
and that we were probably a cancerous organism on the planet.
人類こそは地球の癌細胞なのだ、と思えてきた。

I saw no way that we could get out
そして、我々が生み出してしまった人類や地球の様々な問題から
from all the problems we had created for ourselves and the planet.
逃がれるすべはもうないのだと思った。

I perceived all humans as cancer, and that is what I got.
この「すべての人間は癌細胞なのだ」という思いが私を癌にし、
That is what killed me.
私を死に追いやったのだ。

Be careful what your world view is.
自分の世界観には気をつけないといけない。
It can feed back on you,
自分自身にはね返ってくる。
especially if it is a negative world view.
ことに否定的な世界観は。

I had a seriously negative one.
私の世界観は極度に否定的なものだった。
That is what led me into my death.
それが私を死に至らしめたのだ。

I tried all sorts of alternative healing methods,
私はあらゆる種類の代替医療をやってみた。
but nothing helped.
だが、効果はなかった。
So I determined that this was really just between me and God.
それで、結局これは神と私だけの問題なのだと思った。
I had never really faced God before, or even dealt with God.
それまで神と向き合ったことも、神と関わったこともなかったのに。

I was not into any kind of spirituality at the time,
それまでは、精神世界のことは何も知らなかったのだが、
but I began a journey into learning about spirituality and alternative healing.
この時から精神世界や代替医療について学び始めた。
I set out to do all the reading I could and bone up on the subject,
当の問題について本を読み漁り、必死に知識を集めた。
because I did not want to be surprised on the other side.
あの世で驚きたくなかったからだ。
So I started reading on various religions and philosophies.
それで、様々な宗教や哲学の本を読むことになったのだが、
They were all very interesting,
どれもこれも大変興味深く、
and gave hope that there was something on the other side.
「あの世には何かがあるらしい」という希望がわいてきた。

On the other hand, as a self-employed stained-glass artist at the time,
けれども、私は当時、自営のステンドグラス工芸家だったので、
I had no medical insurance whatsoever.
医療保険の恩恵には浴していなかった。
So my life savings went overnight in testing.
それで、検査のため、一夜にして貯金がなくなり、
Then I was facing the medical profession without any kind of insurance.
その状態で、保険なしの医療に直面することになった。
I did not want to have my family dragged down financially
だが、家族には経済的な迷惑をかけたくなかったので、
so I determined to handle this myself.
何とか自分でやってみることにした。

There was not constant pain,
持続する痛みはなかったが、
but there were black-outs I got
度々意識が遠のくようになったので、
so that I would not dare to drive,
車の運転は控えるようになり、
and eventually I ended up in hospice care.
やがてホスピスのお世話になることになった。
I had my own personal hospice caretaker.
個人的なホスピス介護人に付き添ってもらうことにしたのだ。

I was very blessed by this angel
闘病の最後の部分をこの天使のような女性に世話してもらったことは
who went through the last part of this with me.
本当に幸せだった。
I lasted about eighteen months.
私はそれから約18か月、生き延びた。

I did not want to take a lot of drugs,
できるかぎり意識を明瞭に保っておきたかったので、
since I wanted to be as conscious as possible.
麻薬の使用はなるべく控えることにした。
Then I experienced such pain
すると、もう痛みのほか何も感じられないほどの
that I had nothing but pain in my consciousness,
激しい痛みに襲われるようになった。
luckily only for a few days at a time.
一度に数日以上続かないのは幸いだったが...。

I remember waking up one morning at home about 4:30 AM,
そしてある朝、4時30分に自宅で目覚めた私は
and I just knew that this was it.
ああ、ついに来たか、と思った。
This was the day I was going to die.
この日死ぬのだとわかったのだ。

So I called a few friends and said goodbye.
私は数人の友人に電話をかけ、別れを告げた。
I woke up my hospice caretaker and told her.
それからホスピス介護人を起こし、死期の到来を告げた。

I had a private agreement with her
この女性とは、前もって取り決めがしてあり、
that she would leave my dead body alone for six hours,
死後6時間は、私の死体をそのままにしておいてもらうことになっていた。
since I had read that all kinds of interesting things happen when you die.
人が死ぬときは様々な興味深いことが起こるということを本で読んでいたからだ。

I went back to sleep.
そしてまた眠った。

The next thing I remember
次に覚えているのは
is the beginning of a typical near-death experience.
典型的な臨死体験が始まっていたことだ。

Suddenly I was fully aware and I was standing up,
突然意識が完全に目ざめ、私は立ち上がっていた。
but my body was in the bed.
肉体はベッドに横たわったままだ。
There was this darkness around me.
私のまわりには独特の闇。
Being out of my body was even more vivid than ordinary experience.
肉体を抜け出した感覚は日常意識よりももっと鮮明で、
It was so vivid that I could see every room in the house,
自宅の部屋の一つ一つを見ることができ、
I could see the top of the house, I could see around the house,
屋根の上も、家の周囲も、床下も、
I could see under the house.
全部見ることができた。

2. Seeing the Light <光>に会う

There was this Light shining. 
そしてあの<光>が輝いていた。
I turned toward the Light.
私は<光>の方に向き直った。
The Light was very similar to what many other people have described
その<光>は、臨死体験をした大勢の人々が描写しているものと
in their near-death experiences.
ほぼ同じだった。

It was so magnificent.
それはこの上もなく荘厳で、
It is tangible; you can feel it.
しかも触ることもできて、確かな感触があり、
It is alluring; you want to go to it
魅惑的で、思わずその中に飛び込んでいきたくなる...
like you would want to go to your ideal mother's or father's arms.
まるで、両腕を広げて待っている理想の父親か母親のようだった。

As I began to move toward the Light,
私は<光>に向かって進みだした。
I knew intuitively
そのとき直感的に、
that if I went to the Light, I would be dead.
もしこのまま<光>に到達したら私は死ぬのだとわかった。
So as I was moving toward the Light I said,
それで、<光>に向かって進みながら、私は言った。
"Please wait a minute, just hold on a second here.
「待ってください。ちょっと時間をください。
I want to think about this;
このことについて考えてみたいのです。
I would like to talk to you before I go."
そちらに行く前に、あなたと話がしたいのです。

To my surprise, the entire experience halted at that point.
すると驚いたことに、そのできごとが、ピタリと止まった。
You are in control of your life after death experience.
何と、自分の死後体験は、自分でコントロールできるのだ。
You are not on a roller coaster ride.
ジェットコースターとは違うのだ。

So my request was honored and I had some conversations with the Light.
私の頼みは聞き入れられ、私は<光>と会話することになった。
The Light kept changing into different figures,
<光>の姿はひっきりなしに変わった。
like Jesus, Buddha, Krishna, mandalas, archetypal images and signs.
キリスト、釈迦、クリシュナ神、種々の曼陀羅、元型的イメージ、図章…
I asked the Light, "What is going on here?
私は<光>に言った。「何なんですか、これは?
Please, Light, clarify yourself for me.
<光>よ、あなたの明確な姿を見せてください。
I really want to know the reality of the situation."
私は何が本当なのか知りたいのです」

I cannot really say the exact words,
どんな言葉でそう言ったか、厳密には言えない。
because it was sort of telepathy.
それはテレパシーのようなものだったから。

The Light responded.
<光>は答えてくれた。
The information transferred to me was
伝わってきた情報はこうだ:

that during your life after death experience
死後体験の時に<光>の前でどんなものを見るかは
your beliefs shape the kind of feedback you are getting before the Light.
本人の信念体系による。
If you were a Buddhist or Catholic or Fundamentalist,
本人が仏教徒であるか、カトリックであるか、原理主義者であるかによって
you get a feedback loop of your own stuff.
その信念体系に沿った形象を見ることになる。
You have a chance to look at it and examine it, but most people do not.
それは自分でよく見て確かめてみることもできるのだが、大概の人はそれをしない。

