Latest Entries

ダニオン・ブリンクリーの臨死体験 (1)


Dannion and Kathryn Brinkley
ダニオン・ブリンクリーさんと奥さんのキャシーさん。
   キャシーさんはジャーナリストで、2度の臨死体験者。
   ダニオンさんとは臨死体験の取材で知り合ったそうです。



NDE of Dannion Brinkley (1)  ダニオン・ブリンクリーの臨死体験 (1)
(2011/07/16 に動画投稿)


   ◇ 下記の英文は、2番目の動画の音声を文字起こしたもので、
    和訳はかなりの意訳になっています。
    個々の単語の意味を手っ取り早く知りたい場合は こちら をクリックしてください。
    単語の上にマウスカーソルを合わせるだけで意味が表示されるようになります。


NDE of Dannion Brinkley (1)
ダニオン・ブリンクリーの臨死体験 (1)
   (和訳: ゆうこ)

【ナレーター】
0:00 Welcome enchanting viewers
   皆さま、こんにちは。
   to Science and Spirituality on Supreme Master Television.
   スプリームマスターTV「科学と霊性」へようこそ。

0:09 This week's edition is the first in a two-part series
   今週と来週のこの番組では
   featuring Dannion Brinkley from the United States who will share with us
   これまでに3回もの臨死体験をなさった米国のダニオン・ブリンクリー氏に
   details of his multiple near-death experiences or NDEs.
   その詳細をうかがいます。

0:23 His first NDE was in 1975.
   最初の臨死体験は1975年、25歳のときのこと。
   Mr. Brinkley, then 25, was talking on the telephone during a thunderstorm
   激しい雷雨の最中に、自宅で受話器を取ったブリンクリー氏は
   and received what he refers to as a phone call from God.
   まさに「神からの電話」とも呼べるものを受けました。
   It happened when a bolt of lightning hit the phone line
   電話線に雷が落ちて、
   and said approximately 180,000 volts of electricity into his head.
   およそ18万ボルトの電気がブリンクリー氏の頭に流れ込んだのです。

【ブリンクリー】
0:48 I got struck by lightning talking on the telephone.
   電話で話してたら雷に打たれたんだよ。
   Lightning came down the phone line and hit me in the side of the head.
   電話線から電気が流れ込んで、側頭部を突き抜け、
   It went down my spine.
   背筋を走り下り、
   It welded the nails of the heels of my shoes to the floor.
   靴の踵の釘が、熱で溶けて床にくっつき、
   It throws me in the air and suspends me in the air,
   私は弾き飛ばされて、一瞬空中に留まったかと思うと
   slams me back down on the bed.
   激しくベッドに叩きつけられた。

1:07 Dead for 28 minutes.
   そして28分間、死んでいたらしい。

1:09 Completely paralyzed for six days, partially paralyzed for seven months,
   結局は蘇生したが、それから6日間は全身不随、7か月間は部分的麻痺、
   two years to learn to walk and feed myself.
   自分で食事したり歩いたりできるようになるまでには2年かかったよ。

【ナレーター】
1:19 The life-changing event led Dannion Brinkley to write a book
   このできごとで人生が変わってしまったブリンクリー氏は
   called "Saved By The Light," which was published in 1994
   1994年、『光に救われた』という臨死体験記を書きました。
   and became a New York Times bestseller.
   この体験記はニューヨークタイムズのベストセラーになり、
   His story was made into a highly rated television movie as well.
   後にテレビドラマにもなって、高い視聴率を獲得しました。
   Mr. Brinkley has since released several more books about his near-death experiences.
   その後ブリンクリー氏は、さらに数冊の臨死体験記を発表しています。