As the Light revealed itself to me,
私は<光>の真の姿を明かされて、
I became aware that what I was really seeing was our Higher Self matrix.
そのとき私が見ているのは、人類の<高次元自己>のマトリックスなのだと気がついた。

We all have a Higher Self, or an Oversoul part of our being.
私たちは皆<高次元の自己>とか<共通の魂>という部分を持っている。
It revealed itself to me in its truest energy form.
その<高次元の自己>が私に、エネルギー体としての真の姿を見せてくれたのだ。

The only way I can really describe it
それがどんなものだったかというと、私に言えるのは、
is that the being of the Higher Self is more like a conduit.
<高次元の自己>とは導管のようなもの、ということだけだ。
It did not look like that, but it is a direct connection to the Source
見かけは導管ではないが、それは<宇宙の根源>と直接つながっている。
that each and every one of us has.
どんな人の<高次元自己>でもそうだ。
We are directly connected to the Source.
私たちは皆、<宇宙の根源>と直接つながっているのだ。

So the Light was showing me the Higher Self matrix.
だから、<光>は私に<高次元自己>のマトリックスを見せてくれていたのだが
I was not committed to one particular religion.
私は特定の宗教を信じていないため、
So that is what was being fed back to me during my life after death experience.
死後体験で見た形象はあのようなものだったのだ。

As I asked the Light to keep clearing for me, to keep explaining,
私は<光>に、もっと教えて、もっとわからせてと頼み、
I understood what the Higher Self matrix is.
<高次元自己>のマトリックスとはどんなものなのか理解できた。

We have a grid around the planet
地球の周囲には送電系統のようなものがあって、
where all the Higher Selves are connected.
あらゆる<高次元自己>がそこでつながっている。
This is like a great company, a next subtle level of energy around us,
これは壮大な共同体のようなもので、私たちのまわりにある精妙なレベルのエネルギー、
the spirit level, you might say.
または、霊的レベルのエネルギーと言えるかもしれない。

Then, after a couple of minutes, I asked for more clarification.
私はちょっと間をおいて、さらに教えを求めた。
I really wanted to know what the universe is about,
宇宙とは何なのか、ぜひとも知りたかったのだ。
and I was ready to go at that time.
そして、心の用意ができたので
I said "I am ready, take me."
「もう大丈夫です。どうぞお連れください」と言った。

3. The human soul 人類の本質

Then the Light turned into the most beautiful thing that I have ever seen:
すると<光>は、それまで私が見たこともない、最高に美しいものになった。
a mandala of human souls on this planet.
それは、この地球に住む人類の魂の曼陀羅だった。

Now I came to this with my negative view of what was happening on the planet.
私は地球の状況に対する否定的な見方のせいで、この死を迎えたのだが、
So as I asked the Light to keep clarifying for me, I saw in this magnificent mandala
<光>に次々に教えを求めていった結果、この壮大な曼陀羅を見せられ、
how beautiful we all are in our essence, our core.
全人類の本質、中核は、何と美しいものだったのか!と思った。
We are the most beautiful creations.
私たちは最高に美しい創造物なのだ。
The human soul, the human matrix that we all make together
人類の魂――我々みんなで作り上げている人類のマトリックス――は
is absolutely fantastic, elegant, exotic, everything.
息をのむほど美しく、エレガントで、エキゾチックで、たとえようもない。

I just cannot say enough
言葉では言い尽くせないが
about how it changed my opinion of human beings in that instant.
これで人類に対する私の見方がすっかり変わった。
I said, "Oh, God, I did not know how beautiful we are."
私は言った。「おお、神よ、私たちがこんなに美しいものだったとは!」

At any level, high or low, in whatever shape you are in,
あなたのレベルが高かろうと低かろうと、どんな外見をしていようと、
you are the most beautiful creation, you are.
あなたは最高に美しい創造物なのだ。本当にそうなのだ。

The revelations coming from the Light seemed to go on and on,
<光>からの啓示は次から次へと続いていくようだった。
then I asked the Light: "Does this mean that Mankind will be saved?"
私は<光>に尋ねた。「つまり、人類は救われるわけですか?」
Then, like a trumpet blast with a shower of spiralling lights,
すると、渦巻く光のシャワー、ラッパのような響きと共に
the Great Light spoke, saying, "Remember this and never forget;
<大いなる光>は言った。「よく覚えておくがいい。忘れるな。
you save, redeem and heal yourself.
おまえは自分で自分を救い、自分で贖い、自分で癒す。
You always have. You always will.
今までいつもそうしてきたし、これからもそうするだろう。
You were created with the power to do so from before the beginning of the world."
宇宙が誕生する以前から、おまえはすでにその能力を授かっている」

In that instant I realized even more.
途端に私は、さらに深く気づいた。
I realized that WE HAVE ALREADY BEEN SAVED, and we saved ourselves
我々はもうすでに救われている、自分で救ったのだ、ということを。
because we were designed to self-correct like the rest of God's universe.
我々は自己修復するようにできているのだ。人類だけでなく、宇宙全体がそうなのだ。
This is what the second coming is about.
キリストの再臨というのは、そういうことだったのだ。

I thanked the Light of God with all my heart.
私は<神の光>に心から感謝した。
The best thing I could come up with was these simple words of total appreciation:
思いつく限りの最良の表現は、単純だけれど感謝に満ちたこんな言葉だった。
"Oh dear God, dear Universe, dear Great Self, I Love My Life."
「ああ、神よ、宇宙よ、大いなる自己よ。私は我が生を愛します」

The Light seemed to breathe me in even more deeply.
<光>の呼吸はさらに深く私を吸い込んだようだった。
It was as if the Light was completely absorbing me.
まるで私を完全に取り込んでしまおうとしているかのようだった。

The Love Light is, to this day, indescribable.
<愛の光>については、今もなお、言葉で言い表すことができない。

4. The River of Life 生命の河

I entered into another realm, more profound than the last,
私は前の領域より深い、もう一つの領域に入り、
and became aware of something more, much more.
もっともっと大きなものに気がついた。
It was an enormous stream of light,
それは<生命の中心>の深みにある、広大で、溢れんばかりの
vast and full, deep in the Heart of Life.
巨大な光の流れだった。

I asked what this was.
私はそれが何なのか尋ねた。
The Light responded, "This is the RIVER OF LIFE.
<光>は答えた。「これは<生命の河>だ。
Drink of this manna water to your heart's content."
この命の水を、心ゆくまで飲むがいい」
So I did. I took one big drink and then another. To drink of Life Itself!
私は飲んだ。ごくりごくりと、生命そのものを!
I was in ecstasy.
私は喜悦に満たされた。

Then the Light said, "You have a desire."
「おまえには望みがあるだろう」と<光>は言った。
The Light knew all about me, everything past, present and future.
<光>は何もかも知っているのだ。私の過去、現在、未来のすべてを。

"Yes!" I whispered. I asked to see the rest of the Universe;
「はい」と私はかすれ声でこたえ、宇宙のすべてを見たい、
beyond our solar system, beyond all human illusion.
太陽系の彼方、人類の幻想を超えた所を見せてほしい、と頼んだ。

The Light then told me that I could go with the Stream.
「この<生命の大河>に運ばれて行くがいい」と<光>は言った。
I did, and was carried through the Light at the end of the Tunnel.
私はトンネルの端の光の中を運ばれて行きながら、
I felt and heard a series of very soft sonic booms.
とても柔らかい衝撃音波をいくつも聞き、感じた。
What a rush!
ものすごいスピードだ!

Suddenly I seemed to be rocketing away from the planet on this Stream of Life.
突然、私は<光の流れ>に乗って、地球をぐんぐん離れて行くのを感じていた。
I saw the earth fly away.
地球が後ろに飛んで行くのが見えた。
The solar system, in all its splendor, whizzed by and disappeared.
太陽系の壮大な眺めがビュンビュンと飛び去り、消えていった。

At faster than light speed, I flew through the center of the galaxy,
光速よりも速いスピードで銀河系の中心を飛びながら、
absorbing more knowledge as I went.
私はさらに知識を吸収した。
I learned that this galaxy, and all of the Universe,
この銀河系も、宇宙全体も、
is bursting with many different varieties of LIFE.
様々な種類の生命体にあふれているのがわかった。
I saw many worlds.
様々な世界が見えた。
The good news is that we are not alone in this Universe!
嬉しいことに、この宇宙の住人は我々だけではなかったのだ!

As I rode this stream of consciousness through the centre of the galaxy,
銀河系の中心をこの<意識の流れ>に乗って進むにつれて、
the stream was expanding in awesome fractal waves of energy.
その流れは荘厳なフラクタルのエネルギーの波となって広がっていった。
The super clusters of galaxies with all their ancient wisdom flew by.
太古の英知の詰まった銀河系の群れが、まわりを飛び去って行った。

At first I thought I was going somewhere; actually travelling.
最初、私は実際に宇宙空間を移動しているのだと思った。
But then I realized that, as the stream was expanding,
だがじきに、それは、<光の大河>が広がっていくにつれて
my own consciousness was also expanding to take in everything in the Universe!
私の意識も広がり、宇宙のあらゆるものを取り込んでいるのだと気がついた。
All creation passed by me.
あらゆるものが私のまわりを飛んで行った。
It was an unimaginable wonder!
それは想像を絶する世界だった。
I truly was a Wonder Child; a babe in Wonderland!
私は不思議の国の赤ん坊のように、ただただ見とれていた。

5. The Void   空( くう )

Almost immediately, a second light appeared.
突然、2番目の光が現れた。
It came from all sides, and was so different;
それはまわりじゅうからやって来て、とても異質なものだった。
a light made up of more than every frequency in the universe.
宇宙のあらゆる波長よりもっと様々な波長でできている。
I felt and heard several velvety sonic booms again.
柔らかな衝撃音波がまたいくつか聞こえ、感じられた。
My consciousness, or being, was expanding
私の意識/存在はどんどん広がって
to interface with the entire holographic universe and more.
ホログラフィック宇宙全体を取り込み、まだまだ広がった。

As I passed into the second light, the awareness came to me
2番目の光の中に入って行った私は、
that I had just transcended the truth.
真理を超越しているのがわかった。
Those are the best words I have for it,
私の持っている語彙では、そんな表現しかできない。
but I will try to explain.
だが、何とかもうちょっとやってみよう。

As I passed into the second light, I expanded beyond the first light.
2番目の光の中に入って行くと、私は最初の光の彼方まで広がった。
I found myself in a profound stillness, beyond all silence.
そして、どんな静かさをも超えた深い静寂につつまれているのを感じた。
I could see or perceive FOREVER, beyond Infinity.
無限を超え、永遠を覚知していた。
I was in the Void.
私は空(くう)の中にいた。
I was in pre-creation, before the Big Bang.
それは宇宙誕生以前、ビッグバン以前の世界だった。
I had crossed over the beginning of time / the First Word / the First vibration.
<時間の始まり><原初の言葉><原初の揺らぎ>を超えたのだ。

I was in the Eye of Creation.
私は<創世>の目の中にいた。
I felt as if I was touching the Face of God.
神の顔に触れているかのようだった。
It was not a religious feeling.
それは宗教的な感覚ではない。
Simply I was at one with Absolute Life and Consciousness.
私は<究極の生命><究極の意識>と一つになっていた。ただそれだけだ。

When I say that I could see or perceive forever,
「永遠を覚知していた」というのは
I mean that I could experience all of creation generating itself.
「一切のものがそれ自身を創生している様を、我が事として体験できた」という意味だ。
It was without beginning and without end.
そこには始まりも終わりもなかった。
That's a mind expanding thought, isn't it?
こんなことを考えられるものだとは!

Scientists perceive the Big Bang as a single event which created the Universe.
科学者たちはビッグバンを、宇宙誕生時の一回きりのできごととして考えている。
I saw during my life after death experience
だが、私が死後体験でわかったことは
that the Big Bang is only one of an infinite number of Big Bangs
<ビッグバン>というのは無数のビッグバンの一つに過ぎず
creating Universes endlessly and simultaneously.
無数の宇宙が、同時に、永遠に、生まれ続けていることだった。
The only images that even come close in human terms
通常の人間世界の言葉で言えば、いちばん近いイメージは
would be those created by super computers using fractal geometry equations.
スーパー・コンピューターが作り出すフラクタルの図形だろう。

The ancients knew of this.
古代人はこのことを知っていた。
They said God had periodically created new Universes by breathing out,
そして「神は、吐く息で新らしい宇宙を創造し、
and recreated other Universes by breathing in.
吸う息で、ほかの宇宙を再創造している」と言った。
These epochs were called Yugas.
この、ひとまとまりの期間が<ユガ>だ。
Modern science called this the Big Bang.
現代科学ではこれを<ビッグバン>と呼ぶ。

I was in absolute, pure consciousness.
私は究極の意識そのものになっていた。
I could see or perceive all the Big Bangs or Yugas creating and recreating themselves.
そして、様々な<ビッグバン>が自身を創生、消滅させ続けているのを覚知していた。
Instantly I entered into them all simultaneously.
私はその瞬間ごとに、それぞれの世界に同時に入り込んだ。
I saw that each and every little piece of creation has the power to create.
そして、創造する力は、どんな微細な創造物にも備わっていることがわかった。

It is very difficult to try to explain this. I am still speechless about this.
これを説明するのは非常に難しい。今も言葉が出てこない。
It took me years after I returned from my near-death experience
この空(くう)の体験について、どうにかこうにか語れるようになったのは
to assimilate any words at all for the Void experience.
臨死体験から何年も後のことだった。

I can tell you this now:
いま言えるのは、こんなことだ:

the Void is less than nothing, yet more than everything that is!
<空(くう)>は、無よりもっと少なく、すべての存在物よりもっと多い。
The Void is absolute zero; chaos forming all possibilities.
<空>は<絶対無>。すべての可能性を創出するカオス。
It is Absolute Consciousness; much more than even Universal Intelligence.
それは<究極の意識>。宇宙霊よりはるかに大きなもの。
The Void is the vacuum or nothingness between all physical manifestations.
<空>は、すべての物質的な顕現物の間にある真空、真無。
The SPACE between atoms and their components.
それは、原子同士の間にも、その構成要素の間にもある空間。

Modern science has begun to study this space between everything.
あらゆるものの間にあるこの空間を研究し始めた現代科学は
They call it Zero point.
これを<量子真空>と呼ぶ。
Whenever they try to measure it, their instruments go off the scale,
それを計測しようとすると、計測器の上限を超えてしまう。
or to infinity, so to speak.
言わば、無限大になってしまうのだ。
They have no way, as of yet, to measure infinity accurately.
無限を正確に測る方法は、まだ見つかっていない。
There is more of the zero space in your own body and the Universe than anything else!
そして、我々の体内や宇宙には、何よりもこの真空スペースが多いのだ!