1:39 A former Marine who truly loves his country,
   また、元海軍兵で、愛国者でもあるブリンクリー氏は、
   he is also the co-founder of The Twilight Brigade,
   アメリカ退役軍人の終末期医療に携わる非営利組織「たそがれ師団」の
   a non-profit organization that provides end-of-life care to American veterans.
   共同創設者になり、
   In 2007, he received the President's Lifetime Achievement Award For
   各地の病院でたぐいまれな奉仕活動を行ってきたので、
   Outstanding Volunteer Service in hospitals that treat veterans.
   2007年には大統領特別功労賞を授与されました。

  Let's now hear more about Mr. Brinkley's first near-death experience.
  では、氏の最初の臨死体験について、さらに伺ってみましょう。

【ブリンクリー】
2:04 When that lightning hit me and I slammed on the bed,
  雷に打たれ、ベッドに叩きつけられた私は、
  I lifted out of my body. And I was in a places of observation,
  体から抜け出して、自分を観察する形になった。
  I was completely calm and I was safe.
  私は完璧に平静で、守られている感じがし、
  I was no longer a part of myself and I'm floating above this room
  体を離れて部屋の上を漂いながら
  and I see myself lying across the bed.
  ベッドに横たわる自分の肉体を見おろしていた。

2:25 You don't really ever know that you're dead, when you're dead,
  自分が死んだ後も、死んだって感じはしないものなんだよ。
  because you're alive really.
  だって、実際、生き続けてるんだからね。

2:31 There is nothing in your world that is real.
  本当は、「現実世界」なんてものはないんだよ。
  Now that's what spirituality represents.
  精神世界で言われてることも、それなんだ。
  Science has proven that this world is not real.
  現実世界が実在していないことは、科学でも証明されてるんだから。

2:38 You know this place better than any other place that you've ever been.
  あそこは、この世で行ったことのあるどの場所よりもなじみ深い所だった。
  You are comfortable there, and you are thankful,
  私はすっかり落ち着き、感謝に満ちて、
  and you are watching your life like a movie.
  自分がそれまで送って来た人生の情景を、映画を見るように見ていた。

2:50 And then, at a certain point, they were loading me in the ambulance.
  そしてある段階で、私は救急車に乗せられた。
  No one could resuscitate me.
  蘇生術は成功しなかった。
  And the paramedics said, "He's gone, he's gone."
  「だめだ。死んでる」と救急隊員が言った。
  I'm in the ambulance behind the paramedic,
  私はその救急車の中で、救急隊員の後ろから肩越しに
  looking over his shoulder, watching him work on me,
  彼のやることを見ていた。
  observing how dilligent and how thorough this guy was in whatever he was doing.
  何をやってるのかは知らないが、まあなんと熱心に、徹底してやってるんだろう...と思ったね。
  I didn't know he was trying to save my life.
  私を蘇生させようとしてるんだとは気がつかなかった。

3:16 I hear a series of chimes and I go down this tunnel.
  それから連続的なチャイムの音が聞こえ、トンネルに入って行った。
  And I came into this place of bright, brilliant, beautiful light.
  すると、明るく、輝かしく、すばらしい光の場所に出た。

3:26 And what was amazing about it was this:
  不思議だったのは
  when that ball of fire came to the room,
  私は雷に打たれて
  when that lightning struck that phone, it burned my eyes.
  目を焼かれてしまってたから、
  I wore welder's glasses for months because I couldn't take bright lights.
  蘇生後何か月も、溶接用メガネをかけないと目を開けていられなかったほどなのに、
  And when I came into this place of light, it did not burn my eyes,
  この臨死体験では、ものすごい光の中にいて、全然まぶしくなかったことだな。
  and that was the first thing I thought.
  最初に思ったことは、それだった。
  Why is this not hurting me?
  こんなに明るい光がどうしてまぶしくないんだ?
  Why is this calm? Why is this peaceful?
  この静かさ、安らぎは、何なんだ? ...ってね。

【ナレーター】
4:00 A commonly reported events that occurs during near-death experiences
  臨死体験の話でよく聞くのは
  is watching a review of one's life.
  「人生回顧のパノラマを見た」ということです。
  Mr. Brinkley explains further.
  ブリンクリー氏の話はつづきます。