What mystics call the Void is not a void.
神秘主義者の言う<空>は、<空っぽ>ではない。
It is so full of energy,
エネルギーに満ちている。
a different kind of energy that has created everything that we are.
それは、我々を構成している要素のすべてを創った別種のエネルギーだ。
Everything since the Big Bang is vibration,
ビッグバン以降のあらゆるものは
from the first Word, which is the first vibration.
<原初の言葉>すなわち<原初の振動>から生まれた振動である。

The biblical "I am" really has a question mark after it. "I am-What am I?"
聖書の「私は在る」は、本当は「私は在るー私は何?」である。
So creation is God exploring God's Self through every way imaginable,
つまり<創造>とは、神が、思いつく限りの方法で自己を展開しながら
in an on-going, infinite exploration through every one of us.
その創造物を通して自身を探求していく永遠の営みなのだ。

I began to see during my near-death experience
私は臨死体験によって、あらゆるものが<自己>であること、
that everything that is, is the Self, literally, your Self, my Self.
つまり、真のあなた自身、真の私自身であることがわかるようになった。
Everything is the great Self.
あらゆるものは、唯一つの<大いなる自己>なのだ。
That is why God knows even when a leaf falls.
「木の葉一枚落ちても神はそれを知っている」というのはそのためだ。
That is possible because wherever you are is the center of the universe.
あなたがどこにいようと、そこが宇宙の中心なのだ。
Wherever any atom is, that is the center of the universe.
どんな原子にせよ、それがある所が宇宙の中心なのだ。
There is God in that, and God in the Void.
神はそこにいる。<空>の中にいる。

As I was exploring the Void during my life after death experience
死後体験で<空>と個々の<ユガ><創造>の有り様を探検していきながら、
and all the Yugas or creations, I was completely out of time and space as we know it.
私は完全に時間と空間の外にいた。

In this expanded state, I discovered
この拡大した意識の中で気づいたことは
that creation is about Absolute Pure Consciousness, or God,
<創造>とは、<究極の純粋意識>すなわち<神>が、
coming into the Experience of Life as we know it.
生命活動を経験するための営みだということだった。

The Void itself is devoid of experience.
<空>それ自体の中には、経験というものはない。
It is pre life, before the first vibration.
それは<原初の振動>によって生命活動が始まる前の状態なのだから。
Godhead is about more than Life and Death.
だが、<神>には<生と死>以上のものがある。
Therefore there is even more than Life and Death to experience in the Universe!
したがって、この宇宙で経験できることは、<生と死>以外にもいっぱいあるのだ!

When I realized this I was finished with the Void,
このことに気づいたとき、私はもう<空>の体験は終りにして
and wanted to return to this creation, or Yuga.
<ユガ><創造>の世界に戻りたくなった。
It just seemed like the natural thing to do.
それがごく自然なことのように思えたのだ。

Then I suddenly came back through the second Light, or the Big Bang,
とたんに私は<2番目の光/ビッグバン>の中を戻り始めた。
hearing several more velvet booms.
あの柔らかな衝撃音が、何度かまた聞こえた。
I rode the stream of consciousness back through all of creation,
私は<意識の流れ>に乗って、様々な創造物の中を戻って行った。
and what a ride it was!
なんて素晴らしい気分!

The super clusters of galaxies came through me with even more insights.
銀河系の群れが、さらに多くの啓示を残して私の中を通って行った。
I passed through the center of our galaxy, which is a black hole.
銀河系の中心のブラックホールも通り抜けた。
Black holes are the great processors or recyclers of the Universe.
ブラックホールは宇宙の大いなる再処理工場、再生工場だ。

Do you know what is on the other side of a Black Hole?
ブラックホールの対岸には何があるか、おわかりだろうか?
We are; our galaxy, which has been reprocessed from another Universe.
我々の銀河系である。それは別の宇宙を再処理したものなのだ。
In its total energy configuration, the galaxy looked like a fantastic city of lights.
我々の銀河系は、そのエネルギー形態が、まるで幻想的な光の街のように見えた。

All energy this side of the Big Bang is light.
ビッグバンのこちら側のエネルギーは、すべて光である。
Every sub atom, atom, star, planet, even consciousness itself is made of light
電子も、原子も、恒星も、惑星も、そして意識自体も、光でできていて、
and has a frequency and/or particle.
それぞれに波動や粒子がある。

Light is living stuff.
光は生命体である。
Everything is made of light, even stones.
あらゆるものは光でできている。石ころでさえも。
So everything is alive.
つまり、全てのものは生きているのだ。
Everything is made from the Light of God;
全てのものは<神の光>でできていて、
everything is very intelligent.
それぞれに高度の知性が備わっている。

6. The Light of Love  愛の光

As I rode the stream on and on, I could eventually see a huge Light coming.
<光の流れ>に乗ってぐんぐん行くと、やがて巨大な光が近づいてくるのが見えた。
I knew it was the First Light; the higher Self Light Matrix of our solar system.
それはあの最初の光、我々の太陽系の<高次元自己マトリックス>だとわかった。
Then the entire solar system appeared in the Light,
そして、あのやわらかい衝撃音がもうひとつ聞こえ、
accompanied by one of those velvet booms.
その光の中に太陽系の全体が現れた。
I could see all the energy that this solar system generates,
私は、その太陽系が放っている全てのエネルギーが見えた。
and it is an incredible light show!
それは想像を絶する光のショーだった。
I could hear the Music of the Spheres.
それぞれの天体が音楽を放っていた。

Our solar system, as do all celestial bodies,
我々の太陽系も、他のすべての天体も、
generates a unique matrix of light, sound and vibratory energies.
それぞれが固有の光と音と振動のエネルギーを放っている。
Advanced civilizations from other star systems can spot life
文明の発達した他の宇宙からの生命体なら、この振動やエネルギーの印象から
as we know it in the universe by the vibratory or energy matrix imprint.
この宇宙には生命体がいることがわかるだろう。
It is child's play.
それは簡単なことだ。
The earth's Wonder child (human beings) make an abundance of sound right now,
地球という不思議の国の子供たち(人類)は、今、音をいっぱい出している。
like children playing in the backyard of the universe.
まるで宇宙の裏庭で遊ぶ子供のように。

The Light explained to me that there is no death;
<光>は私に、死というものはないのだと教えてくれた。
we are immortal beings.
我々は不死の存在なのだ。
We have already been alive forever!
我々はすでに永遠の昔から生きてきたのだ。
I realized that we are part of a natural living system that recycles itself endlessly.
我々は、永遠に自分自身を再生し続ける大自然の生命システムの一部なのだ。

I was never told that I had to come back.
私はこの世に戻れとは言われなかった。
I just knew that I would.
だが何となく、そうすることがわかった。
It was only natural, from what I had seen during my life after death experience.
死後体験で見てきたことからして、それはごく自然なことだった。
I don't know how long I was with the Light, in human time.
<光>と一緒にいたのが、人間の時間でどのぐらいだったかはわからない。
But there came a moment when I realized that all my questions had been answered
だがやがて、私はすべての疑問に答えをもらい、
and my return was near.
生還の時がやって来たのがわかった。

When I say that all my questions were answered on the other side,
「あちらで私は全ての疑問に答えをもらった」というのは
I mean to say just that. All my questions have been answered.
文字通りの意味、つまり、「私の疑問には全て答えをもらった」ということだ。
Every human has a different life and set of questions to explore.
人には皆、それぞれの人生があり、それぞれの疑問がある。
Some of our questions are Universal,
中には共通した疑問もあるが、
but each of us is exploring this thing we call Life in our own unique way.
各人は、この「人生」と呼ばれるものを、それぞれのやり方で探求している。

So is every other form of life, from mountains to every leaf on every tree.
人間だけでなく、山々も、一枚の木の葉も、皆それをやっている。
And that is very important to the rest of us in this Universe.
宇宙のみんながそれをやってくれているというのは、とても大事なことだ。
Because it all contributes to the Big Picture, the fullness of Life.
全体としての生命の有り様が豊かになっていくのだから。
We are literally God exploring God's self in an infinite Dance of Life.
我々は皆、永遠の<生命の舞>を舞いながら、自分自身を探検している<神>である。
Your uniqueness enhances all of Life.
あなたの独自性は、生命全体を強化するのだ。