【ブリンクリー】
4:09 The "panoramic life review" is the single most important part
  臨死体験でいちばん意味深かったことは
  of the near-death experience. The single most important thing is this.
  人生回顧のパノラマだな。
  There will be a stage where you will see your entire life
  だって、それまでの自分の人生の、すべての情景が
  pass before you in a 360-degree panorama.
  360度のパノラマで目の前に再現されていくんだからね。
  You know how many hairs were in the nose of the doctor who took you from your mother.
  母の胎内から自分を取り上げてくれた医者の、鼻毛の数までわかるんだ。
  You know the names of everybody who was in that room.
  その産室にいた全員の
  You know details about them.
  名前も、個人的な情報も、みんなわかったよ。

4:38 You're open up to this vastness of your ability as a spiritual being
  自分という者は、霊的存在であり、こんな膨大なデータや情報を処理できる、
  to consume information and data, and it's vast.
  こんなすごい能力を持った者だったんだってことがわかった。
  And the first thing you do
  するとその途端、
  is appreciate what you are willing to give up and confine yourself to be,
  自分がそのすごい世界を離れて肉体存在に入ったことのありがたさもわかった。
  because you were chosen to come by the Divine and you also chose to come.
  だって、そういう生き方をするために、神からも選ばれ、自分でも選んで生まれて来たんだからね。

4:58 If you were chosen to come by the Divine, what does that mean?
  神に選ばれて生まれて来た、というのはどういうことか?
  That means that the Divine, the intricate nature of the beauty
  それは、神が創造するということだ。
  of the Paternal Mother, to create.  

5:12 You were specifically born at a certain nano-second,
  我々は、ある特別な一瞬に、自分のエネルギーと気質と霊的特性を地球にもたらして、
  to bring your energy and nature and spiritual identity onto the Earth. And to be you.
  自己実現するために生まれて来たんだよ。
  A great, powerful and mighty spiritual being with dignity, direction and purpose,
  品位と方向性と目的を持った、偉大で強力で強大な霊的存在として、
  to seek to be a co-creator.
  神の創造活動の一端を担うために生まれて来たんだ。

5:32 When you see yourself open in that magnificence,
  自分に対して開かれているそのすごい可能性が見え、
  and you watch the possibilities of what you could see in your whole life,
  自分が人生を通してどんなすばらしいことを成し遂げられるかに気がつくと、
  you reconnect to your own devine self.
  忘れていた自分の神聖が働きだす。
  It'll happen automatically.
  自然にそうなるんだよ。

5:47 And you will see your entire life pass before you.
  人生回顧では、自分の全人生が目の前に再現されて
  You will watch it from a second-person-point-of-view.
  それを人の視点から見ることになる。
  As if you were your best friend looking at the choices that you made.
  まるで自分が自分の親友になって、過去の自分の行いを見てるみたいだったな。

6:00 That's a tough place, because I had a lot of stuff I had to face.
  あれには完全に参ったよ。自分の本当の姿に直面させられたんだからな。
  I had sometimes done some minimal damage, a lot of verbal abuse, bullying,
  私は、ちょっとした悪さ程度のこともしたが、いじめや脅しなども数限りなくやってきた。
  you know, a lot of stuff where I hurt feelings.
  つまり、何人もの人の心に傷を与えてきたんだよ。

6:14 When I did it, I thought I was being cool.
  それをやった時は、そういうことをかっこいいと思っていた。
  And my intention was to show off and to see how important I was,
  人にそういう姿を見せつけて、すごい奴だと思わせたかった。
  or my ego wanted other people to think I was big and tough.
  力のある無法者と思わせて、いい気になっていたかったんだね。