7. Return to the life cycle 生への帰還

As I began my return to the life cycle, it never crossed my mind,
生への帰還に際して、前と同じ肉体に戻るのかどうかということは、
nor was I told that I would return to the same body.
自分でも考えず、教えられもしなかった。
It just did not matter.
そんなことはどうでもよかった。
I had complete trust in the Light and the Life process.
<光>にも、<生命の営み>にも、完璧な信頼を置いていたからだ。

As the stream merged with the great Light,
私を乗せた光が<大いなる光>と溶け合ったとき、
I asked never to forget the revelations and the feelings
私はあちらの世界で学んだ啓示や感覚を
of what I had learned on the other side.
絶対に忘れないでいられるよう頼んだ。
There was a "Yes."
すると、「よろしい」と保証され、
It felt like a kiss to my soul.
まるで魂にキスされたような気がした。

Then I was taken back through the Light into the vibratory realm again.
そして私は、<光>の中を通って振動の領域に送り帰された。
The whole process reversed, with even more information being given to me.
行きと同じ過程を逆向きに通り、さらに多くの情報を得た。

I came back home,
この世に帰って来たとき、
and I was given lessons from my near-death experience
私は死後再生の仕組みに関するさまざまな学びを
on the mechanics of reincarnation.
臨死体験から得ていた。
I was given answers to all those little questions I had:
それまで持っていた些細な疑問にも、すべて答を得ていた。
"How does this work? How does that work?"
「これはどうしてこうなのか」「あれはどういう仕組みなのか」等々。
I knew that I would be reincarnated.
だから、自分がこの世に再生するのはわかっていた。

The earth is a great processor of energy,
地球は大いなるエネルギー転換場である。
and individual consciousness evolves out of that into each one of us.
個々の意識はそこから個々の物理的生命体へと展開していく。
I thought of myself as a human for the first time,
私は自分が人間に生まれたことについて初めて考え、
and I was happy to be that.
嬉しく思った。

From what I have seen,
臨死体験で見てきたことからすれば、
I would be happy to be an atom in this universe.
私はこの宇宙に原子として生まれても満足なはずだった。
An atom.
ただの原子。
So to be the human part of God... this is the most fantastic blessing.
それが人間に生まれたのだから、もう本当に恵まれているのだ。
It is a blessing beyond our wildest estimation of what blessing can be.
その恵まれ方は、期待し得る恵まれ方の限度をはるかに超えている。

For each and every one of us
我々一人一人にとって
to be the human part of this experience is awesome, and magnificent.
人間として現象界を経験することは、とてつもなく素晴らしいことなのだ。
Each and every one of us, no matter where we are, screwed up or not,
我々一人一人は、どこにいようとも、どんな無茶苦茶な者であろうとも、
is a blessing to the planet, right where we are.
そのままで、地球への祝福なのだ。

I went through the reincarnation process
死後再生の過程を通りながら、私は
expecting to be a baby somewhere.
どこかの赤ん坊として生まれる予想をしていた。
But I was given a lesson
だが事実は、
on how individual identity and consciousness evolve.
「個々の魂はどのように進化して行くものなのか」という学びを得ることになった。

I was so surprised when I opened my eyes.
目を開けてみて、私は非常に驚いた。
I do not know why, because I understood it,
なぜ驚いたのかはわからない。 理解はできたのだから。
but it was still such a surprise to be back in this body, back in my room
だがそれでも、この肉体に戻り、我が部屋に戻り、
with someone looking over me crying her eyes out.
私の上に、目を泣き腫らしている女性の顔があったのは、驚きだった。
It was my hospice caretaker.
それは私のホスピス介護人だった。
She had given up an hour and a half after finding me dead.
彼女は私が死んでいるのを見つけ、1時間半のあいだ諦めてしまっていたのだ。

When I recovered, I was very surprised and yet very awed
やがて私は回復し、臨死体験中に自分に起こったことについて
about what had happened to me during my near death experience.
非常な驚きと畏怖の感情につつまれた。
At first all the memory of the trip that I have now was not there.
最初は、今持っているほどの記憶はよみがえっていなかった。
I kept slipping out of this world and kept asking, "Am I alive?"
この世から度々滑り落ち、「僕はいま生きてるの?」と尋ねてばかりいた。
This world seemed more like a dream than that one.
あの世より、この世の方が、ずっと夢のように思われた。

Within three days I was feeling normal again, clearer,
3日たつうちに普段の感覚が戻り、意識がはっきりしてきた。
yet different than I had ever felt in my life.
だがそれでもなお、かつて経験したことのない意識状態だった。
My memory of my near-death experience came back later.
臨死体験の記憶は、少し後によみがえってきた。

About three months later a friend said I should get tested,
それから約3か月後、私は検査を受けるよう友人に勧められ、
so I went and got the scans and so forth.
スキャンだの何だのを受けに行った。
I really felt good, so I was afraid of getting bad news.
体調は非常に良かったので、悪いニュースは聞きたくなかった。
I remember the doctor at the clinic looking at the before and after scans,
クリニックの医師は、以前と現在のスキャン結果を見比べながら言った。
saying, "Well, there is nothing here now."
「悪いところは何もなくなってますね」
I said, "Really, it must be a miracle"
「え、ほんとですか。じゃあ、奇跡ですね」
He said "No, these things happen; they are called spontaneous remission."
「いや、こういうこともあるんですよ。自然寛解と言いましてね」
He acted very unimpressed.
全くの無感動な口ぶりだ。
But here was a miracle,
だが奇跡は起こったのだ。
and I was impressed, even if no one else was.
私は感動した。 他の誰も感動しないとしても。

8. Soul mates  ソウルメイト

I could see nothing wrong with any human being I had ever seen.
私はもう、どんな人を見ても欠陥人間だとは思えなくなった。
Before that I was really judgmental.
それまでの私は、厳しい裁き手だった。
I thought a lot of people were really screwed up,
だめな人間が多すぎると思っていた。
in fact I thought that everybody was screwed up but me.
それどころか、自分以外はみんな駄目人間だと思っていた。
But I got clear on all that.
その見え方が、すっかり変わってしまったのだ。

More than that, I began to see that each one of us humans are soul mates.
それのみか、私はすべての人をソウルメイトだと思うようになった。
We are part of the same soul
我々は一つの魂なのだ。
fractaling out in many creative directions, but still the same.
フラクタルのように様々な創造的方向に展開しているが、本当は一つなのだ。

Now I look at every human being that I see, and I see a soul mate,
今、私は誰を見ても、その中にソウルメイトが見える。
my soul mate, the one I have always been looking for.
あんなにいつも探していたソウルメイトがそこにいる。

Beyond that,
それどころではない。
the greatest soul mate that you will ever have is yourself.
自分が持つことのできる最高のソウルメイトは自分自身だろう。
We are each both male and female.
我々は皆、男であると同時に女でもある。
Start having the greatest love affair you ever had... with your Self.
まずは、最高に素晴らしい恋愛を、自分自身とやればいい。
You will love everything out of that.
そうすれば、何もかも愛せるようになる。

The different questions that each of us have are very, very important.
一人ひとりが持つ様々な疑問は、とても重要である。
This is how God is exploring God's Self — through you.
神は神自身を探検しているのだ。あなたの疑問を通して。
So ask your questions, do your searching.
だからあなたも、大いに疑問を持って、探求していただきたい。
You will find your Self and you will find God in that Self,
そうすればあなたは<自己>を見出し、その<自己>の中に神を見出すだろう。
because it is only the Self.
存在するものは<自己>だけなのだから。

9. Environmental concerns  環境問題

I went over to the other side during my near death experience
私は臨死体験であちらの世界に行くまでは
with a lot of fears about toxic waste, nuclear missiles, the population explosion,
有毒廃棄物、核ミサイル、人口の激増、熱帯雨林の消滅など、様々な問題に対する
the rainforest.
恐怖でいっぱいだった。
I came back loving every single problem.
だが帰って来た時は、すべての問題を愛せるようになっていた。