6:25 And I was seeing the reasons why,
  だがその人生回顧で、自分の動機がよくわかった。
  and the reason was not of integrity or love or compassion.
  そこには誠実さも愛も思いやりもなかった。
  I had to feel the pain.
  胸が痛くなったよ。
  If it was love, integrity and compassion, I got to feel the joy.
  もしあれが思いやりでしたことだったなら、喜びを感じたはずだった。

【ナレーター】
6:39 The Bible states, "You reap what you sow."
  聖書には「自分が蒔いた種は自分が刈り取ることになる」とあります。
  In Buddhism, Hinduism and other spiritual traditions, this is called the law of karma.
  仏教やヒンズー教などの哲学的宗教では、これを「カルマの法則」と呼んでいます。
  Mr. Brinkley came to truly understand this universal law when he was in the higher realms.
  ブリンクリー氏は臨死体験で、この普遍的な法則が心の底から納得できたそうです。

【ブリンクリー】
6:56 When you make choices, you become responsible for your actions,
  何かを選択するってことは、そこに責任が生まれることになるんだよ。
  based on the reason that you were sent and the reason which you came.
  結局は「なぜ自分はこの地球に送られ、自分もそれを選んだか」ってことなんだけどね。

7:09 You were chosen because the Devine believes there is no one greater than you
  君が選ばれた理由はね、宇宙が展開していく中で
  at that particular moment that you came on the Earth to fulfill Divine prophecy,
  今このときこの場所に神の心を顕していくという仕事は
  to fulfill a Divine mission as this Universe unfolds.
  誰よりも君がいちばん良くできるからなんだよ。

7:22 When you literally become every person that you've ever encountered,
  人生回顧では、文字通り、それまでに出会ってきた全ての人の身になって
  and you feel the direct results of your interaction between you and that person,
  それぞれの人との関わりの結果をじかに味わわされる。
  that is the single most life-changing point in who you are
  これで私の自己認識がすっかり変わってしまって、
  as a spiritual being on this Earth today.
  霊的な存在として地上の人生を送ることになった。

7:37 You're going to judge yourself.
  人生回顧では、自分が自分を裁くんだよ。
  Who knows more about you than you? No one.
  自分のことを一番よく知ってるのは自分だからね。
  Who knows more about the reasons why you did what you did than you?
  自分がやったことの理由を一番よく分かってるのは自分だよね。
  So you judge you.
  だから自分で自分を裁くんだ。
  And how would you judge yourself?
  では、どうやって裁くのか?

7:53 You gonna see it all again.
  すべてのことを、もう一度見直すんだよ。
  You gonna see it all in 360 degree.
  すべてのことを、360度のパノラマではっきりと見る。
  You gonna watch it from a second person point of view.
  人の視点に立って見直すんだ。
  You're going to feel it and be everybody you've ever interacted with
  それまでに関わったすべての人になって、その人たちの気持ちを感じるんだよ。
  and then you gonna measure it.
  そして自分で判断する。

8:05 It changed my life.
  私はこれで人生が変わってしまった。
  It shifted me, it made me more responsible.
  自分のやることに、前よりも責任を持つようになったよ。

8:09 It saw that I was a person that was connected to the Devine
  この体験は、私が神とつながっている人間であり、
  and there was no separation.
  分離なんてものはないんだってことを教えてくれた。
  We come from different places in levels of spiritual consciousness.
  私たちがどういう意識レベルの霊界から来ているかは、人によって違う。
  But you go back to the one that you came from.
  だがみんな、自分が来たところへ帰って行くんだよ。

【ナレーター】
8:26 Many NDE accounts describe visiting places of glorious light,
  臨死体験者の多くは、神々しい光と不可思議な存在たちでいっぱいの
  deep peace and immense beauty filled with many wondrous beings.
  深い平安に満ちた場所を訪れたと言っています。
  To this day Mr. Brinkley remembers the many magnificent things
  ブリンクリー氏は、臨死体験中に見たたくさんのすばらしいもののことを
  that he witnessed during his near-death experiences.
  今もはっきり覚えているそうです。

【ブリンクリー】
8:42 Something was coming toward me.
  何かが近づいて来た。
  And it's a being. It's this beautiful, radiant being.
  それは一つの生命体だった。とてもすばらしく輝かしい存在。
  It's calm and loving and supportive like it's my best friend.
  穏やかで、愛にあふれ、包容力のある、親友のような存在だった。

8:57 And I'm studying it,
  私はその存在をじっくりと見た。
  because a lot of people have had near-death experiences;
  世界には臨死体験者がいっぱいいて
  its Buddha, Jesus, Mohammed, Allah, Krishna;
  この存在のことを、仏陀とか、キリストとか、モハメッドとか、アラーとか、クリシュナとか、
  everybody has a name for this Being.
  いろんな名前で呼んでいる。
  I didn't have a name for this Being. I was just an observer of it.
  私にはそういう名前は浮かんでこなかった。ただその存在を感じていた。

9:15 Whoever it was, it was comfortable to me,
  それが誰であろうが、心地よい存在だということに変わりはなかった。
  and whatever it was gonna happen, I was ready to embrace it.
  何が起こっても、私はそれを受け入れる気持ちになっていた。
  So will everybody.
  その場に立てば、みんなそうなるよ。

9:25 This life has a value of how to become a co-creator.
  地上の人生では、神の創造に参画していく方法を探ることに価値がある。
  How to become one with something you are never separated from.
  片時も離れたことのないものと、どうやって一つになれるのか。
  Consciously what appears to be a separate being, you can reunite.
  自分とは別の存在のように思えるものと、一つになることもできるんだよ。

9:40 I saw this altar and it's all made of what looks like glass or cristal.
  ガラスか水晶のようなものでできた祭壇があってね、
  It's perfect stones. It's very symmetrical.
  すばらしい石だった。祭壇は完全な左右対称になっていて
  It looks like an old cathedral in old Europe.
  ヨーロッパの古い大聖堂に似てるけれども
  But its glass and it radiates, illuminates.
  それはガラスで、光を放っていた。

9:52 And then came these 12 beings. These were beings that were radiant.
  そこへ12人の存在たちがやってきた。光り輝く存在だった。
  They weren't like the being that met me.
  だが、私を迎えてくれた存在と違って
  These beings had complete shape and form and they radiated colors.
  完全な姿かたちを持ち、カラフルな光を放っていた。

【ナレーター】
10:07 Many spiritual traditions teach that when we come to this world,
  「人はこの世に来ると、天にいた時に何を成そうと決意したのか忘れてしまう」と
  we forget what we resolved to accomplish here while we were in heaven.
  多くの宗教では教えています。
  Many of those who have had NDEs say they now understand why we deviate
  けれども臨死体験者の多くは、
  from the path we chart for ourselves prior to coming to this plane.
  「なぜ我々はこの世に来る前に描いた道をそれるのか、わかるようになった」と言います。

【ブリンクリー】
10:24 What I gathered from that was
  それで思ったんだけどね、
  that the spiritual dimension understands the probable possibilities
  霊的次元では、我々は
  of what will happen in our lives
  自分がこの世に送られた理由も、自分がそれを選んだ理由もわかってるし、
  based on why they sent us and why we chose to come.
  人生で起こることの大体の予想も持っている。
  Because we get off in tangents and opinions,
  だけど、この世のいろんな考えを吹き込まれていくうちに、
  we forget that we have a deep Divine spiritual identity
  自分が霊的存在であることも、この世に送られてきた目的も
  and we have a certain spiritual mission.
  忘れてしまうんだ。

【ナレーター】
10:55 Dannion Brinkley, we thank you for sharing with us
  ブリンクリーさん、
  one of your extraordinary near-death experiences as well as reminding us
  すばらしい臨死体験のお話、ありがとうございました。
  that the earth is but a temporary abode during our spiritual journey.
  この地球は、私達の霊性の旅の、一時的な住まいでしかないのですね。