I love nuclear waste. I love the mushroom cloud;
私は核廃棄物を愛せる。きのこ雲も愛せる。
this is the holiest mandala that we have manifested to date, as an archetype.
それは、元型として、人類がこれまでに表した最も聖なる曼陀羅だ。
It, more than any religion or philosophy on earth,
それは、地球上のどんな宗教や哲学よりも急速に
brought us together all of a sudden, to a new level of consciousness.
我々を一つにして、新しいレベルの意識に目覚めさせてくれた。
Knowing that maybe we can blow up the planet fifty times, or 500 times,
人類は、地球を50回、いや、500回でも爆破できるかもしれないとわかり、
we finally realize that maybe we are all here together now.
我々は皆、運命共同体の一員なのだということに、やっと気づいたのだ。

For a period they had to keep setting off more bombs to get it in to us.
それでもしばらくは、何度も核爆発をやり続けて、その怖さを思い知らせる必要があった。
Then we started saying, "we do not need this any more."
だがそのうち我々は、「もうこんなものはいらない」と言うようになった。
Now we are actually in a safer world than we have ever been in,
そして今、我々は、かつてないほど安全な世界に生きている。
and it is going to get safer.
今後はますます安全になっていくだろう。

So I came back from my near death experience loving toxic waste,
というわけで、私は臨死体験から帰って来ると、有毒廃棄物を愛せるようになっていた。
because it brought us together.
それが人類を一つに結びつけてくれたからだ。

These things are so big.
こういう問題は、実に巨大である。
As Peter Russell might say,
ピーター・ラッセルならこう言うだろう。
these problems are now "soul size."
「この問題は、今や、魂サイズにまで膨れ上がっている」
Do we have soul size answers? YES!
我々には魂サイズの答があるだろうか? 実は、あるのだ!

The clearing of the rain forest will slow down,
熱帯雨林の伐採の速度はゆるみ、
and in fifty years there will be more trees on the planet than in a long time.
50年の内には、この地球上に、久しく無かったほどの樹木が生い茂るだろう。
If you are into ecology, go for it.
環境保護に興味のある方は、どしどし活動していただきたい。
Go for it with all your might, but do not be depressed.
やるなら全力でやることだ。だが悲観的になってはいけない。
It is part of a larger thing.
それはもっと大きな流れの一部なのだから。

Earth is in the process of domesticating itself.
地球はどんどん人間が扱いやすい形に変化しているのだ。
It is never again going to be as wild a place as it once was.
もう二度と、かつてほど野性的な状態には戻らないだろう。
There will be great wild places, reserves where nature thrives.
世界のあちこちに広大な野性保護区ができ、そこでは豊かな自然が息づくことになる。
Gardening and reserves will be the thing in the future.
造園と野性保護区は大きな事業になるだろう。

Population increase is getting very close
人口増加で高まってきたエネルギーは
to the optimal range of energy to cause a shift in consciousness.
近い将来、人類の意識転換を引き起こし、
That shift in consciousness will change politics, money, energy.
その意識転換は、政治や経済やエネルギーの形態を変えていくだろう。

10. Living in this world  生きるということ

Soon our science will quantify spirit.
そのうち、我々の科学は、霊的なものを計量できるようになる。
Isn't that going to be wonderful?
そうなったらどんなに素晴らしいことだろう。
We are coming up with devices now that are sensitive to subtle energy or spirit energy.
我々は今、霊的エネルギーを感知できる計測器を研究中である。

Physicists use these atomic colliders to smash atoms
物理学者たちは原子衝突器を用いて原子を粉砕し、
to see what they are made of.
それが何でできているかを調べる。
They have got it down to quarks and charm, and all that.
今では、<クォーク>だの<チャーム>だのというレベルまで分析している。
Well, one day they are going to come down
そのうちいつか、さらに細かいレベルまで分析し、
to the little thing that holds it all together,
それらすべてをつなぎ留めている微細なものを見つけたら、
and they are going to have to call that ... God.
彼らはそれを ... <神>と呼ぶしかなくなるかも知れない。

We are just beginning to understand that we are creating too, as we go along.
人類は、この世で生きて行きながら、この世の創造もしていることに気がつき始めた。
As I saw forever, I came to a realm during my near-death experience
私が臨死体験で永遠を見たときに達した領域には
in which there is a point where we pass all knowledge
すべての既成の知識を超えて
and begin creating the next fractal, the next level.
新たなレベルのフラクタルの創造を始める地点があった。
We have that power to create as we explore.
我々は、探検しつつ創造する力を持っている。
And that is God expanding itself through us.
それは、神が我々を通して神自身を展開しているのだ。

Since my return I have experienced the Light spontaneously,
私は生還して以来、自由に<光>と接触できるようになった。
and I have learned how to get to that space almost any time in my meditation.
そして、瞑想をすると、ほとんどいつでもあの空間に行けるようになった。
Each one of you can do this.
これは、誰にでもできることである。
You do not have to die or have a near-death experience to do this.
<光>に出会うためには、死ぬ必要も、臨死体験をする必要もない。
It is within your equipment; you are wired for it already.
それは、生まれながらに誰にでも備わっている能力なのだから。

The body is the most magnificent Light being there is.
個々の肉体は、最高にすばらしい<光>の存在である。
The body is a universe of incredible Light.
個々の肉体は、想像を絶する<光>の宇宙である。
Spirit is not pushing us to dissolve this body.
霊性は、この肉体を、無の中に融かし込んでしまおうとはしていない。
That is not what is happening.
そんなことは起こっていない。
Stop trying to become God;
あなたは、神に成ろうとするのをやめた方がいい。
God is becoming you. Here.
神が、あなたに成ろうとしているのだから。 ほら、今ここで。

After dying, going through my near-death experience and coming back,
私は臨死体験をして以来、
I really respect life and death.
心から、生と死を尊いものと思うようになった。
In our DNA experiments, we may have opened the door to a great secret.
DNAの実験で、我々はものすごい秘密の扉を開けたのかも知れない。
Soon we will be able to live as long as we want to live in this body.
そのうち人類は、この肉体の中で、好きなだけ生き続けられるようになるだろう。
After living 150 years or so, there will be an intuitive soul sense
そして150年かそこら生きたら、その魂は何となく
that you will want to change channels.
チャンネルを変えてみたくなる。
Living forever in one body is not as creative as reincarnation,
一つの肉体の中で永久に生き続けるより、生まれ直して
as transferring energy in this fantastic vortex of energy that we are in.
この素晴らしいエネルギーを別の肉体に移し替えた方が創造的だからだ。

We are actually going to see the wisdom of life and death, and enjoy it.
実際、我々は、生死の秘密を見て、それを楽しむようになる。
As it is now, we have already been alive forever.
今でさえ、我々はもうすでに永遠を生きてきたのだから。


----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------


【【【【  生と死の問題を考えるための参考書  】】】】
       ◎ 読者レビューで特に高評価のものだけを厳選しています。
       ◎ 書名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。

--------------------------------------------------------------
 【1】 このブログで取り上げた人たちの著作
--------------------------------------------------------------

▼ アニータ・ムアジャーニ
   ◇ 喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ もしここが天国だったら?
▼ ティール・スワン
   ◇ 自分を愛せなくなってしまった人へ ― 自らに光をともす29の方法
▼ エスター・ヒックス
   ◇ 引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
   ◇ 実践 引き寄せの法則
   ◇ サラとソロモン
▼ ジル・ボルト テイラー
   ◇ 奇跡の脳 ― 脳科学者の脳が壊れたとき
▼ ダニオン・ブリンクリー
   ◇ 未来からの生還 ― 臨死体験者が見た重大事件
   ◇ 続・未来からの生還 ― あの世へ旅立つ人々への贈り物
   ◇ 「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める
▼ ジャニーン シェパード
   ◇ 奇跡の空