11:08 For more details on Dannion Brinkley, please visit the following website:
  皆さま、ブリンクリー氏についての詳細は、こちらのウェブサイトをご覧ください。
  www.dannion.com

11:15 Books including "Saved By the Light" as well as DVDs and CDs by Mr. Brinkley
  「光に救われた」などの著書や、DVD、CDも
  are available at the same website.
  同じサイトでお求めいただけます。

11:26 Admired viewers, please join us next Monday on Science and Spirituality
  さて、来週月曜の「科学と霊性」では
  for the conclusion of our interview with Dannion Brinkley.
  ブリンクリー氏のインタビュー後半をおとどけします。どうぞお楽しみに。



   ⇒ ダニオン・ブリンクリーの臨死体験 (2) につづく


----------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今日の企画は いかがでしたか?  ・・・ 気に入ってくださった方は
             どうぞ ↓B  このバナーをクリックしてください。 
                blog ranking

-----------------------------------------------------------------------------------------

【【【【  臨死体験の本  】】】】

      ◆ 書名にカーソルを合わせると、ミニ情報がポップアップします。
      ◆ 書名をクリックすると、詳細情報のページに移動します。
         (このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください)

 ▼ アニータ・モージャニさんの 本
   ◇ 喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと
   ◇ Dying to Be Me: My Journey from Cancer, to Near Death, to True Healing
   ◇ Deep Meditation for Healing
   ◇ Being Myself
   ◇ A Christian Rebuttal to Anita Moorjani's Dying To Be Me

 ▼ その他の好評書籍
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈上〉」
   ◇ 立花隆 著 「臨死体験〈下〉」
   ◇ 立花隆 著 「証言・臨死体験 」

   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「永遠の別世界をかいま見る 臨死共有体験」
   ◇ レイモンド・ムーディー 著 「生きる/死ぬ その境界はなかった 死後生命探究40年の結論」

   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死ぬ瞬間と死後の生」
   ◇ エリザベス・キューブラー・ロス 著 「死後の真実」

   ◇ 木内鶴彦 著 「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」
   ◇ 木内鶴彦 著 「生き方は星空が教えてくれる」
   ◇ 木内鶴彦 著 「あの世飛行士 未来への心躍るデスサーフィン」

   ◇ 矢作直樹 著 「人は死なない」-
   ◇ 矢作直樹 著 「いのちが喜ぶ生き方」
   ◇ 矢作直樹 著 「ご縁とお役目」
   ◇ 矢作直樹・村上 和雄「神(サムシング・グレート)と見えない世界」

   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 完結編」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図」
   ◇ A. ファーニス 著 「 誰も書けなかった死後世界地図 II」

   ◇ マイクル・セイボム 著 「あの世からの帰還―臨死体験の医学的研究」
   ◇ マイクル・セイボム 著 「続 あの世からの帰還―新たなる真実・47名の臨死体験」

   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界を知ると人生は深く癒される」
   ◇ マイケル・ニュートン 著 「死後の世界が教える<人生はなんのためにあるのか>」

   ◇ 天外伺朗 著 「ここまで来た<あの世>の科学」
   ◇ 鈴木秀子 著 「臨死体験 生命の響き」
   ◇ 中島孝志 著 「あの世がわかればこの世が変わる」
   ◇ シェリー・サザランド 著 「光のなかに再び生まれて」
   ◇ エベン・アレグザンダー 著 「プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界」
   ◇ ハロルド・シャープ 著 「ペットたちは死後も生きている」





Appendix

プロフィール

 ゆうこ

Author: ゆうこ
プロフィールはHPに記載しています。
HP ⇒ 絵本・翻訳・原始意識
ブログ① ⇒YouTube 動画で覚えよう 英語の歌
ブログ② ⇒心/身体/エコロジー
ブログ③ ⇒歌の古里
ブログ④ Inspiration Library

新着記事

最近のコメント

FC2カウンター