--------------------------
 【2】 臨死体験
--------------------------

▼ 木内鶴彦
   ◇ 「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み
   ◇ 生き方は星空が教えてくれる
   ◇ あの世飛行士 未来への心躍るデスサーフィン
▼ 飯田史彦
   ◇ ツインソウル ― 死にゆく私が体験した奇跡
   ◇ 生きがいの創造 ― “生まれ変わりの科学”が人生を変える
   ◇ 生きがいの本質 ― 私たちは、なぜ生きているのか
   ◇ 生きがいの創造V スピリチュアルな疑問にどう答えるか?
▼ 鈴木秀子
   ◇ 死にゆく者からの言葉
   ◇ 臨死体験 生命の響き
▼ 高木 善之
   ◇ 転生と地球 ― 価値観の転換へのメッセージ
▼ 矢作直樹
   ◇ 人は死なない - ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索
   ◇ 「いのち」が喜ぶ生き方
   ◇ 神 (サムシング・グレート) と見えない世界
▼ エベン・アレグザンダー
   ◇ プルーフ・オブ・ヘヴン ― 脳神経外科医が見た死後の世界
   ◇ DVD エベン・アレグザンダーとレイモンド・ムーディの対話
▼ ベティー・イーディー
   ◇ 死んで私が体験したこと ― 主の光に抱かれた至福の四時間
▼ バーバラ・ハリス
   ◇ バーバラ・ハリスの「臨死体験」
▼ レイモンド・ムーディ
   ◇ 永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験
   ◇ 生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論
▼ マイクル・セイボム
   ◇ 「あの世」からの帰還 ― 臨死体験の医学的研究
▼ メルヴィン・モース
   ◇ 臨死体験 光の世界へ
▼ ジェフリー・ロング
   ◇ 臨死体験 9つの証拠
▼ シェリー・サザランド
   ◇ 光のなかに再び生まれて ― 臨死体験から学ぶ人生の意味
▼ エリコ・ロウ
   ◇ 死んだ後には続きがあるのか 臨死体験と意識の科学の最前線
▼ 立花隆
   ◇ 臨死体験〈上〉
   ◇ 臨死体験〈下〉
   ◇ 証言・臨死体験
▼ 南方熊楠
   ◇  「幽体離脱体験と 臨死の霊魂の話」 現代語訳
▼ A. ファーニス
   ◇ 誰も書けなかった死後世界地図
   ◇ 誰も書けなかった死後世界地図 II

-----------------------------
 【3】 死を迎える
-----------------------------

▼ エリザベス・キューブラー・ロス
   ◇ 永遠の別れ ― 悲しみを癒す智恵の書
   ◇ 「死ぬ瞬間」と死後の生
   ◇ 死後の真実
   ◇ 人生は廻る輪のように
   ◇ ライフ・レッスン
▼ 奥野 滋子
   ◇ 「お迎え」されて人は逝く
   ◇ ひとりで死ぬのだって大丈夫
▼ 岸本 英夫
   ◇ 死を見つめる心
▼ 萬田緑平
   ◇ 穏やかな死に医療はいらない
▼ 石飛 幸三
   ◇ 「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか
▼ 中村 仁一
   ◇ 大往生したけりゃ医療とかかわるな
▼ 近藤 誠 / 中村 仁一
   ◇ どうせ死ぬなら「がん」がいい
▼ 近藤 誠
   ◇ 「医者に殺されない47の心得」 医療と薬を遠ざけて元気に長生きする方法

-----------------------------
 【4】 霊視・交霊
-----------------------------

▼ ジェームズ・ヴァン・プラグ
   ◇ 人生を、もっと幸せに生きるために ― 死者からのアドバイス
▼ ジナ・サーミナラ
   ◇ 転生の秘密 (エドガー・ケイシー〈秘密〉シリーズ (1))
   ◇ 超能力の秘密 ― エドガー・ケイシー・レポート
▼ アニー・ケイガン
   ◇ アフターライフ ― 亡き兄が伝えた死後世界の実在、そこで起こること
▼ 江原 啓之
   ◇ スピリチュアルメッセージII ― 死することの真理
   ◇ 前世 人生を変える
   ◇ 人はなぜ生まれいかに生きるのか
   ◇ ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー
▼ ハロルド・シャープ
   ◇ ペットたちは死後も生きている

-----------------------------
 【5】 前世の記憶
-----------------------------

▼ イアン・スティーヴンソン
   ◇ 前世を記憶する子どもたち
   ◇ 前世を記憶する子どもたち 〈2〉 ヨーロッパの事例から
   ◇ 生まれ変わりの刻印
▼ ジム・B. タッカー
   ◇ 転生した子どもたち ― ヴァージニア大学 40年の「前世」研究
▼ 竹倉史人
   ◇ 輪廻転生 〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語
▼ 森下 典子
   ◇ 前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って
▼ 平田 篤胤
   ◇ 仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫)
   ◇ 勝五郎再生記聞 ― 前世の記憶を持つ子どもの話 (現代語超編訳版)

-----------------------------
 【6】 胎内記憶
-----------------------------

▼ 池川 明
   ◇ ママのおなかをえらんできたよ
   ◇ おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
   ◇ 雲の上でママをみていたときのこと
▼ いんやく りお
   ◇ 自分をえらんで生まれてきたよ
▼ 南山 みどり
   ◇ ママが「いいよ」って言ってくれたから、生まれてこれたんだよ

-----------------------------
 【7】 退行催眠
-----------------------------

▼ 中野 日出美
   ◇ 前世療法 137回の前世を持つ少女
▼ 一宇 ichiu
   ◇ 人生の法則: 3,000人の前世療法から明らかになった真実
▼ 萩原 優
   ◇ 前世療法の奇跡
   ◇ 医師が行う「ガンの催眠療法」 CDブック
▼ ブライアン・L. ワイス
   ◇ 前世療法 ― 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
   ◇ 魂の伴侶―ソウルメイト
   ◇ 「前世」からのメッセージ
   ◇ 未来世療法
▼ マイケル・ニュートン
   ◇ 死後の世界を知ると人生は深く癒される
   ◇ 死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」
▼ J・L・ホイットン
   ◇ 輪廻転生―驚くべき現代の神話

-----------------------------
 【8】 ヘミシンク
-----------------------------

▼ ロバートA. モンロー
   ◇ 究極の旅―体外離脱者モンロー氏の最後の冒険
▼ ブルース モーエン
   ◇ 「死後探索」シリーズ 1 未知への旅立ち
▼ 鈴木 啓介
   ◇  ヘミシンクで起きた驚愕の「前世体験」
▼ まるの日 圭
   ◇ 誰でもヘミシンク ― サラリーマン『異次元』を旅する
▼ 星海 ケン
   ◇ 人は死んだらどこに行くのか―《モーエン流死後探索術》体験記

-----------------------------------
 【9】 異次元領域の探究
-----------------------------------

▼ 笠原 敏雄
   ◇ サイの戦場 ― 超心理学論争全史
   ◇ 隠された心の力 ― 唯物論という幻想
▼ 天外伺朗
   ◇ ここまで来た「あの世」の科学 ― 魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する
▼ 苫米地英人
   ◇ 苫米地英人、宇宙を語る
▼ 大門 正幸
   ◇ なぜ人は生まれ、そして死ぬのか
▼ ジェス・スターン
   ◇ 内なるドクター ― 自然治癒力を発動させる、奇跡の処方箋

--------------------------
 【10】 覚醒者
--------------------------

▼ パラマハンサ・ヨガナンダ
   ◇ あるヨギの自叙伝
   ◇ 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
▼ エックハルト・トール
   ◇ さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる
   ◇ 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え
▼ ラム ダス
   ◇ 人生をやり直せるならわたしはもっと失敗をしてもっと馬鹿げたことをしよう
   ◇ 死の処方箋―人はなぜ苦しむのか?
▼ 雲 黒斎
   ◇ あの世に聞いた、この世の仕組み
   ◇ もっと あの世に聞いた、この世の仕組み
▼ 阿部敏郎 / 雲黒斎
   ◇ 降参のススメ
▼ 阿部 敏郎
   ◇ さとりの授業
▼ アレクサンダー・マルシャーン
   ◇ この宇宙は夢なんだ 解き明かされる生存の秘密
▼ マイケル・A・シンガー
   ◇ サレンダー

-----------------------------------
 【11】 チベット仏教
-----------------------------------

▼ NHKスペシャル
   ◇ チベット死者の書―仏典に秘められた死と転生
   ◇ チベット死者の書 [DVD]
▼ ダライ・ラマ十四世
   ◇ 仏教入門 ― 心は死を超えて存続する
   ◇ 死の謎を説く
   ◇ 「こころを学ぶ」 仏教者と科学者の対話

---------------------------------------
 【12】 薬物と変性意識
---------------------------------------

▼ オルダス ハクスリー
   ◇ 知覚の扉
▼ 蛭川 立
   ◇ 彼岸の時間―“意識”の人類学
▼ 草下 シンヤ
   ◇ 実録ドラッグ・リポート
▼ 久保 象
   ◇ ドラッグの教科書
▼ マリファナ・X編集会
   ◇ マリファナ・X ― 意識を変える草(ハーブ)が世界を変える
▼ アルバート・ホッフマン
   ◇ LSD ― 幻想世界への旅
▼ ラム・ダス
   ◇ ビー・ヒア・ナウ ― 心の扉をひらく本
▼ ジョン・C・リリー
   ◇ サイエンティスト ― 脳科学者の冒険
▼ 麻枝 光一
   ◇ マリファナ青春旅行〈上〉アジア・中近東編
   ◇ マリファナ青春旅行〈下〉南北アメリカ編
▼ ジェームズ・アーサー
   ◇ 幻覚性キノコで半霊半物質への扉が開いてしまう
▼ マーティン A.リー
   ◇ アシッド・ドリームズ ― CIA、LSD、ヒッピー革命
▼ 高崎 ケン
   ◇ アムステルダム 裏の歩き方





16件のコメント

[C58] ゆうこさんへ

またまた素晴らしい内容を訳してくださって、本当にありがとうございます!
アニータさんの記事も大変参考になりました。

ブログでもゆうこさんのサイトを紹介させてください!


  • 2014-05-26
  • 吟子
  • URL
  • 編集

[C59] 吟子さん、ようこそ ♪

コメントありがとうございます。
喜んでいただけて嬉しいです。
もしよろしければ、吟子さんのブログのアドレスも教えてください。
  • 2014-05-27
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C60] ゆうこサンへ

http://s.ameblo.jp/19741948/entry-11862958394.html


ゆうこサンの記事を紹介させていただきました!
アニータさんの記事も含めて本当に感謝の気持ちです。
ありがとうございます。

アニータさんの記事も以前勝手に紹介していました(^_^;)スイマセン。


何回も読み返したいです!
今からまた読み返します☆


ありがとうございました(≧∇≦)b

[C61] 吟子さんへ

臨死体験の記事をブログで紹介してくださって
ありがとうございます。
『こうして、思考は現実になる』という本、
おもしろそうですね!
さっそく図書館に予約しました。 
  • 2014-05-28
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C62] ゆうこサンへ

ゆうこサンこんばんは☆
『こうして、思考は現実になる』図書館で予約されたんですね!
わ~嬉しいです(*^^*)
ぜひ実験して素敵なことを体験してもらいたいです♪


ゆうこサンの記事、これからも楽しみにしています!
ピーターラビットも素晴らしいですね!


それではまた遊びに来ます!
  • 2014-05-29
  • 吟子
  • URL
  • 編集

[C63]

ありがとうございました。
私のかねてからの疑問への答えが、ベネディクトさんの仰った言葉の中に全部詰まっておりました。
最高の気分です。何度も読み返し、これからの人生を可能な限り素晴らしいものにしてゆきたいと思います。
本当にありがとうございました。
  • 2014-06-04
  • びりん
  • URL
  • 編集

[C64] びりんさん、ようこそ ♪

お役に立ててうれしいです。
「かねてからの疑問と答え」とは、どういうものだったのですか?
  • 2014-06-04
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C65]

あまりに素晴らしい内容で、心地よい衝撃がありました。

原子さえも命で、そこに存在しているだけでも喜び、満足しているんですね。神の概念が変わり、存在が喜びに満ちていることを教わりました。

[C67] ブログで何度かリンク貼らせてもらってます

ゆうこさん、はじめまして。
素敵な翻訳ありがとうございます。
アニータさんとトーマスさんの記事を
何度か勝手にリンク貼らせていただいています。
感謝します。

[C68] ブログで紹介させていただきました

初めまして。いつも素敵な記事&翻訳をありがとうございます。ムアジャーニさんの本からこちらの記事にたどり着き、とても感動して、そのままご紹介させていただきました。あとからのご報告になったこと、深くお詫びいたします。8月のムアジャーニさんの来日がとても楽しみです☆これからも又こちらにも伺わせて下さい!

[C71] コメント、ありがとう !

stpさん、さなえさん、ひとみさん、Yukariさん、
コメントありがとうございます。
ブログでの紹介も、ありがとうございました。
お礼が遅くなってすみません。


  • 2014-09-22
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C102]

はじめまして。 お友達が こちらの記事を紹介してくださったのではじめて知りました。

素晴らしい内容で感動しています。わたしのブログでもぜひ紹介させてください。

よろしくお願いいたします。
  • 2015-07-16
  • とおこ
  • URL
  • 編集

[C103]

こんばんは
臨死体験に関する一連の翻訳を読み終えました

どうも素晴らしい記事を有難うございます!
原文まで書いていて下さっているので雰囲気に浸れます
  • 2015-08-16
  • いす
  • URL
  • 編集

[C104] いすさん、ようこそ ♪

コメントありがとうございます。
臨死体験って、興味深いですよね。
よかったらどうぞお知り合いの方たちにも紹介してください。
  • 2015-08-16
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

[C109] 素晴らしい記事に感謝です!!

アニータさんのことを知りたくてネットを見ていて、
ここへたどり着きました。連日、読みふけっています!!アニータさんの柔らかく温かな愛が、本とは
また違う感覚でぐんぐんハートに響きます。ゆうこさんの訳の素晴らしさなのですね。有り難うございます。そして、ベネディクトさんの臨死体験記事には、圧倒されました。途中、あまりにも想像を超えるシーンにはクラクラするほどですが、二人の方の人間としての天命に応じた体験があちらでは感じられ、戻ってからは、病は完治し←想念で病気になる! それぞれのメッセージを伝えてくれているんですね。二人の共通の言葉、臨死体験しなくとも、その愛を感じられる!ということが何よりの響きとなって、今、とても
生きることが愛おしくなっています。
他の童話もこれからすこしづつ読んでいきたいと思っています。
ブログからこのような強い確信と虹色に優しさを届けて頂いたことに、再度、感謝申し上げます!!
これからも、ティールさんのや、その他、今の時期にぴったりのを、期待しております。

[C110] 未来さん、ようこそ ♪

あたたかいコメントありがとうございます!
励みになります。
今、翻訳したい臨死体験記事を2つ抱え、
早く仕上げなくちゃなあ...と焦っています。
どうかもう少しお待ちくださいね。
  • 2016-08-02
  • ゆうこ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター